未来を先駆けるスマートフォン|HUAWEI Mate 20 Pro

未来を先駆けるスマートフォン|HUAWEI Mate 20 Pro

HUAWEI|ファーウェイ sponsored by ファーウェイ・ジャパン次世代スマートフォンカメラがみせる真価HUAWEI Mate 20 Proは、現在発売されているスマートフォンの中でもトップクラスのスペックを搭載したスーパーデバイス。特筆すべきはカメラとAIの進化だ。従来のスマートフォンという枠を超え、エントリーモデルクラスの一眼レフカメラでさえ圧倒するスペックは疑いの余地がない。特出したスペックを数字で見ると未来型スマホとも見てとれる。ではその性能はどこまで驚異的な実体験をもたらすのか? そこで本格的な自然風景の撮影をPhotographer福岡秀敏氏と実施。時間と共に目まぐるしく変化する自然の表情をHUAWEI Mate 20 ProのLeicaトリプルカメラで撮った作例と共に紹介する。Direction, photographs & text MOROOKA Yusuke04:00 a.m.午前4時。山頂は濃霧が立ち込め、ヘッドライトでは手前数メートルほどの...
特集|HUAWEIで得る豊かな日常|HUAWEI

特集|HUAWEIで得る豊かな日常|HUAWEI

HUAWEI|ファーウェイ sponsored by ファーウェイ・ジャパンHUAWEIで得る豊かな日常スマートフォンを選ぶモノサシとして重要度が高まるカメラ機能。なかでもHUAWEI(ファーウェイ)のPシリーズは、Leicaと共同開発したレンズの採用、AIセンサーを搭載し、デジタルカメラに引けを取らない撮影性能を誇る。今回は3回にわたって、Pシリーズの魅力を紐解いていく。Vol.1いま注目すべき「高性能サブ機」という軽量&スマートな選択肢“バッテリー問題”への対処として、いわゆる「モバイルバッテリー」を持つというソリューションが一般的である。しかし、それが当たり前のようになってはいるが、よく考えてみると、給電以外に何の機能もないガジェットを持ち歩くというのは果たしてスマートだろうか?そんな疑問を抱き始めているユーザー層を中心に、近年ますます高まってきているのが、スマートフォン2台持ち、つまり「サブ機」への注目である。Vol.2写真は感性で撮る時代へ HUAWEI P20 Pro今...
写真は感性で撮る時代へ HUAWEI P20 Pro

写真は感性で撮る時代へ HUAWEI P20 Pro

HUAWEI|ファーウェイ sponsored by ファーウェイ・ジャパン食べる芸術「フランス料理」シェフが作る一皿スマートフォンとSNSの普及により、写真を撮るという行為は生活の一部になった。写真は身近な存在になったが、本格的な写真を撮る際には、一眼レフカメラでという人も少なくない。しかし、一眼レフカメラを使いこなすには最低限の知識や技術が求められる。だが今回紹介するHUAWEI P20 Proは、そんな小難しいカメラのあり方を変えたといえる高性能スマートフォンだ。本機は一眼レフカメラ並みのカメラスペックをAIアシスト機能がユーザーサポートすることによって操作性のハードルを大幅に下げている。つまり、本機ではカメラの知識がなくとも磨かれた感性があれば、完成度の高い一枚を余裕で撮れるということになる。今回は創造性の高い感性を求められるプロフェッショナルの仕事を通して、HUAWEI P20 Proのポテンシャルを実証していこうと思う。食べる芸術ともいえるフランス料理のシェフ「レストラ...
いま注目すべき「高性能サブ機」という軽量&スマートな選択肢|HUAWEI

いま注目すべき「高性能サブ機」という軽量&スマートな選択肢|HUAWEI

HUAWEI|ファーウェイ sponsored by ファーウェイ・ジャパンバッテリー持ちを気にしすぎるより「サブ機」を持つという賢い選択私たちの生活に欠かせないスマートフォンは、約10年の歴史のなかで驚くべき速度で高性能化・多機能化し続けてきた。プロ用カメラ顔負けの美しい写真や4Kビデオ撮影、ゲーム機に匹敵する高品質グラフィックでのAR、車載器を必要としない精度のカーナビゲーション、一度の人生ではとても鑑賞できないほどの映画を備えた動画サービスなど、ひと昔では信じられないほどのメリットを私たちは享受するようになっている。しかし、そうしたスマートフォンの進化の一方で、いまだ解決されないどころか、さらに私たちを悩ませているのが“バッテリー問題”である。かつての携帯電話、いわゆる「ガラケー」が一度の充電で数日は使用できたことなど、もはや記憶の彼方。いまやスマートフォンを毎日どころか1日に何度も充電するという読者も少なくないことだろう。そうした“バッテリー問題”への対処として、いわゆる「...
Leicaのダブルレンズカメラを備えた「HUAWEI P20」|HUAWEI

