アウディがEVのGTモデル「e-tron GTコンセプト」を発表|Audi

アウディがEVのGTモデル「e-tron GTコンセプト」を発表|Audi

Audi e-tron GT concept|アウディe-tron GTコンセプトアウディ、EVの4ドアGT「e-tron GTコンセプト」を発表アウディは米国で開催中の「ロサンゼルス モーターショー 2018」で、電気自動車の4ドアグランツーリスモ「アウディ e-tron GTコンセプト」を世界初公開した。このコンセプトカーの量産化は、アウディのハイパフォーマンスモデルを開発する子会社、アウディスポーツGmbHが担当し、約2年後に登場する予定だという。Text by HARA Akiraフラット&ワイドで長いホイールベースを持つ典型的なGTボディ今回発表された「e-tron GTコンセプト」は、すでに生産が開始されているアウディ「e-tron」、2019年に登場予定のアウディ「e-tron スポーツバック」に続くe-tronファミリーの3番目のモデルとなる。4ドア4シータークーペのボディは全長4.96×全幅1.96×全高1.38メートルで、フラット&ワイドかつ2.9メートルの長い...
自動運転コンセプト「I.D. Vizzion」をワールドプレミア|Volkswagen

自動運転コンセプト「I.D. Vizzion」をワールドプレミア|Volkswagen

Volkswagen I.D.Vizzion|フォルクスワーゲン I.D.ヴィジョン自動運転コンセプト「I.D. Vizzion」をワールドプレミアフォルクスワーゲンは、3月18日(日)まで開催中のジュネーブモーターショーでプレミアムサルーンEVのコンセプトモデル「I.D. Vizzion」をワールドプレミアした。Text by YANAKA Tomomi“移動可能なラウンジ”として設計現在フォルクスワーゲンが展開しているEVコンセプトモデル「I.D.」シリーズ第4のモデルとして発表された、自律運転機能を備えるコンセプトカー「I.D. Vizzion」。未来のプレミアムサルーンとして生み出された「I.D. Vizzion」の最大の特徴となるのが、完全自動運転を想定していること。そのため、車内はステアリングやペダルなどが一切なく、声もしくはジェスチャーコントロールで行先やさまざまな機能を操作する。またAR(拡張現実)を活用した、人工知能(AI)による学習機能を備えているため、乗員それ...
トヨタ「スープラ」がレーシングコンセプトとして復活|Toyota

トヨタ「スープラ」がレーシングコンセプトとして復活|Toyota

TOYOTA GR Supra Racing Concept|トヨタ スープラ レーシングコンセプトトヨタ「スープラ」がレーシングコンセプトとして復活トヨタは第88回ジュネーブモーターショーで、「GR スープラ レーシング コンセプト」を世界初公開した。Text by HARA Akiraレース専用部品をフル装備今回発表されたモデルに冠される「スープラ」は、「2000GT」とともに親しまれてきたトヨタのフラッグシップスポーツカーだ。北米では1978年(A40型)、国内では1986年(A70型)に登場し、2002年をもって生産が中止された(A80型)。今回のGRスープラ レーシングコンセプトは、そのスープラを16年ぶりにレーシングカーとして蘇らせたコンセプトモデルだという。「世界最高峰のFun to Driveを提供する新たなスポーツカー」を目指し、欧州モータースポーツの拠点であるトヨタ モータースポーツ(TOYOTA Motorsport GmbH)が開発を担当した。エクステリアは...
アストンのEV「ラゴンダ ビジョンコンセプト」発表|Aston Martin

アストンのEV「ラゴンダ ビジョンコンセプト」発表|Aston Martin

Aston Martin Lagonda Vision Concept|アストンマーティン ラゴンダ ビジョンコンセプトゼロエミッションのラゴンダ ビジョンコンセプト英アストンマーティンは電動パワートレーンを搭載したラグジュアリーカー「ラゴンダ ビジョンコンセプト」をジュネーブモータショーで初公開するとともに、伝統のブランドである「ラゴンダ」を、ゼロエミッションのラグジュアリーブランドとすると発表した。Text by HARA Akira4人乗りの流線型ワンモーションスタイル「ラゴンダ ビジョンコンセプトは、極めて大胆なデザインを採用しています」と語るのは、副社長兼チーフクリエイティブオフィサー、マレク・ライヒマン氏だ。巨大な内燃エンジンやギアボックス、トランスミッションが不要な電気自動車であり、バッテリーを車両のフロアに設置するため、ラゴンダのデザイナーはまずインテリアをディテールに至るまで最適化、その外側にエクステリアを構築するというデザインアプローチが行われたという。そのため...
ポルシェ、EVコンセプトを世界初披露|Porsche

