BREGUET

トゥールビヨンやリング式ミニッツリピーターなどの複雑機構を開発し、現在も「時計の歴史を200年早めた」と謳われる希代の天才時計師、アブラアン-ルイ・ブレゲ。彼が1775年にフランス・パリで工房を構えたことから、ブレゲ・ブランドの歴史は始まる。

1823年、創業者の死後は経営権が幾度か移行するが、1970年にショーメ社が経営権を獲得すると、同社は「ブレゲの再来」と賞賛されるダニエル・ロートの協力によって、往年の名作時計の修復プロジェクトを成し遂げる。

こうしてクォーツ時計全盛の時代にして、名門ブレゲを復興させるに至ったのである。

1999年、スウォッチ グループに経営権が移行すると、永久カレンダーやトゥールビヨンなどのコンプリケーションを中心に、より高品質なハイエンド機を立て続けに発表。

ここ数年は、かつてブレゲが考案した衝撃吸収装置「パラシュート」を現代版にモディファイしたヒストリカルモデルを製作する一方、将来の標準素材として注目されるシリコンを、いち早くムーブメントの一部に採用した次世代機を発表している。まさしく天才時計師の名にふさわしい、新旧織り交ぜた多彩な展開を見せている。

【創業年】1775年 【創業地】フランス、パリ 【主なシリーズ名】クラシック、トラディション、マリーン、タイプ トェンティ、クイーン・オブ・ネイプルズ、ヘリテージ 【問い合わせ先】ブレゲ ブティック銀座 Tel. 03-6254-7211

公式サイト:http://www.breguet.com/

この深みのあるブレゲ・ブルーを、ネオクラシックスタイルへ。「クラシック 5177」|BREGUET

この深みのあるブレゲ・ブルーを、ネオクラシックスタイルへ。「クラシック 5177」|BREGUET

BREGUET|ブレゲ“グラン・フー”エナメル製ダイアルと高度な技術が融合した「ブレゲ クラシック 5177 グラン・フー・ブルーエナメル」ブレゲの洗練されたエレガントな「クラシック」コレクションにおいて、グラン・フー エナメル製ダイアルに初めてブレゲ・ブルーを取り入れた新作「ブレゲ クラシック 5177 グラン・フー・ブルーエナメル」が発表された。国内での取り扱いは2019年夏の開始予定だ。Text by OZAKI Sayaka洗練された美しいデザインと高度な技術の完璧な融合ブレゲの新作「ブレゲ クラシック 5177 グラン・フー・ブルーエナメル」は、グラン・フー エナメル製ダイアルに初めて深いブルーをスタイリングしたモデルだ。このデザインは、バロック様式が隆盛を迎えた18世紀にあって時計師・アブラアン-ルイ・ブレゲが求めたシンプルで美しいネオクラシック様式のスタイルを継承するものだが、新色の深いブルーを湛えたグラン・フー エナメル製ダイアルによって、そのスタイルをより際立たせ...
ブレゲがバレンタインデー2019特別限定モデルを発表|BREGUET

ブレゲがバレンタインデー2019特別限定モデルを発表|BREGUET

BREGUET|ブレゲダイヤモンドが存在感を引き立てる2019バレンタインデーモデル世界限定28本「クイーン・オブ・ネイプルズ 8905」ブレゲのレディースウオッチコレクションである「クイーン・オブ・ネイプルズ」より、2019年バレンタインデー特別限定モデルが登場した。ダイヤモンドで美しく引き立てられたピンクのマザー・オブ・パールダイアルに、モーブ色のアリゲーターストラップを組み合わせた、ロマンティックかつ優美さが際立つウオッチだ。世界限定数28本で、国内ではブレゲ ブティック銀座のみで取り扱われる。Text by OZAKI Sayaka腕元を華やかに彩るMOPダイアルを、優美なオーバル型ケースにコーディネートブレゲの古くからの伝統を継承するモデルのひとつとして創作された 「クイーン・オブ・ネイプルズ」。このコレクションは、1812年に時計師アブラアン-ルイ・ブレゲがナポリ王妃カロリーヌ・ミュラのために製作した“世界初の腕時計”を称え、2002年に誕生した。このコレクションの特長...
スウォッチ グループが「Precious Watch Collection 2018」を開催|SWATCH GROUP

