大人が身に着けられる、上質スタイルのGショック|G-SHOCK

大人が身に着けられる、上質スタイルのGショック|G-SHOCK

数あるカジュアルウオッチのなかでも、G-SHOCKだけは別格。大人が身につけても品格を落とさない、本質的な魅力を備えたモデルをOPENERSがセレクトした。
80’sトレンドを体現するスタイルコンシャスな“Black×Neon”アイテム|G-SHOCK

80’sトレンドを体現するスタイルコンシャスな“Black×Neon”アイテム|G-SHOCK

1983年の登場以来、時計にタフネスという新たな概念を築き上げ、さらなる進化を続けるG-SHOCKより、近未来の東京の街をイメージしたネオンカラーをスタイリングした4機種が8月8日(木)にリリースされる。
Gショック初代モデルのDNAを受け継ぐ新作“GA-2100”|G-SHOCK

Gショック初代モデルのDNAを受け継ぐ新作“GA-2100”|G-SHOCK

G-SHOCK初代モデルに採用された八角形フォルムのタフな構造はそのままに、更なる薄型化とデザイン、フォルム、サイズに徹底的にこだわったNewデジタル・アナログコンビネーションモデル「GA-2100」が2019年8月8日(木)にリリースされる。
GショックらしさMAX! ヴィンテージテイストを再現したフルメタルモデル|G-SHOCK

GショックらしさMAX! ヴィンテージテイストを再現したフルメタルモデル|G-SHOCK

G-SHOCK|Gショックケースとバンドにエイジド加工を施した特別感のあるフルメタルG-SHOCKG-SHOCKから、金属を使い込んだテイストを表現したフルメタルモデル「GMW-B5000V」が登場。2019年6月7日(金)にリリースされる。Text by YANAKA Tomomi初代G-SHOCKのDNAを受け継ぐ「GMW-B5000D」がベース長年使い込んだかのような独特の風合いを再現するG-SHOCK「GMW-B5000V」。初代G-SHOCKのディテールを受け継ぐとともに、外装素材すべてにステンレスを採用した2018年発売の「GMW-B5000D」をもとに加工されたスペシャルモデルだ。ケースやバンドの表面にブラックIP処理を施したのち、一部をあえて剥がすことで味のある風合いを生み出しており、G-SHOCKのマスターピースにエイジド加工を施し、時を超えて生き続けるタフネススピリットを表現した。機能面ではベースモデルの「GMW-B5000D」と同様、Bluetooth通信機能...
G-SHOCK×EVERLAST ボクシングギアのレッドを大胆に纏うコラボモデル|G-SHOCK

G-SHOCK×EVERLAST ボクシングギアのレッドを大胆に纏うコラボモデル|G-SHOCK

G-SHOCK|Gショックボクシンググローブの赤でスタイリングされたEVERLAST×G-SQUADによる「GBA-800EL」世界の様々なカルチャーと融合し、ストリートシーンで存在感を放つG-SHOCKから、1910年創業のボクシングおよびフィットネスギアにおけるアメリカのトップブランド「EVERLAST(エバーラスト)」とG-SQUADのコラボレーションモデルが登場した。Text by OZAKI SayakaEVERLASTとタッグを組んだスポーツアシストウオッチ2018年に、誕生35周年を記念して様々なコラボレーションモデルや数量限定モデルを次々と発表したG-SHOCK。2019年もその勢いは留まることなく、ボクシングおよびフィットネスギアにおけるアメリカのトップブランド「エバーラスト」とのコラボレーションモデル「GBA-800EL」がリリースされた。ベースモデルには、スマートフォンとのBluetooth®通信により、スポーツを身近に楽しめるG-SQUAD「GBA-800」...
アグレッシブな豹柄でアイデンティティを表現したコラボレーションモデル|G-SHOCK

