新型レクサス LS500hに試乗|Lexus

新型レクサス LS500hに試乗|Lexus

Lexus LS500h|レクサス LS500h新型レクサス LS500に試乗至れり尽くせりのフラッグシップレクサスの新世代のフラッグシップセダンとして2017年10月に発売された新型「LS」。ガソリンターボエンジン搭載の「LS500」に先行してリリースされたハイブリッドモデル「LS500h」に試乗した。Text by OGAWA Fumio3.5リッターV型6気筒ガソリンエンジンに電気モーターの組み合わせレクサスのフラッグシップ「LS」がフルモデルチェンジして2017年10月19日に発売されたのはご存じのとおり。ハイブリッドの「LS500h」に試乗した。レクサス LS500hは3.5リッターV型6気筒ガソリンエンジンに電気モーターの組み合わせ。220kW(299ps)の最高出力と356Nmの最大トルクを持つエンジンに、300Nmの電気モーターと数値からみてもパワフルだ。新しい点はいくつもある。本来、無段変速であるレクサスのハイブリッドなのだが、10段変速制御を採用。従来はエンジン...
一通のインビテーションから始まったレクサス LSの「本能」をめぐる旅|Lexus

一通のインビテーションから始まったレクサス LSの「本能」をめぐる旅|Lexus

Lexus LS|レクサス LS一通のインビテーションから始まったLEXUS LSの「本能」をめぐる旅フルモデルチェンジを果たしたLEXUSのフラッグシップセダン 新型「LS」が公開され、それにともないスペシャルイベントが開催。大自然に囲まれ、型破りなキャンプスタイルに見た本当の贅沢とは。Text by TAJIRI keisuke「本能」をめぐる旅は、本質を探求するメンバーが体感する2017年11月、LEXUSが主催するスペシャルイベントに参加できたのは特別に招待された人物のみ。ファッション界やメディア編集長、クリエイター、ベンチャー企業の代表など顔ぶれはさまざまで、時代にイノベーションをあたえる業界のリーダーたち30名が選出された。小誌からは、代表の松本博幸と編集大魔王の祐真朋樹に加えて、かねてより親交の深いファイヤーキングカフェ代表の阿部俊英氏と、京都西陣織の老舗・細尾の細尾真生氏ら両氏とともに参加。イベント当日は各チームに新型LSが手配され、参加者自らハンドルを握り、舞台と...
レクサスの新型フラッグシップセダン「LS500」に試乗|Lexus

レクサスの新型フラッグシップセダン「LS500」に試乗|Lexus

Lexus LS500|レクサス LS500レクサスの新型フラッグシップセダン「LS500」に試乗昨年秋に日本でも販売が開始された、新型レクサス「LS」。遅れてリリースされた、ガソリンターボエンジン搭載モデル「LS500」にさっそく小川フミオ氏が試乗。レクサスがフラッグシップサルーンをどう進化させたかを確かめた。Photographs by ARAKWA MasayukiText by OGAWA Fumio運転して楽しいセダン待たれていたレクサス「LS500」にようやく公道試乗することができた。もちろん先代から大きく進化しているし、先行発売されているハイブリッドの「LS500h」とも違う魅力がある。レクサス LSというと後席も重要なラグジュリアスなセダンというイメージだろうか。しかし新しいLSは明らかに運転を楽しむクルマに仕上がっている。Lexus LS500 EXECUTIVEとりわけ3.5リッターV6エンジンのガソリン仕様LS500はスポーティだ。ハイブリッド版のLS500h...
新型レクサスLSを米国で先行試乗|Lexus

