ポール・スミスのエッセンスが加わったグローブ・トロッター「ザ・ロンドン・スクエア」|Paul Smith × GLOBE-TROTTER

ポール・スミスのエッセンスが加わったグローブ・トロッター「ザ・ロンドン・スクエア」|Paul Smith × GLOBE-TROTTER

グローブ・トロッターのミニトランク「ザ・ロンドン・スクエア」にポール・スミスの「シグネチャーストライプ」のカラーを加えたコラボレーションモデルが登場。2019年11月19日(火)まで先行予約を一部店舗にて受け付けている。
マグネットの傘を動かして光を操れるLED電球「Move Me Light」|DESIGN

マグネットの傘を動かして光を操れるLED電球「Move Me Light」|DESIGN

光の向きを変化させることができるLED電球「Move Me Light」が、クラウドファンディングサイトMakuakeにて先行予約リリースを行なっている。電球内の傘の部分を動かして、180度さまざまな方向に光を当てることが可能だ。
イタリア語で「めしべ」。小ぶりな照明に新色ローズゴールド誕生|Studio Tetrarch

イタリア語で「めしべ」。小ぶりな照明に新色ローズゴールド誕生|Studio Tetrarch

有機的なフォルムで独創的な雰囲気をプラス。点灯時、放射状に広がる光がより一層、空間を華やかに演出する照明に新色が登場。
近藤麻理恵氏の哲学からインスピレーションを受け、テーブルウェアに反映|ROSENDAHL COPENHAGEN

近藤麻理恵氏の哲学からインスピレーションを受け、テーブルウェアに反映|ROSENDAHL COPENHAGEN

デンマークを代表するライフスタイルブランド「ローゼンダール社 コペンハーゲン」から、幅広く対応できるストーンウェアシリーズ。
自由自在に構築できる革新的ラックに新色とオプションパーツが登場|MOEBE

自由自在に構築できる革新的ラックに新色とオプションパーツが登場|MOEBE

ネジなどの金属部品や複雑なツールは一切不要。自由自在に構築できる革新的なラック「シェルビングシステム」。
実験的なシリーズ「MOLD ALL」に照明がラインアップ |PP BLOWER

実験的なシリーズ「MOLD ALL」に照明がラインアップ |PP BLOWER

ガラスの工房「スタジオプレパ」とインテリアショップ「プレイマウンテン」。両者の実験精神を反映したランプがリリース。
ディオールとリモワがコラボレーション。スタイリッシュなカプセルコレクションをリリース|DIOR and RIMOWA

ディオールとリモワがコラボレーション。スタイリッシュなカプセルコレクションをリリース|DIOR and RIMOWA

Dior(ディオール)とRIMOWA(リモワ)がコラボレーションし、カプセルコレクションをリリース。両者との美意識が備わったアイテムに仕上がっている。日本での先行リリースは2019年11月22日(火)、渋谷パルコにて行なわれる。
ドイツ語で「~の為の」を意味する新ブランドがハイタイドより登場|fur.

ドイツ語で「~の為の」を意味する新ブランドがハイタイドより登場|fur.

ドイツ語で「~の為の」を意味する新ブランド「fur.」(ファー)。今回のテーマは「持ち運ぶ為のもの」 。
ランドスケーププロダクツ×ヒースセラミックス。二社合同によるエキシビションとポップイベントを開催|EVENT

ランドスケーププロダクツ×ヒースセラミックス。二社合同によるエキシビションとポップイベントを開催|EVENT

ランドスケーププロダクツとカリフォルニアの陶器ブランド「ヒースセラミックス」が二社合同によるエキシビションとポップアップイベントを開催する。2つの会場でエキシビションとポップアップイベントが行われる。カリフォルニアからゲストを招いてのトークや、打ちたての蕎麦が食べられるイベントも。互いに親交を深めてきた両社の、これまでと今を知る貴重な機会になりそうだ。
カリモク家具のブランド・KNSと共同開発した家具調キッチンが誕生|sanwa company

カリモク家具のブランド・KNSと共同開発した家具調キッチンが誕生|sanwa company

Karimoku New Standardとサンワカンパニーが共同開発した「KNSコンパクトキッチン」で機能性と木の温もりを。
レクサスのスピンドルグリルがモチーフになったスツール|Tendo Mokko

レクサスのスピンドルグリルがモチーフになったスツール|Tendo Mokko

天童木工が、ライフスタイルブランド「LEXUS Collection」のアイテムとしてスツールを作り上げた。天童木工が誇る高い成形合板技術が、スピンドルグリフがモチーフだという特徴的な形状を形にしている。
「働く」と「暮らす」の垣根を越境するワークチェア「vertebra03」誕生。日本の「働く」をより自由に|ITOKI

「働く」と「暮らす」の垣根を越境するワークチェア「vertebra03」誕生。日本の「働く」をより自由に|ITOKI

1981年、イトーキから発売された「Vertebra」(バーテブラ)。ラテン語で“脊髄”を意味するこのワークチェアは、「人間優先のオフィスチェア」というコンセプトのもと、人間工学と生体力学に基づく先進機能が搭載され、まだグレーのビニール張りのワークチェアが主流だった日本のオフィスに、快適性とデザイン性をもたらすことに成功した。その初代モデルの誕生から38年、プロダクトデザイナーに柴田文江氏を迎え、「Vertebra03」(バーテブラゼロサン)がこの秋発表される。38年という年月を経て人々のライフスタイルが多様化してきた今、求められるオフィスファニチャーとは。
高品質が揃うコーヒーイベント「COFFEE COLLECTION around 神田錦町 2019」|EVENT

高品質が揃うコーヒーイベント「COFFEE COLLECTION around 神田錦町 2019」|EVENT

都心における機能的かつ高品質なトランジットサービスを提供している「ナインアワーズ」。施設内で使われるアメニティや併設サービスの品質の高さにも定評がある。この秋「ナインアワーズ赤坂」内の「GLITCH COFFEE BREWED@9h」を運営する「GLITCH COFFEE & ROASTERS」が中心となって、コーヒーイベント「COFFEE COLLECTION around 神田錦町 2019」が開催される。
持ち運び時の使用を最優先したティッシュケース|41世紀

持ち運び時の使用を最優先したティッシュケース|41世紀

オリジナルバッグや猫用テントを展開する、ガレージブランド「41世紀」。ユーザー目線を反映したモバイル用ティッシュケース
リチャード・ハッテンが提案するスモールファニチャーシステム |DANESE

リチャード・ハッテンが提案するスモールファニチャーシステム |DANESE

90年代のダッチデザインブームを牽引した「リチャード・ハッテン」。イタリアの「ダネーゼ」から発表したファニチャーシステム
1,108 件