Leicaのダブルレンズカメラを備えた「HUAWEI P20」|HUAWEI

HUAWEI|ファーウェイPシリーズのミドルレンジを担うP20Leicaのダブルレンズカメラを備えたHUAWEI P20。手に馴染む美しい曲線ボディに高性能カメラや大容量バッテリーを備えるミドルレンジモデルだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)AIが被写体やシーンの読み込み、水平補正も行なうLeica(ライカ)と共同開発したレンズを搭載しているモデルを発表するなど、特にカメラ機能が優れていると評判のHUAWEI(ファーウェイ)のPシリーズ。なかでも「HUAWEI P20」は、ラインナップの中核を担うモデルだ。シンプルな背面デザインに、Leicaレンズを搭載した約2000万画素のモノクロセンサーと約1200万画素のカラーセンサーを配置し、スタイリッシュに仕上げられている。カラーはミッドナイトブルー、ピンクゴールド、ブラックの3色があり、背面は多層ガラスコーティングによる美しい鏡面仕上げになっている。容量3400mAhの大容量バッテリーや高性能カメラなどが幅約...
日常に”Leica”を持ち歩く。<HUAWEI P10 Plus>の実力を堪能する。|HUAWEI

日常に”Leica”を持ち歩く。<HUAWEI P10 Plus>の実力を堪能する。|HUAWEI

HUAWEI|ファーウェイ日常に”Leica”を持ち歩く。<HUAWEI P10 Plus>の実力を堪能する。(1)スマフォトグラファー 長尾浩介氏が、Leicaのレンズを搭載したHUAWEI P10 Plusで撮る。モノへ深くこだわる長尾氏が感じた、その真価と進化とは。Photograph by Nagao Hirosuke「もう、このシャッター音を聞いただけで、あぁLeicaだって興奮しますね。」スマートフォンだけで撮影を行い、今年<PHONE EYE>という写真集を発表した長尾浩介氏は開口一番語り出した。HUAWEI P10 Plusは、Leicaのレンズを3枚搭載。アウトカメラには、トップレンジのラインアップにだけ許されるSUMMILUXレンズを2枚搭載しているという点でもスマートフォンフォトグラファーの興奮は収まらない。「自分自身は、光と陰に強く惹かれて写真をとるのですが、その階調がとてつもなく素晴らしい。影が潰れないだけでなく、その中にある微妙なニュアンスを表現できてい...
ドコモだけで体感できるスマホの域を超えた「HUAWEI P20 Pro」カメラ体験|HUAWEI

ドコモだけで体感できるスマホの域を超えた「HUAWEI P20 Pro」カメラ体験|HUAWEI

HUAWEI|ファーウェイ sponsored by ファーウェイ・ジャパンFPM田中知之氏(1)従来のスマートフォンカメラの域を超えたファーウェイのハイエンドモデル「HUAWEI P20 Pro」が、2018年6月15日にドコモから発売された。特徴としては、ライカトリプルカメラを搭載して、AIアシストが付いている点。注目したいのが、そのスペックだ。本体背面には4000万画素RGBレンズ、2000万画素モノクロレンズ、800万画素3倍望遠レンズの3つのレンズの配置されている。ISO感度は102400と全てにおいてデジタル一眼レフ並みで、暗い場所でも明るく撮れる。百聞は一見にしかず。ライカオーナーでありライカレンズの見識が深いDJ/プロデューサーのFPM田中知之氏に本機を使いこなしてもらい、レンズの印象を伺った。Photographs by NAGAO MasashiText by MOROOKA YusukeSponsored by ファーウェイ・ジャパンライカから受け継がれたこだ...
ソニーモバイル、Xperiaシリーズのニューモデルを3キャリアより発売|Sony

