POGGY’S FILTER|vol.10 江川“YOPPI”芳文さん、AKEEM THE DREAMさん(前編)
FASHION / MEN
2019年10月4日

POGGY’S FILTER|vol.10 江川“YOPPI”芳文さん、AKEEM THE DREAMさん(前編)

小木“POGGY”基史氏がホストを務める『POGGY'S FILTER』の記念すべき第10回目を飾るゲストは、東京を代表する老舗スケートチームであるT19に所属し、90年代半ばから2000年代にかけての裏原ストリートカルチャーを牽引していたショップ、HECTIC(ヘクティク)の中心人物となっていた、江川“YOPPI”芳文(以下、YOPPI)氏とAKEEM THE DREAM(以下、AKEEM)氏のお二人。ヘクティクを経て、現在はHombre Niño(オンブレ・ニーニョ)ディレクターおよびPLUS L by XLARGE(プラス・バイ・エックスラージ)デザイナーを務めるYOPPI氏と、かたや、デザイナー、コーディネーター、コラムニスト、翻訳家など多方面で活躍するAKEEM氏だが、ヘクティクを通じて彼らが残してきて功績は、今のストリートファッションのシーンにも深い部分で繋がっているのは言うまでもない。前編では彼ら二人の出会いから、ヘクティク設立初期の貴重な話を伺った。

Interview by KOGI “Poggy” Motofumi|Photographs & Text by OMAE Kiwamu

スケートボードを軸に、みんなが交流していたホコ天時代

POGGY まずはお二人の出会いについて伺いたいのですが。特にAKEEMさんに関しては、結構、謎に包まれている部分もあるので、YOPPIさんに会うまでの簡単な経歴も教えていただければと。

AKEEM 生まれは葛飾、柴又……ではないんですが(笑)、小学生の頃にオーストラリアにいて、そこでスケートボードに出会いました。1989年に東京に帰って来てから、YOPPIさんとか大瀧(ひろし・T19主宰)君といったスケーターの人たちと仲良くなって。

AKEEM THE DREAM氏
YOPPI 清瀬のスケートパークで初めて会った時に、「(雑誌の)『Fine』に出てる人だ!」って言われたのを覚えてる。

POGGY (笑)

AKEEM すいません……。社会性みたいのがまだ何もない頃で(笑)。

POGGY その時にはもう、T19はあったんですか?

YOPPI 厳密に言うと、89年にはT19という名前はなかったんですけど、すでに原型みたいなものはありましたね。

AKEEM 大瀧君とか三野(タツヤ)君とかスケシン(SKATETHING)さんとかのクルーが、いろんなスケートのイベントに行くと必ずいて。異様な雰囲気を醸し出していましたね。スケーターならば誰でも知っているカリスマ的なクルーでした。

YOPPI 恐れ多くて近づけないような雰囲気で。当時は俺もただの子供だったんで、めちゃめちゃ怖い先輩方でしたね。

POGGY 出会った頃のお二人の年齢は?

AKEEM 14歳と17歳とかですね。初めて会った時が3年違うと、だいぶ違うじゃないですか。けど、ずっとウロついてたら、仲間に入れてもらえたっていうのが俺のストーリーです。

POGGY その頃のYOPPIさんは、どういう感じでしたか?

AKEEM すでに街の有名人でしたね。だから、初めて会った時も心の声が出ちゃった(笑)。

YOPPI 『Fine』にモデルとして出ていて。当時、『Fine』はそういうカルチャーの象徴的な存在で、わりとみんなが見ていたっていうのもありましたね。

AKEEM すでにポップアイコンでしたね。

YOPPI 意に反して(笑)。いつも“Fineの~”っていう感じの扱いでしたね。

POGGY スケートにプラスして、さらにファッションとかカルチャーでも交わるところがあったんでしょうか?

YOPPI 最初のほうはスケートボードだけでしたね。GORO'S(ゴローズ)の向かいの原宿ファッションビルっていうところに、スケートショップのSTORMY(ストーミー)があって、いつもそこに溜まっていたり、日曜日は原宿のホコ天でみんなで滑っていたりして。そういうところに、当時の『オリーブ』のモデルさんだの、大川ひとみさんとか、ジョニオ(高橋盾)さんとか、あと(藤原)ヒロシ君もスケートボードやってたんで、チェックしに来るわけですよ。スケートボードを軸に、みんなが情報交換をしてたりしていて。

江川“YOPPI”芳文氏
AKEEM その後クラブとかにも行くようになりましたよね。

YOPPI 新宿のツバキハウスとかミロスガレージとかいろいろ行ってたんですけど、一番大きかったのがGOLD(ゴールド、89~95年にかけて港区海岸にあった伝説的なクラブ)でしたね。

AKEEM ゴールドでスケートボードとのクロスオーバーイベントなんかがあったりして。そういうところに通っているうちに、YOPPIさんが真柄(尚武・現A-1 CLOTHING/M.V.P.代表)さんと仲良くなったんでしたっけ?

YOPPI ゴールド繋がりで、真柄さんと知り合った。真柄さんがDOGTOWN(ドッグタウン)が好きだったので、「YOPPIもDOGTOWNに詳しいよ」って、DJの木村コウ君が俺を紹介してくれて。二人ともよくゴールドに行ってたんで、仲良くなって。そしたら、真柄さんに「一緒にお店をやらない?」って。

AKEEM 「こいつは使える」って思ったんじゃないですか?(笑)

YOPPI 「なんで俺を誘ったの?」って真柄さんに聞いたら、「『Fine』で有名だったから」って。「あっ、そうですか」って(笑)。

AKEEM でも、洋服は大好きだったじゃないですか。それだから誘ったっていうのはあるんじゃないですかね?

POGGY 真柄さんから、どういうショップをやろうと? スケートショップみたいな感じですか?

YOPPI いや、スケートショップではなくて、洋服屋さんをやろうっていう感じでしたね。

AKEEM 真柄さんはヴィンテージ・キングっていう古着屋で働いていたから、ヴィンテージの造詣が深かったんですよね。

YOPPI 買い付けでニューヨークにもよく行ってたから、ヒップホップ・カルチャー的なのも詳しくて。ヴィンテージ・キングが落ち着いたから、次のお店を出すっていう時に俺を誘ったっていう。

AKEEM ハウスが好きな上に、ヒップホップも好きだったから、それにリンクする人っていうことで、YOPPIさんを誘ったっていうことですよね。

YOPPI そう。けど、実際やってみたら案外大変だったっていう(笑)。俺は洋服の勉強を何もしてないし、物欲だけだったから。

POGGY それは何年くらいの話ですか?

YOPPI 当時、俺が22歳だったんで、94年とかですね。それで、今のプロペラ通りに最初のヘクティクのお店をオープンして。
24 件
                      
Photo Gallery