LOUIS VUITTON

1854年、初代ルイ・ヴィトンがパリに旅行鞄専門店を設立。3代目のガストン・ルイ・ヴィトンの時代には、クルマやフライトの旅にも適したソフトで軽量なバッグを開発し、トラベルバッグのトップブランドになる。 ルイ・ヴィトンの掲げるコンセプトは、旅を楽しみ、人生を楽しむモノづくり。もちろん、ウオッチの分野においても例外はなく、1987年、モエ・ヘネシーとともに、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループを形成。複数の時計ブランドを擁する一方で、みずからもラ・ショー・ド・フォンに自社ファクトリーを設立し、時計製造を本格化する。 そして2002年、待望の初コレクション「タンブール」を発表。その重厚なケースフォルムは、世界初の旅行用時計であった16世紀のドラムウォッチに由来している。ケース側面には、ちょうど12文字のブランドネーム、「Louis Vuitton」のレタリングがインデックスに合わせてレイアウトされ、ケース裏にはおなじみのモノグラム・モチーフを刻印。ファッションブランドらしいセンス溢れるデザインには、時計好きでなくてもつい惹かれてしまう。 その後、タンブール・コレクションには、ダイバーズや、トゥールビヨンをはじめとするハイエンドモデルも続々登場。また、レトロモダンな角型ケースを特徴とする「スピーディ・ライン」も登場し、タンブール・ラインとともに人気を得ている。 【創業年】1854年 【創業地】フランス・パリ 【主なシリーズ名】タンブール、スピーディ 【問い合わせ先】ルイ・ヴィトン カスタマーサービスセンター Tel. 03-3478-2100 公式サイト http://www.louisvuitton.com/

“V”のマークを大胆に!「タンブール クロノ V ダミエ・コバルト」|LOUIS VUITTON

“V”のマークを大胆に!「タンブール クロノ V ダミエ・コバルト」|LOUIS VUITTON

ルイ・ヴィトンのメンズウオッチ「タンブール」シリーズに、メゾンを象徴するダミエ・キャンバスからインスピレーションを得た新作2機種が登場した。歴史あるモチーフにルイ・ヴィトンを表す「V」のシグネチャーが大胆にあしらわれた、スポーティかつシックなモデルだ。
ルイ・ヴィトン、マーク・ニューソンによるローリングラゲージを発表|LOUIS VUITTON

ルイ・ヴィトン、マーク・ニューソンによるローリングラゲージを発表|LOUIS VUITTON

LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトンルイ・ヴィトン×マーク・ニューソンによる革新的な軽さとソフトさを備えた「ホライゾン・ソフト」ルイ・ヴィトンより、マーク・ニューソンがデザインを手掛けた革新的なローリング・ラゲージ「ホライゾン・ソフト」がリリースされた。このアウターシェルは、カスタムメイドの糸を用いたジャカードの3Dニット地を画期的な技術によって成形したアイテムだ。現代のトラベラーにふさわしいサイズと豊富なカラーが取り揃う。Text by OZAKI Sayakaマーク・ニューソンがテストを重ね、革新的な軽さと収納力を実現したエレガントラゲージルイ・ヴィトンより、モノグラム・モチーフを織り込んだニット素材のローリング・ラゲージ「ホライゾン・ソフト」がリリースされた。特徴はマーク・ニューソンのデザインによる、カスタムメイドの糸を使用したジャカートの3Dニット地。軽量かつ高い収納力が実現された革新的なアウターシェルだ。そのアウターシェルは、伸縮性と熱可塑性のあるテクニカルな糸を、...
吉岡徳仁氏が、ルイ・ヴィトンより新作「Blossom Vase」を発表|LOUIS VUITTON

吉岡徳仁氏が、ルイ・ヴィトンより新作「Blossom Vase」を発表|LOUIS VUITTON

LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトンメゾンのモチーフ、モノグラム・フラワーがモチーフ。吉岡徳仁×ルイ・ヴィトンの新作「Blossom Vase」ルイ・ヴィトンより、家具とオブジェのコレクションである「オブジェ・ノマド コレクション」の新作として、デザイナーの吉岡徳仁氏とコラボレーションした「Blossom Vase」が発表された。Text by OZAKI Sayaka光の屈折が見る者のセンス・オブ・ワンダーを誘う、オブジェのような花瓶2019年ミラノサローネにて、デザイナー・吉岡徳仁氏とルイ・ヴィトンのコラボレーションによる新作「Blossom Vase」が発表された。メゾンの歴史を象徴するモノグラム・フラワーが、革新的なデザインで知られる吉岡徳仁氏によって有機的なオブジェへと昇華された。この花瓶は、イタリア・ムラーノのガラス職人によって、厚みのあるガラスが渦を巻くように手作業で整形されたもの。ツイストしたガラスから放たれる光の屈折が個性的な表情を生み出し、輝きをまとった彫...
vol.42「開襟シャツ」LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトン

vol.42「開襟シャツ」LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトン

ゴールデンウイーク直前。10連休となる今年は、長い休みを利用してリゾートやキャンプ、観光地へ出かける予定の方が例年以上に多いのだそう。リラックスした休日をさらに心地よく、気分良く過ごすためには、このアイテムが必須です!Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトン右前身頃にデフォルメしたイニシャルのデザインを、左前身頃と背中には今春夏のアイコンでもあるカラフルな惑星モチーフ柄をあしらったオープンカラーシャツ。サイドはスリット仕立てで、春夏らしいリラックスしたムードが加わっている。15万7000円(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854)問い合わせ先ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス0120...
ルイ・ヴィトンの新たなレザーグッズライン「タイガラマ」|LOUIS VUITTON

