POGGY’S FILTER|vol.8 Dr. WOOさん

POGGY’S FILTER|vol.8 Dr. WOOさん

小木“POGGY”基史氏がホストを務める『POGGY'S FILTER』の第8回目は、ひさびさの海外ゲストとして、LAを拠点に活躍するタトゥーアーティストのDr. Wooを迎えてお送りします。繊細なラインで描かれる独自のスタイルによって、タトゥーの世界の中で新たな価値観を見出してきた存在でもある彼は、ファッション業界などからも高い支持を得ており、これまで様々なブランドともコラボレーションをを果たしてきています。今回の対談ではタトゥーアーティストになる以前の、今の活躍に繋がる彼のルーツなども深掘りし、彼自身のファッション観、あるいは現在のファッションシーンに対する考えなども大いに語っていただきました。
POGGY’S FILTER|vol.7 DABOさん、MACKA-CHINさん、XBSさん(前編)

POGGY’S FILTER|vol.7 DABOさん、MACKA-CHINさん、XBSさん(前編)

Page. 1これまで国内外のファッション関係者を中心にゲストに迎えてお届けしてきた、小木“POGGY”基史氏がホストを務める『POGGY'S FILTER』。第7回目となる今回は趣向を変えて、日本のヒップホップシーンを代表するグループ、NITRO MICROPHONE UNDERGROUND(ニトロ・マイクロフォン・アンダーグラウンド、以下ニトロ)からDABO氏、MACKA-CHIN氏、XBS氏の3人が登場。7年間の活動休止期間を経て、今年、ついに再始動を果たし、この対談の数日前には新曲「LIVE19」を発表したばかりの彼らだが、実はストリートファッションシーンとも繋がりが深い。ヒップホップとファッションを軸に様々なテーマについて語ってもらったこの対談の、まず前編ではPOGGY氏とニトロの意外な繋がりから話がスタートした。Interview by KOGI “Poggy” Motofumi|Photographs & Text by OMAE Kiwamuオオスミ君がして...
POGGY’S FILTER|vol.7 DABOさん、MACKA-CHINさん、XBSさん(後編)

POGGY’S FILTER|vol.7 DABOさん、MACKA-CHINさん、XBSさん(後編)

小木“POGGY”基史氏がホストを務める『POGGY'S FILTER』。日本のヒップホップシーンを代表するグループ、NITRO MICROPHONE UNDERGROUND(ニトロ・マイクロフォン・アンダーグラウンド、以下ニトロ)からDABO氏、MACKA-CHIN氏、XBS氏の3人を迎えて行なわれた、この対談の後半では、ファッションについての話から、ニトロが制作中の未発表の新曲、さらにニトロというグループの本質についてまで話が展開していく。
POGGY’S FILTER|vol.6 VERDYさん

POGGY’S FILTER|vol.6 VERDYさん

Page. 1小木“POGGY”基史氏がホストを務める『POGGY'S FILTER』、第6回目のゲストは、グラフィックデザイナーとして6年前に大阪から単身上京し、自ら立ち上げた二つのブランド、Girls Don't Cry(ガールズ・ドント・クライ)、Wasted Youth(ウェイステッド・ユース)によって、今や世界中の若者から支持を得ているVERDY(ヴェルディ)氏だ。特にガールズ・ドント・クライは国内外様々なブランドとコラボレーションを行ない、ここ数年で最も注目されている日本のストリートブランドとも言える存在であり、この度、Amazon Fashion(アマゾン・ファッション)が主催する“AT TOKYO”プログラムの一貫として、2019年4月20、21日の二日間限定で原宿にてポップアップ「Girls Don’t Cry Meets Amazon Fashion “AT TOKYO”」を開催した。その会場となった「Girls Don't Cry Cafe」の準備中にお邪魔し...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.37 香取慎吾さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.37 香取慎吾さん

今回のゲストは、祐真編集大魔王とともに「JANTJE_ONTEMBAAR(ヤンチェ_オンテンバール)」のディレクションを手掛ける、タレント・アーティストの香取慎吾さん。ローンチしたばかりの2019年春夏コレクションや、今後お
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(後編)

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(後編)

Page. 1前回、前々回に引き続き、ゲストにFPM=Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスチック・マシーン)の田中知之さんをお迎えしてお届けする編集大魔王対談。FPMという名前の由来から現在制作中のアルバム、偏愛するヴィンテージまで幅広くお話を伺いました。ここでしか読むことができないエクスクルーシブな内容は必見です。 vol.36 FPM 田中知之さん(前編)へ vol.36 FPM 田中知之さん(中編)へInterview by SUKEZANE TomokiPhotographs by MAEDA AkiraText by ANDO Sara (OPENERS)9.11を機に活動拠点を日本へ移すとアジアでブレイク祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) FPMという名前になったいきさつは?田中知之さん(以下、田中) デモを作り始めた94年に、ピチカート・ファイヴの小西さんと音楽プロデューサーの坂口修さんと僕の3人で、ソニーから選曲のコンピレー...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(中編)

