サントスの精神を体感する、サンフランシスコへの旅 Vol.3|CARTIER

サントスの精神を体感する、サンフランシスコへの旅 Vol.3|CARTIER

Cartier|カルティエサントスの精神を体感する、サンフランシスコへの旅 Vol.3「サントス ドゥ カルティエ」のNEWコレクションに刺激を受けた編集大魔王。帰国後すぐに、そのスタイルにインスパイアされたファッションシューティングを敢行。過去と現在、伝統と革新が時計の存在感と融合し、いっそう際立つスタイリングに。Photographs, Styling, Report & Text by SUKEZANE Tomoki Hair by TSUKUI Hiro Model by YanEdit by HATAKEYAMA Satoko 【3日目、そして帰国後】翌朝は、ホテルで朝食を食べて空港へ。車中、前日の夕方に見たアルベルト・サントス=デュモンの写真を頭に浮かべていると、それをオマージュした写真を撮りたくなってきた。力強い眼差し、立派な髭、凛とした姿勢、などなど、あの偉人をイメージしていると、サントス ドゥ カルティエの魅力が僕の中で異様なほどに膨れあがってきたのである...
サントスの精神を体感する、サンフランシスコへの旅Vol.2|CARTIER

サントスの精神を体感する、サンフランシスコへの旅Vol.2|CARTIER

Cartier|カルティエ編集大魔王 祐真朋樹 サントスの精神を体感する、サンフランシスコへの旅Vol.2イノベーションの聖地・サンフランシスコで開催された「サントス ドゥ カルティエ」のNEWコレクションのローンチイベント。2日目の夜は、いよいよメインとなるパーティへ。編集大魔王のスタイリングにも注目!Report,Text,Snapphotos by SUKEZANE TomokiPhotographs by YABUKI Takemi〈W〉Edit by HATAKEYAMA Satoko【2日目】翌朝は再び会場へ。そして勇気を出して〈Social LAB〉に参加してみたが、残念なことに僕は英語が不得手なので早々に退散。日本人チームでチャイナタウンへランチに向かう。チャイナタウンへ向かう途中、GQの鈴木編集長が「サンフランシスコのチャイナタウン~♫、って歌があるよね?」とつぶやいた。僕が即座に「知ってます!♫サ~ンフランシスコのチャイナンタ~ウ〜ン~♫、ですよね?!」とワンフ...
サントスの精神を体感する、サンフランシスコへの旅Vol.1|CARTIER

サントスの精神を体感する、サンフランシスコへの旅Vol.1|CARTIER

Cartier|カルティエ編集大魔王 祐真朋樹サントスの精神を体感する、サンフランシスコへの旅。世界初の男性実用腕時計として歴史のその名を刻む「サントス ドゥ カルティエ」のNEWコレクションが、アメリカ・サンフランシスコで華々しくローンチ。そのイベントとパーティの模様を、編集大魔王・祐真朋樹が3回にわたってレポートします。Report & Text by SUKEZANE Tomoki Photographs by YABUKI Takemi〈W〉Edit by HATAKEYAMA Satoko【1日目 】サンフランシスコへ行くのは実に4年ぶり。到着後、空港からホテルへ向かう車内で、「みなさん、サンフランシスコは何度目ですか?」と訊かれた。車に同乗していたメンバーは、GQ JAPANの鈴木編集長、UOMOの山崎編集長、そしてポートランドから駆け付けたモデルのリヒト、その他ジャーナリスト数名。「初めて」、「3度目かな」、「4回目」・・・と答えが続き、僕は「10回くらい」と...
「シチズン xC(クロスシー)」誕生20周年記念イベントを開催|CITIZEN

