トヨタが考える次世代モビリティの提案──二人乗りの超小型EVを東京モーターショー2019に出展|Toyota

トヨタが考える次世代モビリティの提案──二人乗りの超小型EVを東京モーターショー2019に出展|Toyota

トヨタは10月17日(木)、東京モーターショーに2020年冬ごろの発売が予定されている超小型EVを出展することを発表した。
AIエージェントを搭載したEV「LQ」を東京モーターショー2019で公開|Toyota

AIエージェントを搭載したEV「LQ」を東京モーターショー2019で公開|Toyota

トヨタ自動車は人工知能や自動運転などを搭載した電気自動車(EV)「LQ」を公表。東京モーターショー2019で披露する。
東京モーターショー2019のトヨタブースは“未来の車両”でお出迎え|Toyota

東京モーターショー2019のトヨタブースは“未来の車両”でお出迎え|Toyota

トヨタ自動車は10月11日(金)、東京モーターショー2019のトヨタブースのテーマを「PLAY, THE FUTURE」とし、未来を体感できる車両を展示すると発表。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で使用する専用の自動運転EV「eパレット」なども展示される。
レクサスのビジョンを象徴するEVコンセプトカーを東京モーターショーでワールドプレミア| Lexus

レクサスのビジョンを象徴するEVコンセプトカーを東京モーターショーでワールドプレミア| Lexus

レクサスは「東京モーターショー2019」でEVのコンセプトカーをワールドプレミアすると発表し、ティザーを公開した。
東京モーターショー2019で高級サルーンEV「ビジョンEQS」などをアジアプレミア | Mercedes Benz

東京モーターショー2019で高級サルーンEV「ビジョンEQS」などをアジアプレミア | Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は東京モーターショー2019の出展概要を発表。コンセプトモデル「ビジョン EQS」などをアジアプレミアする。
ポルシェ初となるフルEV「タイカン」がついにワールドプレミア|Porsche

ポルシェ初となるフルEV「タイカン」がついにワールドプレミア|Porsche

ポルシェAGは9月4日(水)、北米、中国、ヨーロッパの3大陸で同時に、ポルシェ初となるフルEVスポーツカー「タイカン」をワールドプレミアした。
ポルシェ初の電動SUV「タイカン」がニュル最速新記録を達成|Porsche

ポルシェ初の電動SUV「タイカン」がニュル最速新記録を達成|Porsche

ポルシェA.G.は、初のフルEVスポーツカー「タイカン」が、9月のワールドプレミアを前にドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、フルEV4ドアスポーツカーとして最速となる7分42秒のラップタイムを記録したと発表した。
メルセデス・ベンツ初の電気自動車「EQC」を日本初公開|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ初の電気自動車「EQC」を日本初公開|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ日本は7月4日、日本における同社初の電気自動車となる「EQC」を、東京都内で初公開した。2020年春に納車を予定する標準モデル「EQC 400 4MATIC(1,080万円)のほか、2019年7月18日午前10時からメルセデス・ベンツオンラインストアで先着順の商談予約(55台限定)ができる発表記念特別仕様車「EQC Edition 1886」(1,200万円)が用意されるという
BMWとジャガー ランドローバー、次世代EV開発で協業|Jagar Land Rover & BMW

BMWとジャガー ランドローバー、次世代EV開発で協業|Jagar Land Rover & BMW

BMW|ビー・エム・ダブリューJaguar Land Rover|ジャガー ランドローバーBMWとジャガー ランドローバー、次世代EV開発で協業ジャガー ランドローバーとBMWは6月5日、次世代電気自動車のパワートレーンに開して、共同で開発を行うと発表した。Text by OPENERS開発速度や調達のメリットをお互いに享受次世代のEVパワーユニットの開発について、BMWとジャガー ランドローバーが協業することを明らかにした。英独にまたがる両社ではあるが、環境負荷が少なく先進的な電動化技術に対して共通のビジョンを持ち合わせており、協業が実現したという。ジャガー ランドローバーとBMWが協業するにあたり、両社があげているのが、近年急激にその重要性が高まる「ACES」、すなわち自動運転(Autonomous)、コネクティビティ(Connectivity)、電動化(Electrification)、シェアリング(Shared/Services)、への対応だ。これらへ取り組むための基本が、...
中村獅童がe-ゴルフで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

中村獅童がe-ゴルフで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

Volkswagen e-Golf|フォルクスワーゲン e-ゴルフいい意味で予想を裏切られた歌舞伎界きってのクルマ好きとしてつとに知られる中村獅童さんが、弊誌編集大魔王・祐真朋樹と繰り広げるUnexpectedな旅の第4弾。今回は、「伝統と革新」をテーマに、世界屈指の歴史的都市、京都をフォルクスワーゲン「e-ゴルフ」で巡った。記事の最後にプレゼントキャンペーンがございます。Styling by SUKEZANE TomokiPhotographs by SATO YukiHair by TSUKUI Hiro (Perle Management)Hair and Make-up by TABUCHI Masato (marr)Coordination by ANTIL, Inc.Short Movie by National Geographic TVText by YAMAGUCHI Koichi風情ある街並みにエンジン音のないEVは合う京都最古の禅寺大本山、臨済宗建仁寺の一角を...
アストンマーティン、生産バージョンのEV「ラピードE」を公開|Aston Martin

