近藤麻理恵氏の哲学からインスピレーションを受け、テーブルウェアに反映|ROSENDAHL COPENHAGEN

近藤麻理恵氏の哲学からインスピレーションを受け、テーブルウェアに反映|ROSENDAHL COPENHAGEN

デンマークを代表するライフスタイルブランド「ローゼンダール社 コペンハーゲン」から、幅広く対応できるストーンウェアシリーズ。
 ウェッジウッドが「LEXUS MEET... 」にてイベントを実施中|WEDGWOOD

ウェッジウッドが「LEXUS MEET... 」にてイベントを実施中|WEDGWOOD

英国王室御用達ブランド「ウェッジウッド」は、東京ミッドタウンミッドタウン日比谷にある、LEXUS のブランド体験型施設「 LEXUS MEETS... 」 にて、期間限定のコラボレーションを展開している。期間は2019年11月26日(火)まで。
タイ王室御用達のベンジャロン焼を日本のテーブルに|Le noble

タイ王室御用達のベンジャロン焼を日本のテーブルに|Le noble

洋食器専門店ル・ノーブルを展開するノーブルトレーダーズが、タイの三大陶磁器のひとつ、“ベンジャロン焼”を代表する工房「ブランベンジャロン」と共同開発したティーカップ&ソーサーやミニプレートを発売した。
日本初上陸。アーティストと共に作りあげた一点物|Royal Copenhagen

日本初上陸。アーティストと共に作りあげた一点物|Royal Copenhagen

アーティストとコラボレーションしたプロジェクト「UNIKA by Royal Copenhagen」が日本初上陸
新元号“令和”を記念。波佐見焼によるお食い初めセットがリリース|amabro

新元号“令和”を記念。波佐見焼によるお食い初めセットがリリース|amabro

“表現の再構築”をコンセプトに掲げるプロダクトブランド「amabro」から、使いやすさにも配慮したお食い初めセットが登場
大工道具の製造で培った精緻な技術と理念を活かし誕生したキッチンツールブランド|DYK

大工道具の製造で培った精緻な技術と理念を活かし誕生したキッチンツールブランド|DYK

慶応2年、新潟は三条で創業した「高儀」。のこぎり鍛冶としてスタートし、以来150余年に渡り大工道具をはじめとする専門商社として今日までものづくりと向き合ってきた。そんな「高儀」が培ってきた精緻な技術と理念を生かして作られたキッチンツールブランドDYK(ダイク)が誕生した。歴史ある専門商社が新たに取り組んだキッチンツールの世界とは。
ファレル・ウィリアムス、ジャン・アンベールとのコラボレーション|Christofle

ファレル・ウィリアムス、ジャン・アンベールとのコラボレーション|Christofle

音楽・ファッション界のアイコンと、そしてフランス人シェフと。「Share シェア」をテーマに限定コラボレーション商品を展開
直線的な美しさとスタッキング可能な機能性を兼ね備えたグラス|HOLMEGAARD

直線的な美しさとスタッキング可能な機能性を兼ね備えたグラス|HOLMEGAARD

デンマークの老舗ガラスブランド「HOLMEGAARD」より、1950年代後半に製作されたSTUBシリーズのグラスが復刻
ブランドのアイコン的存在「ティーマ」。2020年夏までの日本限定色|Iittala

ブランドのアイコン的存在「ティーマ」。2020年夏までの日本限定色|Iittala

“フィンランド・デザインの良心”と呼ばれるカイ・フランクがデザインを手がけ、世界中の食卓を彩ってきた食器シリーズ
伝統技法を現代デザイナーの新たな感性で|Royal Copenhagen

伝統技法を現代デザイナーの新たな感性で|Royal Copenhagen

Royal Copenhagen|ロイヤルコペンハーゲンミラノデザインウイークにて発表された新シリーズは“海”を意味する「HAV(ハウ)」2019年4月、ミラノデザインウイークにて発表されたロイヤルコペンハーゲンの新シリーズ 「HAV(ハウ)」が、この夏満を持して発売される。「HAV」はデンマーク語で「海」を意味し、デザインは1892年に発表された古典的シリーズ「シーガル」に寄せるオマージュと、伝統的な吹付技法によるもの。これは、ロイヤルコペンハーゲンというブランドが、伝統を守りつつも自らの過去の達成を超え出た挑戦そのものの造形と言えるだろう。まったく新しい感性で構築されたその挑戦とは?Text by WAKABAYASHI Satsuki消費されるのではなく、いつまでも愛され続ける存在へ「HAV」は現在注目を集めるデンマークのデザインユニットの一つ、KiBiSi(キビシ)によってデザインされた。プロジェクトは遡ること10年前、2009年に開始されており、コンセプトワークの多くは若...
カトラリーコレクション「MOOD」に日本限定版が登場 | Christofle

