FERRARI

“カヴァリーノ・ランパンテ”、日本では“跳ね馬”と称されるエンブレムに胸躍らせるファンは少なくない。サーキットではその激しい走りに観衆は熱狂し、ストリートでは端麗なシルエットと甲高いサウンドで人々を魅了するクルマ、それがFERRARI(フェラーリ)だ。F1、市販車のいずれにおいても、スピードを極めるこのブランドは、創業者であるエンツォ・フェラーリの情熱がいまなお強く息づいている。 1898年にイタリアのモデナで生まれたエンツォは、10歳のときボローニャで見たレースに感激し、いつしか自分もレーシングドライバーになろうと思うようになる。一途な思いは着々と実現へ向かい、1920年、エンツォはついにアルファ・ロメオのテストドライバーとなった。そして、同じ年のタルガ・フローリオではアルファのドライバーとして参戦、見事2位の記録を残している。 しかし、やがてエンツォの興味はレーシング・チームを運営することへと移り、1929年にスクーデリア・フェラーリを立ち上げて、アルファのレース活動を引き受けることに。その手腕を発揮するにもかかわらず、1939年にはアルファとの関係は解消され、第二次大戦後の1947年、自前のV12エンジンを積む「フェラーリ125」を引っさげてレース活動を再開。ここからスポーツカーブランドとしてのフェラーリが歩みはじめた。 その後、フェラーリはフィアット傘下に入り、現在はフィアットグループの会長を兼任する社長のルカ・モンテゼーモロのもとで、ブランドの魅力を高め続けている。ラインアップは、V12エンジンを積む「599」と「612スカリエッティ」、V8のミドシップスポーツ「F430」「F430スパイダー」、そして、スポーティさを極めた「430スクーデリア」の5モデルである。

フェラーリが新型オープンモデル「488ピスタ スパイダー」を公開|Ferrari

フェラーリが新型オープンモデル「488ピスタ スパイダー」を公開|Ferrari

Ferrari 488 Pista Spider|フェラーリ488ピスタ スパイダー新型オープンモデル「488ピスタ スパイダー」を世界初公開フェラーリは8月26日、米国カリフォルニア州ペブルビーチで開催中のコンクール デレガンスで、最新のスペシャルシリーズとなる「488ピスタ スパイダー」をワールドプレミアした。Text by HARA Akira720ps、最高速度340km/hのオープンモデルカリフォルニアで初公開された「488ピスタ スパイダー」は、同社のドロップトップ(オープントップ)モデルとしては50番目となるもので、1950年から現在に至るまで、米国にコンバーチモデルファンの多いことからお披露目の場所として選ばれた。ミッドシップに搭載する3.9リッター90度V型8気筒ツインターボエンジンは、最高出力720ps(530kW)/8,000rpm、最大トルク770Nm/3,000rpm(7段ギア時)を発生。ベースとなる「488スパイダー」に比べて出力で50ps、トルクで10...
ジュネーブショー2018リポート 市販モデルに見る各ブランドの"今"

ジュネーブショー2018リポート 市販モデルに見る各ブランドの"今"

Geneva Motor Show 2018|ジュネーブ モーターショー 2018ジュネーブショー2018リポート1市販モデルに見る各ブランドの"今"3月6日にスタートし、18日に幕を閉じたジュネーブモーターショー2018。歴史あるモーターショーであるとともに、地元に大きなメーカーを持たない地の開催ということも相まって、例年非常に国際色豊かな展示で盛り上がりをみせる。現地を訪れた小川フミオ氏によるリポート。前編では、各ブランドの“今”を知ることのできる市販モデルにフォーカスをあてる。Text & Photographs by OGAWA Fumio新型がひしめく濃密なショー2018年で88回を数える歴史あるジュネーブの自動車ショーが3月に開催された。注目すべき点はニューモデルの多さだった。ジュネーブの自動車ショーの会場は空港の隣り。この立地は長く変わっていない。会場もそれほど大きくないのだが、2018年はとりわけ内容が濃い。ニューモデルをみると、大きく分けてSUV、スポーツ...
フェラーリが新しいスペシャルシリーズ「488ピスタ」を発表|Ferrari

