ALFA ROMEO

セダンからオープンスポーツまで、洒落たイタリアンデザインとスポーティな走りにより、日本でも圧倒的な人気を誇るALFA ROMEO(アルファ ロメオ)。1910年、イタリアの企業家たちが、ミラノにあったフランスのダラック社の自動車組立工場を買い取り、設立したのがA.L.F.A社である。A.L.F.Aは“Anonima Lombarda Fabbrica Automobil”の頭文字からなる名前であり、“ロンバルディア自動車製造会社”を意味する。 すぐに独自モデルの「24HP」を投入したA.L.F.Aは、レースへの参戦も果たし、スポーツカーメーカーとしての頭角を表しはじめるが、財務状況は芳しくなく、1915年には経営陣が大きく変わることに。このとき主導権を握るのが、実業家であるニコラ・ロメオであった。1918年には社名をニコラ・ロメオ有限会社と改め、第一次大戦後の1920年にはアルファ ロメオのエンブレムを掲げた初のモデル「Torpedo 20-30」が発売されている。 1922年には本格的なスポーツモデルである「RL」を投入。23年のタルガフローリオでは1-2フィニッシュを飾り、アルファ ロメオの名を世に知らしめる結果となる。そして同じ1923年にはレーシングカーの「P1」を開発、搭載される1990ccの6気筒にはすでにDOHCが採用され、以後、DOHCはアルファ ロメオを特徴づける技術となった。しかし、P1そのものは失敗。そこでアルファ ロメオは天才技術者のヴィットリオ・ヤーノをフィアットから引き抜き、グランプリカーの「P2」を開発、レースの歴史に輝かしい足跡を残すことになる。 第二次大戦後は量産車メーカーに転身し、1954年の「ジュリエッタ・スプリント」、1962年の「ジュリア」など、アルファ ロメオを代表するモデルを発売。1986年にフィアット傘下に収まったあとは、「アルファ156」や「アルファ145」「アルファ147」といったモデルが日本でもヒットし、アルファ ロメオの人気はますます高まりを見せている。

アルファロメオの血統を色濃く受け継ぐジュリアとステルヴィオに、F1参戦記念の限定モデル|Alfa Romeo

アルファロメオの血統を色濃く受け継ぐジュリアとステルヴィオに、F1参戦記念の限定モデル|Alfa Romeo

FCAジャパンは、アルファロメオのフラッグシップサルーン「ジュリア・クアドリフォリオ」とSUV「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」に、フォーミュラ・ワン(F1)への参戦を記念した限定車「F1トリビュート」を設定。11月からジュアリは6台、ステルヴィオは4台限定で販売を開始する。
ジュリア スーパーに月額5万5,000円のリースプログラムが登場|Alfa Romeo

ジュリア スーパーに月額5万5,000円のリースプログラムが登場|Alfa Romeo

FCAジャパンは、アルファロメオのフラッグシップサルーン「ジュリア」のラグジュアリーグレード「スーパー」に月額5万5,000円の定額設定で使うことができる3年間の特別リースプログラム「カルタ ジュリア(Carta GIULIA)」を発表。販売を開始した。
オンロードが似合う注目のSUVたち Part 1|アルファロメオ ステルヴィオ

オンロードが似合う注目のSUVたち Part 1|アルファロメオ ステルヴィオ

Alfa Romeo Stelvio Q4 Sport|アルファロメオ ステルヴィオQ4 スポーツ峠道が似合うイタリアンSUV毎年2月に日本輸入車組合(JAIA)がプレス向けに開催する試乗会からの一気乗りリポート。SUV編の第一弾として、アルファロメオ初のSUVとして2018年に日本に導入された「ステルヴィオ」のショートインプレッションをお届けする。Text & Photographs by HARA Akira0-100km/h加速は5.7秒の俊足を誇るアルファロメオが創業108周年を迎えた翌日の2018年6月25日、日本でデビューを果たしたのがアルファロメオ初のSUVとなる「ステルヴィオ」だ。プロジェクト名を「GEORGIO(ジョルジョ)」としたアーキテクチャーから生まれた第1弾がFRスポーツサルーンの「ジュリア」で、ステルヴィオはそれに続く2作目。骨格のベースとなるのはジュリアで、ステルヴィオはその背高版であるといえば話は早い。国内販売は、2.0リッター4気筒ターボを...
Cや3じゃない、高級セダンやスポーツセダンたち Part 1

Cや3じゃない、高級セダンやスポーツセダンたち Part 1

Alfa Romeo Giulia QuadriFoglio |アルファロメロ ジュリア クアドリフォリオM3やAMGのCと真っ向勝負のイタリアン毎年2月に日本輸入車組合(JAIA)がプレス向けに開催する試乗会からの一気乗りリポート。セダン編の第1弾として、BMW「M3」やメルセデスAMGの「C」の競合車としてアルファロメオがリリースした「ジュリア クアドリフォリオ」に試乗。Text & Photographs by HARA Akira0-100km/h加速3.9秒、最高速度307km/hとスーパーカー並みのパフォーマンスミドルクラスの高性能スポーツセダンを選ぶとしたら、まず頭に浮かぶのがBMW「M3」やメルセデスAMGの「C」になるのは間違いのないところ。長きにわたってそれを眺めていたイタリア勢から2015年、アルファ・ロメオ創業105年の節目に対抗馬としてデビューしたのが、後輪駆動セダン「ジュリア」の最上級バージョン「クアドリフォリオ」である。フロントの限りなく奥側に...
アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」に400台の限定車が登場|Alfa Romeo

アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」に400台の限定車が登場|Alfa Romeo

Alfa Romeo Stelvio First Edittion|アルファロメオ ステルヴィオ ファースト エディションアルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」に400台の限定車が登場アルファロメオは、新型SUV「ステルヴィオ」の国内導入をスタート。導入記念車として「ファースト エディション」を7月21日(土)より400台限定で販売すると発表した。Text by YANAKA Tomomiジュリア譲りのスポーツ性能アルファ・ロメオ初のプレミアムSUVとして登場する「ステルヴィオ」。その名は、イタリア北部のアルプス山中にあり、モータリストの聖地としても知られるステルヴィオ峠に由来している。またステルヴィオの最上級モデル「クアドリフォリオ」は昨年、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで7分51秒7のラップタイムを記録し、量産SUV最速の記録を樹立するなど、日本での発売前から大きな話題を振りまいてきた。ステルヴィオは、昨年9月に日本上陸したスポーツサルーン「ジュリア」につづく、新世代アル...
北京モーターショー 2018リポート プロダクションカー編|Auto China 2018

北京モーターショー 2018リポート プロダクションカー編|Auto China 2018

Beijing International Automotive Exhibition 2018|北京モーターショー 2018プロダクションカー編境界が見えない今年の4月25日から10日間にわたり開催された北京モーターショー。会場となった北京を含め目まぐるしい変化を続ける中国の大都市だが、それはこのショーにも色濃く現れていた。驚異的なスピードでグローバル化が進み、コンセプトカーの出展数も近年では屈指。そんな中展示されたプロダクションカーもまた、市販されるとは思えないほど洗練されたものが並ぶ。それはまるで、ショーの勢いを反映するようだった。Photographs by Akio Lorenzo OYA & BMWText by Akio Lorenzo OYA都市もショーも変わり続ける今回は、2018年4月25日から5月4日まで開催された北京モーターショーのプロダクションカーと量産を前提にしたコンセプトカーをお届けする。冒頭から個人的述懐で恐縮だが、初めて中国を訪れたのは上海...
アルファロメオ ジュリア日本上陸|Alfa Romeo

アルファロメオ ジュリア日本上陸|Alfa Romeo

アルファロメオ ジュリア|Alfa Romeo Giuliaアルファロメオ ジュリア日本上陸FCAジャパンは10月14日より、アルファロメオのDセグメント スポーツサルーン「ジュリア」の販売を開始する。価格は446万円から。Text & Photographs by UCHIDA Shunichi日本へは4グレードが導入近年、「ミト」や「ジュリエッタ」「4C」など比較的コンパクトなモデルの導入が多かったアルファロメオ。そこに「156」や「159」などの後継となる、ミッドサイズセダンのジュリアが投入される。日本に導入されるグレードは大きく4つ。エントリーグレードの「ジュリア」は受注生産モデルと位置付けられ、2リッター直列4気筒マルチエア ツインスクロールターボ エンジンを搭載。出力は200ps、最大トルクは330Nmを発生し、8段ATが組み合わされる。バイキセノンヘッドライトをはじめ17インチアロイホイール、レザーシート、6ウェイパワーシート、車載インフォテインメントシステム...
そろそろ上死点のSUVトレンドとポストSUVの出口戦略とは?|Geneva Motor Show

そろそろ上死点のSUVトレンドとポストSUVの出口戦略とは?|Geneva Motor Show

Geneva Motor Show 2017|ジュネーブ モーターショー2017 解析その2 そろそろ上死点のSUVトレンドとポストSUVの戦略とは? 大盛況のうちに幕を閉じたジュネーブ モーターショー 2017。新型のスーパーカーが華々しくデビューする一方で、相変わらず人気のSUVたちが覇を競い合う。またプラグインハイブリッドなどのエコカーや最新技術も人々の強い関心を集めた。そんなアタリ年の会場を巡った南陽一浩氏によるリポートを3部に分けて報告する。第2回は、隆盛衰えないSUVに注目。 ⇒解析その1 スーパーカー篇 Photogtaphs by MOCHIZUKI HirohikoText by NANYO KazuhiroSUVがみせる変化今年のジュネーブ モーターショーもBセグからハイエンドまで、大小さまざまのSUVが登場した。ワールドプレミアだけでなく追加モデルや今後登場するコンセプト、欧州プレミアまで、20数台以上の...
ロサンジェルス自動車ショーリポート スポーティカー篇|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016

ロサンジェルス自動車ショーリポート スポーティカー篇|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016

ロサンジェルス自動車ショーリポート|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016 Report Part 2ハリウッド的モデルも登場11月18日から開催されたロサンジェルス自動車ショー2016。SUVにフォーカスした現地リポート第1弾につづき、パート2ではスポーティモデルを中心に紹介する。Text by OGAWA Fumio多くの注目モデルを持ち込んだメルセデスロサンジェルスはハリウッドやシリコンバレーも近いため、トレンディであり、環境問題を含めてなにごとにも意識が高く、そしてぜいたくなものが好きなマーケットが存在する。ロサンジェルス・オートショーは環境対応車や大型SUVが多く目についたことに加え、スポーティだったりラグジュリアスだったりするモデルも多かった。大きな話題になったのはメルセデス・ベンツだ。とりわけメルセデス-マイバッハという超高級ラインから発表された豪華なフルオープン4シーターのメルセデス-マイバッハ「S 650 カブリオレ」が大きな注目を集めた。展示された...
117 件