アウディ 、e-tron Sportbackを9月発売、柴咲コウさんがe-tronサポーターに|Audi

アウディ 、e-tron Sportbackを9月発売、柴咲コウさんがe-tronサポーターに|Audi

アウディ ジャパンは、日本導入へ向けて準備が進む、アウディブランド初の電気自動車であるアウディ e-tron スポーツバックの発表日を9月17日にするとともに、自然エネルギー100%の社会の実現を目指す 自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:磯野 謙、長谷川 雅也、川戸 健司)と連携して、EVの二酸化炭素排出量の低減に重要な役割を果たす自然エネルギー由来の発電による電力を、e-tronオーナーへ選択肢として紹介すると発表した。
「ハバリーズ」が提案する、持ち運びできる紙パックのナチュラルウォーター|DESIGN

「ハバリーズ」が提案する、持ち運びできる紙パックのナチュラルウォーター|DESIGN

ハバリーズ ジャパンから紙パックを使用した「ハバリーズ ジャパン ナチュラルウォーター」がリリースされる。ますます関心が高まるサステナビリティな生活に適したプロダクトだ。
だれもが気軽に利用できる給水機を設置|MUJI

だれもが気軽に利用できる給水機を設置|MUJI

無印良品は、プラスチックごみを削減する取り組みの一環として、2020年7月1日(水)から「自分で詰める水のボトル」を販売するとともに、無印良品の店内に給水機を設置し、店頭での給水サービスをスタートさせた。
北九州市や九州電力グループと「電気自動車を活用したSDGs連携協定」を締結|Nissan

北九州市や九州電力グループと「電気自動車を活用したSDGs連携協定」を締結|Nissan

日産自動車は、北九州市と九州電力などとともに「電気自動車を活用したSDGs連携協定」を締結。今後は気候変動により激甚化、頻発化する自然災害などで電気自動車(EV)を活用させるとともに、EVの普及を促進し、低炭素社会を実現することで、北九州市が目指すSDGs達成を目指すという。
“副産物”の水素とミライのユニットを活用し発電する実証実験をスタート|TOYOTA

“副産物”の水素とミライのユニットを活用し発電する実証実験をスタート|TOYOTA

トヨタ自動車と総合化学メーカのトクヤマは、燃料電池自動車(FCV)「ミライ」に搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を活用した定置式の燃料電池発電機を山口県周南市のトクヤマ徳山製造所内に設置。副生される水素を利用した実証実験を開始した。
ボーエ・モーエンセンの折りたたみ式アウトドアテーブル&ベンチ|CARL HANSEN & SØN

ボーエ・モーエンセンの折りたたみ式アウトドアテーブル&ベンチ|CARL HANSEN & SØN

ボーエ・モーエンセンの機能性のあくなき探求から生まれた、1971年デザインのアウトドア用折りたたみ式テーブルとベンチのセット
ベントレーの英国本社で新たな水リサイクルシステムを導入|Bentley

ベントレーの英国本社で新たな水リサイクルシステムを導入|Bentley

ベントレー・モーターズは2020年3月、英国クルー本社に新たな水資源のリサイクルシステムを導入したことを発表した。
三越伊勢丹グループのチャリティプロジェクト「#みんなでマスク」|MITSUKOSHI-ISETAN GROUP

三越伊勢丹グループのチャリティプロジェクト「#みんなでマスク」|MITSUKOSHI-ISETAN GROUP

三越伊勢丹グループが、ファッションのチカラで心を笑顔にするチャリティプロジェクト「#みんなでマスク」を2020年6月17日(水)から9月1日(火)まで、三越伊勢丹ECサイト内の特別ページで実施。多彩なブランドが手掛けたマスクが販売される。※2020年6月24日(水)現在、マスクは完売しているが、再販売に関しては6月下旬から7月上旬に公式HPで告知される予定だ。
100周年を迎えたベントレーが100本の苗木を植樹|Bentley

100周年を迎えたベントレーが100本の苗木を植樹|Bentley

ベントレー・モーターズは2019年11月、ベントレー創業100周年を記念し、英国クルー本社の周辺地域に英国原産の苗木100本を植樹した。
太陽光発電で水素を製造・貯蔵・供給する「シンプルフューエル」をトヨタが導入|TOYOTA

太陽光発電で水素を製造・貯蔵・供給する「シンプルフューエル」をトヨタが導入|TOYOTA

再生可能エネルギーである太陽光発電の電力を活用し、水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充てん装置「シンプルフューエル」を2019年4月に愛知県豊田市の元町工場に導入したトヨタ自動車。その将来の展望とは?
"睡眠クオリティ"を極めることで滞在価値を生み出した「ホテル グレートモーニング」|HOTEL GREAT MORNING

"睡眠クオリティ"を極めることで滞在価値を生み出した「ホテル グレートモーニング」|HOTEL GREAT MORNING

福岡市博多区にあるホテル「グレートモーニング」。“偉大なる朝”“最高の朝”とは大仰な命名!? いえいえ、こちらのホテルが目指しているのは翌朝の圧倒的な快適さ、つまり良質な睡眠環境の究極の追求だ。そのために採用したのが21世紀の冷暖房システムである。
ブライトリングが取り組むSDGsのキーワードは「海の健康を守り、人生を豊かにすること」|BREITLING

ブライトリングが取り組むSDGsのキーワードは「海の健康を守り、人生を豊かにすること」|BREITLING

2015年9月、国連サミットにおいて全会一致で採択されたSDGs。現在、メディアでこの単語を聞かない日はない。人々の関心も高く、世界各国の企業もSDGsへの取り組みに積極的だ。そんななかで2018年から環境保護団体や慈善団体などとのパートナーシップにより、海洋保全と人道支援に力を入れているのがブライトリングである。
特集|OPENERSはSDGsを応援します

特集|OPENERSはSDGsを応援します

特集|OPENERSはSDGsを応援します
サステナブルファッションを実現するためにできること

サステナブルファッションを実現するためにできること

2015年に国連サミットでSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)が採択されたことで、サステナビリティへの関心が世界的に高まっている。個人一人ひとりがそれぞれの生活を見直して、地球への負担を減らす意識を持つべき時代に突入した、ということである。2020年を生きる我々だけでなく、次代を担う子どもたちやその先の世代のために今できることは一体何か。環境や社会に優しい選択を、まずは毎日のファッションから取り入れてみてはいかがだろうか。
SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

地球温暖化に対する早急な対策が世界的な課題となり、温室効果ガス排出量に対する欧米を中心とした規制が厳しさを増す昨今。EVやPHV、ハイブリッド車など、環境への負荷の少ないクルマへシフトする動きがますます顕著化している。そんな時代において、クルマ好きとしてどんなクルマに乗るべきなのだろうか。自動車ライターの南陽一浩氏が解説する。
70 件