連載|祐真朋樹対談

連載|祐真朋樹対談

今回のゲストは、アクティブでファッション好きなサーファーに人気のアイウェアブランド「DONT PANIC(ドントパニック)」のオフィシャルイメージキャラクターを務めるMartin Potter(マーティン・ポッター)さん。Pottz(ポッツ)の愛称で知られる彼は、80年代から90年代のサーフシーンを盛り上げたプロサーファーの一人。サーフィン・スケートボード・スノーボードなどのボードカルチャーとファッションの展示会「INTERSTYLE 2020」に合わせて来日したポッツさんに、自身のファッション観から海に対する思いまでお話をうかがいました。
連載|祐真朋樹・編集大魔王対談

連載|祐真朋樹・編集大魔王対談

今回はライターやプロデューサー、ラジオパーソナリティなどマルチに活躍の幅を広げる野村訓市さんをゲストに迎えての対談です。昨年末には自身が率いる、国内外の様々な店舗設計及び建築ディレクションを手掛けるクリエイター集団「TRIPSTER(トリップスター)」がワークウェアブランド「Dickies(ディッキーズ)」とコラボレーションしたアイテムをBEAMS(ビームス)限定でリリース。第二弾となったトリプルコラボの制作秘話から野村さんの若い世代への思いまで、リアルな話をしていただきました。
連載|祐真朋樹・編集大魔王対談

連載|祐真朋樹・編集大魔王対談

今回のゲストは、英ライフスタイルマガジン『Wallpaper*(ウォールペーパー)』のパブリッシッング・ディレクターをはじめ、様々なブランドや企業のコンサルタントを経て、2013年「HUNTER(ハンター)」のクリエイティブ・ディレクターに就任したAlasdhair Willis(アラスディア・ウィリス)さん。デザイナーのStella McCartney(ステラ・マッカートニー)さんを妻に持つことでも知られています。ハンターにおける自身の役割をはじめ、ブランドのビジョンや打ち出す世界観についてお話をうかがいました。
祐真朋樹氏と鑑賞する「カルティエ、時の結晶」|Cartier

祐真朋樹氏と鑑賞する「カルティエ、時の結晶」|Cartier

Cartier(カルティエ)の革新的なデザインの世界を堪能できる展覧会「カルティエ、時の結晶」が、東京・六本木の国立新美術館にて好評開催中だ。従来のジュエリー展とは一線を画す展示方法や空間構成にも注目しながら、本展覧会の監修者であり、国立新美術館主任研究員の本橋弥生氏のナビゲートのもと、祐真朋樹氏が不変の永遠性と絶えず変化する流行性を併せ持つカルティエの多彩な美の秘密を探った。
ヤンチェ_オンテンバール×VASIC Mergeのバッグが再販決定|JANTJE_ONTEMBAAR

ヤンチェ_オンテンバール×VASIC Mergeのバッグが再販決定|JANTJE_ONTEMBAAR

ヤンチェ_オンテンバールが、2019年秋冬コレクションとしてリリースし、即完売したヤンチェ_オンテンバール×VASIC Mergeのバッグの再販が決定した。発売日は2019年10月29日(火)。
カルバン・クラインの最新アイウェア「Eight Genius Gentlemen」|CALVIN KLEIN

カルバン・クラインの最新アイウェア「Eight Genius Gentlemen」|CALVIN KLEIN

今シーズンのカルバン・クラインのアイウェアは、クラシカル路線を継続しながらも、シンプルでミニマムな雰囲気のメタルフレームを中心にバリエーションが豊富。今回は祐真朋樹氏が、アイウェア8本とともに8通りの着こなしを提案する。
「ISETAN 靴博 2019」で靴磨き世界チャンピオンが決定|ISETAN MEN'S

「ISETAN 靴博 2019」で靴磨き世界チャンピオンが決定|ISETAN MEN'S

去る9月11日(水)から9月16日(月)まで、会場を”テーマパーク”に見立てた靴の博覧会「ISETAN 靴博 2019」が伊勢丹新宿店本館6階=催物場で開催された。総勢70ブランド、約1000足がラインナップし、靴マニアからファミリー層まで、多くの人々が靴の魅力を楽しめる特別な祭典となった。ワークショップやイベントなど豊富な催しで構成される中、特に盛り上がりを見せたのは、靴磨き大会のタイトルホルダーたちが集結し、靴磨き職人の頂点を決める「Shoeshining Champion of Champions2019」だ。
香取慎吾と祐真朋樹が手掛けるショップの2019年秋冬コレクションスタート|JANTJE_ONTEMBAAR

香取慎吾と祐真朋樹が手掛けるショップの2019年秋冬コレクションスタート|JANTJE_ONTEMBAAR

2019年8月25日(日)、香取慎吾と祐真朋樹がディレクションを手掛けるショップ「JANTJE_ONTEMBAAR(ヤンチェ_オンテンバール)」が2019年秋冬コレクションの新作を発売する。
祐真朋樹が新型911を語る|Porsche

