エルメスの世界観をラジオで届ける「ラジオエルメス」|HERMÈS

エルメスの世界観をラジオで届ける「ラジオエルメス」|HERMÈS

エルメスのメンズの世界を表現したイベント「ラジオエルメス」が開催中だ。エルメスの魅力を紹介することはもちろん、食や旅といったさまざまなトピックスを紹介する数々の番組を放送。原宿にはポップアップラジオステーションが開設され、直にその世界観に触れることができる。期間は2019年9月29日(日)まで。
シンプリシティを体現する「スリム ドゥ エルメス」の新作|HERMÈS

シンプリシティを体現する「スリム ドゥ エルメス」の新作|HERMÈS

HERMÈS|エルメスより軽く、よりカジュアルに。「スリム ドゥ エルメス」コレクションにチタンケースモデルが誕生エルメスの「スリム ドゥ エルメス」コレクションに、ダイナミックかつ大胆な雰囲気を導き出す「スリム ドゥ エルメス チタン」がラインナップ。超軽量のチタンケースとオレンジが映えるアントラシト色の文字盤がトレンドのカラーコードを踏まえつつ、控えめな佇まいへと昇華する。Text by YANAKA Tomomi超軽量、耐久性にも優れるグレード2チタンを採用精密さと調和、究極のシンプリシティを体現する「スリム ドゥ エルメス」コレクションに新作が登場した。これまでのモデルに比べ、カジュアルな雰囲気の「スリム ドゥ エルメス チタン」。その最大の魅力は直径39.5mmの超薄型ケースだ。また深みのあるアントラシト色とのコントラストが映える文字盤は、アラビア数字が配されたチャプターリングとスネイル仕立ての中心部、そしてフロステッドクリスタル製のスモールセコンドの3パーツで構成。オレ...
ダブルムーンフェイズを搭載した新作「アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ」|HERMÈS

ダブルムーンフェイズを搭載した新作「アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ」|HERMÈS

HERMÈS|エルメス北半球と南半球、ふたつの月の満ち欠けを表現したポエティック・コンプリケーションエルメスから、新作「アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ」が発表された。地球の北半球と南半球、それぞれから見える月の満ち欠けを同時に表示するムーンフェイズ機構が搭載され、見る者を宇宙空間へと誘う遊び心あふれるデザインだ。Text by OZAKI Sayaka“月の時間”を文字盤全面で表現。複雑機構を用いた詩的アプローチSIHH2019で発表されたエルメスの新作「アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ」は、北半球と南半球のムーンフェイズを同時に表示する、斬新なアイデアが特徴だ。ふたつの月をマザー・オブ・パールで描いたダイアル上に、時分と日付を針で指し示すふたつの可動式スモールダイアルが無重力状態のように浮かび上がり、そして水平の状態を保ったまま周回させることで、月の満ち欠けが表現された。© Joël Von Allmenこの独創的なダブルムーンフェイズ機構は、エルメス・マニュファク...
抑制が効いたフレンチシック。そしてエレガントな新作「アルソー 78」|HERMÈS

抑制が効いたフレンチシック。そしてエレガントな新作「アルソー 78」|HERMÈS

HERMÈS|エルメス腕元に洗練されたエレガントな雰囲気を醸すエルメスの新作「アルソー 78」洗練されたスタイルを持つエルメスの「アルソー」コレクションに、シックなアントラシットカラーとマットな質感をまとった新作「アルソー 78」が加えられる。取り扱いは、2019年3月頃に開始予定だ。Text by OZAKI Sayaka控えめかつエレガントな魅力が体現されたタイムレスなウオッチ1837年、馬具工房として設立されたエルメス。その歴史を継承し、1978年にデザイナー、アンリ・ドリニーが鐙(あぶみ)から着想を得た上下非対称のラグを添えたラウンド型ケースに、颯爽と駆ける馬を連想させる斜体のインデックスを組み合わせた「アルソー」が発表された。この「アルソー」コレクションに、新たに「アルソー 78」が加えられた。特徴は、グレイン仕上げでマットな質感が強調されたアントラシットカラーのダイアルだ。このシックなダイアルにクリーム色の夜光塗料を施したインデックスと細い針が組み合わされ、色彩のコント...
世界限定8本 夜空に吠えるオオカミを描いた「アルソー Awooooo」|HERMÈS

