LEXUS

トヨタがアメリカ市場において高級車ブランドLEXUS(レクサス)を立ち上げたのは1989年のこと。トヨタが誇る高い技術力と優れた品質、そして極上の顧客サービスにより、アメリカやドイツの高級車とは一線を画す新しい価値を提供しようというのが狙いであった。 同年9月、「LS400」(日本名セルシオ)と「ES250」(同カムリ)がアメリカ市場に投入されると、翌1990年2月には早くもLS400がベストインポートカーを獲得している。その後もレクサスの評価は高まるばかりで、ラインナップの拡大とともに、高級車ブランドとしてのポジションを確実にしていった。 アメリカでの成功を受けて、2004年にはヨーロッパ進出を果たしたレクサスは、同年5月、日本での事業展開を発表。翌2005年8月には、母国での高級車ビジネスをスタートさせた。開業当初は、「GS」(トヨタブランドのアリストの後継車)、「SC」(同ソアラ)、「IS」(同アルテッツァの後継車)と、フラッグシップの「LS」を欠くラインナップだったが、2006年9月には待望の新型LS、そして、2007年5月にはそのハイブリッド版の「LS600h/LS600hL」を投入することで、ラグジュアリーサルーン購買層の期待に応えている。 一方、2007年10月にスポーツモデル「IS F」を発表、また、2008年5月に行われたニュルブルクリンク24時間レースに開発中のスポーツクーペ「LF-A」を投入するなど、スポーツイメージの獲得に力を入れており、さらなる人気拡大が期待される。

レクサス、新型UXをワールドプレミア。日本では2022年夏ごろ発売|LEXUS

レクサス、新型UXをワールドプレミア。日本では2022年夏ごろ発売|LEXUS

レクサスがコンパクトクロスオーバー「UX200/250h」の新型を世界初披露。日本では2022年夏ごろの発売が予定されている。
レクサス初となるバッテリーEV専用モデル「RZ」プロトタイプに試乗──レクサスが目指す走りとは?|LEXUS

レクサス初となるバッテリーEV専用モデル「RZ」プロトタイプに試乗──レクサスが目指す走りとは?|LEXUS

レクサスが4月20日にワールドプレミアした、バッテリーEV(以下、BEV)専用モデル「RZ」のプロトタイプに、モータージャーナリストの小川フミオ氏が試乗。その走りをリポートする。
劇的に進化した新型レクサスLX、その乗り味をリポート|LEXUS

劇的に進化した新型レクサスLX、その乗り味をリポート|LEXUS

2021年10月にワールドプレミアされたレクサスのフラッグシップSUV、新型「LX」。ボディやフレーム、パワートレーンが一新され、200kgの軽量化が果たされるなど大きく進化した同モデルに試乗した。
レクサス初となるバッテリーEV専用モデル「RZ」がワールドプレミア|LEXUS

レクサス初となるバッテリーEV専用モデル「RZ」がワールドプレミア|LEXUS

レクサスは4月20日、バッテリーEV(以下、BEV)専用モデルとなる新型「RZ」の詳細を世界初公開した。
開発コンセプトは「世界中のどんな道でも楽に上質に」──レクサスのフラッグシップSUV、新型「LX」が発売|LEXUS

開発コンセプトは「世界中のどんな道でも楽に上質に」──レクサスのフラッグシップSUV、新型「LX」が発売|LEXUS

レクサスは1月12日、新型NXに続く次世代レクサス第2弾モデルとなるフラッグシップSUVの新型「LX」を発売した。レクサスLXは1996年に北米で発売し、日本では2015年に導入して以来、世界中のあらゆる道での運転に耐えうる運動性能と、上質な乗り心地を両立するフラッグシップSUVとして人気となり、2021年12月末時点で約50の国と地域で累計約51万台が販売されている。
次世代レクサスの第一弾モデル、新型レクサスNXに試乗──キーポイントは電動化と多彩なラインナップ|LEXUS

