オンラインパネル加工サービス「WALL DECOR」に新タイプが登場|富士フイルム

オンラインパネル加工サービス「WALL DECOR」に新タイプが登場|富士フイルム

富士フイルム|フジフイルム平滑性が美しいプリント。飾ればそこがミュージアム富士フイルムの「WALL DECOR」は、お気に入りの写真(JPEG)をオンラインを通してパネル加工し、12日後には指定の住所に届くというサービス。新たに登場した「ミュージアム メタル」は、メタルに写真が直接印刷されており、インダストリアルな雰囲気を演出。木や鉄を多用したインテリアとも相性が抜群だ。写真貼付面と台座が壁から離れていることから浮遊感があり、自宅はもちろん、写真展や展示会、商業空間での使用にもおすすめ。表面の仕上げはグロスとマットの2種類をラインアップ。スマートフォンで撮影した写真をアート作品にしてみてはいかがだろうか。WALL DECOR 「ミュージアム メタル」価格|1万1,000円~3万1,000円(税別)問い合わせ先富士フイルム ネットプリントサービスサポートセンターTel.050-3786-6560 (受付時間10:00-17:00)http://fujifilmmall.jp/wall...
YAMAGUCHI KENICHI写真展が開催中|ART

YAMAGUCHI KENICHI写真展が開催中|ART

ART|YAMAGUCHI KENICHI写真展「memento」『memento 安らかな未来への記録』写真家 山口賢一氏による写真展『memento 安らかな未来への記録』が開催中だ。展示は3つのテーマに分けられており、山口氏が切り取った“一瞬”が並ぶ。期間は2019年1月7日(月)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)安らかな未来を願って捉えた作品が並ぶ本展『memento 安らかな未来への記録』は、山口氏の“写真は「記録」である”という考えのもと、安らかな未来を願って捉えた作品が展示されている。展示は、「Freeze Flowers」、「Land」、「Sanctuary」の3つのテーマで構成されている。「Freeze Flowers」というテーマは、強く、来たる次の季節を待ちわびながら生きるということを表している。2011年の震災以後、更なる未来へ想いを馳せていた感覚が停止した、と山口氏は語る。しかし、そのような状況下にあっても、人・多様な生命は...
ART
EU離脱へ向かおうとするイギリス。その市井の人々を撮影した写真集『EXIT』|KOOMI KIM

EU離脱へ向かおうとするイギリス。その市井の人々を撮影した写真集『EXIT』|KOOMI KIM

KOOMI KIM|キン クミ2019年3月29日にEU離脱へと向かおうとするイギリス。その市井の人々を撮した写真集『EXIT』が刊行2019年3月29日にBOOTLEGより刊行される金玖美の写真集『EXIT』。本作の撮影地であるイギリスは、刊行同日、BREXITーEU離脱へと舵を切る。2016年、国民投票でイギリスは図らずもEUからの離脱を選択した。いわば移民を減らし、多様性を制限しようとするこの動きによって、多文化、多民族への寛容さが失われることを写真家は憂慮し、本作の発表に至った。写真集の発売を記念し、BOOTLEG GALLERYでは写真展「EXIT」を開催。国境やジェンダーを越えた人々と共生しながら撮られた写真は、現実とも空想ともとれる、未視感を憶える世界が広がっている。Text by WAKABAYASHI Satsuki写真家が写しだす、愛すべき他人たちのストーリー2016年6月の国民投票で、EU離脱を選択したイギリス。いわば移民を減らし、多様性を制限しようとする国家...
ART
路地裏で出会った猫を撮影した写真展が開催|LOUNGE

路地裏で出会った猫を撮影した写真展が開催|LOUNGE

LOUNGE|路地裏で出会った猫を写した写真展が開催謎多き写真家、猫守よしお氏が撮影し続けた野良猫たち猫守よしお氏が野良猫を被写体にした写真展「Jingumae Alley Cats -Polaroid Installation-」が、TRUNK HOTELにて開催中だ。路地裏に住むさまざまな猫の表情が捉えられた心和む展示となっている。会期は2019年2月27日(水)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)TRUNK HOTELにて開催中これまでポラロイドカメラのみを使用したこだわりの撮影方法で、日本だけでなく、世界各地を旅しながら出会ったストリートキャットや、ジャパニーズHIPHOPアーティスト、般若の生き様を写真に収めてきた、謎多き写真家、猫守よしお氏。今回、氏がいままで撮影してきた数千枚にも及ぶストリートキャットの写真の中から、選定された作品が展示される写真展「Jingumae Alley Cats -Polaroid Installation-」が...
ART
ドイツ人作家のアンネ・シュヴァルべ。日本で6年ぶりとなるエキシビションを開催|CURATOR’S CUBE

