戸田恵子|7泊8日のニューヨーク・ブロードウェイ三昧の旅

戸田恵子|7泊8日のニューヨーク・ブロードウェイ三昧の旅

戸田恵子|今年も行ってきました!7泊8日のニューヨーク・ブロードウェイ三昧の旅(1)今年もなんとか行くことができました、毎年恒例“ブロードウェイ三昧”の旅。毎度のことですが今回もスケジュールをどうにかやりくりして1週間のオフを“死守”(笑)。1日2公演は当たり前、充実の観劇スケジュールに胸を躍らせ、いざニューヨークへ!Text by TODA Keiko圧巻!! 鳥肌!!! イチ押しは『ピピン』毎年、年のはじめに年間スケジュールを見ながら「ここしかない!」と、じつはかなり前もってニューヨーク行きは決定しているのです。まぁ水面下ではありますが、強気でいかないと不可能なもので(笑)。今年はミュージカル『シルバースプーンに映る月』の千秋楽直後と、カジュアルライブの直前の間と、実際にかなり厳しい時期になりました。しかし「行った方がいい!」という社長のひと言で決行! 前回の旅のようすはこちら→いざニューヨークへ旅立つ日もアンパンマンとおもちゃの収録をしてから成田へ。帰国日は成田からバンドのキ...
戸田恵子×植木 豪|BG BOXLOGOの新作Tシャツ発売!

戸田恵子×植木 豪|BG BOXLOGOの新作Tシャツ発売!

戸田恵子×植木 豪カジュアルライブとBOX LOGOの新作Tシャツについて(1)毎年恒例のカジュアルライブを12月9日に終えました。豪(植木 豪)も参加してくれて、生ピアノに合わせてのダンスなど…見所がたくさんありました。2016年最後の連載は、カジュアルライブについてと、「BGブランド」の新作Tシャツについて、豪と語ってみます。Text by TODA KeikoJZ Brat Sound of Tokyoにて恒例のカジュアルライブ戸田恵子(以下、戸田) まさに今、終えたばかり。本日12月9日!!お疲れさまでした!植木 豪(以下、植木) お疲れさまでした!僕は今回、ピアノ一本のライブに参加は初めてで、もちろんJZ Bratも初めてで。この形はすごく新しく見えて、逆に新鮮だなーと思いました。夜2回まわしのステージは、曲数は少ないのに感情が豊かで僕が出ている以外のところはとても楽しかったです。(笑)戸田 何をおっしゃいますか!?(笑)今回の豪のダンスは生ピアノに合わせてのダンスでとて...
戸田恵子×植木 豪|自分たちが着たいTシャツとは。

戸田恵子×植木 豪|自分たちが着たいTシャツとは。

「BGブランド」新作は新作はボーダーTシャツ戸田恵子×植木 豪、自分たちが着たい”大人ロックテイスト”ブランドプロデューサーの戸田恵子さんと、デザインを担当する植木 豪さんが手がける「BGブランド」の新作は、肌触りの良い生地の「ボーダー5★Tシャツ」。タッグを組んで今年で9年目になるお二人に、商品に対する熱い想いを語ってもらった。Text by OPENERS表面はボーダー、背面は黒地でスタイリッシュなTシャツに植木 豪(以下、植木) 今回の『BGブランド』新作は、まず姉さんから、ボーダーでいきたい、と申し出がありまして。僕はボーダーって着ないんですけど、姉さんは好きなんですよね?戸田恵子(以下、戸田) そうかなぁ?植木 BGブランドのボーダーロンTも姉さんからのアイデアだったし。戸田 あっ、そうだね。好きかも。(笑)植木 どうせなら僕も好きになるボーダーTシャツを作りたいと思いました。クールさとPOPな感じがMIXしたような。戸田 そう。狙いはまさにそこって感じ!で、まずはボーダ...
LOOPWHEELER×RUMORS special edition hoodie!

LOOPWHEELER×RUMORS special edition hoodie!