カトラリーコレクション「MOOD」に日本限定版が登場 | Christofle

Christofle|クリストフル富士山やスカイツリーがエングレービング(彫り加工)で表現1830年にパリで創業し、王室御用達のシルバーウエアブランドとして知られる「クリストフル」。ブランドを代表するカトラリーコレクション「MOOD」に、新作「MOOD SKYLINE(ムードスカイライン)」が登場。こちらはアイコニックな卵形のケースに、クリストフルの世界主要展開拠点であるパリ、ロンドン、ニューヨーク、日本、ドバイ、上海、香港7か国(都市)それぞれの象徴的モニュメントをエングレービング(彫り加工)をしている。日本版では、富士山をはじめ東京タワー、スカイツリー、横浜ベイブリッジや金閣寺などが表現。名用のテーブルカトラリーセットと、コーヒータイムにお薦めのデミタススプーン6本入りセットの二種類を用意。“卓上の芸術品”と称される逸品と優雅な時間を過ごしてみては。ムード スカイライン 日本版価格 | 23万7,600円 (税込)内容|テーブルスプーン、テーブルフォーク、テーブルナイフ、コーヒ...
岐阜県多治見市の「3RD CERAMICS」と協業した新シリーズ|MISHIM POTTERY CREATION

岐阜県多治見市の「3RD CERAMICS」と協業した新シリーズ|MISHIM POTTERY CREATION

MISHIM POTTERY CREATION|ミシン ポタリー クリエーション日々物語を纏いながら、やがてアンティークとなる陶器シリーズ「将来アンティークになっていけるもの」を目指して活動しているデザインレーベル「MISHIM」が、2005年にスタートさせた陶器ブランド「MISHIM POTTERY CREATION」。シリーズごとに陶芸作家を変え、それぞれが得意とする技法や素材、世界観などをもとに話し合いを重ねる…このようなデザインプロセスから生まれる陶器は使い勝手が良く、多くのファンを獲得している。Text by WAKABAYASHI Satsuki釉薬の掛け分けにより質感の違いを模様で表現「MISHIM POTTERY CREATION」では、これまでに6つのシリーズを展開。それぞれ異なる陶芸作家をパートナーに迎え、コミュニケーションをはかりながら、それぞれの特性を生かした製品を生み出している。新シリーズ「PUDDLES」の大きな特徴は、釉薬の掛け分けにより質感の違いを模...
日本とフィンランド外交関係樹立100周年記念コレクションが発売|littala

日本とフィンランド外交関係樹立100周年記念コレクションが発売|littala

littala|イッタラ定番のコレクションが日本とフィンランドを彷彿とするカラーに日本とフィンランド。お互いの文化を尊重しながら友好な関係を構築し、今年は外交関係樹立100周年を迎える。ガラス製品で知られる「イッタラ」はこの記念すべき年を祝し、「バード バイ トイッカ」と「フローラ」、人気の二つのコレクションをリファインし、新たに発表する。「バード バイ トイッカ」は、フィンランドを代表するアーティスト、オイバ・トイッカが1972年にリリースした鳥型オブジェのコレクション。両国で見られる美しい鳥「コアジサシ」がモチーフに。底面には“JAPAN FINLAND 2019”の刻印が施されている。続いて1960年代に人気を博したダイニングシリーズ「フローラ」。薄口の繊細なガラスにエンボスで表現された様々な草花のモチーフは、フィンランドを代表するガラス工芸家、イバ・トイッカによるデザイン。タンブラー、ボウル、ピッチャーの3アイテムがリリースされる。二つのコレクションは、日本を象徴する桜をイ...
ガラス作家山野アンダーソン陽子氏がデザインしたセラミックテーブルウェアシリーズ|Yoko Andersson Yamano

ガラス作家山野アンダーソン陽子氏がデザインしたセラミックテーブルウェアシリーズ|Yoko Andersson Yamano

Yoko Andersson Yamano |山野 アンダーソン 陽子ガラス作家が手がけたセラミックテーブルウェアシリーズスウェーデンを拠点に活動しているガラス作家の山野アンダーソン陽子氏がデザインした、セラミックテーブルウェアシリーズが東京西海よりリリースされる。ガラス作家が手がけるセラミックというのは、一見違和感を感じるかも知れないが、ガラスもセラミックもテーブルウェアという点において近い機能を持つ。長年スウェーデンで暮らす彼女が手がけたセラミックは、使いやすい直径100mmのプレートと、直径200mmで少し深さのあるボウル、長さ260mmのオーバル型の3種類で、毎日手軽に使える形状ばかりだ。注目は縁に引かれたブラウンやグリーン、グレーのライン。これは一点一点職人による丹念な手作業で製作されており、セラミック自体の風合いと存在を引き立てている。2019年5月19日(日)まで東京・渋谷のユトレヒトにて"With any luck”、5月25日~6月4日(火)まで長崎県・波佐見町の...
63 件