ポメラートの新コレクション「ヌヴォラ」|POMELLATO

ポメラートの新コレクション「ヌヴォラ」|POMELLATO

POMELLATO|ポメラートフェアマインドゴールドを使用したスペシャルエディションポメラートから、新コレクション「ヌヴォラ」(NUVOLA)が発表された。フェアマインドゴールドと、パヴァダイヤモンドの組み合わせが大胆なコレクションだ。ラインナップはサイズが異なるダイヤモンドリング3種類、ペンダント、イヤリングの計5モデルが展開される。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)イタリア語で「雲」の意味1967年の創業以来、ミラノを拠点にジュエリーや金細工を展開しているポメラート。この夏、フェアマインドゴールドを使用したスペシャルエディションの新コレクション「ヌヴォラ」(NUVOLA)が登場する。フェアマインドゴールドとは、安全な労働環境、児童労働が行なわれず、かつ環境管理が監視された小規模な鉱山から採掘されたゴールドのことだ。イタリア語で「雲」を意味するヌヴォラ。かろやかな雲のような曲線には、ミラノのクラフツマンシップが宿る。ラインナップは、サイズが異なるダイヤモ...
ヴァン クリーフ&アーペル 心斎橋店がオープン|Van Cleef & Arpels

ヴァン クリーフ&アーペル 心斎橋店がオープン|Van Cleef & Arpels

Van Cleef & Arpels|ヴァン クリーフ&アーペルヴァン クリーフ&アーペル 心斎橋店がオープンヴァン クリーフ&アーペル 心斎橋店がオープンした。総面積636.68平方メートルという、国内ブティック最大の規模を誇る。銀座本店でしか展開していない、「ラッキー アニマルズ コレクション」も取り揃える。また期間限定で華道家の片桐功敦氏の作品が店舗内を美しく彩る。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)国内ブティック最大の面積を誇るハイジュエリーメゾンであるVan Cleef & Arpels(ヴァン クリーフ&アーペル)の、新たな店舗が大阪・心斎橋にオープンした。御堂筋と長堀通の交差点、心斎橋の基点といえるロケーションに位置し、B1から2Fまでの3フロア面積の合計は636.68平方メートル。国内ブティック最大規模の面積を誇る。地下には多目的スペースを設けるなど新たな試みも採用し、関西地区におけるメゾンの世界観の発...
花々のフォルムを大胆に素描する“flatland”新作ジュエリーが登場|TASAKI

花々のフォルムを大胆に素描する“flatland”新作ジュエリーが登場|TASAKI

TASAKI|タサキオーガニックなフォルムに、自然の花々の繊細さを宿したプレミアム・ジュエリーTASAKIはハイジュエラーとして、最高のクオリティ、クリエイティビティ、クラフツマンシップにこだわり、革新的で洗練されたジュエリーを生み出し続けてきたメゾン。「TASAKI COLLECTION LINE(TASAKI コレクション ライン)」の新作ジュエリーが展開された。Text by OZAKI Sayaka花々をモチーフに、グラフィカルに表現された繊細なジュエリー新作ジュエリーは、“flatland”がテーマ。自然の花々の持つ美しさをモチーフとしてデザインされており、いずれも立体的表現をあえて抑えたデザインが、正面から見た時の美しさをグラフィカルに引き立てている。「chorus valley(コーラスヴァレー)」はスズランをモチーフとしており、連なる可憐な花をダイヤモンド、あこや真珠で彩り、エレガントな表情を演出。「nepenthes(ネペンテス)」は、ウツボカズラという食虫植物に...
ダイヤモンドを知り尽くしたジュエラー「グラフ」とは?|GRAFF

