米山庸二 × Chara 特別対談「振り返ってわかったこと」|M・A・R・S

米山庸二 × Chara 特別対談「振り返ってわかったこと」|M・A・R・S

M・A・R・S|マーズ米山庸二 × Chara 特別対談振り返ってわかったこと(1)2016年に25周年を迎えた「M.A.R.S.(マーズ)」。それを記念して送るデザイナー米山庸二氏の対談連載。今回のゲストは、同年に25周年を迎えたCharaさん。その記念グッズとして、M.A.R.Sとのコラボアイテム「シルバーボタニカルモチーフバングル」も発売。その制作秘話を含め、それぞれが歩んできた25年間を振り返ってもらいました。Photographs by KOMIYA KokiText by TOMIYAMA Eizaburo25周年記念コラボバングルは、花言葉がモチーフ米山庸二さん(以下、米山) デビュー25周年おめでとうございます! 今回、記念グッズを一緒に作る機会までいただいて。Charaさん(以下、Chara) このバングルは、花言葉がモチーフになっていて。詩的なものを身に着ける感じにしたかったんです。そのうえで、ありそうでないデザインで、華奢に見えて、家事をするのに邪魔にならない...
米山庸二×中村獅童 特別対談「挑戦するということ」|M・A・R・S

米山庸二×中村獅童 特別対談「挑戦するということ」|M・A・R・S

M・A・R・S|マーズ米山庸二×中村獅童 特別対談挑戦するということ(1)2016年に25周年を迎えた「M.A.R.S.(マーズ)」。それを記念して送るデザイナー米山庸二氏の対談連載。今回のゲストは、プライベートでも親交のある歌舞伎役者の中村獅童氏。常に新しいことへのチャレンジを続けながら、自らの手でその地位を切り拓いてきたふたりだけに、熱いお話が飛び交う対談となりました。Photographs by ISHIBASHI MasahitoText by TOMIYAMA Eizaburo小さい頃から、早く大人になりたかった米山庸二さん(以下、米山) 獅童くんは6歳で日本舞踊を始めて、8歳で舞台デビューされて。しかも、一度は歌舞伎の世界を退いて、また戻られたり、中学ではロックバンドを組んだりもしていて。普通の人が経験していない人生ですよね。中村獅童さん(以下、獅童) そうかもしれないですね。米山 そこにはいろいろな葛藤があったと思うんですけど、これまでで一番モヤモヤしていた時期ってい...
米山庸二×宮下今日子 特別対談「素敵に年齢を重ねるために」|M・A・R・S

米山庸二×宮下今日子 特別対談「素敵に年齢を重ねるために」|M・A・R・S

M・A・R・S|マーズ米山庸二×宮下今日子 特別対談素敵に年齢を重ねるために(1)2016年に25周年を迎えた「M.A.R.S.(マーズ)」。それを記念して送るデザイナー米山庸二氏の対談連載。今回のゲストは、女優の宮下今日子氏。結婚指輪を「M.A.R.S.」でオーダーして以来、ブランドのファンを公言する宮下さん。お互いのこれまでの歩みを振り返りながら、人生において大切なことは何かを語ってくれました。Photographs by TANAKA TsutomuHair by HIROKI (W)Make-up by Nagisa (W)Text by TOMIYAMA Eizaburo本番よりお稽古が好きで楽しいんです(宮下)――宮下さんはいつもオシャレなイメージがあって、ファッションもお好きだと思うのですが、M.A.R.Sのどんなところがお好きですか?宮下今日子さん(以下、宮下) 人気有名ブランドのジュエリーも素敵ですが、誰かとお揃いになることがよくありますよね? それと、チラッと見...
米山庸二×八嶋智人 特別対談「音楽と演劇とジュエリーと」|M・A・R・S