スウォッチ グループが「Precious Watch Collection 2018」を開催|SWATCH GROUP

BREGUET|ブレゲBLANCPAIN|ブランパンGLASHÜTTE ORIGINAL|グラスヒュッテ・オリジナルJAQUET DROZ|ジャケ・ドローOMEGA|オメガLONGINES|ロンジンSWATCH|スウォッチ東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンターにて11月17日(土)〜18日(日)の2日間、7ブランドの新作が集結!ブレゲ、ブランパン、グラスヒュッテ・オリジナル、ジャケ・ドロー、オメガ、ロンジン、スウォッチの腕時計が取り揃うウオッチフェア「Precious Watch Collection 2018」が2018年11月17日(土)、18日(日)に、「ニコラス・G・ハイエックセンター」で開催される。Text by OZAKI Sayaka東京・銀座のウォッチ・ランドマークに希少性の高い腕時計が揃うスイス時計産業の伝統と革新が一堂に会する「ニコラス・G・ハイエックセンター」にブティックを置く「ブレゲ」「ブランパン」「グラスヒュッテ・オリジナル」「ジャケ・ドロー」「オメ...
ブレゲ「New Marine Collection」が、ブレゲ ブティック銀座にていち早くお披露目|BREGUET

ブレゲ「New Marine Collection」が、ブレゲ ブティック銀座にていち早くお披露目|BREGUET

BREGUET|ブレゲ 「Breguet New Marine Collection Preview」開催今年のバーゼルワールドで発表されたブレゲ「New Marine Collection」が、ブレゲ ブティック銀座で披露される。クロノグラフやアラーム、素材の違いなどで、計9本を用意。期間は2018年8月16日(木)~ 9月9日(日)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)素材や機能で分けた計9本を用意今年3月、バーゼルワールドにて発表されたブレゲの新作「New Marine Collection」が、ブレゲ ブティック銀座にて披露される。今回登場する新コレクションは、デザインを一新し、より都会的なエレガンス・スポーティーを感じさせるデザインになっている。波模様の手彫りギヨシェ模様が施され、機能性のなかに見えるさりげない装飾が魅力的なウォッチだ。発表された3機能の中3針、クロノグラフ、アラームはもちろん、それぞれWG、RG、チタン素材のケースを取り揃え...
ブレゲが海洋資源保護団体レース・フォー・ウォーターとパートナーシップを締結|BREGUET

ブレゲが海洋資源保護団体レース・フォー・ウォーターとパートナーシップを締結|BREGUET

BREGUET|ブレゲ水資源保護ミッションに随行するブレゲと"レース・フォー・ウォーター・オデッセイ"バーゼルワールド2018にて、ブレゲは水資源の環境保全団体レース・フォー・ウォーター財団とのパートナーシップ締結を発表。オデッセイ・プロジェクト隊員のために、ブレゲは「マリーン 5517」のスペシャルモデル、「ブレゲ マリーン"レース・フォー・ウォーター"スペシャル・エディション」を製作した。Text by OZAKI Sayaka水資源保護プロジェクトをブレゲがサポートブレゲとレース・フォー・ウォーター財団は、2018年3月24日(土)にバーゼルワールド2018のスウォッチ プラザで催された特別展示のオープニングに際して、ブレゲ社の社長マーク A. ハイエック、レース・フォー・ウォーター財団の代表マルコ・シメオーニの両氏立ち会いのもと、パートナーシップ締結を発表。ブレゲは、このパートナーシップを記念して「マリーン 5517」のスペシャルモデル「ブレゲ マリーン"レース・フォー・ウ...
「ブレゲ タイプ XXI 3817」限定モデルがブレゲ ブティック銀座にて取り扱い開始|BREGUET

