アウディTT日本導入20周年を記念したイベントを開催|Audi

アウディTT日本導入20周年を記念したイベントを開催|Audi

アウディ ジャパンはコンパクトスポーツ「TT」の日本導入20周年を記念した「bauhaus 100 japan Talk Live」を7月29日に開催。デザイン評論家で武蔵野美術大学名誉教授の柏木博氏とSWdesign代表で元アウディ デザインのデザイナー、和田智氏をゲストに迎え、トークが繰り広げられた。
5世代目に進化したA6アバントに試乗|Audi

5世代目に進化したA6アバントに試乗|Audi

2018年4月にデビューし、2019年3月に日本にも導入された新型アウディA6アバント。5世代目へと進化し、最先端の運転支援技術やコネクティビティシステムも導入された同モデルに試乗した。
新型911のエントリーモデルがデビュー|Porsche

新型911のエントリーモデルがデビュー|Porsche

ポルシェAGは7月30日、8代目となる新型ポルシェ911(992型)のエントリーモデルである「911カレラ」「911カレラ カブリオレ」を発表。すでにデビューしている高性能な「S」「4S」モデルに追加されたことで、911シリーズのモデルレンジが拡大した。
M社のフラッグシップオープンカー「M8カブリオレ」販売開始|BMW

M社のフラッグシップオープンカー「M8カブリオレ」販売開始|BMW

ビー・エム・ダブリューは、BMW M社のフラッグシップクーペ「M8」のオープントップモデル「M8カブリオレ」を発表し、販売を開始した。
クーペシルエットの新型コンパクトSUV アウディ「Q3スポーツバック」デビュー|Audi

クーペシルエットの新型コンパクトSUV アウディ「Q3スポーツバック」デビュー|Audi

独アウディはクーペのようなシルエットを持つ新しいコンパクトSUV、アウディ「Q3スポーツバック」を発表した。
Aクラスに初のセダンが登場|Mercedes-Benz

Aクラスに初のセダンが登場|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ日本は7月22日(月)、コンパクトセダン「Aクラスセダン」を発表し、受注を開始した。また発表記念特別仕様車「A 250 4MATICセダン エディション」も250台限定で設定された。
BMW「8シリーズクーペ」に試乗|BMW

BMW「8シリーズクーペ」に試乗|BMW

2018年のル・マン24時間レースでデビューした新型「8シリーズ」。同年11月には日本にも導入されたBMWの新世代フラッグシップクーペに試乗した。
アウディ、新たなるフラッグシップSUV「Q8」発売|Audi

アウディ、新たなるフラッグシップSUV「Q8」発売|Audi

アウディジャパンはSUVの新たなフラッグシップモデルとなる「Q8」を発表、9月3日より販売を開始する。価格は993万円(消費税8パーセント込)でガソリンモデルからの導入である。
ポルシェ初のフルEVスポーツカーが中国でデモランを実施|Porsche

ポルシェ初のフルEVスポーツカーが中国でデモランを実施|Porsche

ポルシェは、9月にワールドプレミアされる予定の新型EVスポーツカー「タイカン」プロトタイプのデモンストレーション走行イベントを中国・上海で実施。今後、英国と米国でも実施する。
Mの新たなラインアップ「X3 M」「X4 M」が誕生|BMW

Mの新たなラインアップ「X3 M」「X4 M」が誕生|BMW

BMW X3 M|ビー・エム・ダブリュー X3 MBMW X4 M|ビー・エム・ダブリュー X4 MBMW Mの新たなラインアップ「X3 M」「X4 M」が誕生ビー・エム・ダブリューは、ミドルクラスSAV(スポーツ アクティビティ ビークル)「X3」と、ミドルクラスSAC(スポーツ アクティビティ クーペ)「X4」のハイパフォーマンスモデルとなる「X3 M」と「X4 M」を発表し、受注を開始した。Text by YANAKA Tomomi3Dプリント技術などを採用した新開発の3リッターターボエンジンを搭載BMW「X3」と「X4」に初めて設定されたハイパフォーマンス モデル「X3 M」と「X4 M」は、BMW M社がサーキット走行を想定し開発したモデルだ。パワートレインにはいずれもBMW M社が新開発した3.0リッター直列6気筒ツインターボのガソリンエンジンを搭載し、最高出力353kW(480ps)、最大トルク600Nmを発生。8段ATを介して四輪駆動し、0-100km/hは4.1秒...
BMW Mのトップモデル「M8」誕生|BMW

BMW Mのトップモデル「M8」誕生|BMW

BMW M8|BMW M8BMW M8 Competition|BMW M8 コンペティションBMW Mのトップモデル「M8」ビー・エム・ダブリューは6月25日(火)、BMW M社の新たなフラッグシップモデル「M8」を発表し、受注を開始した。Text by YANAKA TomomiM専用のインテグレーテッド ブレーキ システムを初採用昨年日本に上陸したBMWの最上級クーペ「8シリーズ」に、BMW M社が内外にスポーティなチューニングを施した「M8」が加わった。BMW M社のフラッグシップモデルとして君臨することとなる。心臓部は、通常の8シリーズと同じ4.4リッターV型8気筒のツインターボ ガソリンエンジンで、チューニングにより最高出力は441kW(600ps)、最大トルクは750Nmへと引き上げられた。よりアグレッシブなスポーツ走行を想定した「コンペティション」では最高出力をさらに25ps向上させた460kW(625ps)となる。いずれも8段Mステップトロニック トランスミッショ...
BMW最上級サルーン「7シリーズ」と最上級SUV「X7」を国内同時発表|BMW