ルイ・ヴィトンの新たなレザーグッズライン「タイガラマ」|LOUIS VUITTON

LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトンバッグからアクセサリーまで幅広くラインナップルイ・ヴィトンの新たなメンズ向けレザーグッズライン「タイガラマ」。タイガ・レザーを採用し、高い耐久性と、洗練されたデザインを併せ持つ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)モダンでマスキュリンなスタイルを提案ルイ・ヴィトンから、新たなレザーグッズライン「タイガラマ」が登場した。モノグラム・キャンバスと、耐久性の高いタイガ・レザーを組み合わせ、リラックスした雰囲気とクラシカルの上品さを実現している。メゾンを象徴する旅の真髄とサヴォアフェール(匠の技)を、新たに「カジュアル」なテイストと掛け合わせることで、よりモダンでマスキュリンなスタイルを提案する。カラーはバイアイエローをはじめ、アマゾングリーン、パシフィックブルー、アンターティックグレーなどがラインナップ。いずれも印象的なルックスに仕上げれられている。©LOUIS VUITTON©LOUIS VUITTON©LOUIS VU...
耳元にも“LV”を。ルイ・ヴィトン初のワイヤレスイヤホン|LOUIS VUITTON

耳元にも“LV”を。ルイ・ヴィトン初のワイヤレスイヤホン|LOUIS VUITTON

LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトンアイコニックなシグネチャーをイヤホンにも。初コレクション「ルイ・ヴィトン ホライゾン イヤホン」を発表ルイ・ヴィトンが初のワイヤレスイヤホンのコレクション「ルイ・ヴィトン ホライゾン イヤホン」をリリース。4種類のカラーで展開され、ラグジュアリー、旅のエスプリといったメゾンのタイムレスな価値観を体現する。Text by YANAKA Tomomiコネクテッド・ウォッチ「タンブール ホライゾン」などにBluetooth接続ルイ・ヴィトンが初めてオーディオ市場に参入した。メゾンの多彩な世界観からインスピレーションを得た「ルイ・ヴィトン ホライゾン イヤホン」はブラック、ホワイト、レッドの「モノグラム」、ブルー×イエローのストライプという4種類を展開。特に注目したいのが、ブルー×イエローのストライプに「L」と「V」のイニシャルが施されているモデル。「モノグラム」のデザインや洗練されたコントラスト、マット×シャイニーな表面、大胆で色鮮やかなカラーな...
旅を楽しむコネクテッドウオッチが進化|LOUIS VUITTON

旅を楽しむコネクテッドウオッチが進化|LOUIS VUITTON

LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトンデザイン、ストラップ、イニシャルでCUSTOMIZEするCONNECTED WATCH「タンブール ホライゾン」が一新ルイ・ヴィトンはコネクテッドウオッチ「タンブール ホライゾン」の新作を発売。新しいデザインエレメント、素材、カラーが加わり、2019年版へとアップデイトされた。Text by YANAKA Tomomiホワイトセラミックバージョンとマットブラウンカラーを追加2017年に誕生したルイ・ヴィトン初のコネクテッドウオッチ「タンブール ホライゾン」がさらなる進化を果たした。カラーバリエーションでは、ポリッシュ仕上げのホワイトセラミックバージョンとマットブラウンPVDモデルが登場。デザイン面では、フェイスのカスタマイズ用選択肢がさらに拡大。デジタルモードは「モノグラム」や「ダミエ」「Vシグネチャー」といったメゾンを象徴するモチーフの数々で彩られ、ストラップのバリエーションやイニシャルの追加など、組み合わせ次第で世界にひとつしかない、自...
エスパス ルイ・ヴィトン東京でヘスス・ラファエル・ソト「Pénétrable BBL Bleu」展|ART

エスパス ルイ・ヴィトン東京でヘスス・ラファエル・ソト「Pénétrable BBL Bleu」展|ART

ART|作品と鑑賞者の関係性をも変容するインスタレーションキネティック・アートを牽引したヘスス・ラファエル・ソト代表作「Pénétrable BBL Bleu」をエスパス ルイ・ヴィトン東京で公開エスパス ルイ・ヴィトン東京は、フォンダシオン ルイ・ヴィトン所蔵のコレクションを紹介する「Hors-les-murs(壁を越えて)」プログラムの第6弾として、キネティック彫刻や大規模な視覚的インスタレーションで知られるアーティスト、ヘスス・ラファエル・ソトの象徴的な作品である《Pénétrable BBL Bleu》を公開する。会期は2019年5月12日(日)まで。Text by OZAKI Sayaka目には見えない空間への知覚を揺さぶる没入型インスタレーションヘスス・ラファエル・ソトは1923年ベネズエラに生まれ、カラカスの造形美術学校で学んだのち、1950年にパリへ渡った。1955年にはマルセル・デュシャン、アレクザンダー・カルダー、ヴィクトル・ヴァザルリらと共にギャルリー・ドゥニ...
ART
198 件