ダイヤモンドを知り尽くしたジュエラー「グラフ」とは?|GRAFF

GRAFF|グラフダイヤモンドを知り尽くしたグラフが叶える究極の輝き連載|第2回 グラフ(1)ダイヤモンドジュエリーにおいて“トップ オブ トップ”と呼ぶにふさわしいハイジュエラー「グラフ」。希少なビッグダイヤモンドやカラーダイヤモンドを精巧にカッティングすることで生み出される、息を飲むほどに美しいジュエリーの数々。その比類なき輝きは、女性たちの心を一瞬にしてとろけさせる。Text by NOGUCHI Minakoプレステージジュエラーの華麗なるヒストリー21世紀の“キング・オブ・ダイヤモンド”と謳われるグラフの輝かしいブランドストーリーは創業者であり、現会長のローレンス・グラフのおとぎ話のようなエピソードに満ちている。グラフの創業者で現会長のオフィサー、ローレンス・グラフ。現在のダイヤモンド業界をリードしている。ロシア系移民の貧しい家庭で育ったグラフは、ロンドンのダイヤモンド街で工房見習いとして、15歳の頃から働き始めた。生まれながらにして、ダイヤモンドを見極める才能を持ち、ま...
ブルガリ「ディーヴァ ドリーム」の新作ジュエリー|BVLGARI

ブルガリ「ディーヴァ ドリーム」の新作ジュエリー|BVLGARI

BVLGARI|ブルガリ扇形のモザイクにインスピレーションを得たコレクションブルガリ「ディーヴァ ドリーム」にネックレス、イヤリングなどの新作12モデルが追加。アイコニックな扇形モチーフのルックスは、曲線が美しい。装いを一段ときらびやかにしてくれるジュエリーだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)イタリアン フェミニニティあふれる曲線美が特徴イタリア・ローマが誇る遺跡、カラカラ浴場にある扇形のモザイクからインスピレーションを得て誕生したのがブルガリ「ディーヴァ ドリーム」。しなやかな曲線はイタリアン フェミニニティを体現している。この度、初となるオープンワークのデザインで描く、ネックレス、イヤリングなど計12モデルが新たに登場する。遊び心を感じさせる空間とジェムストーンの輝きにより、唯一無二の扇モチーフを再解釈した。ホワイトゴールドに雨のしずくのようなピュアなブルーにきらめくアクアマリンをあしらったネックレスとリングは、センシュアルな美しさとともに洗練された...
シャネルの新作ハイジュエリー コレクション「フライング クラウド」|CHANEL

シャネルの新作ハイジュエリー コレクション「フライング クラウド」|CHANEL

CHANEL|シャネルラグジュアリーなクルーズを連想させるコレクションシャネルがパリ オートクチュール期間中に発表した新作ハイジュエリー コレクション「フライング クラウド」。夏らしい輝きのある、夏の女性の肌に華やかさを演出するジュエリーだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)夏の装いにふさわしいシンプルな美しさCHANEL(シャネル)の新作ハイジュエリーコレクション「FLYING CLOUD」(フライング クラウド)が発表された。名前の由来は第二代ウェストミンスター公爵、ヒュー グローヴナーが所有していた豪華クルーズ船「フライング クラウド号」からとったもの。ラグジュアリーで優雅な船旅をテーマにした新作は、水夫たちのストライプ柄のジャージー素材やブレード(組紐)、エンボス入りのイエローゴールドのボタン、 エスパドリーユの縄底、白いビーチパジャマやデッキパンツの流れるようなラインなど、マドモアゼルがデザインした シンプルでエレガントなサマードレスのスタイルの...
ジュエリー コレクション「ティファニー ハードウェア」発表記念パーティ|TIFFANY & CO.

ジュエリー コレクション「ティファニー ハードウェア」発表記念パーティ|TIFFANY & CO.

TIFFANY & CO.|ティファニーストリートにみなぎるエネルギーをジュエリーに吹き込むTIFFANY & CO.(ティファニー)の新作コレクション「ティファニー ハードウェア」の発表を祝した記念パーティが2017年6月14日(水)に複合施設TABLOIDで開催した。会場ではダンスパフォーマンスや、ジュエリーを纏ったモデルをカメラマンが撮影するライブシューティングなどが催された。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)ローレンサイ・水原佑果・IVANらモデルが集結「ティファニー ハードウェア」は、ニューヨークの力強さとスピリット、そしてストリートにみなぎるエネルギーをジュエリーに込めた新作コレクションだ。反逆精神を心に秘めながら現代に生き、ハイファッションとストリートスタイルを掛け合わせ、オリジナルのスタイルを主張する人々。「ティファニー ハードウェア」はそんな人々が生活する“ニューヨーク”という街からインスピレーションを受けている。クラシッ...
ブルガリ「ディーヴァ ドリーム」の新作コンビネーションモデル|BVLGARI