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(中編)

Page. 1前回に引き続き、今回もゲストにFPM=Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスチック・マシーン)の田中知之さんをお迎えして、祐真編集大魔王とトークを繰り広げます。ご自身のキャリアを振り返りながら、90年代半ばのデビュー当時の華やかなエピソードの数々をお話しいただきました。 vol.36 FPM 田中知之さん(前編)へ vol.36 FPM 田中知之さん(後編)へInterview by SUKEZANE TomokiPhotographs by MAEDA AkiraText by ANDO Sara (OPENERS)レコードを買い漁る日々の中、突然舞い込んだデビューのオファー祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真)1994年に京都で行われたイベントにテイさん※1を呼んだ時は、色々とつてがあったんですか?田中知之さん(以下、田中)それがまったくなかったんです。90年にライカに就職して初めての給料をもらった4月末日に、梅田のウェーブ※2...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(前編)

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(前編)

Page. 1今回のゲストはDJ/プロデューサーとして国内外で活躍し、ソロプロジェクト「FPM=Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスチック・マシーン)」名義で音楽活動を行う田中知之さん。ともに京都出身の2人が、お互いのエピソードを交えながら80年代から90年代の京都を振り返ります。 vol.36 FPM 田中知之さん(中編)へ vol.36 FPM 田中知之さん(後編)へInterview by SUKEZANE TomokiPhotographs by MAEDA AkiraText by ANDO Sara (OPENERS)バンド活動とバイトに明け暮れた、完全にプロ志向だった学生時代祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 田中さんがDJとして活動されるようになって何年になりますか?田中知之さん(以下、田中)どこからがスタートと言っていいのかわからないのですが、ターンテーブル2台とミキサーを初めて買ったのは京都に住んでいる時でした。当時19...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.35 野口強さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.35 野口強さん

Page. 1今回の編集大魔王対談のゲストは、久しぶりのご登場となるスタイリストの野口強さん。テーマは6月に行われた2019春夏メンズコレクション。ヴァージル・アブローを迎え、新たな世代とターゲットに向けたコレクションを発表したLOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)や、ルイ・ヴィトンから移ったキム・ジョーズによるショーを行ったDIOR HOMME(ディオール オム)など話題性に富むショーに溢れたコレクションサーキットを振り返りました。Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by MAEDA AkiraText by ANDO Sara (OPENERS)止まらないヴァージル旋風! 今シーズンのオフ-ホワイトは?祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 今日は強さんと、夏に行われた2019SSメンズコレクションを日程順に振り返りつつ、恒例のコレクショントークをしたいと思います。ここ最近、メンズのパリコレはOFF-WHITE c/o VIRGIL...
米山庸二 × ジョン・エリオット特別対談「相思相愛から生まれたコラボレーション」|M・A・R・S

米山庸二 × ジョン・エリオット特別対談「相思相愛から生まれたコラボレーション」|M・A・R・S

M・A・R・S|マーズ米山庸二 × ジョン・エリオット特別対談相思相愛から生まれたコラボレーションスウェット素材を中心とした、シンプル&機能的な服作りで人気のJohn Elliott(ジョン・エリオット)。デザイナーのジョン・エリオット氏は、旅にも必ずM・A・R・S(マーズ)のジュエリーを持って行くほどのファン。一方、デザイナー米山庸二氏もまたジョン・エリオットの愛用者だったという不思議な縁が生んだ、魅惑のコラボレーション作品が完成! その制作秘話を含め、お互いが惹かれあった理由をお訊きしました。Photographs by MAEDA AkiraText by TOMIYAMA Eizaburoジュエリーが加わったことで、コレクションに深みが生まれた――まずは、ジョン・エリオットさんとM・A・R・Sの出会いについて教えてください。ジョン・エリオット(以後、ジョン) 約3年前、新宿・伊勢丹でいろいろと見ているとき、目に止まったのがM・A・R・Sだったんです。すぐに恋に落ちて、オニキ...
M・A・R・S|米山庸二 × 岡庭智明氏 特別対談「ともに独学でここまで来た」

M・A・R・S|米山庸二 × 岡庭智明氏 特別対談「ともに独学でここまで来た」

M・A・R・S|マーズ米山庸二 × 岡庭智明氏 特別対談ともに独学でここまで来た25周年を記念してスタートした、「M・A・R・S(マーズ)」のデザイナー米山庸二氏による対談連載。今回のゲストは、ファッションブランド「The Viridi-anne(ザ ヴィリディアン)」のデザイナー岡庭智明氏。実は彼こそが、米山氏をシルバージュエリーの世界に引き込んだ張本人だったのです。Photographs by NAGAO MasashiText by TOMIYAMA Eizaburo岡庭くんの何気ないひと言で、人生が180°変わった米山 岡庭くんと出会ったのは、僕がまだ美容師でパリに留学しようとしていた頃。当時、美容室の給料ではお金が貯められないので、一旦退店してバイトをしていたんですよ。毎日のように一緒に遊んでいて、ある日「今日は指輪を作ってみよう」となって。そのとき初めて指輪を作ったらすごく面白くて。岡庭 留学のために貯めていたお金を、ジュエリーづくりに注ぎ込んだもんね。米山 岡庭くんが...
M・A・R・S|米山庸二 × 木島隆幸氏 特別対談「ファッション小物の生きる道」