「シチズン xC(クロスシー)」誕生20周年記念イベントを開催|CITIZEN

CITIZEN|シチズンシチズン クロスシー 20th アニバーサリーカフェ“はじまりのとき”シチズンは2016年11月25日(金)、26日(土)の二日間限定でシチズンのレディスウオッチブランド「xC(クロスシー)」誕生20周年を記念した『シチズン クロスシー 20th アニバーサリーカフェ“はじまりのとき”』をオープンする。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)ブリザーブドフラワーを使った交通広告も展開シチズンが展開する「xC(クロスシー)」は、上品、上質、洗練をテーマに、洗練されたデザインと、定期的な電池交換が不要の光発電エコ・ドライブや、時刻・カレンダー修正不要な電波時計など、機能性を融合させた「高機能ファッションウォッチ」として20代~30代の働く女性を中心に展開するウオッチシリーズだ。その「クロスシー」誕生20周年を記念し、『シチズン クロスシー 20th アニバーサリーカフェ“はじまりのとき”』がオープンする。クロスシーを見て、触れて、体感できる2...
“ツイード”パターンをブレスレットにあしらった新作ウォッチ「ボーイフレンド ツイード」|CHANEL

“ツイード”パターンをブレスレットにあしらった新作ウォッチ「ボーイフレンド ツイード」|CHANEL

CHANEL|シャネル男性的な魅力を持つ、女性のためのウォッチシャネルは新作ウォッチ「ボーイフレンド ツイード」を発売した。ブレスレットにシャネルのシグネチャーであるツイードパターンをあしらった、男性的な魅力を兼ね備えた女性向けウォッチだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)“ツイード”パターンをあしらったブレスレットが特徴ボーイフレンドの生き方、価値観やファッションからヒントを得て新たな解釈を加え、男性的なものを通じて女性の魅力を引き出すアイテムを次々と生み出したマドモアゼル シャネル。マドモアゼル シャネルが英国で出合った紳士服の素材、ツイードを女性用スーツに採り入れたのは1924年のこと。それ以来、ツイードはシャネルの揺るぎないファッションコードとなっている。そんな彼女に敬意を表し、マスキュリンな魅力を持つ、女性のための腕時計 BOY・FRIEND(ボーイフレンド)が2015年に誕生した。そして今秋、シャネルのシグネチャーである“ツイード”パターンを...
リシャール・ミルが熊本城の復旧支援のためのチャリティオークションを開催|RICHARD MILLE

リシャール・ミルが熊本城の復旧支援のためのチャリティオークションを開催|RICHARD MILLE

RICHARD MILLE|リシャール・ミル被災地に希望を届ける、チャリティオークションがスタートリシャール・ミルは、地震で大きな被害をうけた熊本の復興のために、チャリティオークションを2016年7月7日より開催。このオークションの落札金は、熊本城災害復旧支援金として寄付される。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)出品されるのは世界にただ一つの特別モデルインディペンデントのハイラグジュアリーウォッチを手がけ、ユニークなデザイン性と飽くなきテクノロジーの追求によって生み出される至高の時計たちで世界中のファンを魅了する「リシャール・ミル」。ブランドコンセプターであるリシャール・ミル氏は、ファンの多い日本に強く親近感をもっており、リシャール・ミルでは東日本大震災発生以降、被災地域への支援を続けている。さらに、このたびの熊本地震発生をうけ、リシャール・ミル氏の強い希望により、チャリティオークションの開催が決定したという。2016年4月14日、熊本地方を中心とした大き...
年に一度の時計の祭典、「三越ワールドウオッチフェア」開催|MITSUKOSHI

年に一度の時計の祭典、「三越ワールドウオッチフェア」開催|MITSUKOSHI

MITSUKOSHI|三越今年で19回目を迎える国内最大規模の時計展示会三越ワールドウオッチフェアが2016年8月17日から8月29日にかけて、今年も開催される。国内初お披露目となるウオッチや、限定商品、さらには世界的にも希少なユニークピースなどを数多く取り揃える。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)「『Art du temps』時の芸術 ~ともに織りなすラグジュアリーな世界~」今年で19回目を迎える「三越ワールドウオッチフェア」は、規模・品揃えともに、国内最大規模のスケールを誇る腕時計の祭典だ。今年スイスで開催されたバーゼルワールドやSIHH、WPHHなどで発表された話題の新作が約1,500㎡の会場へ一堂に集結する。日本橋三越本店先行販売、日本橋三越本店でしか買えない限定商品、さらに世界的にも希少なユニークピースなども用意される。近年、時計作りには、技術の進化と共に原点回帰や、モノづくりの継承など「革新と伝統」が共存している。そこには必ず “アート” が存...
グレン・ルッチフォードによるグッチのジュエリー&ウォッチ新広告|GUCCI