世界限定8本 夜空に吠えるオオカミを描いた「アルソー Awooooo」|HERMÈS

HERMÈS|エルメスエルメスのルーツを継承するアルソーコレクションに新作「アルソー Awooooo」が世界限定8本で登場エルメスが、三日月と星々が輝く夜空を背景に吠えるオオカミをエナメル技法で描き出した「アルソー Awooooo」を発表。世界限定8本の貴重なリミテッド・コレクションだ。Text by OZAKI Sayaka銀色のオオカミの姿と夜空をエナメル技法で描いたユニークなタイムピース2017年にリリースされたクマをモチーフとしたモデルの続編として、オオカミの細密画をエナメル技法で描き出した「アルソー Awooooo」。オオカミは、デザイナーのアリス・シャーリーによるメンズスカーフ「Awooooo」のモチーフだが、この風貌を損なうことなく職人の緻密な手仕事によって、ダイアル上に野性的なオオカミの細密画が描き上げられた。白く透き通ったエナメルのダイアルに職人が細やかな細工を施し、丁寧に磨き上げて滑らかな表面へと仕上げ、モチーフの輪郭を描いた後に極細の筆を用いて天然のオイルを混...
エルメスの自由な発想。未来的な流線形フォルムの「ギャロップ ドゥ エルメス」|HERMÈS

エルメスの自由な発想。未来的な流線形フォルムの「ギャロップ ドゥ エルメス」|HERMÈS

HERMÈS|エルメスダイナミックな上下非対称ケースを特徴とする「ギャロップ ドゥ エルメス」馬具工房として設立されたエルメスの歴史を思い起こさせる、鐙(あぶみ)型からインスピレーションを得て、そのフォルムをフューチャリスティックに昇華した「ギャロップ ドゥ エルメス」がリリースされた。Text by OZAKI Sayaka未来的な流線形のフォルムが、光の効果をコントロール「ギャロップ ドゥ エルメス」は、エルメスのコンセルヴァトワールが収蔵するハミ(乗馬の際に馬の口に含ませ手綱につないで馬を制御する道具)や鐙(あぶみ)などの馬具を、デザイナーのイニ・アーシボングが注意深く観察し、その細部から得られたインスピレーションを元にデザインされた。© Joël Von Allmen特徴は、ダイナミックな上下非対称のケースとインデックスだ。インデックスのアラビア数字は、前から見ると徐々に数字が広がり、そして小さく細くなり、フェイスに遠近感を生み出す。また、光に呼応する伸びやかな流線形のフォ...
イングリッシュガーデンを表現した2018年新作テーブルウェア|HERMÈS 

イングリッシュガーデンを表現した2018年新作テーブルウェア|HERMÈS 

HERMÈS|エルメス色鮮やかなイングリッシュガーデンをテーブルに。「ウォーク イン ザ ガーデン」エルメスが新作テーブルウェア「A WALK IN THE GARDEN(ウォーク イン ザ ガーデン)」をローンチ。ブティックにて販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi草木のデザインに重なり合う格子や市松模様が素敵!多種多様な花が咲き誇り、さまざまなフォルムの植物が生きるイングリッシュガーデンにインスピレーションを得て、北アイルランドのアーティスト、ナイジェル・ピークがデザインした「ウォーク イン ザ ガーデン」。「庭はかたちや色が生まれる場所。イマジネーションが自由にはばたく場所です。一見無造作に見えながらも、デザインの美がそこにはあるのです」とナイジェルが語るように、シリーズは小枝や草、葉っぱがのびやかに描かれ、格子や市松模様、ヘリボーンに重なり合う遊び心溢れるデザイン。また植物と模様を組み合わせることで別の構図が生まれる姿は、巧みな設計が背後にあることを感じ...
エルメスの新たな世界「彼女と。」展、東京・六本木の国立新美術館にて開催|HERMÈS

エルメスの新たな世界「彼女と。」展、東京・六本木の国立新美術館にて開催|HERMÈS

HERMÈS|エルメスエルメスが、国立新美術館とともに観客参加型の展覧会「彼女と。」を開催エルメスが提案する現代的女性像の考察をテーマとした「彼女と。」展を2018年7月11日(水)~7月30日(月)に開催する。Text by OZAKI Sayakaエルメスが贈る、シネマ体験。「彼女と。」は、エルメスが贈るシネマ(映画)的設定の観客参加型展覧会だ。エルメスのレディス部門アーティスティック・ディレクターであるバリ・バレと、レディスプレタポルテのアーティスティック・ディレクター ナデージュ・ヴァンヘ=シビュルスキーが監修を務め、観客をプレイフルでウィットに富んだエルメスの新たな世界へと誘う。国立新美術館の会場は、広大な映画スタジオを彷彿とさせる大空間。物語は、ひとりの「作家」が、ある女性――「彼女」の存在を追いかけることからスタートする。会場内には「彼女」にまつわる様々なエピソードがちりばめられ、「作家」は観客とともに会場を巡り、「彼女」の姿を追い求め、謎に満ちた世界へと誘う。「彼女...
ART
95 件