ソニーモバイル、Xperiaシリーズのニューモデルを3キャリアより発売|Sony

Sony|ソニーXperia X Performance|エクスペリア エックス パフォーマンスソニー、スマートフォンの新シリーズ「Xperia X」を発売ソニーモバイルコミュニケーションズは、新製品Xperia Xシリーズを発表。NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイルの各キャリアから6月中旬以降に順次発売される。Text by ORITO Shigenobu(OPENERS)さまざまな体験がクロスする瞬間「X」へソニーモバイルは、Android OSを搭載した最新スマートフォン「Xperia X Performance」を発表した。新モデルでは、これまでXperiaシリーズに付いていたアルファベットが「Z」「A」ではなく、「X」を採用。この新しいアルファベットの採用は、ユーザーがさまざまな体験をX(クロス)する瞬間に、Xperiaがつねに寄り添うパートナーとなることを標榜したものだという。ボディは、およそ高さ144ミリ、幅71ミリ、厚さが8.6ミリとなっており、重さ...
Windows 10搭載したニュアンス初のスマートフォン「NEO」が発売|NuAns

Windows 10搭載したニュアンス初のスマートフォン「NEO」が発売|NuAns

NuAns|ニュアンス72通りのカスタマイズが個性を演出Windows 10搭載のスマートフォン「NEO」スマートフォン用ケースなどデジタルデバイスのアクセサリー、周辺機器を展開するトリニティは、2015年に立ち上げたデジタルライフスタイルブランド「NuAns(ニュアンス)」で初となるスマートフォン「NEO(ネオ)」を発売した。OSに「Windows 10 Mobile」を搭載したスタイリッシュなスマートフォンだ。WASEDA Kosaku(OPENERS)カスタマイズの豊富さが特徴のWindowsスマートフォンNuAns(ニュアンス)は、テクノロジーを機能の面だけでなく、快適で「ひとに寄り添う」心地よさを追及する方向に活用するブランドだ。スマートフォンにも、こうした観点にもとづいて新しい価値が加えられるのではないかというおもいがスマートフォン「NEO」にも息づいているという。ワークスタイルの変化により、仕事、勉強、創作といってクリエイティブなシーンでスマートフォンが欠かせない状況...
いよいよカシオがスマートウォッチに参入|CASIO

いよいよカシオがスマートウォッチに参入|CASIO

CASIO|カシオ新世代のリストデバイス「スマート アウトドア ウォッチ」を発売アウトドアで利用者の多い腕時計ブランドとして知られるカシオがスマートフォンやスマートフォンに搭載されているGPSと連携し、腕時計に位置情報を表示させることができる本格的なアウトドア用リストデバイス「スマート アウトドア ウォッチ WSD-F10」を発表した。既に多くのスマートウォッチが発表されているが、最新デジタルデバイスの開発で知られる同社の特徴をさっそくご紹介しよう。Text by KAWADA AkinoriMILスペック準拠のタフデバイス2015年の時計シーンは、スマートウォッチ元年と呼ぶべき状況で、各社がそれぞれ自社の時計とスマートフォンとの連携を模索した年だったと言える。すでに大看板の「G-SHOCK」とスマートフォンを連携させ、メールなどデータの受信の報知、ミュージックデバイスの操作などを可能にしており、「エディフィス」では、スマホのネットワーク時間と連動して時刻を補正するワールドタイム機...
ブライトリング初のコネクテッド・クロノグラフが誕生|BREITLING

ブライトリング初のコネクテッド・クロノグラフが誕生|BREITLING

BREITLING|ブライトリングブライトリング初のコネクテッド・クロノグラフを開発スイスの機械式腕時計メーカーとして知られる「ブライトリング」の新たな挑戦が始まった。これまでのブランド哲学を継承しなら、腕時計の機能性と操作性の向上のためにスマートフォンを活用した腕時計第1弾となるコネクテッド・クロノグラフ「EXOSPACE(エキゾスペース)B55」を開発した。Text by Hirumaxパイロットのための究極の計器プロフェッショナルのための計器としてのパフォーマンスの向上——それがブライトリングのブランド哲学だ。ブライトリング初のコネクテッド・クロノグラフ「EXOSPACE B55」の開発にあたっても、その信念は変わることはない。EXOSPACE B55は、スマートフォンの周辺機器として開発された腕時計ではなく、腕時計が主役のプロのための計器である。腕時計クロノグラフという、真のプロフェッショナルのための計器としてのスピリットはそのままに、ブルートゥースによるスマートフォンとの...
本物を知る男が語る、本革をまとうスマートフォンの誘惑|isai vivid

