LEXUS

トヨタがアメリカ市場において高級車ブランドLEXUS(レクサス)を立ち上げたのは1989年のこと。トヨタが誇る高い技術力と優れた品質、そして極上の顧客サービスにより、アメリカやドイツの高級車とは一線を画す新しい価値を提供しようというのが狙いであった。 同年9月、「LS400」(日本名セルシオ)と「ES250」(同カムリ)がアメリカ市場に投入されると、翌1990年2月には早くもLS400がベストインポートカーを獲得している。その後もレクサスの評価は高まるばかりで、ラインナップの拡大とともに、高級車ブランドとしてのポジションを確実にしていった。 アメリカでの成功を受けて、2004年にはヨーロッパ進出を果たしたレクサスは、同年5月、日本での事業展開を発表。翌2005年8月には、母国での高級車ビジネスをスタートさせた。開業当初は、「GS」(トヨタブランドのアリストの後継車)、「SC」(同ソアラ)、「IS」(同アルテッツァの後継車)と、フラッグシップの「LS」を欠くラインナップだったが、2006年9月には待望の新型LS、そして、2007年5月にはそのハイブリッド版の「LS600h/LS600hL」を投入することで、ラグジュアリーサルーン購買層の期待に応えている。 一方、2007年10月にスポーツモデル「IS F」を発表、また、2008年5月に行われたニュルブルクリンク24時間レースに開発中のスポーツクーペ「LF-A」を投入するなど、スポーツイメージの獲得に力を入れており、さらなる人気拡大が期待される。

レクサスLCコンバーチブルの市販化決定|Lexus

レクサスLCコンバーチブルの市販化決定|Lexus

レクサスは7月5日(金)、フラッグシップ クーペ「LC」のコンバーチブル モデルの市販化を発表。また7月4日(木)から英国で開催されていた「グッドウッド フェスティバル オブ スピード 2019」でプロトタイプを世界初披露し、ヒルクライム走行を実施した。
マイナーチェンジしたレクサスのSUV「RX」登場|Lexus

マイナーチェンジしたレクサスのSUV「RX」登場|Lexus

Lexus RX|レクサスRXマイナーチェンジしたレクサスのSUV「RX」登場レクサスは5月30日、最新技術を投入してマイナーチェンジしたミドルサイズのSUV「RX」を発表した。Photographs by MOCHIZUKI Hirohiko LEXUSText by HARA Akira最新技術の投入でさらなる進化「RX」は1998年のデビュー以来、レクサスのミドルサイズSUVとして世界中で販売される、同ブランドの中核モデル。今回の新型RXは、2015年にデビューした現行モデルに内外装の変更や最新技術を投入したマイナーチェンジモデルだ。エクステリアでは、スピンドルグリルをL字モチーフのブロックメッシュパターンとしたほか、前後バンパーの形状を変更することでサイドのキャラクターラインとの連続性をもたせ、ヘッドランプの小型化によりシャープな印象を持たせている。インテリアは従来の質感はそのままに、ナビゲーションのタッチディスプレー化、USBソケットの増設、スマートフォンの収納場所、タッ...
レクサスRC Fをマイナーチェンジ|Lexus

レクサスRC Fをマイナーチェンジ|Lexus

Lexus RC F|レクサス RC FレクサスRC Fをマイナーチェンジレクサスは5月13日(月)、スポーツクーペ「RC F」をマイナーチェンジし、販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi新たに高性能な「パフォーマンス パッケージ」を設定「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」という開発テーマのもと、2007年の「IS F」からスタートしたレクサスの高性能モデル“F”。今回マイナーチェンジされた「RC F」では、軽量化や空力性能を中心に改良が施された。ドライビングの面では、ハンドリングと限界領域でのコントロール性向上を目的に、タイヤを新開発。エンジンマウントやサスペンションメンバー ブッシュ、ステアリングラック ブッシュなどの剛性も高め、サーキット走行などでの操縦安定性が高められている。5.0リッターV8自然吸気エンジンは、354kW(481ps)へと出力を向上させるとともに、最大トルク353Nm(54.6kgm)を発生。エアクリーナーの形状変更に...
レクサスNX、安全装備が進化|Lexus

レクサスNX、安全装備が進化|Lexus

Lexus NX|レクサス NXレクサスNXが安全装備を中心にブラッシュアップレクサスは4月18日(木)、コンパクトSUV「NX」の安全装備などを一部変更。5月6日(月)に発売する。Text by YANAKA Tomomiアンダーステア抑制の「ACA」を全車に標準装備レクサス「NX」の今回のブラッシュアップのポイントとなるのが、安全装備の改良。具体的には、標準装備されている予防安全パッケージ「レクサス セーフティ システム+」が進化している。プリクラッシュセーフティでは、単眼カメラとミリ波レーダーの性能が向上。昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知できるようになった。また、自動車専用道路などでレーダー クルーズ コントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵をアシストする「レーン トレーシング アシスト」なども盛り込まれている。さらに、コーナリング中アクセルを踏み込んだ際に発生しやすいアンダーステアを抑制するアクティブ コーナリング アシスト「ACA」を全車に標準装備し...
レクサス LCのオープンコンセプトを公開|Lexus