米山庸二×八嶋智人 特別対談「音楽と演劇とジュエリーと」|M・A・R・S

M・A・R・S|マーズ米山庸二×八嶋智人 特別対談音楽と演劇とジュエリーと(1)2016年に25周年を迎えた「M.A.R.S.(マーズ)」。それを記念して送るデザイナー米山庸二氏の対談連載。今回のゲストは、俳優の八嶋智人氏。対談のなかで、八嶋さんが仲間と立ち上げた劇団「カムカムミニキーナ」とM.A.R.S.は、創立年が同じということが判明。お互い音楽好きという共通点もあり、話は大いに盛り上がりました。Photographs by TANAKA TsutomuHair by HIROKI (W)Make-up by Nagisa (W)Text by TOMIYAMA Eizaburoメガネモチーフは数多くありますけど、いまだにこれを超えるものは見たことがない(八嶋)――おふたりの出会いは、どのようなきっかけだったのですか?八嶋智人さん(以下、八嶋) 最初は俳優の梶原善さんにM.A.R.Sを教えていただいて。というのも、結婚指輪のオーダーをお願いしたんです。きっと愚直な職人さんが来る...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.8 野口強さん(前編)

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.8 野口強さん(前編)

Page. 1スタイリストの野口強さんがディレクションする「MINEDENIM(マインデニム)」は、今秋デビューしたばかりの、大人の男女に向けたメイド・イン・ジャパンのデニムブランドだ。美しいシルエットと穿き心地の良さにこだわり、色落ちやダメージなどの加工は職人がオールハンドで行っている。その直営店「MINED(マインド)」が東京・外苑前にオープンした。それを記念して、ショップのコンセプトを聞きつつ、過去の色々な話も交えながらTシャツにデニムが定番という野口さんのデニム観を探った。 祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.12 野口強さん(後編)へInterview by SUKEZANE TomokiPhotographs by TANAKA TsutomuText by ANDO Sara (OPENERS)祝・ショップオープン! 目指すは大人のジーンズメイト!?祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 久しぶりです。よろしくお願いします。お店、ついにできました。オープンおめでとうございま...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.9 磯自慢酒造 八代目蔵元 寺岡洋司さん、九代目 智之さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.9 磯自慢酒造 八代目蔵元 寺岡洋司さん、九代目 智之さん

Page. 1日本各地で徹底したこだわりを持ち酒造りをする醸造家(マスター)を招き、世界でも名高いホテルを舞台に素晴らしい料理と空間で特別な一夜を楽しむ「The Master of Craft Sake」シリーズ。その第3回目が9月21日(水)にアマン東京で開催された。日本を代表する人気銘酒のひとつである「磯自慢」のセレクションと、ザ・レストラン by アマンの極上のイタリア料理のマリアージュを楽しむこのイベントは、世界に誇る国酒である日本酒を海外に広めていこうという思いのもと、中田英寿氏により設立されたジャパン クラフト サケ カンパニーが主催する一日限定のディナーイベントだ。その会場で、磯自慢の八代目蔵元で社長の寺岡洋司さんとその息子・智之さんに話を聞いた。Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by NAGATOMO YoshiyukiText by ANDO Sara (OPENERS)全国の吟醸蔵のパイオニアとなった磯自慢酒造駿河湾...
EAT
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.14 森田恭通さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.14 森田恭通さん

Page. 1世界中で多くのプロジェクトを手掛けるGLAMOROUS co.,ltd.の森田恭通さんには実はフォトグラファーとしての顔もあり、昨年パリで初の写真展を開催したばかり。さらに先月11月18日から20日までは東京・茅場町共同ビルディングで開催されていた、世界を舞台に活躍する写真家や映像クリエイターの作品が集結するフォトフェア「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」にも出展。写真を撮るようになったいきさつからデザインに対する想いまで、ART PHOTO TOKYOの会場で話を聞いた。Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by HATA JunjiText by ANDO Sara (OPENERS)平面で陶器のような質感を追求して辿り着いた女性の身体祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 出展おめでとうございます。どれも素敵な作品ばかりですね。森田さんはいつから写真を始められたんですか?森田恭通さん(以下、森田)...
ART
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.16  祐真キキさん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.16 祐真キキさん