「ブレゲ タイプ XXI 3817」限定モデルがブレゲ ブティック銀座にて取り扱い開始|BREGUET

BREGUET|ブレゲワンランクアップのヴィンテージ感、そして個性が際立つ「ブレゲ タイプ XXI 3817」ローズゴールドバーゼルワールド2018で発表された世界限定数111本の「ブレゲ タイプ XXI 3817」ローズゴールドケースが、いよいよブレゲ ブティック銀座に入荷した。入荷本数は明らかにされていないが、僅少であることは間違いなく、日本ではブティック銀座限定で販売される。Text by OZAKI Sayaka航空機製造の歴史とオリジナル・デザインが受け継がれたモデルブレゲは時計製造以外に、航空の世界でも大きな功績を残している。創業者の孫であり5代目にあたるルイ-シャルル・ブレゲは、一族がそれまでに開拓していなかった航空の分野において、時計師の革新的なスピリットを不滅のものにしたのだ。ルイ-シャルル・ブレゲは、ヘリコプターの原型と呼ばれるジャイロプレーンを開発し、1916年には航空機「ブレゲXIV」も開発。1917年から'26年に、ブレゲはこの伝説的な航空機をおよそ800...
BASEL WORLD2018の新作をニコラス・G・ハイエック センターにて初披露|SWATCH GROUP

BASEL WORLD2018の新作をニコラス・G・ハイエック センターにて初披露|SWATCH GROUP

BREGUET|ブレゲBLANCPAIN|ブランパンGLASHÜTTE ORIGINAL|グラスヒュッテ・オリジナルJAQUET DROZ|ジャケ・ドローOMEGA|オメガLONGINES|ロンジンSWATCH|スウォッチ「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2018」5月19日(土)~5月27日(日)開催ウォッチブティックとカスタマーサービスが集結する日本で唯一の“時のランドマーク”ニコラス・G・ハイエック センターにて、「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2018」が5月19日(土)~5月27日(日)に開催される。Text by OZAKI Sayaka年に一度の希少な“時の祭典”2018年3月、スイス・バーゼルにて開催された世界最大の時計宝飾展「バーゼルワールド2018」で発表された時計宝飾の新作の数々の中から、ニコラス・G・ハイエック センターにブティックを置く「ブレゲ」「ブランパン」「グラスヒュッテ・オリジナル」「ジャケ・...
新世代を象徴する「マリーン 5517」が、バーゼルワールド2018に登場|BREGUET

新世代を象徴する「マリーン 5517」が、バーゼルワールド2018に登場|BREGUET

BREGUET|ブレゲスポーティな躍動感と海の世界にブレゲの伝統を融合させた新作「マリーン 5517」バーゼルワールド2018にて、ブレゲは「マリーン」コレクションのデザインを刷新。そしてコレクション初となるチタン製ケースを採用したモデルを加えた。Text by OZAKI Sayaka「マリーン」シリーズでは初となる、チタンケースモデルが登場「マリーン」は、ブレゲの伝統的な特質を継承しながら、よりスポーティで現代的な感覚と躍動感を融合させたコレクションである。バーゼルワールド2018にて同コレクションより発表された、新世代を象徴する「マリーン 5517」は、新しいフォルムのオリジナルラグとケースバンドのフルート装飾、以前より大きな"B"のイニシャルをあしらったリュウズなど、ディテール各所を一新。また、ローマ数字が並ぶチャプターリングの3時位置に日付表示を配置し、ローマ数字とインデックス、ブレゲ針にはそれぞれ蓄光が施された。海洋信号旗に対応するデザインに改めた"B"のイニシャルをあ...
72 件