ドイツ人作家のアンネ・シュヴァルべ。日本で6年ぶりとなるエキシビションを開催|CURATOR’S CUBE

CURATOR’S CUBE|キュレーターズ キューブベルリンと田園地方のデュアルライフを送りながら、日常の一瞬一瞬を丁寧に写しとる作家が来日インテリアショップや飲食店を運営し、審美眼を活かした空間デザインに定評があるランドスケーププロダクツ。彼らが運営するギャラリースペース「CURATOR’S CUBE」にて、ドイツ人作家のアンネ・シュヴァルべのエキシビションが開催される。Text by WAKABAYASHI SatsukiPhoto by Courtesy of the artist and Galerie f5,6. 新作の写真シリーズのほか、映像や手づくりの器類もベルリンと田舎町の二ヵ所を拠点に生活を営みながら、写真表現を中心に活動をしている美術家、アンネ・シュヴァルべ氏。日常の一瞬を切り取り、ありのままの美しさを丁寧に写しとる作風は、国内外で評価されている。このたび、日本で6年ぶりとなる個展が開催。会場となる「CURATOR’S CUBE」では、新作の写真シリーズのほか...
ART
代表作から初公開作品を展示。「マイケル・ケンナ写真展 A 45 YEAR ODYSSEY 1973-2018」|LOUNGE

代表作から初公開作品を展示。「マイケル・ケンナ写真展 A 45 YEAR ODYSSEY 1973-2018」|LOUNGE

LOUNGE|世界屈指の風景写真家自然や文化への憧憬をモノクロームで映し出す風景写真家マイケル・ケンナ氏の写真展「マイケル・ケンナ写真展 A 45 YEAR ODYSSEY 1973-2018」が、東京都写真美術館で開催される。期間は2018年12月1日(土)~2019年1月27日(日)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)約169点のプリント作品が展示世界屈指の風景写真家として知られるマイケル・ケンナ氏。この度開催される展覧会「マイケル・ケンナ写真展 A 45 YEAR ODYSSEY 1973-2018」では、彼が活動してきた45年間に撮影された代表作や日本初公開作品が一堂に会する。独自の美意識と独特のコンポジットの中で、移ろう自然の神秘と多様な文化への憧憬を、時には長時間露光を駆使して写真に焼き付けていく芸術性が世界中で高く評価されている。静謐で叙情を備えたプリント作品は、ロンドンのビクトリア&アルバート美術館やサンフランシスコ近代美術館を...
ART
いま注目すべき「高性能サブ機」という軽量&スマートな選択肢|HUAWEI

いま注目すべき「高性能サブ機」という軽量&スマートな選択肢|HUAWEI

HUAWEI|ファーウェイ sponsored by ファーウェイ・ジャパンバッテリー持ちを気にしすぎるより「サブ機」を持つという賢い選択私たちの生活に欠かせないスマートフォンは、約10年の歴史のなかで驚くべき速度で高性能化・多機能化し続けてきた。プロ用カメラ顔負けの美しい写真や4Kビデオ撮影、ゲーム機に匹敵する高品質グラフィックでのAR、車載器を必要としない精度のカーナビゲーション、一度の人生ではとても鑑賞できないほどの映画を備えた動画サービスなど、ひと昔では信じられないほどのメリットを私たちは享受するようになっている。しかし、そうしたスマートフォンの進化の一方で、いまだ解決されないどころか、さらに私たちを悩ませているのが“バッテリー問題”である。かつての携帯電話、いわゆる「ガラケー」が一度の充電で数日は使用できたことなど、もはや記憶の彼方。いまやスマートフォンを毎日どころか1日に何度も充電するという読者も少なくないことだろう。そうした“バッテリー問題”への対処として、いわゆる「...
Leicaのダブルレンズカメラを備えた「HUAWEI P20」|HUAWEI