本物を知る男が語る、本革をまとうスマートフォンの誘惑|isai vivid

isai vivid|イサイ ビビッド本革をまとったスマートフォン「isai vivid」という選択本物を知る男が感じた、スマートフォンの新たな価値(1)ファッションモデルとして活躍する一方、ファッションブランドのディレクターやプロデューサーとして、上質なワードローブを提案するリヒトさん。上質なものとひとに触れ合うなかで磨かれた男は、本物を知り、新たな本物を生み出している。“本物を知る男”リヒトさんに、本革をまとったことで、これまでにない上質なスマートフォンとして生まれた「isai vivid」の本革モデルはどう映るのだろうか。Photographs by YAMADA RikiStyling by IKEDA NaokiMake-up by HIROKI (wtokyo)Text by TSUCHIYA Motohiro (OPENERS)上質な本革をまとうスマートフォンハイレベルのカメラ機能や鮮やかで精細なディスプレイを備えたauスマートフォン「isai vivid(イサイ ビ...
特集|総括バーゼルワールド スマートウォッチのトレンドを検証|GUESS WATCHES

特集|総括バーゼルワールド スマートウォッチのトレンドを検証|GUESS WATCHES

GUESS WATCHES|ゲス ウォッチバーゼルワールド2015にみるスマートウォッチのトレンドを検証GUESSウォッチがスマートウォッチで開拓するあらたな市場3月に開催された世界最大の高級時計展示会「バーゼルワールド2015」で、次世代の腕時計として話題を集めたスマートウォッチ。その中身を検証する特集記事の第5弾。最終回は、ファッションブランドウォッチ「GUESSウォッチ」にフォーカスします。Photographs & Text by SHIBUYA Yasuhito若い世代が求める本当に欲しい腕時計の条件とは高級時計や人気のカジュアルウォッチにあって、現行のスマートウォッチに欠けているもの。それは消費者に「あの時計をぜひ着けたい」とおもわせるステータス性とファション性だ。セクシー、ヤング、アドヴェンチャラス(冒険的、大胆不敵)をコンセプトに世界90カ国で約1700店ものブティックを展開するカリスマファッションブランド「GUESS(ゲス)」がプロデュースする「GUESS...
特集|総括バーゼルワールド スマートウォッチのトレンドを検証|GUCCI Timepieces

特集|総括バーゼルワールド スマートウォッチのトレンドを検証|GUCCI Timepieces

GUCCI|グッチあらたな腕時計のジャンルが誕生特集|バーゼルワールド2015にみるスマートウォッチのトレンドを検証 グッチ編(1)3月に開催された世界最大の高級時計展示会「バーゼルワールド2015」で、あらたなトレンド、隠れた主役となったスマートウォッチ。その中身を検証する特集記事。第4弾は「ファッションとテクノロジーの融合」という、もっとも革新的なコンセプトを掲げるグッチにフォーカスしていきます。Photographs & Text by SHIBUYA Yasuhitoファッションアイテムとしてのウェアラブルデバイス3月19日午前11時過ぎ、「バーゼルワールド2015」のグッチのブース前に設置された特設ステージには、カリスマ的な人気をもつひとりの世界的なミュージシャンの姿があった。ウィル・アイ・アム氏。ラッパーであると同時に、ITベンチャー企業「i.am+(アイ・アム プラス)」の創始者でもある彼の隣にいたのは、グッチのプレジデント & CEOに就任し、ファッ...
特集|総括バーゼルワールド スマートウォッチのトレンドを検証|FREDERIQUE CONSTANT

特集|総括バーゼルワールド スマートウォッチのトレンドを検証|FREDERIQUE CONSTANT

FREDERIQUE CONSTANT|フレデリック・コンスタントあらたな腕時計のジャンルが誕生特集|バーゼルワールド2015にみるスマートウォッチのトレンドを検証フレデリック・コンスタント編(1)3月に開催された世界最大の高級時計展示会「バーゼルワールド2015」で、次世代の腕時計として話題を集めたスマートウォッチ。その中身を検証する特集第3弾。“スマートウォッチには見えないクラシックスタイルとオリジナルムーブメント”で勝負するフレデリック・コンスタントの独自戦略に注目。Photographs & Text by SHIBUYA Yasuhitoスイス時計らしい“クラシックスタイル”を追求スイスの時計業界にはスマートウォッチをいまの高級機械式腕時計の繁栄を脅かす“黒船”として警戒する声も実は少なくない。いまから40年ほど前の1970年代、スイスの時計産業は日本製クォーツで壊滅的な状態になった。ケタ違いの精度と先進のイメージのクォーツ時計が市場を席巻。時計工場は続々と閉鎖さ...
24 件