フェラーリが新しいスペシャルシリーズ「488ピスタ」を発表|Ferrari

Ferrari 488 Pista|フェラーリ488ピスタフェラーリが新しいスペシャルシリーズ「488ピスタ」を発表伊フェラーリは2月21日、新しいV8スペシャルシリーズとなる「488ピスタ」を発表、3月6日から始まるジュネーブモータショーで公開するとした。Text by HARA Akira最高出力720ps、0-100km/h加速2.85秒、最高速度340km/hフェラーリ「488ピスタ」は、「360チャレンジストラダーレ」「430スクーデリア」「458スペチアーレ」など、性能と純粋なハンドリングを追求した、V8エンジン搭載特別シリーズの最新モデル。開発は、FIA世界選手権への参戦と、25年にわたるフェラーリチャレンジ ワンメークレースの経験が基になっている。「プロでないドライバーがステアリングを握るとき、どんな状況でもサーキットのような完璧な性能を提供する」ことを目的として誕生したという。488ピスタのボディサイズは全長4,605×全幅1,975×全高1,206mm。軽量化に...
FERRARI 430 SCUDERIA|フェラーリ 430スクーデリア

FERRARI 430 SCUDERIA|フェラーリ 430スクーデリア

FERRARI 430 SCUDERIAフェラーリ 430スクーデリアシューマッハーが開発にたずさわったスポーツカーV8ミドエンジンフェラーリの運動性能を極めるべく、「F430」にさらに磨きをかけたスポーツカーが、2007年に登場した「430スクーデリア」だ。その名前が示すとおり、430スクーデリアにはF1チームのスクーデリア・フェラーリが培った技術が各所にちりばめられるうえ、“皇帝”ことミハエル・シューマッハーがその開発に深く関わったことが興味をそそる。搭載するV8エンジンは、排気量こそF430と同一だが、ピストン形状やインテーク/エグゾーストシステムの最適化などにより20psアップの510psを達成。組み合わされるギアボックスも、F1タイプ・ギアボックスに改良を加え、シフトタイムを切り詰めたF1スーパーファースト2ギアボックスに進化している。F430に初めて搭載されたE-Diff(電子制御ディファレンシャル)は、同様にF1の技術を受け継ぐトラクションコントロールの“F1-TRA...
Car
フェラーリ 458 スペチアーレを試乗する|Ferrari

フェラーリ 458 スペチアーレを試乗する|Ferrari

Ferrari 458 Speciale|フェラーリ 458 スペチアーレ自然吸気V8エンジンを積んだピュアスポーツ フェラーリフェラーリ 458 スペチアーレを試乗する「360 モデナ」以降、「チャレンジストラダーレ」「430スクーデリア」とシリーズ最後を飾るにふさわしいハイパフォーマンスモデルを用意してきたフェラーリ。「458 イタリア」もその例に漏れず、マラネロは最終兵器として「458 スペチアーレ」を送り出した。新型「488 GTB」では姿を消した、自然吸気V8エンジンを積んだ伝統の乗り味を、大谷達也氏のインプレッションとともにお届けする。Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayukiレーシングカーに通ずる軽量化の努力恥を忍んで告白すると、地下駐車場ではじめてフェラーリ「458 スペチアーレ」と対面したとき、スタンダードな「458 イタリア」とのちがいがよくわからなかった。なるほど、そのアピアランスからは何ともいえな...
新型フェラーリ「ポルトフィーノ」がジャパンプレミア|Ferrari