レクサス LCのオープンコンセプトを公開|Lexus

Lexus LC Convertible concept|レクサス LC コンバーチブル コンセプトLC コンバーチブル コンセプトをデトロイトショーで初披露レクサスは1月14日(月)から開催されているデトロイトモーターショーで、コンバーチブルクーペのコンセプトモデル「LC コンバーチブル コンセプト」を世界初披露した。Text by YANAKA Tomomiルーフを開けたときの美しさにこだわったデザインレクサスが提唱するラグジュアリーなライフスタイルの新たな提案として開発されたフラッグシップクーペ「LC」ベースのコンセプトカー「LC コンバーチブル コンセプト」が、デトロイトモーターショーでワールドプレミアされた。エクステリアはLCをベースに、オープンカーらしさを生かしたデザイン。ルーフの格納位置にもこだわり、流麗なサイドビューを演出し、足元には、大径22インチホイールを採用した。コックピットもLCを継承しながら、ルーフを開けた車外からの見え方も意識。ドライバーとクルマの一体感...
マイナーチェンジしたRC Fをワールドプレミア|Lexus

マイナーチェンジしたRC Fをワールドプレミア|Lexus

Lexus RC F|レクサス RC FマイナーチェンジしたRC Fをデトロイトでワールドプレミアレクサスは、デトロイトモーターショーでマイナーチェンジしたスポーツクーペ「RC F」をワールドプレミアした。Text by YANAKA TomomiGT3マシンのノウハウを応用した「パフォーマンスパッケージ」も設定2007年の「IS F」発売とともに、「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」という開発テーマのもとレクサスの高性能モデルとして受け継がれてきた“F”。“F”のあらたな一歩として今回デトロイトで世界初披露されたRC Fは、パワートレインやサスペンション、タイヤなどを改良。5リッター自然吸気エンジンのままだが、エンジンは出力を向上させ、最高出力352kW(472ps)/7,000rpm、最大トルク535Nm(54.6kgm)/4,800rpmを発生させる。またエアクリーナー形状変更による吸気性能向上とスロットル制御の軽量によりアクセルレスポンスを向上させたという。...
レクサスの新型コンパクトクロスオーバー「UX」デビュー|Lexus

レクサスの新型コンパクトクロスオーバー「UX」デビュー|Lexus

Lexus UX|レクサス UXレクサスの新型コンパクトクロスオーバー「UX」がデビューレクサスは2018年11月27日、今年3月のジュネーブショーでワールドプレミアを果たした新型コンパクトクロスオーバーモデル「UX」を国内発表。同日より販売を開始した。Text & Photographs by INAO Ryo価格は390万円から535万円までレクサスが新たに発表した新型コンパクトクロスオーバー「UX」は、「Creative Urban Explorer(CUE)」をコンセプトに、ダイバーシティ化が進み、絶えず変化を重ねる現代のライフスタイルを、自分らしく生きるための「CUE(=きっかけ)」となることを目指して開発されたという。全長4,495×全幅1,840×全高1,540mmのボディは、塊感がありタフで力強い印象ながら洗練されたデザインにまとまっており、張り出したフェンダーによって俊敏なイメージを演出する。レクサスが新たに発表した新型コンパクトクロスオーバー「UX」は、...
新型「レクサスES」日本発売開始|Lexus

新型「レクサスES」日本発売開始|Lexus

Lexus ES|レクサス ES新型「レクサスES」日本発売開始トヨタは10月24日、ミドルサイズセダンの新型レクサス「ES」を発表、日本国内での販売を開始した。Text by HARA Akira日本初上陸のFFサルーン1989年のフラッグシップセダン「LS」とともに、レクサスの最初のラインナップとして誕生したミドルサイスのFFセダン「ES」。上質な乗り心地や静粛性、広い室内空間が数多くの国や地域で好評を博し、基幹モデルとして世代交代が続けられてきた。今回7代目となる新型「ES」は、LC、LSに続く新世代レクサスラインナップとして、母国である日本で初めて販売される。新型ESは、国内で先に販売された「カムリ」などと共通の低重心「GA-Kプラットフォーム」を活かし、流麗かつ引き締まったエクステリアと広く快適な室内空間を両立。新プラットフォームと2.5リッター ハイブリッドシステムによる上質な乗り心地と優れた操縦安定性といった、相反する要素「二律双生」を実現し、「すっきりと奥深い走り」...
レクサスの2ドアクーペ「RC」がマイナーチェンジ|Lexus

レクサスの2ドアクーペ「RC」がマイナーチェンジ|Lexus

Lexus RC|レクサスRCレクサスの2ドアクーペ「RC」がマイナーチェンジトヨタ自動車は2ドアスポーツクーペのレクサス「RC」をマイナーチェンジし発売した。Text by HARA AkiraフラッグシップクーペLCを彷彿させるデザインに今回マイナーチェンジした「RC」は、フラッグシップクーペ「LC」のデザインや走りを継承し、より魅力的なクーペに進化することを目的に開発。エレガントなエクステリアデザインと高い質感のインテリア、空力性能の向上、タイヤ、サスペンションの改良、エンジン特性やステアリングフィールの作り込みを実施したという。エクステリアでは、ヘッドランプから下に伸びるバンパーコーナーの形状や、上下で開口比率が徐々に変化するメッシュパターンのスピンドルグリルを採用。ヘッドライトには縦方向に配置した超小型三眼LEDランプユニットを配置し、L字型のLEDクリアランスランプと組み合わせた新しい表情を創出した。またリアはバンパーコーナーにエアダクトを設けて操縦安定性を向上。タイヤ...
501 件