ポルシェ、EVコンセプトを世界初披露|Porsche

Porsche|ポルシェポルシェ、EVコンセプトを世界初披露「ミッションE クロスツーリスモ」などをジュネーブで世界初披露ポルシェは現地時間3月6日(火)に開幕したジュネーブモーターショーでEVのクロスオーバー ユーティリティ ビークルのコンセプトモデル「ミッションEクロスツーリスモ」と、発売が予定されるスポーツカー「911 GT3 RS」をワールドプレミアした。Text by YANAKA Tomomiトータル出力600psとなる2つのモーターで4輪を駆動「ミッションEクロスツーリスモ」は、2015年のフランクフルトモーターショーで披露された「ミッションE」の派生モデル。ポルシェでは2019年に市販モデルが発表される予定のクロスオーバーのスタディモデルだ。ポルシェが「我々がどのように電気自動車をとらえているかをあらわしているモデル」と謳う「ミッションEクロスツーリスモ」。ボディは全長4.9メートルで、2つのパーマネントマネジメントシステムモーター(PSM)を搭載し、四輪を駆動。最...
フォルクスワーゲン「I.D. Vizzion」をジュネーブショーで世界初披露|Volkswagen

フォルクスワーゲン「I.D. Vizzion」をジュネーブショーで世界初披露|Volkswagen

Volkswagen|フォルクスワーゲンI.D.シリーズ第4のモデル「I.D. Vizzion」をジュネーブショーで世界初披露フォルクスワーゲンはドイツ時間の2月20日(火)、3月に開幕するジュネーブ モーターショーでEVコンセプトモデル「I.D. VIZZION」を世界初披露すると発表。同時に「I.D. VIZZION」のティザーも公開した。Text by YANAKA Tomomi自動運転するプレミアムクラスのサルーン2020年に発売予定の「ゴルフ」をベースにした4ドアコンパクト「I.D.クロス」を筆頭に、クロスオーバーSUVモデルや“ワーゲンバス”をモチーフにした「I.D.バズ」など、2025年までに20車種以上のEV導入を計画しているフォルクスワーゲン。新たに、I.D.シリーズ第4のモデルであり、プレミアムクラスのサルーンとして開発されたコンセプトカー「I.D. VIZZION」がジュネーブモーターショーでワールドプレミアする。「I.D. VIZZION」の最大のポイントと...
次世代の中型セダンコンセプトをデトロイトでワールドプレミア|Infiniti

次世代の中型セダンコンセプトをデトロイトでワールドプレミア|Infiniti

Infiniti Q Inspiration Concept|インフィニティ Q インスピレーションコンセプト次世代の中型セダンコンセプトをデトロイトでワールドプレミア日産自動車は現地時間の1月14日(日)にスタートしたデトロイトモーターで、インフィニティのコンセプトモデル「Q インスピレーション コンセプト」を世界初公開した。Text by YANAKA Tomomi日本の伝統的なエッセンスとモダンな雰囲気を融合したインテリア中型セダンセグメントの「Q インスピレーション コンセプト」がワールドプレミアされた。デザインは、流れるようなクーペスタイルで、インフィニティの新しいデザイン言語を表現。フロントでは、ダブルアーチグリルなど特徴的なスタイリングが見てとれる。またドアはピラーレスを採用し、乗り降りのしやすさとデザインが両立するような工夫も盛り込まれた。インテリアは無駄をそぎ落としたクリーンかつミニマルなデザイン。静粛性が高い室内では、ヒューマン マシン インターフェイス(HMI...
レクサスのフラッグシップクロスオーバーコンセプトをデトロイトで初披露|Lexus