Page. 1今回のゲストは、アメリカで大ヒットしたテレビドラマシリーズ『HEROES Reborn(ヒーローズ・リボーン)』のメインキャストに抜擢され、レギュラー出演したことで日本でも話題となった女優の祐真キキさん。今月28日(水)には日本のドラマデビューを控え、今後ますますの活躍が期待される。祐真朋樹・弊誌編集大魔王の実の姪でもあるキキさんの幼い頃の話など家族トークに花を咲かせつつ、普段は見られないキキさんの素顔を紹介する。Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by TANAKA TsutomuHair and Make-up by SOYA KyokoText by ANDO Sara (OPENERS)夢は女優業と人道支援活動を両立させること祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 久しぶりですね。今は東京に一時帰国しているそうですが、帰ってきてどれぐらいですか? 祐真キキさん(以下、キキ) そんなに久しぶりじゃないような気がしますけど(...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.17 『PLEASE』編集長 北原徹さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.17 『PLEASE』編集長 北原徹さん

Page. 1今回のゲストは2016年3月に創刊した雑誌『PLEASE』編集長の北原徹さん。『PLEASE』は創刊号からコム デ ギャルソン オム プリュスを特集し、2号連続でポーターとコラボレーションしてバッグを制作するなど大きな話題を集めるファッション誌だ。撮影から編集まですべてを自身がディレクションしていることでも注目されている。立ち上げのきっかけとなったエピソードを交えながら、北原編集長のマガジニストとして『PLEASE』に懸ける想いを探った。Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by YABUKI Takemi (W)Text by ANDO Sara (OPENERS)『Olive』のような雰囲気でメンズ雑誌を作りたかった祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 2016年3月の創刊から4号目を数えますが『PLEASE』、とてもいい展開になっていますね。北原徹さん(以下、北原) おかげさまで、ありがとうございます。祐真 立ち上げたきっ...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.18 佐田真由美さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.18 佐田真由美さん

Page. 1今回の編集大魔王対談のゲストは、昨年ブランド設立10周年を迎えた「Enasoluna(エナソルーナ)」ディレクターの佐田真由美さん。モノ作りへのあくなき追求と熱い想いを秘めた佐田さんと、11年目を歩み始めたブランドの魅力に迫った。Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by TANAKA TsutomuText by ANDO Sara (OPENERS)ブランド10周年の節目に感謝の気持ちを伝えたかった祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 10周年おめでとうございます。女性が多いパーティに行く機会があまりないので、乗り込むのは勇気がいりましたが、大盛況でしたね。佐田真由美さん(以下、佐田) ありがとうございます。確かにゲストは女性ばかりでしたね。でも、会場に男性がいるとこちらも安心するんですよ。祐真 和やかなパーティでしたね。とても居心地が良かったです。佐田 今まで本当にたくさんの方にお世話になり、応援していただいたので、10周...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.19 新澤醸造店 五代目蔵元杜氏 新澤巖夫さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.19 新澤醸造店 五代目蔵元杜氏 新澤巖夫さん

Page. 1日本各地で徹底したこだわりを持って酒造りをする醸造家(マスター)を招き、世界でも名高いホテルを舞台に素晴らしい料理と空間で特別な一夜を楽しむ「The Master of Craft Sake」シリーズ。3回目の磯自慢に引き続き、昨年11月中旬パークハイアット東京にて開催された第4回目のゲストは、宮城県の地酒銘柄としてファンを増やし続けている「愛宕の松」や「伯楽星」を醸造する新澤醸造店。会場で蔵元杜氏の新澤巌夫さんに話を伺った。Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by YABUKI Takemi (W) Text by ANDO Sara (OPENERS)料理とともに楽しむ究極の食中酒を造る新澤醸造店新澤醸造店は明治6年(1873年)に創業後、140年以上宮城県で酒造りを続けてきた歴史ある老舗酒造だ。今回の「The Master of Craft Sake」では究極の食中酒と銘打たれる「愛宕の松」や「伯楽星」をはじめとする日...
米山庸二×三原康裕 特別対談「モノを創るということ」|M・A・R・S

米山庸二×三原康裕 特別対談「モノを創るということ」|M・A・R・S

M・A・R・S|マーズ米山庸二×三原康裕 特別対談モノを創るということ(1)2016年に25周年を迎えた「M.A.R.S.(マーズ)」。それを記念して送るデザイナー米山庸二氏の対談連載。今回のゲストは、シューズデザイナーであり、現在はファッションデザイナーとしても活躍されている三原康裕氏。2016-1017秋冬の東京コレクションでは、コーディネートにM.A.R.Sを使用するなど互いに認め合う仲。そして、ともにデザイナーということもあり、話の方向はものづくりの困難さや面白さが中心となりました。他ではあまり聞けない、興味深い話が盛りだくさんです。Photographs by TANAKA TsutomuText by TOMIYAMA Eizaburo90年代は、突然変異のデザイナーが数多く生まれた時代(三原)――米山さんと三原さんはいつからお知り合いなのですか?三原康裕さん(以下、三原) もう10年以上になりますね。最初はファッションデザイナーの荒川眞一郎さんからの紹介で。まだ恵比寿...
選んだスタイルが己のスタイルになっていく「SALON de CHAUMET」|CHAUMET