新型レクサスLSを米国で先行試乗|Lexus

Lexus LS|レクサス LS新型レクサスLSを米国で先行試乗今年1月年のデトロイトモーターショーでワールドプレミアを果たした、新型「LS」。レクサスのフラッグシップサルーンは、実際にどのようなモデルチェンジを果たしたのか。東京モーターショー開幕直前に国内発表も行われた最新のLSに、ひと足先に米国で試乗した金子浩久氏によるレポート。Text by KANEKO Hirohisa大胆な造形のインテリアフルモデルチェンジしたレクサス「LS」のアメリカ仕様にサンフランシスコとその近郊で乗ってきた。ご覧の通り内外デザインを一新し、数々の運転支援デバイスや安全装備を盛り込んだレクサスの意欲作である。パワーユニットは、「LS500」に搭載される3.5リッターV6ツインターボのガソリンエンジン(421ps、61.2kgm)と、「LS500h」の3.5リッターV6ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド(299ps、35.5kgm)の2種類。どちらにも新開発の10段ATが組み合わされ...
CRAFTED FOR LEXUS 2017年新作アイテム、11月末より販売開始|LEXUS

CRAFTED FOR LEXUS 2017年新作アイテム、11月末より販売開始|LEXUS

LEXUS|レクサス日本が世界に誇る職人技LEXUS造形美溢れる伝統工芸コレクションLEXUSが提案するライフスタイルコレクション「CRAFTED FOR LEXUS」より、2017年秋冬コレクションとして「スピンドルトレイ」「切子グラス」の2つのアイテムが登場する。Text by KOBAYASHI Takumi(OPENERS)LEXUSのクラフトマンシップに共鳴する「若き匠」の技2016年度の「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」静岡代表の挽物工芸師によるオリジナルブランド《SEE SEE》が製作した静岡挽物のスピンドルトレイ。挽物とは、木材をろくろや旋盤でひき、円形の器物を作る伝統技術のこと。機械の力に頼らず人の手でひとつひとつ丁寧に作られている。今回発売されるスピンドルトレイは挽物技術だけでなく、静岡伝統のお茶染めにより重厚感漂う黒色を表現。さらにガラスコーティングが施されており、高級感のある光沢が実現されている。伝統技術とモダンなデザインを融合させ、LEX...
レクサスのフラッグシップセダン新型「LS」発売|Lexus

レクサスのフラッグシップセダン新型「LS」発売|Lexus

Lexus LS|レクサス LSレクサスのフラッグシップセダン新型「LS」発売レクサスは、フルモデルチェンジし5代目となったフラッグシップセダン「LS」を発表。10月19日から販売を開始した。Text & Photographs by HARA Akiraクーペシルエット、エモーショナルな走り、先進技術を携えたレクサスの象徴1989年に発売された初代「LS」(日本ではトヨタ「セルシオ」)は、優れた走りと、圧倒的な静粛性という相反する要素を妥協なく両立し、それまでの高級車の概念を覆すエポックメーキングなクルマを目指して開発され、実際に高い評価を受けた。そのDNAを受け継ぎつつ5代目となった新型LSは、斬新なクーペシルエット、エモーショナルな走り、数々の先進技術を備えた、レクサスの象徴となるフラッグシップセダンとしてデビューした。「欧米のブランドと同じことをしていては選んでもらえない」とこの日発表会に臨んだレクサス インターナショナルの澤良宏プレジデントの言葉通り、新型は「挑戦...
レクサス、東京モーターショーで新型LSを国内初公開|Lexus

レクサス、東京モーターショーで新型LSを国内初公開|Lexus

Lexus|レクサスレクサス、東京モーターショーで新型LSを国内初公開レクサスは、10月25日(水)のプレスデーを皮切りに開催される、東京モーターショー2017において、新型「LS」のジャパンプレミアを行う。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)世界初公開のコンセプトカーも用意10月25日(水)よりプレスデー、27日(金)は特別招待日、そして28日(土)より一般公開される今年の東京モーターショーにおいて、レクサスはデトロイトモーターショーでワールドプレミアを果たしたフラッグシップサルーン「LS」の新型を日本初公開する。フルモデルチェンジを果たした新型LSは、クーペモデル「LC」と同じく新開発の後輪駆動向けプラットフォーム「GA-L」を採用。新開発となるV型6気筒ツインターボエンジンを搭載する「LS500」や、有段ギアの自動変速機構を組み合わせた「マルチステージ ハイブリッド システム」の「LS500h」が既に発表されている。また最新の予防安全パッケ...
新型レクサスLSにF SPORTが登場|Lexus