レクサスのフラッグシップクロスオーバーコンセプトをデトロイトで初披露|Lexus

Lexus LF-1 Limitless|レクサス LF-1 リミットレスフラッグシップクロスオーバーコンセプトをデトロイトで初披露レクサスは現地時間1月14日(月)に開幕したデトロイトモーターショーで、フラグシップクロスオーバーのコンセプトモデル「LF-1リミットレス」を初披露した。Text by YANAKA Tomomiロングノーズかつ、低重心なスタイリングこれまでシルエットのみしか発表されていなかった「LF-1リミットレス」の全貌がデトロイトモーターショーで明らかになった。「LF-1リミットレス」はレクサスのフラッグシップクロスオーバーとして発表されたコンセプトモデル。全長5,014×全幅1,986×全高1,605mmで、長いノーズと後方に構えたキャビン、低重心のスタイリングが特徴だ。インテリアは、最先端のインターフェイスと2,974mmというロングホイールベースなどがもたらすくつろぎの空間を融合。前席では、ドライバーのジェスチャーを検知することで操作をおこなうモーションコ...
古典車と過ごす優雅な週末|Chantilly Art & Elegance Richard Mille

古典車と過ごす優雅な週末|Chantilly Art & Elegance Richard Mille

Chantilly Art & Elegance Richard Milleシャンティ・アート&エレガンス・リシャール・ミル古典車と過ごす優雅な週末今年で4回目を迎えた「アート&エレガンス」は、夏に欧米各地で開催されるヒストリックカーの祭典を締めくくるイベントとして近年注目を集めている。クルマに美食、そしてアートを組み合わせた、洒落たエンターテインメントの模様を大矢アキオ氏がレポートする。Photographs by Akio Lorenzo OYA/ Mari OYAText by Akio Lorenzo OYAコンクールシーズンを締めくくる夢の祭典欧州や米国でヒストリックカーを愛する紳士淑女の社交場といえばコンクール・デレガンスである。欧州では毎年5月イタリアで開催される「コンコルソ・ヴィラ・デステ」をスタートに、夏の間各地で催される。Ferrari 250GT “Breadvan”1963Ferrari 512M 1970-71そうしたシーズンのエピローグを飾るイベ...
クロスオーバーコンセプトのフロントシルエットを公開|Lexus

クロスオーバーコンセプトのフロントシルエットを公開|Lexus

Lexus LF-1 limitless|レクサス LF-1 リミットレスクロスオーバーコンセプトのフロントシルエットを公開レクサスは12月19日(火)、来年1月に開幕のデトロイトモーターショーで世界初披露するクロスオーバーコンセプト「Lexus LF-1 リミットレス」のフロントライト・シルエットを公開した。Text by YANAKA Tomomiレクサスのフラッグシップ・クロスオーバーにレクサスがデトロイトモーターショーで発表する「Lexus LF-1 リミットレス」。新しいラグジュアリーの方向性を表現したとレクサスが謳うフラッグシップ・クロスオーバーモデルとなる。これまでリアの一部分のみが披露されてきたが、新たに、フロントライトのシルエットも公開された。デザインを手掛けるのは、南カリフォルニアにある「キャルティ デザイン リサーチ」。これまでトヨタのコンパクトSUV「CH-R」やレクサスのSUV「RX」、フラッグシップクーペの「LC 500」などのデザインも手掛けてきたトヨ...
北京現地リポート|Lamborghini

北京現地リポート|Lamborghini

Lamborghini Urus|ランボルギーニ ウルスサプライズなモデル「Urus」北京モーターショーのプレスデイ初日に発表されたランボルギーニの「Urus(ウルス)」はまったくあたらしいSUVタイプのコンセプトカーだった。Text & Photographs OTANI Tatsuyaアヴェンタドールを彷彿とさせる予告なしに登場したという意味でも“サプライズ”だったが、それ以上に、たたずまいそのものが“サプライズ”なモデルが登場した。ランボルギーニは北京モーターショーのプレスデイ初日の4月23日に、まったくあたらしいSUVタイプのコンセプトカー「ウルス(Urus)」を発表した。ランボルギーニのSUVといえば、1985年に発売されたLM002がすぐに思い出される。450psを発揮するV12エンジンを搭載し、最高速度210km/hに達したLM002は300台ほどが生産されただけで1992年に生産終了となったので、“ランボ”にとってはちょうど20年ぶりにSUVが復活したことに...
SUVコンセプト Urus(ウルス)発表|Lamborghini