次世代レクサスの第一弾モデル、新型レクサスNXに試乗──キーポイントは電動化と多彩なラインナップ|LEXUS

次世代レクサスの第一弾として登場したミドルサイズSUVの新型NX。フルモデルチェンジの目的は、電動化と、多様なライフスタイルのユーザーに対応することだった。そのため、レクサス初となるプラグインハイブリッド(PHEV)とハイブリッド(HV)という2つの電動車のほかに、2.4リッターターボと2.5リッター自然吸気のエンジンモデルを用意することで、万全の体制でデビューした。長野県のビーナスライン周辺で行われた試乗会に参加して、新型の進化の度合いを確かめてみた。
世界中のどんな道でも楽に、上質に──レクサス、新型「LX」をワールドプレミア|LEXUS

世界中のどんな道でも楽に、上質に──レクサス、新型「LX」をワールドプレミア|LEXUS

レクサスは10月14日、新型「NX」に続く次世代レクサス第2弾モデルとなるフラッグシップSUVの新型「LX」を、サウジアラビア王国ならびにアラブ首長国連邦で初公開すると同時に、オンラインでも映像を公開した。日本での発売は、2022年初頭を予定しているという。
次世代レクサスの幕開けを象徴する第1弾、新型「NX」を発売|LEXUS

次世代レクサスの幕開けを象徴する第1弾、新型「NX」を発売|LEXUS

レクサスは10月7日、PHEV 、HEV 、ターボ、自然吸気など多彩なパワートレーンを搭載した新型クロスオーバーSUV「NX」を発表し、11月以降に発売するとした。カーボンニュートラル社会の実現と、多様化するお客様のニーズに寄り添うクルマづくりに取り組む次世代レクサスの幕開けお象徴する第1弾モデルとなるという。
ラグジュアリークーペとしての乗り味と魅力を深化した新型レクサスLC|LEXUS

ラグジュアリークーペとしての乗り味と魅力を深化した新型レクサスLC|LEXUS

レクサスは、フラッグシップクーペ「LC」を一部改良。2021年11月以降の発売を予定している。
RC Fの高性能モデル「パフォーマンスパッケージ」がよりスポーティにアップグレード|LEXUS

RC Fの高性能モデル「パフォーマンスパッケージ」がよりスポーティにアップグレード|LEXUS

レクサスは2ドアスポーツモデル「RC F」を一部改良。2021年10月からの販売予定と発表した。
エクステリア、乗り心地、走行性能をブラッシュアップ──レクサスESがマイナーチェンジ|LEXUS

エクステリア、乗り心地、走行性能をブラッシュアップ──レクサスESがマイナーチェンジ|LEXUS

レクサスは8月26日、ミドルサイズセダンの「ES」をマイナーチェンジし、同日から販売を開始した。
レクサス、新型NXをワールドプレミア|LEXUS

レクサス、新型NXをワールドプレミア|LEXUS

レクサスは6月12日、フルモデルチェンジしたミドルサイズSUV「NX」を世界初公開した。
マイチェンでいいところがうまく伸ばされていた──新型レクサスLS500hに試乗 |LEXUS

マイチェンでいいところがうまく伸ばされていた──新型レクサスLS500hに試乗 |LEXUS

「Always On(常に進化していく)」というクルマづくりのスローガンのもと、2020年11月にマイナーチェンジを受けたレクサスのフラッグシップモデル「LS」。その進化の度合いを確かめるべく、モータージャーナリストの小川フミオ氏が試乗した。
欧州のプレミアムセダンに勝るとも劣らない出来映え──レクサスIS350 Fスポーツに試乗|LEXUS

欧州のプレミアムセダンに勝るとも劣らない出来映え──レクサスIS350 Fスポーツに試乗|LEXUS

2020年11月にマイナーチェンジを受け、フルモデルチェンジに匹敵するくらいに走りもスタイリングも磨き上げられたと評判のレクサスIS。愛知県豊田市下山地区に新設したToyota Technical Center Shimoyamaを中心に繰り返し走行試験を実施することで車両性能の作り込み行ったという同モデルに試乗した。
ブランドの原点である静粛性と乗り心地の向上を追求──レクサス、新型「ES」をワールドプレミア|LEXUS

ブランドの原点である静粛性と乗り心地の向上を追求──レクサス、新型「ES」をワールドプレミア|LEXUS

レクサスは4月19日、レクサスラインナップの基幹となる新型「ES」を、上海モーターショーで世界初公開した。
551 件