アグレッシブな豹柄でアイデンティティを表現したコラボレーションモデル|G-SHOCK

G-SHOCK|GショックNPO法人「ワイルドライフ・プロミシング」とコラボレーション。陸の覇者“豹”(ヒョウ)をモチーフにしたマッドマスターG-SHOCKとNPO法人「ワイルドライフ・プロミシング」がコラボレーション。マスター・オブ・Gシリーズに“豹”がモチーフのマッドマスターがリリースされた。Text by YANAKA Tomomi方位と温度を計測し、防塵・防泥性能を備えたタフモデル1990年代後半からさまざまな環境団体とコラボレーションモデルを制作し、団体のサポートを続けてきたG-SHOCKとBABY-G。今回、アフリカの「野生動物保全」と「人々の生活」について考え、その共生を目指す認定NPO法人「ワイルドライフ・プロミシング」の活動に共鳴、スペシャルなモデルが誕生した。ベースにはマスター・オブ・Gシリーズ「マッドマスター」からGG-1000を選定。“豹”をモチーフに、ケースはブラック、バンド部分は大胆なアニマル柄が採用された。ベースモデルのGG-1000は、3時側の大型ボ...
ポリッシュ仕上げされた金属の美しい発色で魅せるNewカラー|G-SHOCK

ポリッシュ仕上げされた金属の美しい発色で魅せるNewカラー|G-SHOCK

G-SHOCK|Gショックメタルケース×ソフトウレタンバンド。タフネスな質感を高めるメタルカラーモデルG-SHOCKがメタルケースを採用した新作を追加。4月にリリースされる。Text by YANAKA Tomomiベースは初代の遺伝子を受け継ぐスクエアデザインの5000シリーズタフネスを追求し進化を続けるG-SHOCKからメタルケース×ソフトウレタンバンドのNewカラーが登場した。ケースや美錠(バックル)にメタル素材を採用し、IP処理を施すことで美しい輝きを実現。メタルベゼルおよびメタルケースにはヘアラインやミラー仕上げを施し、より質感が高められた。また、バンドをソフトウレタンにすることで、高い装着性と軽量化が叶えられている。ベースとなるのはG-SHOCK初代モデルの遺伝子を受け継ぐ、スクエアデザインの5000シリーズ。ファインレジン緩衝体を挟むことでフルメタルケースでも耐衝撃構造を持つ。また日本をはじめ、中国、アメリカ、ドイツ、イギリスの標準電波を受信し、時刻を自動修正するマル...
アナログとデジタルが融合した「G-SQUAD」のNEWモデル|G-SHOCK

アナログとデジタルが融合した「G-SQUAD」のNEWモデル|G-SHOCK

G-SHOCK|Gショック5種のユーティリティカラーで展開!ワークアウトをアシストする機能満載の「G-SQUAD」G-SHOCKのスポーツライン「G-SQUAD」に、実用的な5種のユーティリティカラーを採用した新たなモデルが加わった。アプリケーション連携で、ワークアウトに欠かせないタイマーメニューや、運動の記録、データ管理も容易に行なえるのが特徴だ。Text by OZAKI Sayaka日々の歩数計測からトレーニングのサポート機能、データ管理までこなす「G-SQUAD」は、日々のトレーニングの記録、計測に欠かせない機能が搭載されたG-SHOCKのスポーツライン。この「G-SQUAD」に、ファッションやトレーニングシーンに馴染みやすい実用的なユーティリティカラーを採用した5種のモデルが登場した。機能面では、専用アプリケーション「G-SHOCK Connected」と連携し、ワークアウトに適した機能で個々の活動をアシスト。3軸加速度センサーによる歩数計測機能、インターバルトレーニング...
さらなるタフネス、さらなる機能美を追求した「GWR-B1000」|G-SHOCK

さらなるタフネス、さらなる機能美を追求した「GWR-B1000」|G-SHOCK

G-SHOCK|Gショック新開発のカーボンコアガード構造で高強度化と軽量化を実現したG-SHOCK「GWR-B1000」航空をコンセプトとしたG-SHOCK「GRAVITYMASTER(グラビティマスター)」シリーズに、新開発の耐衝撃構造・カーボンコアガード構造により、高強度と軽量化を実現した新たなモデル「GWR-B1000」が加わった。カラーはブルー×ブラックと、グレー×ブラックの2種で展開される。Text by OZAKI Sayaka多機能素材でより構造強化と軽量化を進め、さらに防錆性能まで高めたモデル過酷な環境下で活動するパイロットのためのタフネスウオッチ「GRAVITYMASTER(グラビティマスター)」から、航空機の機体に使用されるカーボンやチタンを使用し、さらなる頑強さを追求した「GWR-B1000」が登場した。新たな耐衝撃構造として、外部衝撃からモジュールを保護する「カーボンコアガード構造」を開発。さらに、ケースと裏蓋を一体化させたカーボンモノコックケースを採用し、...
31 件