東京ミッドタウン「時計以上の何か」オープニングは、池田亮司氏自らのトークイベント|AUDEMARS PIGUET

東京ミッドタウン「時計以上の何か」オープニングは、池田亮司氏自らのトークイベント|AUDEMARS PIGUET

高級時計とアートとの対話からオーデマ ピゲ独自の文化的、創造的な世界を旅するエキシビション「時計以上の何か」が東京ミッドダウンで開催された。会場には日本人アーティスト池田亮司氏によるオーディオビジュアル作品「data-verse 2」が展示。10月19日のオープニングイベントでは池田氏によるトークセッションが行なわれた。
ART
[短期連載7] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──フライト編|TRAVEL

[短期連載7] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──フライト編|TRAVEL

ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ北米第3の都市、シカゴ。摩天楼発祥の地であるここは、どことなく街の雰囲気がニューヨークに似ている。人口や面積がニューヨークの数分の一に過ぎないコンパクトなこの街は、アートや建築、エンターテインメントや美食など、ニューヨークに引けをとらない魅力的なコンテンツがギュッと凝縮されているのだ。そんなシカゴの魅力を、テーマ別に紹介していく短期連載。第7回は、今回利用したユナイテッド航空の長距離国際線向け新ビジネスクラス・サービス「ユナイテッド・ポラリス」をご紹介する。
[短期連載6] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──ホテル編|TRAVEL

[短期連載6] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──ホテル編|TRAVEL

ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ北米第3の都市、シカゴ。摩天楼発祥の地であるここは、どことなく街の雰囲気がニューヨークに似ている。人口や面積がニューヨークの数分の一に過ぎないコンパクトなこの街は、アートや建築、エンターテインメントや美食など、ニューヨークに引けをとらない魅力的なコンテンツがギュッと凝縮されているのだ。そんなシカゴの魅力を、テーマ別に紹介していく短期連載。第6回は、滞在したシカゴ屈指のホテル「JW マリオット シカゴ」を紹介する。
[短期連載5] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──グルメ編|TRAVEL

[短期連載5] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──グルメ編|TRAVEL

ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ北米第3の都市、シカゴ。摩天楼発祥の地であるここは、どことなく街の雰囲気がニューヨークに似ている。人口や面積がニューヨークの数分の一に過ぎないコンパクトなこの街は、アートや建築、エンターテインメントや美食など、ニューヨークに引けをとらない魅力的なコンテンツがギュッと凝縮されているのだ。そんなシカゴの魅力を、テーマ別に紹介していく短期連載。第5回は、美食の街としても知られるシカゴのグルメスポットを紹介する。
[短期連載4] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──エンターテインメント編|TRAVEL

[短期連載4] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──エンターテインメント編|TRAVEL

ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ北米第3の都市、シカゴ。摩天楼発祥の地であるここは、どことなく街の雰囲気がニューヨークに似ている。人口や面積がニューヨークの数分の一に過ぎないコンパクトなこの街は、アートや建築、エンターテインメントや美食など、ニューヨークにひけをとらない魅力的なコンテンツがギュッと凝縮されているのだ。そんなシカゴの魅力を、テーマ別に紹介していく短期連載。第4回は、シカゴのオペラからジャズライブまでエンターテインメントシーンを巡る。
[短期連載3] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──アート編|TRAVEL

[短期連載3] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──アート編|TRAVEL

ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ北米第3の都市、シカゴ。摩天楼発祥の地であるここは、どことなく街の雰囲気がニューヨークに似ている。人口や面積がニューヨークの数分の一に過ぎないコンパクトなこの街は、アートや建築、エンターテインメントや美食など、ニューヨークにひけをとらない魅力的なコンテンツがギュッと凝縮されているのだ。そんなシカゴの魅力を、テーマ別に紹介していく短期連載。第3回は、アートをテーマにシカゴの街を巡る。
[短期連載2] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──建築編|TRAVEL

[短期連載2] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──建築編|TRAVEL

ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ北米第3の都市、シカゴ。摩天楼発祥の地であるここは、どことなく街の雰囲気がニューヨークに似ている。人口や面積がニューヨークの数分の一に過ぎないコンパクトなこの街は、アートや建築、エンターテインメントや美食など、ニューヨークに引けをとらない魅力的なコンテンツがギュッと凝縮されているのだ。そんなシカゴの魅力を、テーマ別に紹介していく短期連載。第2回は、建築という側面からシカゴの魅力をひも解く。
[短期連載1] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──イントロダクション|TRAVEL

[短期連載1] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──イントロダクション|TRAVEL

ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ北米第3の都市、シカゴ。摩天楼発祥の地であるここは、どことなく街の雰囲気がニューヨークに似ている。人口や面積がニューヨークの数分の一に過ぎないコンパクトなこの街は、アートや建築、エンターテインメントや美食など、ニューヨークに引けをとらない魅力的なコンテンツがギュッと凝縮されているのだ。そんなシカゴの魅力を、テーマ別に紹介していく短期連載。まずはシカゴのイントロダクションから。
渋谷の空き地にアートギャラリーが出現。『TOKYO CRAFT ART BREWING 』|ART