LOOPWHEELERLOOPWHEELER×RUMORS special edition hoodie!The special edition hoodie of LOOPWHEELER and RUMORS is finally completed with the support excellent craftsmanship. As you may know, LOOPWHEELER’s products are so popular that they even become collector’s items for fashion fans. Let us take this opportunity to introduce you this exclusive creation.Text by FUJITA Mayu(OPENERS)Photographs by TAKADA MidzuhoTranslated by Winsome Li (OPENERS)Desi...
新ライン「OG×OLIVER GOLDSMITH 4th Collection」先行発売|Continuer

新ライン「OG×OLIVER GOLDSMITH 4th Collection」先行発売|Continuer

Continuer|コンティニュエファッショナブルでユニークなアプローチのメタルフレームが登場「OG×OLIVER GOLDSMITH 4th Collection」先行発売オリバー・ゴールドスミスの新ライン「OG×OLIVER GOLDSMITH(オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス)」を手がけるのは、前回3rd Collectionから就任した現3代目オリバー・ゴールドスミスの子息であり、映像プロデューサーとして知られるニック・ゴールドスミスだ。11月の一般発売に先立ち、最新コレクション「OG×OLIVER GOLDSMITH 4th Collection」のフルバージョンが恵比寿・コンティニュエで先行発売されている。Text by KAJII Makoto (OPENERS)ニーズが高まっているメタルフレーム1926年に初代オリバー・ゴールドスミスによって創業され、今年ブランド設立89年を迎えたアイウェアブランド、オリバー・ゴールドスミス。昨年4月にブランド100周年に向...
日本発カシミヤニットブランド「カシヤージュ」の魅力とは|CASHYAGE

日本発カシミヤニットブランド「カシヤージュ」の魅力とは|CASHYAGE

CASHYAGE|カシヤージュ上質なカシミヤを使用した逸品シリーズ日本発カシミヤニットブランド「カシヤージュ」の魅力とは“繊維の宝石”と称され、最高級の柔らかさと保温性でまとうひとを魅了するカシミヤ。その上質カシミヤを贅沢に使用し、高い技術力でカシミヤニットの世界にあたらしい風を吹き込む日本発「CASHAGE(カシヤージュ)」の魅力に迫る。Text by KUROMIYA Yuzu一度手にしたら虜になる極上の着心地とデザイン性を融合天然繊維のなかの獣毛素材において、もっともプレミアムな存在であるカシミヤ。その理由は、驚くほどの軽さと柔らかさ、抜群のあたたかさを誇る高級天然繊維ならではの優れた特性にある。繊維が非常に細く、独特のぬめりがなめらかな肌ざわりを実現。また、空気をたくさん抱え込みあたたかさは逃さないが、まるで呼吸をするように余計な水分を放出してくれるのでつねに快適な着心地を叶えてくれる。そのカシミヤの魅力を存分に堪能できるのが「カシヤージュ」だ。日本のカシミヤ専業アパレルメ...
also craft #04 『エドワード・S・ウールのカッティングボード』

also craft #04 『エドワード・S・ウールのカッティングボード』

#04 THINGS FOR BREAD――朝食の楽しみを教えてくれるものランドスケープ プロダクツ中原慎一郎による工藝をテーマとしたさまざまな出会いを紹介する "also craft" 。第4回めは「エドワード・S・ウールのカッティングボード」を紹介します。海外の知人宅での楽しみのひとつが、朝食。その準備の仕方も様々ですが、日本とちがいご飯が出てくるわけではないので、やはりパンの出し方が日本人の自分にとってはとても興味深い。かわいい丸みを帯びたかたちのカッティングボードの上でカットされたパンは、本当に美味しそうにみえる。キズの入ったそのカッティングボードも、テーブルの上にあるだけでも絵になる。一枚の木の板が朝食の時間を豊かにしてくれる。自作のカッティングボードをつくるも良いが、近年出会ったアメリカの木工作家エドワード・S.ウォールのカッティングボードは本当にすばらしい。素材にもちいられているバーズアイメープルは、ハードメープルのなかでも500本に1本の確率で発生するという大変貴重...
渡邉季穂が訪れたマレーシア「キャメロンハイランズリゾートホテル」の魅力|uka

渡邉季穂が訪れたマレーシア「キャメロンハイランズリゾートホテル」の魅力|uka

uka|ウカ英国の空気を感じるマレーシア「キャメロンハイランズリゾート」渡邉季穂が訪れたマレーシア・ハイランズリゾートの魅力マレーシア・クアラルンプールから約250キロ、クアラルンプール国際空港から約320キロにある「Cameron Highlands Resort(キャメロンハイランズリゾート)」。1885年に英国人のウイリアム・キャメロンが開発した高原に凜とたたずむリゾートをuka代表の渡邉季穂さんが訪れた。 Text & Photographs by WATANABE Kiho(uka)ピクニックツアーで、素晴らしいボーティをクアラルンプールからクルマで3時間半という、ここを見つけるひとも凄いなとおもうほどの高原。空気も景色もたたずまいもミステリアスな感じです。ミステリアスといえば、シルク王のジム・トンプソンがこつ然と姿を消した別荘があったり、気品とミステリアスな雰囲気が漂う不思議な場所。この高原で有名なのは「BOH TEA(ボーティ)」の紅茶畑が眼下に広がる圧巻の景...
2015年クリスマスコフレが数量限定発売|john masters organics