選んだスタイルが己のスタイルになっていく「SALON de CHAUMET」|CHAUMET

CHAUMET|ショーメ選んだスタイルが己のスタイルになっていく「SALON de CHAUMET」「SALON」とは「客間」を意味するフランス語。17世紀の初め、貴族が芸術家や知識人を屋敷に招いて、知性や創造性を互いに刺激し合う時間を持ったことがはじまりでした。「CHAUMET」の最初のお客様であったナポレオン一世の皇后、ジョゼフィーヌも、多くのサロンを開いて新しい文化を生み出していったのです。カリブ海、マリティニーク島生まれだった彼女は、洗練された明るいクリエイティビティを持った女性でした。そんなジョゼフィーヌの意思を受け継ぎ、『SALON de CHAUMET』が東京で開かれます。第4回目のテーマは「パリスタイル」。独自の分野でそれぞれに輝きを放つクリエーター達が集まりました。Photographs by JamandfixText by OGATA Mariko塚越慎子|TSUKAGOSHI Noriko マリンバ奏者国立音楽大学を首席で卒業。第8回 日本クラシッ...
戸田恵子×植木 豪|ミュージカル「わがまま」など、舞台で活躍する2人

戸田恵子×植木 豪|ミュージカル「わがまま」など、舞台で活躍する2人

戸田恵子プロデュース「BGブランド」戸田恵子×植木 豪、舞台で活躍する2人ブランドプロデューサーの戸田恵子さんと、デザインを担当する植木 豪さんが手がける「BGブランド」の新作も盛況の中、舞台で活躍するお二人の近況を語ってもらった。Text by TODA Keikoミュージカル「わがまま」は、革命的な面白さ植木 豪(以下、植木) 最近は長期間にわたって「WASABEATS 3rd」公演にかかりっきりでした。今年は香港公演もありましたし……。戸田恵子さんのナレーションと共に初海外公演進出です。戸田恵子(以下、戸田) 嬉しいことだね。あれよっと言う間に3回目の公演。素晴らしいです。豪はプロデュース・総合演出としてこの3度目に向けてのチャレンジはどんなところにあった?植木 大人っぽさを気にしました。ストリートダンスはイケイケのノリだけのイメージがあると思われがちですが、今回は法律に向き合うというストーリーの芯がありましたし、ぐっと締まったと思います。戸田 本当にそうだった。メンバーのス...
祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.15 篠山紀信さん、クリスチャン・ルブタンさん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.15 篠山紀信さん、クリスチャン・ルブタンさん

Page. 110年ほど前、パリのランカスターホテルのレストランでデヴィッド・リンチとクリスチャン・ルブタンがランチをしている光景を目撃した。僕がその時誰とランチに行ったかは憶えていない。ただただ二人が発する強いオーラとその取り合わせの妙に衝撃を受け、しばらくその光景が頭から離れなかった。数年後、デヴィッド・リンチが撮影したルブタンのイメージヴィジュアルが発表された。僕の脳裏には即、ランカスターホテルのランチの光景が蘇った。ルブタンのヒールは、いつ見ても惚れ惚れする。挑発的な形と色使いでありながら、身につけると女性の体に無理なく馴染むデザイン。その力はどこから生まれているのだろうか?ここ5年ほど、僕は篠山紀信さんと仕事をさせて頂く機会が増えた。巨匠からの誘いを受けるのはとても嬉しい。なんといっても巨匠はベリー・チャーミングな人だから、一緒にいて楽しいのである。そして、みなさんご存じの通り、写真が上手い……なんて、僕が言うのは僭越至極なのだが、素晴らしい作品が目の前で出来上がっていく...
ART
83 件