Leicaのダブルレンズカメラを備えた「HUAWEI P20」|HUAWEI

HUAWEI|ファーウェイPシリーズのミドルレンジを担うP20Leicaのダブルレンズカメラを備えたHUAWEI P20。手に馴染む美しい曲線ボディに高性能カメラや大容量バッテリーを備えるミドルレンジモデルだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)AIが被写体やシーンの読み込み、水平補正も行なうLeica(ライカ)と共同開発したレンズを搭載しているモデルを発表するなど、特にカメラ機能が優れていると評判のHUAWEI(ファーウェイ)のPシリーズ。なかでも「HUAWEI P20」は、ラインナップの中核を担うモデルだ。シンプルな背面デザインに、Leicaレンズを搭載した約2000万画素のモノクロセンサーと約1200万画素のカラーセンサーを配置し、スタイリッシュに仕上げられている。カラーはミッドナイトブルー、ピンクゴールド、ブラックの3色があり、背面は多層ガラスコーティングによる美しい鏡面仕上げになっている。容量3400mAhの大容量バッテリーや高性能カメラなどが幅約...
日常に”Leica”を持ち歩く。<HUAWEI P10 Plus>の実力を堪能する。|HUAWEI

日常に”Leica”を持ち歩く。<HUAWEI P10 Plus>の実力を堪能する。|HUAWEI

HUAWEI|ファーウェイ日常に”Leica”を持ち歩く。<HUAWEI P10 Plus>の実力を堪能する。(1)スマフォトグラファー 長尾浩介氏が、Leicaのレンズを搭載したHUAWEI P10 Plusで撮る。モノへ深くこだわる長尾氏が感じた、その真価と進化とは。Photograph by Nagao Hirosuke「もう、このシャッター音を聞いただけで、あぁLeicaだって興奮しますね。」スマートフォンだけで撮影を行い、今年<PHONE EYE>という写真集を発表した長尾浩介氏は開口一番語り出した。HUAWEI P10 Plusは、Leicaのレンズを3枚搭載。アウトカメラには、トップレンジのラインアップにだけ許されるSUMMILUXレンズを2枚搭載しているという点でもスマートフォンフォトグラファーの興奮は収まらない。「自分自身は、光と陰に強く惹かれて写真をとるのですが、その階調がとてつもなく素晴らしい。影が潰れないだけでなく、その中にある微妙なニュアンスを表現できてい...
ドコモだけで体感できるスマホの域を超えた「HUAWEI P20 Pro」カメラ体験|HUAWEI

ドコモだけで体感できるスマホの域を超えた「HUAWEI P20 Pro」カメラ体験|HUAWEI

HUAWEI|ファーウェイ sponsored by ファーウェイ・ジャパンFPM田中知之氏(1)従来のスマートフォンカメラの域を超えたファーウェイのハイエンドモデル「HUAWEI P20 Pro」が、2018年6月15日にドコモから発売された。特徴としては、ライカトリプルカメラを搭載して、AIアシストが付いている点。注目したいのが、そのスペックだ。本体背面には4000万画素RGBレンズ、2000万画素モノクロレンズ、800万画素3倍望遠レンズの3つのレンズの配置されている。ISO感度は102400と全てにおいてデジタル一眼レフ並みで、暗い場所でも明るく撮れる。百聞は一見にしかず。ライカオーナーでありライカレンズの見識が深いDJ/プロデューサーのFPM田中知之氏に本機を使いこなしてもらい、レンズの印象を伺った。Photographs by NAGAO MasashiText by MOROOKA YusukeSponsored by ファーウェイ・ジャパンライカから受け継がれたこだ...
世界的写真家、マッシモ・ヴィターリが個展“Coastal Colonies”を開催|ART

世界的写真家、マッシモ・ヴィターリが個展“Coastal Colonies”を開催|ART

ART|世界限定6部の作品も展示ビーチに集う人々の表情、物語、一瞬を映し出すマッシモ・ヴィターリの日本初個展世界的写真家、マッシモ・ヴィターリの日本初となる個展が、2018年7月10日(火)~7月16日(月・祝)に南青山のスパイラルガーデンにて開催される。Text by OZAKI Sayakaビーチに集う人々と自然の風景を調和させた、超高精細な写真の世界イタリア・コモに生まれたマッシモ・ヴィターリは、ロンドン・カレッジ・オブ・プリンティングに学び、フリーのフォトジャーナリストとして活動。広告やフィクション映画の撮影技師を務め、大判フィルムカメラでの撮影を始めた。マッシモ・ヴィターリの名を一躍世界的に有名にしたのは、高く組み上げられた足場からビーチの一瞬を撮影するビーチシリーズだ。都会生活から離れた自然を求め、誰もが憩いの場とするビーチに集まるその一瞬に映る恍惚とした人々の表情を映し出し、その後もプール、ディスコ、スキーリゾートと世界中のレジャー地へと撮影シーンを広げていく。彼なら...
ART
石田昌隆初写真集「JAMAICA 1982」|LOUNGE