祐真朋樹が新型911を語る|Porsche

Porsche 911 Carrera S & 4S|ポルシェ 911 カレラS & 4S編集大魔王、祐真朋樹が新型911を語るポルシェ911の機能美より肝心なもの7世代目へと進化したポルシェ911(992型)が、7月5日からついに日本でも発売される。歴代モデルで進化に次ぐ進化を重ね、「最新の911は最良の911」と評され、スポーツカーとしてひとつの頂点を極めた911。その最新モデルのジャパンプレミアイベントに参加した祐真朋樹が同車の魅力を語る。Photographs by SATO YukiText by NANYO Kazuhiro911はデザイン優先のクルマだ5月29日、都下で行われた新型ポルシェ911(992型)のジャパンプレミア。スモークが焚かれる会場でヴェールの下から姿を現した911カレラ4Sと同カレラSに、じっくりと熱い視線を投げかけつつ、祐真朋樹はこう述べた。「911と言えば、ポルシェのアイコン的存在ですよね。僕にとっても、やはりポルシェと言えば91...
vol.45「東京ブランドのTシャツ」PORTVEL|ポートヴェル

vol.45「東京ブランドのTシャツ」PORTVEL|ポートヴェル

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京PORTVEL|ポートヴェルブランドコンセプトは「ヘリテージとニューエイジの融合」。やや光沢のある柔らかなボディにIDホルダーのような胸ポケットをアタッチしたTシャツは、襟元のトリミングのレトロ感とマッチして独自のムードを放つ。1万3000円(ポートヴェル/スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)問い合わせ先ポートヴェル/スタジオ ファブワーク03-6438-9575doublet-jp.com 次のアイテム へ 連載|編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.45へ
vol.45「東京ブランドのTシャツ」doublet|ダブレット

vol.45「東京ブランドのTシャツ」doublet|ダブレット

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京doublet|ダブレットネオンカラーのグラデーション刺繍から、フリンジが飛び出したインパクトは絶大。ボディのオレンジの色合いも美しく、長めの袖やオーバーサイズのシルエットも今年らしいディテール。1万8000円(ダブレット/スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)問い合わせ先ダブレット/スタジオ ファブワーク03-6438-9575doublet-jp.com 次のアイテム へ 連載|編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.45へ
vol.45「東京ブランドのTシャツ」NEONSIGN|ネオンサイン

vol.45「東京ブランドのTシャツ」NEONSIGN|ネオンサイン

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドのものに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京NEONSIGN|ネオンサインオーバーサイズのTシャツの胸元に、今シーズンの象徴的なモチーフであるポップなアメコミ柄をプリント。クオリティタグをあえて表にパッチしているのも、布のアートを追求するブランドのアティテュード。1万円(ネオンサイン/ネオンサイン 03-6447-0709)問い合わせ先ネオンサイン/ネオンサイン03-6447-0709ne-on-sign.com/ 次のアイテム へ 連載|編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.45へ
vol.45「東京ブランドのTシャツ」WELLDER|ウェルダー

vol.45「東京ブランドのTシャツ」WELLDER|ウェルダー

春から気温の高い日が続き、暑さも早めに到来しそうなこの夏。昨年から存在感のあるTシャツがマイブームとなっている大魔王は、勢いのある東京のブランドに注目しています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京WELLDER|ウェルダー背中一面に記されているのは、中東の伝統食であるひよこ豆のペースト・フムスのレシピ。フロント胸元のスラッシャー風のロゴとの奇妙なコントラストが、パープルのボディに映える。9000円(ウェルダー/ウェルダー info@wellder.jp)問い合わせ先ウェルダー/ウェルダーinfo@wellder.jpwellder.jp 次のアイテム へ 連載|編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.45へ
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.39 馬場圭介さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.39 馬場圭介さん

Page. 1今回のゲストは、雑誌や広告、ブランドのカタログなど、幅広いフィールドでスタイリストとして活躍する一方で、ブランドのディレクターとしても才能を発揮する馬場圭介さん。生粋の英国通としても知られ、東京・千駄ヶ谷には英国ヴィンテージショップ「COUNCIL FLAT 1(カウンシル フラット ワン)」を構えています。お店の話を中心に伺いながら、スタイリストになったきっかけなど、当時の思い出話にも花が咲きました。Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by TANAKA ShungoText by ANDO Sara (OPENERS)英国で買い付けてきた古着を販売するカウンシル フラット ワン祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真)お店ができて何年ですか?馬場圭介さん(以下、馬場) 今の形にしたのは去年だけど、自分のいらないものを売るというガレージセールのスタイルから始めて、5年ぐらいになるかな。最初の頃は営業時間もいい加減だったし、そもそも...
「ソー・エルメス」への旅|祐真朋樹

「ソー・エルメス」への旅|祐真朋樹

祐真朋樹の「ソー・エルメス」への旅(1)障害馬術の国際大会「ソー・エルメス」。その第10回目となる大会が3月22日から24日まで開かれ、最高峰の戦いが繰り広げられた。僕はそれに招かれ、人生初の「ソー・エルメス」観戦の機会を得た。Photographs & Text by SUKEZANE Tomoki■1日目「ソー・エルメス」は障害馬術の一種で、障害飛越のエリートがグランパレに集結して競技を争う重要な国際大会。国際馬術競技で最も難易度の高い「CSI5★」レベルだそうだ……と聞いてもちんぷんかんぷんなのだが、かねてから乗馬に対する憧れは強く持っていたので、貴族の伝統を受け継いだ馬の競技を観戦できるのかと、年明け早々に気分が高揚した。出発間近になってスケジュール表を見ると、また一段と気分が上がる。今回の旅は、まずロンドンで2泊。そこでエルメスのメンズコレクションのランウェイを見てから、ユーロスターでパリへ移動、というスケジュール。ロンドンではランウェイの観覧以外に、ホワイトキュ...
236 件