SUVコンセプト Urus(ウルス)発表|Lamborghini

Lamborghini Urus|ランボルギーニ ウルスランボルギーニSUVのコンセプトカー 「Urus」 を発表ランボルギーニは4月23日から開幕している北京国際モーターショーにSUVコンセプト「Urus」を出展した。Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)ランボルギーニ、第3のラインランボルギーニらしく牛の一種であり、17世紀に絶滅した「オーロックス」からその名がつけられた「Urus(ウルス)」は、同社が1986年から1993年まで販売したオフロードビークル「LM002」を受け継いだモデルと位置づけられる。とはいえ、フロントには大きく口をあけたエアインテークとY字型デイタイムライトがアクセントになったLEDヘッドライト、リアにはテールゲートにマウントされたスポイラーと4本のエグゾースパイプ、と外観は現在のランボルギーニのスポーツモデルと意匠をあわせたアグレッシブなものだ。ホイールは24インチ。サスペンションは可変式で、高速走行時には車高を下げる。そもそも...
フォルクスワーゲン グループが思い描く自動運転時代とは|Volkswagen

フォルクスワーゲン グループが思い描く自動運転時代とは|Volkswagen

Volkswagen|フォルクスワーゲンフォルクスワーゲン グループの自動運転研究部門責任者ヘルゲ・ノイナー博士インタビュー世界中の自動車メーカーが開発競争を繰り広げる自動運転技術。アウディは今年7月、世界で初めてレベル3の自動運転機能を市販車に搭載すると発表した。その開発を担当したのが、同ブランドの所属するフォルクスワーゲン グループ自動運転研究部門の責任者であるヘルゲ・ノイナー博士だ。11月14日から日本で開催される政府プロジェクト「SIP-adus(戦略的イノベーション創造プログラム・自動走行システム)2017」のゲストスピーカーとして来日したノイナー博士に、「フォルクスワーゲンが考える自動運転」の話を聞いた。Text by HARA Akira所有から共有へ、製造業からモビリティサービスへ個別のお話をうかがう前に、まずはノイナー博士から自動運転に関する概論の説明があった。フォルクスワーゲンは2000年初頭から自動運転の開発を始めまており、自動運転が可能になると、1、人間の安...
ランボルギーニ、EVスーパーカー「テルツォ ミッレニオ」披露|Lamborghini

ランボルギーニ、EVスーパーカー「テルツォ ミッレニオ」披露|Lamborghini

Lamborghini Terzo Millennio|ランボルギーニ テルツォ ミッレニオMITとコラボした未来のスーパーカーランボルギーニ「テルツォ ミッレニオ」披露ランボルギーニは11月7日、米国マサチューセッツ工科大学にある2つの研究所とコラボレーションして開発した、電気で走る未来のスーパースポーツカーのデザインコンセプト「テルツォ ミッレニオ」を初披露した。Text by HARA Akira革新的な蓄電システムや素材とデザインが融合「テルツォ ミッレニオ」とは、第3の(テルツォ)千年紀(ミッレニオ)を意味し、ランボルギーニらしいビジュアル、圧倒的なパフォーマンス、本能的な感情をわき上がらせる、という同社のモデルが持つ特徴を変えることなく、未来のデザインとテクノロジーの姿を具体的な形で表現した未来型スーパースポーツカーだ。その開発は、「蓄電システム」「革新素材」「推進装置」「先見的なデザイン」「エモーション」という5つの技術的側面から行われたという。この中で、「蓄電システ...
新世代フェイスの4ドアクーペ「スポーツ コンセプト クーペ」|Volkswagen

新世代フェイスの4ドアクーペ「スポーツ コンセプト クーペ」|Volkswagen

Volkswagen Sport Concept Coupe GTEフォルクスワーゲン スポーツ コンセプト クーペ GTE新世代フェイスの4ドアクーペ「スポーツ コンセプト クーペ」フォルクスワーゲンは、開催中のジュネーブモーターショーにおいて、プラグインハイブリッドを搭載した4ドアクーペのコンセプトモデル「スポーツ コンセプト クーペ GTE」を発表した。そのパワートレーンとともに、これまでのフォルクスワーゲンのフロントデザインをかえる、新世代フェイスの披露でもある。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)CCよりもすこし上のポジショニングスイスで開催中のジュネーブモーターショーにおいて、フォルクスワーゲンはコンセプトモデル「スポーツ コンセプト クーペ GTE」を発表した。4ドアクーペというスタイルに、新世代のフェイスデザインをまとい、プラグインハイブリッドを搭載した、ちかい将来の市販化も見据えたコンセプトカーだ。スポーツ コンセプト クーペ ...
293 件