アストンマーティン、生産バージョンのEV「ラピードE」を公開|Aston Martin

Aston Martin Lagonda Rapide E|アストンマーティン ラゴンダ ラピードE生産バージョンの「ラピードE」をワールドプレミアアストンマーティンの電気自動車部門であるラゴンダは4月16日、同社初のEVモデル「ラピードE」を上海モーターショーで世界初公開した。ラピードEは、ウィリアムズ アドバンスド エンジニアリング(WAE)と共同で開発され、電動化の拠点である最先端の英国セント・アサン工場で限定155台が生産されるスペシャル エディションになる予定だ。Text by HARA Akira612ps、950Nmのツインモーターを搭載ラゴンダ「ラピードE」のボディサイズは、全長5,019×全幅1,929×全高1,350mm。ホイールベースは2,989mmで、車両重量は2,140kgと公表された。エクステリアデザインは、内燃エンジンよりも冷却要件が低く設定できるEVモデルらしく、フロントのラジエーターグリルをハニカムグリルに変更するとともに開口部を最適化。ボディを通...
アウディが自動運転シティカー「AI:ME」を発表|Audi

アウディが自動運転シティカー「AI:ME」を発表|Audi

Audi AI:ME|アウディAI:ME自動運転シティカー「AI:ME」を発表アウディは4月15日、「上海モーターショー2019」で、未来の大都市で走行可能なレベル4の自動運転コンパクトモデル「AI:ME」を発表した。AI:MEの名称は、人工知能やマシンラーニング(機械学習)分野である「AI」と、ユーザーである「ME」を結びつける意味を表現しているという。Text by HARA Akiraレベル4の自動運転が行えるコンパクトEVアウディ「AI:ME」のボディサイズは、全長は4.30×全幅1.90×全高1.52メートルとコンパクト。エクステリアは、アウディの電気自動車の象徴である、六角形のシングルフレームグリルの上下を反転させたフロントフェイスや、観音開きの大きなサイドドア、四隅の23インチ大径ホイールが特徴。リアアクスルに搭載する電気駆動ユニットと2.77メートルのロングホイールベース、短いオーバーハング、センタートンネルなしの構造により、広々とした室内空間を確保したという。乗員...
ジャガー初の電気自動車「I-PACE」に試乗|Jaguar

ジャガー初の電気自動車「I-PACE」に試乗|Jaguar

Jaguar I-PACE|ジャガー Iペイスジャガー初の電気自動車「I-PACE」に試乗英国ジャガーがフルバッテリー電気自動車(BEV)としてゼロから開発し、昨年9月から日本でも受注が開始されているミドルサイズSUV「I-PACE」。独プレミアムメーカーに先駆けて発売されるとともに、SUVタイプの市販BEVとしては米国テスラの「モデルX」に次いで2番目となる最新の電気自動車だ。欧州のモータージャーナリストによる「ヨーロッパ カー オブ ザ イヤー2019」をも受賞したその完成度を確かめるべく、横浜市内で開催された試乗会に参加した。Text & Photographs by HARA Akira「Beautiful」「Fast」「Intelligent」がキーワード現在、内燃機関のみの自動車をなくす動きが世界中で広がっている。例えばUK(英国)では「2040年までにガソリン・ディーゼル車の新たな販売を禁止」、仏「英国と同じ」、独「2030年までに内燃機関の新たなる販売禁止」...
メルセデス、電動化を中心とした新ブランド「EQ」を発表|Mercedes-Benz

メルセデス、電動化を中心とした新ブランド「EQ」を発表|Mercedes-Benz

Mercedes EQ|メルセデス EQメルセデス、電動化を中心とした新ブランド「EQ」を発表メルセデス・ベンツ日本はメルセデスの新しいブランド、EQの品での展開について発表。同時に、モビリティとリビングの未来の形を具現化した体験施設、“EQ House”を東京六本木に3月13日から約2年間の期間限定でオープンした。Text & Photographs by UCHIDA Shunichi電動化に伴う新技術等を包括するEQ「EQ」とは、ダイムラー社が2016年9月にパリモーターショーにおいて発表した、中長期戦略“CASE”の“E”を推進するためのブランドである。CASEとはすなわちC=コネクテッド、A=オートノマス(自動運転)、S=シェア アンド サービス、E=エレクトリック・電動化の4つの頭文字から取られたものだ。現在“E”の電動化の分野では、プラグインハイブリッドのEQパワー、完全な電気自動車EQ、燃料電池車のF-CELLと、F1マシンに採用しているEQ Power P...
容量を拡大した新型バッテリー搭載のi3を発売|BMW

容量を拡大した新型バッテリー搭載のi3を発売|BMW

BMW i3|ビー・エム・ダブリュー i3BMW i3に容量を拡大した新型バッテリーを搭載ビー・エム・ダブリューは2月6日(水)、コンパクトEV「i3」のバッテリーを約30パーセント容量を拡大するなどの改良を実施。「i3新型バッテリー(120Ah)」として販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi1回の充電で最大360km走行可能にBMWのサブ・ブランド「BMW i」のコンパクトEVとして2014年4月に発売された「i3」。新たに120Ahの新型バッテリーを搭載するなどの改良が実施された。改良された新型リチウムイオンバッテリーは約30パーセント容量を拡大。総電力は33kWhから42kWhに増加し、1回の充電走行可能距離は、新燃料消費基準であるWLTCモードで360km、さらに発電用エンジンを搭載するレンジエクステンダー装備車では466kmに達するという。「i3新型バッテリー(120Ah)」はCHAdeMO(チャデモ)方式の急速充電にも対応し、約50分で80パーセン...
216 件