新型レクサスLSにF SPORTが登場|Lexus

Lexus LS500 F SPORT|レクサス LS500 FスポーツLexus LS500h F SPORT|レクサス LS500h Fスポーツ新型レクサスLSにF SPORTが登場レクサスは、ニューヨークオートショーにおいて新型LSのスポーティモデル「LS500 F Sport」を発表した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)Fスポーツ ハンドリング パッケージも用意今年1月に登場したばかりの新型「LS」に、スポーティなF SPORTが加わった。レクサス各モデルにも設定されるF SPORTは、「RC F」や「GS F」といったサーキットまで主眼にいれた「F」モデルのスピリットを受け継ぎつつも、乗り心地や快適性にも配慮してチューニングが施される仕様だ。外観ではスピンドルグリルに専用のデザインがあしらわれるのが特徴。このグリルの開発にあたっては、CADで5ヵ月もかけて試行錯誤が繰り返されたという。またウルトラ ホワイトと名付けられたボディペイン...
少ないEVと目立ったPHEVの関係|Geneva Motor Show

少ないEVと目立ったPHEVの関係|Geneva Motor Show

Geneva Motor Show 2017|ジュネーブ モーターショー2017 解析その3意外と少なかったEVニューモデルPHEVは2025年までの繋ぎなのか?大盛況のうちに幕を閉じたジュネーブ モーターショー 2017年。その会場を巡った、南陽一浩氏によるリポートの最終回は、近未来を占うEVやプラグイン ハイブリッドたちについて。⇒解析その1 スーパーカー篇⇒解析その2 SUV篇Photographs by Mochizuki HorohikoText by NANYO Kazuhiro電動化への圧力はあるもののノルウェーとオランダが2025年に、ドイツが2030年に、内燃機関エンジンのクルマの販売を禁じる法案を決議したのは昨年のこと。今のところ法的拘束力はないとはいえ、CO2オフセットの流れはいよいよ内燃機関を社会的に締め出す方向にと、話題になった。ドイツのコンストラクターも協調して充電ステーションの整備に乗り出すことを2016年末に発表し、いよいよ欧州がEV時代に前のめりに...
新型LSにFスポーツが間もなく登場|Lexus

新型LSにFスポーツが間もなく登場|Lexus

Lexus LS500 F Sport|レクサス LS500 Fスポーツ新型LSにFスポーツが間もなく登場レクサスは、ニューヨークオートショーにおいて新型LSのスポーティ仕様「LS500 F SPORT」を発表する。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)ハイブリッドのLS600hにも設定昨年12月のデトロイトショーでデビューし、3月のジュネーブにおいてハイブリッドモデルが登場した、レクサスの新世代フラッグシップサルーン「LS」。間もなく開催されるニューヨーク オートショーでは、V6ツインターボ エンジンを搭載した「LS500」に、スポーティな仕様“F SPORT”が追加となることが明らかとなった。LSに先んじて登場したクーペ「LC」から採用された新設計のプラットフォームGA-Lの特性を活かし、高い操縦安定性と爽快なドライビングフィールが味わえるよう仕上がっていると謳う。このF SPORTは、先代同様にハイブリッドの「LS500h」にも設定される予定だ。
新型LSのハイブリッドモデルをワールドプレミア|LEXUS