BMW最上級サルーン「7シリーズ」と最上級SUV「X7」を国内同時発表|BMW

BMW 7 series|ビー・エム・ダブリュー 7シリーズBMW X7|ビー・エム・ダブリュー X7最上級サルーン「7シリーズ」と最上級SUV「X7」を国内同時発表ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は同社のSUV(同社ではSAV)ラインナップの頂点を極める最上級ラグジュアリーモデル「X7」の販売を開始。同時にセダンラインナップのフラッグシップ「7シリーズ」の大幅改良モデルも同時に発売した。X7の価格は1,079万円(消費税8%)から、7シリーズは1,090万円(消費税8%)からとなる。Text & Photographs by UCHIDA Shunichi史上最大のBMW「X7」のボディサイズは全⾧5,165☓全幅2,000☓全高1,835mmとBMW史上最大だ。ホイールベースも3,105mmと長く、そこからもたらされる広大な室内空間に最大7人が乗車できる。エクステリアデザインは水平基調。実は全幅のみX5の2,005mmを下回っている。これは、よりマッシブさを強調...
メルセデス・ベンツの7シーターSUV「GLE」が上陸|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツの7シーターSUV「GLE」が上陸|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz GLE|メルセデス・ベンツ GLE7人乗りとなった新型「GLE」上陸メルセデス・ベンツ日本はSUVの中核車種であるGLEをフルモデルチェンジし発表した。価格は940万円(消費税10パーセント)から。Text & Photographs by UCHIDA ShunichiSUVラインナップの中核車種現在、日本におけるメルセデスベンツのSUVの状況は「GLA」「GLC」「GLE」「GLS」、本格オフローダーの「Gクラス」と多彩なラインナップがそろえられている。2013年当時を振り返ると、メルセデスの販売台数の5パーセント程度だったシェアが、昨年は20パーセント近くにまで占める状況になるほど勢力を強めている。そのラインナップの中核に位置するのがGLEだ。GLEは、1998年に「Mクラス」という名称で日本デビュー。当時はSUV専業でないプレミアムブランドが販売する初のSUVとして注目され、その後、2015年にGLEと名称を変更されながら、約20年に渡り...
ポルシェ、6気筒NAの718スパイダー、718ケイマンGT4を追加|Porsche

ポルシェ、6気筒NAの718スパイダー、718ケイマンGT4を追加|Porsche

Porsche 718 Spyder|ポルシェ 718 スパイダーPorsche 718 Cayman|ポルシェ 718 ケイマン GT46気筒水平対向エンジンを搭載する新たなトップモデルを追加ポルシェAGは6月18日(火)、4リッター6気筒の自然吸気ボクサーエンジンを搭載する「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」を718シリーズのトップモデルとして追加すると発表した。Text by YANAKA Tomomi911譲りのフラット6で0-100km/h加速は4.4秒ポルシェが「ケイマン」に4リッター6気筒自然吸気ボクサーエンジンを復活させ、さらにオープンモデル「718ボクスター」よりも軽量かつ、スポーツ性能を向上させた「718スパイダー」を登場させた。2016年に「ボクスター」や「ケイマン」が“718”へとフルモデルチェンジされた際、エンジンは2.0リッター、もしくは2.5リッター4気筒ターボへと変更されていたが、新たに発表された「718スパイダー」と「718ケイマンGT4...
新型ポルシェ911ジャパンプレミア|Porsche

新型ポルシェ911ジャパンプレミア|Porsche

Porsche 911|ポルシェ 911新型ポルシェ911が日本上陸ポルシェジャパンは5月29日、第8世代となる911(992型)の日本仕様を都内で発表した。7月上旬よりデリバリーされる仕様は4種類。AWDの「カレラ4S」とRWDの「カレラS」というふたつの駆動方式に、それぞれのクーペと電動開閉式ソフトトップのカブリオレというボディバリエーションだ。すべて右ハンドル、トランスミッションは8段PDKとなる。Photographs by SATO YukiText by NANYO Kazuhiro成長をつづけるポルシェの切り札日本市場で2018年まで9年連続で販売台数を伸ばし、今年は10期連続成長を目指すポルシェにとって切り札となるニューモデルが、伝統の大看板である今回の新型「911」、そして9月上旬に投入される予定のEVスポーツサルーン「タイカン」だ。新型911プレスカンファレンスの壇上で、ポルシェジャパン代表取締役社長の七五三木敏幸氏は、タイカンのデビューに備え、全国のポルシェセ...
1,787 件