ブルガリ「ディーヴァ ドリーム」の新作コンビネーションモデル|BVLGARI

BVLGARI|ブルガリ遺跡からインスピレーションを得た「ディーヴァ ドリーム」Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)ブルガリの「ディーヴァ ドリーム」にコンビネーション6モデルが追加。扇モチーフの大胆なコンビネーションが印象的なジュエリーだ。新作6モデルが登場ローマにある遺跡、カラカラ浴場の扇形のモザイクからインスピレーションを得て誕生したブルガリの「ディーヴァ ドリーム」。しなやかな曲線が女性の装いを華やかに演出する。2700年以上の歴史をもつ扇モチーフは、内から溢れ出る輝きで人々を魅了するディーヴァ(女優の意味)のような、オーラと輝きの象徴だ。このアイコニックな扇モチーフをふたつ組み合わせ、大胆なコントラストを描くコンビネーションモデルに新たに6モデルが追加された。マカライトのディープグリーンとマザーオブパールのホワイトのコンビネーションが印象的なリングとソートワールが登場した。モダニでありながらフェミニンさをあわせ持つアイテムだ。同モデルからは初となる...
ほどけそうなリボンは奔放さの証。ショーメの新作コレクション「Insolence」発売|CHAUMET

ほどけそうなリボンは奔放さの証。ショーメの新作コレクション「Insolence」発売|CHAUMET

CHAUMET|ショーメ“結んでほどける”奔放なコレクション1780年に創業したフランス・パリのジュエラーCHAUMET(ショーメ)が、新作コレクション「Insolence(アンソランス)」発表。3月4日から販売を開始する。ダイヤモンドとピンクゴールドが紡ぎ出すリボンモチーフが、センシュアルで快楽的なムードで装いに遊び心を添える。Text by SHIMOJO Shingoカレン・コリンズが撮影した官能的なビジュアルにも注目インスピレーションの源となったのは、王妃マリー=アントワネットのリボンや、ベルエポック時代の宝石で彩られたガーランド。アンソランスは、ショーメが通常のコレクションで表現している「永遠の絆」や「本物の愛」といったエターナルなイメージとは対照的に、今にもほどけそうなリボンが気まぐれで奔放な女性像を想起させる。アイテムは、ネックレスやリング、イヤリング、ブレスレット、ブローチと豊富にラインナップ。一見クラシックな雰囲気でありながら、アシンメトリーでルーズなフォルムから...
ヴァン クリーフ&アーペルのハイジュエリーと日本の工芸の粋が結集|VAN CLEEF & ARPELS

ヴァン クリーフ&アーペルのハイジュエリーと日本の工芸の粋が結集|VAN CLEEF & ARPELS

VAN CLEEF & ARPELS|ヴァン クリーフ&アーペル歴史を重ね、育まれたフランスと日本の技の極み「VAN CLEEF & ARPELS(ヴァン クリーフ&アーペル)」のハイジュエリーと日本の工芸を対比して、日仏の熟練技術の粋を紹介する展覧会「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」が、京都国立近代美術館にて、4月29日(土・祝)から8月6日(日)まで開催される。Text by NOGUCHI Minakoハイジュエリーと伝統工芸の超絶技巧を堪能フランスが誇るハイジュエラー、ヴァン クリーフ&アーペルでは、ハイジュエリーを中心とした展覧会を、毎年1ヶ国、1都市、1美術館で開催している。今年の開催地に選ばれたのは、日本の京都。1200年以上前から明治維新まで天皇が鎮座していた京都は、日本の文化の中心であり、雅な世界が繰り広げられてきた地。熟練の職人の技と心意気によって作り出された十二単や辻が花、金襴を惜しみなくほどこした能...
ART
コインがモチーフになったピエール アルディの新作アクセサリー|PIERRE HARDY