2015年クリスマスコフレが数量限定発売|john masters organics

john masters organics|ジョンマスターオーガニック新商品のオーガニックボディケア3アイテムを集めたボディ用などが登場2015 年クリスマスコフレ4種類が数量限定発売「john masters organics(ジョンマスターオーガニック)」から2015 年クリスマスコフレ4種類が、デザイナー阿部好世氏が手がける「petite robe noire(プティローブノアー)」オリジナルポーチ付きで10月29日(木)に数量限定で発売される。Text by KAJII Makoto (OPENERS)人気アイテム+限定ポーチ+スペシャルパッケージ!ホリデーシーズンらしい、自分によし、贈ってよしのジョンマスターオーガニックならではのスペシャルギフトが登場。「ウィンターホリデーヘアケアコフレ」は、きめ細やかな泡立ちで月見草やイランイランなどさまざまな精油を楽しめる女性人気ナンバーワンの「イブニングPシャンプー(イブニングプリムローズ)」、コシとまとまりを与えるコンディショナー...
ナイジェル・ケーボン2015-16年秋冬 新ウィメンズラインがデビュー|Nigel Cabourn

ナイジェル・ケーボン2015-16年秋冬 新ウィメンズラインがデビュー|Nigel Cabourn

Nigel Cabourn|ナイジェル・ケーボンタフであるが、決してハードではない。フェミニンではあるが、決してもろくない大人のミリタリーが楽しめる新ウィメンズラインに注目2013-14年秋冬コレクションから徐々に展開をスタートさせていた「Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)」のウィメンズライン「Nigel Cabourn WOMAN(ナイジェル・ケーボン ウーマン)」が今シーズン本格的に始動する。初のショーでは、大人の女性が着るミリタリー&ワークウェアを鮮やかに表現した。 Photographs by SUZUKI Shimpei(TOP)Text by KAJII Makoto (OPENERS)コレクションのミューズは、モデルの甲田益也子女性の着こなしのトレンドでも脚光を浴びているのが、ミリタリー&ワークウェアだ。「Nigel Cabourn WOMAN(ナイジェル・ケーボン ウーマン)」でも、まさに同様の着こなしを提案しているが、メンズならではの世界観を崩さず...
テーマは「SPAZIALISMO(スパツィアリスモ)」。2016年春夏コレクション速報|ato

テーマは「SPAZIALISMO(スパツィアリスモ)」。2016年春夏コレクション速報|ato

ato|アトウコレクションテーマは「スパツィアリスモ 空間主義」2016年春夏コレクション速報2016年春夏コレクションで「ato(アトウ)」が目指したのは、衣服と肉体に生じる空間のあらたな表現。服と肉体の間にある空間の絶妙な増減によって展開される、心地良さのなかにエッジーさを隠しもつコレクションは、パーマネントウェアの新段階を示すものとして注目したい。Text by KAJII Makoto (OPENERS)レイヤードを意識した最新ルック大きめで着丈が長いトップスに、ロングTシャツやさまざまな丈のボトムスを組み合わせることによって生まれる独自のジェンダー感 ―― アトウ2016年春夏コレクションでは、開閉式のスリットを入れたロングカーディガン、コクーンふうコート、ガウン、ベストを一体化したブルゾンなど、'80年代ふうのルーズシルエットの超克(ちょうこく)を狙ったアイテムが登場。ナチュラルな肩のラインがドロップショルダーの布を通して現れるため、服のボリュームを感じながらも、身体の...
CHICO SHIGETAが語る「EX オイルセラム」完成のプロセスと魅力|SHIGETA