渋谷の空き地にアートギャラリーが出現。『TOKYO CRAFT ART BREWING 』|ART

渋谷川沿いの空き地にて、アートイベント『TOKYO CRAFT ART BREWING 』が開催。サントリービールの新シリーズ「TOKYO CRAFT」と若手アーティストがコラボレーションし、再開発が進む東京をテーマに制作したアートを展示する。日程は2019年10月18日と19日。2日間限定のスペシャルなイベントだ。
ART
SPREADによる2つのエキシビション。インスタレーション「六本木カラー渓谷」と個展「観賞用コントラスト」|SPREAD

SPREADによる2つのエキシビション。インスタレーション「六本木カラー渓谷」と個展「観賞用コントラスト」|SPREAD

クリエイティブ・ユニット「SPREAD」が、この秋に2つのエキシビションを開催する。これまでに環境・生物・物・時間・歴史・色・文字などあらゆる記憶を取り入れ、“SPREAD=広げる”クリエイションで社会に提案を投げかけ、数々のデザイン賞を受賞するなど国内外での評価は高い。小林弘和と山田春奈、グラフィックやプロダクト、エキシビションのデザインやディレクションなどを通して色彩を深く掘り下げてきた二人が仕掛ける2つのエキシビションとは?
ART
ミラノサローネで展示されたインスタレーションが東京へ凱旋|GRAND SEIKO

ミラノサローネで展示されたインスタレーションが東京へ凱旋|GRAND SEIKO

セイコーウオッチは、今年4月の「ミラノデザインウィーク2019」で発表した「グランドセイコー」をテーマにしたインスタレーション『THE NATURE OF TIME』を2019年10月16日(水)から20日(日)まで、東京・原宿のjingで開催する。
ART
「加藤泉-LIKE A ROLLING SNOWBALL」展、東京、そして群馬にて開催|ART

「加藤泉-LIKE A ROLLING SNOWBALL」展、東京、そして群馬にて開催|ART

原美術館(東京都品川区)と別館ハラ ミュージアム アーク(群馬県渋川市)にて、「加藤泉-LIKE A ROLLING SNOWBALL」展が開催される。原美術館では最新作約30点を、ハラ ミュージアムアークでは初期絵画作品から近作まで、加藤泉の約25年にわたる創造の軌跡が展覧される。
ART
世界最古の写真製版技術で作られた「COLLOTYPE PHOTOGRAPH SERIES」|PAPIER LABO.

世界最古の写真製版技術で作られた「COLLOTYPE PHOTOGRAPH SERIES」|PAPIER LABO.

この夏、パピエラボでは渾身の新企画がスタートする。その名も「COLLOTYPE PHOTOGRAPH SERIES」。コロタイプという大変希少な印刷技術を用いて作られたポストカードは必見だ。その表現力と知られざる魅力に迫る。
ART
高木耕一郎と青木昭信による二人展「EXOTIC GLEAMING NOISE」を開催|BRICK & MORTAR

高木耕一郎と青木昭信による二人展「EXOTIC GLEAMING NOISE」を開催|BRICK & MORTAR

BRICK & MORTAR 中目黒店は、新鮮なものを、自由に、そして柔軟に伝えていく場所として2014年のオープン以来、今作りたいものを作り、すぐに届けるというスタイルで、ある時は本屋、またある時はアトリエやギャラリーになったりと、様々な取り組みを行なってきた。
ART
大ぶりな作品のみを展示。新たな取り組みを見せる内田洋一朗のエキシビションが開催|CURATOR’S CUBE

大ぶりな作品のみを展示。新たな取り組みを見せる内田洋一朗のエキシビションが開催|CURATOR’S CUBE

CURATOR’S CUBE|キュレーターズ キューブ5月17日(金)18時より内田氏を囲んでオープニングレセプションを開催福岡にある原生蘭の専門店「PLACERWORKSHOP」オーナーにして、“ラクガキ”と称したグラフィティワークで支持を集める内田洋一朗氏。最近では「THE CONVENI」とのコラボレーションが記憶に新しい彼が、港区西新橋のギャラリースペース「CURATOR’S CUBE」にて個展を開催する。Text by WAKABAYASHI Satsuki絵画的な要素を掘り起こすキャンバス作品、合計17点が披露原生種の蘭とグラフィティワークを融合した独創的な世界観で支持を集め、2017年7月には福岡・KIYONAGA & CO.にて、神山隆二氏と「"KAMIYAMA★UCHIDA" PAINTINGS」を開催。「the POOL aoyama」「STEVEN ALAN」「TAKAHIROMIYASHITATheSoloist」「THE CONVENI」等にアート...
ART
508 件