コインがモチーフになったピエール アルディの新作アクセサリー|PIERRE HARDY

PIERRE HARDY|ピエール アルディ手元が華やぐバングル&リングPIERRE HARDY(ピエール アルディ)が、ペニーコインをモチーフにしたバングルとリングを発売した。幾何学的なデザインが手元に印象を与え、コーディネートを彩る。Text by SHIMOJO Shingoシンプルかつ個性的なこなれたルックスに注目ピエール アルディは、1999年からスタートしたパリ発の人気ブランド。数々のビッグメゾンで活躍してきたデザイナー、ピエール・アルディの手掛けるアイテムはアート作品のように美しく、アヴァンギャルドなオーラを放つ。新たに登場した真鍮製のバングルとリングは、滑らかな曲線で構成されたエレガントなルックスが特徴的。デイリーな装いのパワーアイテムとしてはもちろんのこと、ドレススタイルに合わせれば遊びの効いたワンポイントとして、無難に終わらない個性的なコーディネートが完成する。商品はピエール アルディの店頭で展開中。PIERRE HARDY バングル&リング素材|ブラス(真鍮)...
選んだスタイルが己のスタイルになっていく「SALON de CHAUMET」|CHAUMET

選んだスタイルが己のスタイルになっていく「SALON de CHAUMET」|CHAUMET

CHAUMET|ショーメ選んだスタイルが己のスタイルになっていく「SALON de CHAUMET」「SALON」とは「客間」を意味するフランス語。17世紀の初め、貴族が芸術家や知識人を屋敷に招いて、知性や創造性を互いに刺激し合う時間を持ったことがはじまりでした。「CHAUMET」の最初のお客様であったナポレオン一世の皇后、ジョゼフィーヌも、多くのサロンを開いて新しい文化を生み出していったのです。カリブ海、マリティニーク島生まれだった彼女は、洗練された明るいクリエイティビティを持った女性でした。そんなジョゼフィーヌの意思を受け継ぎ、『SALON de CHAUMET』が東京で開かれます。第4回目のテーマは「パリスタイル」。独自の分野でそれぞれに輝きを放つクリエーター達が集まりました。Photographs by JamandfixText by OGATA Mariko塚越慎子|TSUKAGOSHI Noriko マリンバ奏者国立音楽大学を首席で卒業。第8回 日本クラシッ...
新作ハイジュエリーコレクション「ココ アヴァン シャネル」発表|CHANEL

新作ハイジュエリーコレクション「ココ アヴァン シャネル」発表|CHANEL

CHANEL|シャネル若き日のガブリエル・シャネルからインスピレーションを得た新作コレクションCHANEL(シャネル)がパリ・オートクチュールコレクションの期間中に、新作ハイジュエリーコレクション「Coco avant Chanel(ココ アヴァン シャネル)」を発表した。インスピレーションの源は、若き日のガブリエル・シャネルが抱いていた情熱。エネルギッシュなコレクションには、シャネルの基本姿勢である「自由」「厳粛さ」「軽やかさ」が凝縮されている。Text by SHIMOJO Shingoイキイキとした輝きが照らし出す、女性の力強い魅力幼少期を孤児院で過ごし、禁欲的な世界の中でバロック様式やゴールド、カラーストーンに魅せられたガブリエル・シャネル。18歳で孤児院を出てからはキャバレーで騎兵たちを相手に歌を歌うようになり、やがて帽子のアトリエを開業。その後、パリのカンボン通りにクチュールサロンをオープンし、同年シャネル初の香水を発表した。その後の彼女の革新的なクリエイションは、人生...
動物をモチーフにした新作ハイジュエリーコレクションを一堂に展覧|VAN CLEEF & ARPELS

動物をモチーフにした新作ハイジュエリーコレクションを一堂に展覧|VAN CLEEF & ARPELS

VAN CLEEF & ARPELS|ヴァン クリーフ&アーペル前向きで陽気な世界を描いたハイジュエリーコレクションヴァン クリーフ&アーペルは、2017年1月15日までの期間で、銀座本店3Fにて新作ハイジュエリーコレクション「ヴァン クリーフ&アーペルが語るラルシュ ド ノエ(ノアの方舟)」を一般公開中。動物をモチーフにした遊び心溢れるハイジュエリーコレクションだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)創生の物語「ノアの方舟」を独自に解釈ヴァン クリーフ&アーペルは創業以来、自然を大切なテーマのひとつとしてきた。その中でも今回は“動物”に特別なオマージュを捧げ、その豊かさと多様性を描き出した。「ヴァン クリーフ&アーペルが語るラルシュ ド ノエ(ノアの方舟)」は、ウサギやゾウ、ペンギンなどの動物たちをモチーフに、60組以上のつがいをジュエリーに落とし込んだ。一方、想像上の動物であるペガサス、フェニックス、ユニコ...
100 件