M・A・R・S|米山庸二 × 木島隆幸氏 特別対談「ファッション小物の生きる道」

M・A・R・S|マーズ米山庸二 × 木島隆幸氏 特別対談ファッション小物の生きる道25周年を記念してスタートした、「M・A・R・S(マーズ)」のデザイナー米山庸二氏による対談連載。今回のゲストは、帽子ブランド「KIJIMA TAKAYUKI」のデザイナー木島隆幸氏。お互い、末端系(ファッション小物全般)のデザイナーということもあり、話は大いに盛り上がりました。Photographs by NAGAO MasashiText by TOMIYAMA Eizaburo手の感覚を大事にしながら生まれる帽子米山 木島さんのお店(KIJIMA TAKAYUKI)は、M・A・R・Sから徒歩1分くらいのご近所さんなので、昔から道でよく会っていたんですよね。でも、挨拶を交わす程度で……。それがある時、タケ先生(菊池武夫氏)のお店のイベントで、デザイナー3人を呼んでコラボアイテムを作るという機会をいただいて。そこにお互いが選ばれたことが、仲良くなるきっかけでした。木島 そうですね。一時は住んでいるマ...
米山庸二 × が~まるちょば 特別対談「既成概念を超えて、その先へ」|M・A・R・S

米山庸二 × が~まるちょば 特別対談「既成概念を超えて、その先へ」|M・A・R・S

M・A・R・S|マーズ米山庸二 × が~まるちょば 特別対談既成概念を超えて、その先へ2016年に25周年を迎えた「M・A・R・S(マーズ)」。それを記念して送るデザイナー米山庸二氏の対談連載。今回のゲストは、パントマイムを駆使しながら長編の物語を表現する独自のステージングで、世界中から賞賛を浴びているが~まるちょばのケッチ!氏とヒロポン氏。彼らの結成秘話や経験、そしてM・A・R・Sとの共通点を探ります。Photographs by NAGAO MasashiText by TOMIYAMA Eizaburoスーツ+モヒカン+サングラスが生まれたきっかけ米山庸二さん(以下、米山) が~まるちょばのステージを観に行くきっかけは、甲本ヒロトさんだったんです。「面白いから絶対に行ったほうがいい」と言われて。公演を観たら、自分が想像していたパントマイムと違って、ストーリーの組み立てが素晴らしかった。しかも、ちびっ子たちがすごく楽しそうにしていて最高でした。ケッチ!さん(以下、ケッチ!) 最...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.30 カン・ドンウォンさん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.30 カン・ドンウォンさん

Page. 1スラリとした長身に、凛とした佇まいとクールな眼差し。今回の編集大魔王対談には、現在公開中の新作映画の先行上映&舞台挨拶のため来日した俳優のカン・ドンウォンさんが登場。撮影やプライベートでも親交のある二人だけに、対談はリラックスしたムードでスタートした。まずは、大ヒット中の新作の話題から…Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by NAGATOMO YoshiyukiHair by TSUKUI Hiro(Perle Management)Text by HATAKEYAMA Satokoスリルと興奮の追跡劇、最新作「MASTER/マスター」祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 公開中の映画「MASTER/マスター」観ました。スリリングなストーリー展開に加えてテンポも良く、時間が経つのを忘れてしまうほど面白かったです。捜査官役は初めてということですが、演じてみてどうでしたか。カン・ドンウォン(以下、ドンウォン) キム捜査官という役...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.28 野口強さん(後編)

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.28 野口強さん(後編)

Page. 1前回に引き続き、編集大魔王対談のゲストはスタイリストの野口強さん。今回の題目はパリメンズコレクションについて。今年1月に行なわれた2017-18秋冬コレクションと、6月に行なわれた2018春夏コレクションの2シーズンを振り返りながら、トークを繰り広げます。2人が選ぶベストルックも必見です。→祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.27 野口強さん(前編)Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by SATO YukiText by ANDO Sara (OPENERS)注目度ナンバーワン! バレンシアガの秋冬コレクション祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) では、久しぶりにコレクションの話をしたいと思います。今回はブランドごとに、秋冬と春夏の2シーズンずつ見ていきつつ、ベストルックを選んでいきましょうかね。まずは、バレンシアガ。強さんも私も今一番注目しているブランドです。1月のパリで見た秋冬メンズコレクションに記憶をさかのぼりたいと思い...
78 件