新型フェラーリ「ポルトフィーノ」がジャパンプレミア|Ferrari

Ferrari Portofino|フェラーリ ポルトフィーノ新型フェラーリ「ポルトフィーノ」がジャパンプレミアフェラーリジャパンは2月19日、都内で新型2+2コンバーチブル「ポルトフィーノ」を日本初公開した。「カリフォルニアT」の後継となるポルトフィーノは、2017年9月のフランクフルト国際モーターショーでワールドプレミアされたモデル。ラグジュアリー性、多用途性、快適な乗り心地の全てを兼ね備えた、フェラーリ史上最強を謳うオープンスポーツカーだ。Text & Photographs by HARA Akiraイタリアで最も魅力的な港町の名に由来フェラーリ「ポルトフィーノ」の特徴とイノベーションを紹介するため発表会に登壇したフェラーリのディーター・クネヒテル極東・中東エリア統括CEOは「このクルマが目指したのは、一切の妥協をしないということ」と強調し、「比類のないパフォーマンスと極上の居住性の両立。それに加えてドライビングエモーションまで実現したクルマは現在の市場に存在しませ...
イタリアのクラフツマンシップを感じる「トッズ フォー フェラーリ」|TOD’S

イタリアのクラフツマンシップを感じる「トッズ フォー フェラーリ」|TOD’S

TOD’S|トッズ2017年秋冬新作シューズが登場イタリアの情熱とクラフツマンシップを体現する「トッズ フォー フェラーリ」の新作が登場した。職人の手作業によって仕上げられたスタイリッシュなドライビングシューズとスニーカーをラインナップ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)アイコニックなドライビングシューズ「ゴンミーニ」イタリアの伝統を支えるブランドである「トッズ」と「フェラーリ」。両者の価値の基本となるのは、“クラフツマンシップ”、“情熱”、“クリエイティビティ”であるという。トッズとフェラーリのコラボレーションから生まれたプロダクトは、メイド・イン・イタリーの卓越性を世界に知らしめるシンボルなのだ。「トッズ フォー フェラーリ」コレクションは、ディテールへのこだわり、最上級の素材、比類なきスタイルをカタチにしたシューズとレザーグッズ。細部にまで妥協を許さない姿勢が見えるアイテムを展開してきた。ゴンミーニスニーカー2017年秋冬の新作、トッズの主役的存在で...
フェラーリ、サーキット走行用実験車両「FXX-K Evo」を公開|Ferrari

フェラーリ、サーキット走行用実験車両「FXX-K Evo」を公開|Ferrari

Ferrari FXX-K Evo|フェラーリFXX-K Evoサーキット走行用実験車両「FXX-K Evo」をワールドプレミアフェラーリは10月29日、革新的な新パッケージを装備したサーキット走行限定の最新実験車両「FXX-K Evo」を世界初公開した。Text by HARA Akira総合最高出力1,050ps、総合最大トルク900Nm以上「FXX-K Evo」は、2005年に始まったフェラーリ次世代プロダクションモデルの研究・開発を目的とした「XX」プログラムの最新モデルで、これまでの「FXX」「599XX」のEvo仕様と同様に、F1、GT3、GTEなどサーキットレースで培ってきた革新的コンセプトを惜しみなく注いだ実験車両だ。このため、FXX-K Evoは、ロードユースモデルとしての登録や、レースのホモロゲーションは取得できず、Cavallino Rampante(跳ね馬)の技術者とともにフェラーリの革新的な技術開発に関わることを望む、限られたスーパーカー・エンスージアスト...
フェラーリ70周年イベント、日本でも開催|Ferrari

フェラーリ70周年イベント、日本でも開催|Ferrari

Ferrari|フェラーリフェラーリ70周年イベント、日本でも開催10月12日から14日にかけて東京は両国国技館を起点に70周年を祝うフェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion(情熱に突き動かされて)」が開催された。Text & Photographs by UCHIDA Shunichiグローバルで開催されている70周年記念行事フェラーリ70周年を祝うこのイベントは、3月12日に正式にワールドワイド セレブレーションとしてスタート。ヨーロッパをはじめアジア各国で開催されている。特に9月9日と10日にはマラネッロに世界各国から500台以上ものフェラーリによるパレードが行われたほか、過去最大級のワンメイク オークションもあり、35台のフェラーリがオークションにかけられ、その中に830万ユーロで取引された特別な「ラ・フェラーリ アペルタ」も含まれていた。この収益金は世界中の恵まれない子どもたちに教育を受ける機会を提供するセーブ・ザ・チルドレンに寄贈さ...
278 件