CHICO SHIGETAが語る「EX オイルセラム」完成のプロセスと魅力|SHIGETA

SHIGETA|シゲタオイルケアからはじまったSHIGETAのあたらしいプレミアムオイルCHICO SHIGETAが語る「EX オイルセラム」完成の道「SHIGETA(シゲタ)」から、ざくろ、クランベリー、トマトの種子といった抗酸化作用の高いオイルをジェムストーンでパワーチャージさせたエイジングケア用プレミアムオイルセラム「EX オイルセラム」が10月21日に新発売。「ほかにはない、女性のための完璧なエイジングケアオイル」を追求し、フランスのジュエリーデザイナー、マリーエレーヌ・ドゥ・タイヤックがセレクトしたジェムストーンを浸(つ)け込み完成した、“抗酸化力はローズヒップオイル単体の3倍”というスペシャルオイルの開発秘話をCHICO SHIGETA氏に聞いた。Text by KAJII Makoto (OPENERS)「その先を行くエイジングケア」のためのブレンドSHIGETAの「美しさ」のフィロソフィは「そのひとが本来もつ美しさを引き出す」こと。まったくおなじく、マリーエレーヌ...
フローラリュクス最旬の“NYスタイル”は、大人ハロウィンで!|FLORALUXE

フローラリュクス最旬の“NYスタイル”は、大人ハロウィンで!|FLORALUXE

FLORALUXE|フローラリュクス日本では怪談は夏と決まっていますが、アメリカではハロウィンがその季節最旬の“NYスタイル”は、大人ハロウィンで!ハロウィンの季節になると、花市場にはオレンジ色の花が溢れだし、自己主張しはじめます。カナリヤイエロー、ゴールドイエロー、マットなオレンジ、エナメル質なオレンジからブラウン、チョコレートカラーとブラックの花やグリーンがFLORALUXE(フローラリュクス)テイストです。 Text & Photographs by Wake Masami 素朴な疑問、ハロウィンのイメージカラーはオレンジ?ハロウィンの起源をたどると、古代ケルト、現在のアイルランドの収穫祭、悪霊を追い払う宗教的な行事でしたが、移民とともにアメリカにわたって、キリスト諸聖人のお祭りである「万聖節」の前夜祭(All Hallows eve)として祝われていました。それが訛(なま)って、ハロウィーン(Halloween)と呼ばれるようになったといわれています。本来は白と黒、...
人類初の快挙、南極大陸横断60周年を讃えた最新コレクション|Nigel Cabourn

人類初の快挙、南極大陸横断60周年を讃えた最新コレクション|Nigel Cabourn

Nigel Cabourn|ナイジェル・ケーボンコンセプトは「THE TRANS-ANTARCTIC EXPEDITION & ROYAL AIRFORCE」南極大陸横断60周年を讃えた最新コレクション「Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)」の今シーズンのコレクションは、1955年から58年にかけて、英国人のヴィヴィアン・フックスとニュージーランド人のエドモンド・ヒラリーによる人類初の南極大陸横断探検のストーリーからインスパイア。デザイナーのナイジェル・ケーボン氏は「死ぬまでに一度、南極大陸に行ってみたい」と語る。 Photographs by SUZUKI Shimpei Text by KAJII Makoto (OPENERS)探検開始から60周年に敬意を表してナイジェル・ケーボン氏に南極大陸横断探検に惹かれた理由を尋ねると「まず、テンジン・ノルゲイとともに、1953年にエベレストの人類初登頂に成功したエドモンド・ヒラリーが、55年には英国連邦がスポンサ...
女性の肌悩みから生まれたメイクアップブラシ|KOBAKO

女性の肌悩みから生まれたメイクアップブラシ|KOBAKO

KOBAKO|コバコ毎日のメイクをアップデートする“メイクアップブラシ・コレクション”が完成!新発想から生まれたメイクアップブラシがデビュービューティツールブランド「KOBAKO(コバコ)」が肌の悩みにアプローチした新発想のベースメイクブラシをはじめとしたメイクアップブラシを発表した。9月に発売されたポータブルブラシ4アイテムに加え、ベースメイクブラシ6アイテムとアイメイクブラシ7アイテムの全17アイテムが、毎日のメイクをしなやかにアップデートする。Text by KAJII Makoto (OPENERS)ブラシを変えれば、メイクは変わる!先行発売されたスライド式で携帯できるブラシと、肌の悩みにアプローチしたベースメイクブラシ、機能性を向上させたアイメイクブラシの全17アイテムは、最高品質のブラシ生産地として知られる広島・熊野生まれ。高いクオリティと女性が求める機能、スタイリッシュなデザインを実現し、いつものメイクに新鮮な驚きを与える。ベースメイクで多くの女性が気になる「乾燥によ...
1,285 件