石田昌隆初写真集「JAMAICA 1982」|LOUNGE

LOUNGE|JAMAICA 1982 カメラマンとして生きることになった記念すべき写真を収録フォトグラファー、石田昌隆氏が初の写真集「JAMAICA 1982」をリリースする。1982年のジャマイカを舞台に、音楽シーンを含めた当時の様子を捉えたものだ。合わせて写真展がBOOKMARCにて開催される。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)原宿BOOKMARCで写真展も開催決定旅した国は56ヵ国というフォトグラファー、石田昌隆氏。石田氏がプロデビューするきっかけとなったのは、1982年のジャマイカを撮影したときだという。氏は1982年、ジャマイカ・キングストンのゲットーの下宿を拠点に53日間滞在。現地の熱とニオイを捉えた。ゲットー・チルドレンから名だたるアーティストまでが石田のレンズを通して語りかける。ゲットー・ライフ、スタジオ、そしてモンテゴベイで行われたレゲエイベント「レゲエ・サンスプラッシュ 82」までを撮影。ジャマイカンレゲエの当時の姿までも網羅してい...
ART
90年代のクラブシーンを収めた写真集「90 Nights」|LOUNGE

90年代のクラブシーンを収めた写真集「90 Nights」|LOUNGE

LOUNGE|クラブカルチャーが根付き始めた時代を捉えた写真作品 主人公は、クラブに集った若者たち。90年代の東京のクラブシーンを捉えた藤代冥砂氏の写真集「90 Nights」。その出版を記念し、写真展が東京・神宮前にあるマークジェイコブズが手掛けるブックストア「BOOKMARC」にて開催される。書籍未収録の作品なども展示される。当時を知る人も知らない人も引き込まれる作品を、ぜひその目で確かめてほしい。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)併せて写真展も開催90年代はじめの東京。80年代から続く高揚した気分とバブル経済の終焉、音楽シーンで100万枚超えのタイトルが頻発するむこうに、クラブカルチャーが本格的に根付き始めた。「GOLD」、「インクスティック」、「第三倉庫」、「ミロス・ガレージ」、「P.ピカソ」、「Yellow」、「CAVE」、「blue」、「マニアック・ラヴ」などのクラブが続々オープン。クラブミュージックも盛り上がりをみせ、そこには若者たちのエ...
ART
竹内スグルが記録し続けた“3.11後の東京”|LOUNGE

竹内スグルが記録し続けた“3.11後の東京”|LOUNGE

LOUNGE|7年間かけて撮影した東京の様子 竹内スグルが記録し続けた“3.11後の東京”竹内スグル氏が、3.11以降の変容していく東京の様子を集めた写真展「日常ニ非ズ」。人々の意識、街の様子が変化しても、相変わらず“日常”はそこにある。期間は2018年5月15日(火)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)変わりゆく東京の日常1990年代のミュージックビデオ界を牽引し、2000年以降CM、映画、TVと、映像の世界を横断的に活動する竹内スグル氏。彼は3.11、東日本大震災以降に撮影した東京の様子をfacebook上で発表してきた。数万におよぶ写真の中から、数百枚をセレクトした写真展「日常ニ非ズ」が開催中だ。変容する東京の風、光、情、景の記録。それぞれの存在感が際立った作品が並ぶ。ぜひ足を運んでほしい写真展だ。竹内スグル 写真展「日常ニ非ズ」日程|2018年5月15日(火)まで時間|11:00~19:00会場|アルフレックス東京東京都渋谷区広尾1-1-40...
ART
ベネトン、世界的社会派写真家オリビエーロ・トスカーニ氏による特設サイトを公開|BENETTON

ベネトン、世界的社会派写真家オリビエーロ・トスカーニ氏による特設サイトを公開|BENETTON

UNITED COLORS OF BENETTON. with OLIVIERO TOSCANIイタリアの人気ブランド、ベネトンが特設サイト『UNITED COLORS OF BENETTON. with OLIVIERO TOSCANI』(https://ism.benetton.jp)を公開した。Text by dia standardオリビエーロ・トスカーニ氏がベネトンの広告写真を再度手掛ける1983年から2000年までの間、ベネトンの広告写真を手掛けた世界的な社会派写真家、オリビエーロ・トスカーニ氏。そんな彼が2018年春夏シーズンより、同ブランドのキャンペーン写真を再び手掛けることになったことを記念し、特設サイトを開設した。最新のキャンペーン写真をはじめ、歴代の代表的なアーカイブ写真を年代別に紹介しているほか、今回復帰に至った際の裏話やブランド名「ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン」の誕生秘話、今日の世界に対する思いなどを語った特別インタビューを掲載。また、社会派写真...
126 件