新型LSのハイブリッドモデルをワールドプレミア|LEXUS

LEXUS LS500h|レクサス LS500h新型LSのハイブリッドモデルをワールドプレミアレクサスはジュネーブモーターショーで、フラッグシップセダンの追加モデル「LS500h」をワールドプレミアした。Text by YANAKA Tomomiモーターに自動変速機構を組み合わせたシステムを採用事前予告の通り、今年1月に開催されたデトロイトモーターショーで発表された新型「LS」のハイブリッドモデルとなる「LS500h」がジュネーブモーターショーに登場した。パワートレインは最高出力220kW、最大トルク350Nmを発生する3.5リッターV型6気筒エンジンにくわえ、2つのモーター使用し、有段ギアの自動変速機構を組み合わせた「マルチステージ ハイブリッド システム」を採用。この機構により、エンジンとモーター両方の出力制御が可能となり、システム全体で最高出力264kWを発生する。またLS500同様、新開発のGA-Lプラットフォームが低く構えたスタイリングを実現。クーペのようなシルエットを生...
新型LSのハイブリッドモデルを予告|Lexus

新型LSのハイブリッドモデルを予告|Lexus

Lexus LS500h|レクサス LS500h新型LSのハイブリッドモデルを予告レクサスは、3月に開催されるジュネーブ国際モーターショーにおいて「LS500h」を世界初公開すると発表した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)ハイブリッドモデルの追加レクサスは、3月7日(火)のプレスデーを皮切りに開催されるジュネーブ国際モーターショーにおいて、フラッグシップサルーン「LS」の追加モデルを世界初公開する。昨年末のデトロイトモーターショーでワールドプレミアされた新型LSは3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載した「LS500」だったが、このたび登場するのは、ハイブリッドモデル「LS500h」だ。なお、新型LSと同じく後輪駆動向けの新開発プラットフォームを用いるクーペ「LC500h」は、2モーターをもちいたマルチステージハイブリッドを搭載しており、最高出力299ps/6,600rpm、最大トルク355kgm/4,900rpmを発生する3.5...
Lexus International President 福市得雄氏にインタビュー|Lexus

Lexus International President 福市得雄氏にインタビュー|Lexus

Lexus|レクサスLexus International President 福市得雄氏にインタビュー常に人間が中心にあるべき1月に開催された北米自動車ショーにおいて新型「LS」を発表したレクサス。なにかとSUVがもてはやされる昨今において、レクサスはセダンをどう位置づけているのだろうか。そして、先進的安全技術や自動運転が注目されるなか、今後レクサスはいかなるクルマをつくっていくのか。同ブランドを率いるLexus International Presidentの福市得雄氏にインタビューした。Photographs by ARAKAWA MasayukiText by OGAWA Fumioスピンドルグリルは自然に出来上がった輪郭1月にデトロイトで開催されたばかりの北米自動車ショーで、新型「LS」が公開されて話題になっているレクサス。日本でも「IS」をはじめとする既存車種のテコ入れで魅力が増すなど2017年は話題性がたっぷりだ。大型ラグジュアリークーペの「LC」や、販売絶好調の「R...
デトロイトモーターショーで新型LSを世界初披露|LEXUS

デトロイトモーターショーで新型LSを世界初披露|LEXUS

LEXUS LS|レクサス LSデトロイトモーターショーで新型LSを世界初披露レクサスは1月8日(日)から開催されているデトロイトモーターショーでフラッグシップセダン「LS」の新型をワールドプレミアした。Text by YANAKA Tomomi新開発のプラットフォームでクーペのようなデザインを実現1989年に発表され、今回5代目となった新型「LS」が世界初披露された。車体とエンジンは新たに開発。クーペのようなシルエットが印象的なフルモデルチェンジとなった。パワートレーンは、新開発の3.5リッター ツインターボエンジンを採用。最高出力は310kW(421ps)、最大トルクは600Nm(61kgm)を発生。10段ATを組み合わせ、LSに求められる静粛性を保ちながら、加速性との両立が図られている。0-60マイル(0-96km/h)加速は後輪駆動モデルで4.5秒だという。プラットフォームは、ラージクーペ「LC」と共有する新開発の後輪駆動向け「GL-A」プラットフォームを採用することで、低...
30 件