グレン・ルッチフォードによるグッチのジュエリー&ウォッチ新広告|GUCCI

GUCCI|グッチアレッサンドロ・ミケーレによる新しい広告ビジュアルグレン・ルッチフォードによるジュエリー&ウォッチ新広告アレッサンドロ・ミケーレによるGUCCI(グッチ)のジュエリー&ウォッチの新広告ビジュアルが公開された。新しいG-タイムレス オートマティックや、ディアマンティッシマ ウォッチ コレクションのニューバージョン、グッチ不朽のアイコン「フローラ」プリントからインスパイアされたジュエリー「グッチ フローラ」など、新しい「グッチらしさ」を称えたビジュアルとなっている。Text by OPENERSグッチ ジュエリー & タイムピーシズの魅力がふんだんに散りばめられた作品アレッサンドロ・ミケーレによるGUCCI(グッチ)のジュエリー&ウォッチの新広告ビジュアルが公開された。明確なデザインアプローチとポジショニングを誇り、最も信頼性の⾼いファッションブランドのひとつとして、1970年代初頭よりウォッチ分野に進出し、アイコニックなウォッチを展開するグッチ。スイスメイドの厳格な...
世界的工業デザイナーが考える、理想のウォッチ・デザイン|BVLGARI

世界的工業デザイナーが考える、理想のウォッチ・デザイン|BVLGARI

BVLGARI OCT|ブルガリ オクトジェントルマン・ドライバーのためにブルガリ「オクト」シリーズに追加された限定モデルをめぐる小連載。最終回となる第3回は、デザインを手がけた工業デザイナー、奥山清行氏にインタビュー。そのコンセプトやデザインの背後にある哲学について語ってもらった。Photographs by JamandfixText by OGAWA Fumioそれは1本の電話からはじまった2015年秋に登場したブルガリ「オクト ヴェロチッシモ KEN OKUYAMA DESIGN 日本限定モデル」と「オクト ソロテンポ KEN OKUYAMA DESIGN 日本限定モデル」をめぐる小連載。最終回は、デザインを手がけた工業デザイナー、奥山清行氏へのインタビュー。イタリア・ローマのブランドであることを強調するブルガリのためにウォッチをデザインするにあたって、奥山氏は何を考えたか。「ディレクターを務めるファブリツィオ(ブオナマッサ・スティリアーニ氏)から電話があって、「オクト」を...
ブルガリ「オクト」を生んだイタリアデザインをめぐる対談|BVLGARI

ブルガリ「オクト」を生んだイタリアデザインをめぐる対談|BVLGARI

BVLGARI|ブルガリブルガリ「オクト」エレガンスと強さを兼ね備えた、イタリアならではの造形美八角形をベースとした幾何学的なデザインで、高い人気を誇っているブルガリ「オクト」。同シリーズに、日本が世界に誇る工業デザイナー、奥山清行氏が手がけた限定モデルが登場した。その発表イベントのために来日した、ブルガリ・ウォッチ・デザインセンターのシニアディレクター、ファブリツィオ・ボナマッサ・スティリアーニ氏と奥山氏に、イタリアデザインの神髄と「オクト」の魅力を語ってもらった。Photographs by JamandfixText by OGAWA Fumio2つの日本限定モデルブルガリが、「オクト ヴェロチッシモ KEN OKUYAMA DESIGN 日本限定モデル」と「オクト ソロテンポ KEN OKUYAMA DESIGN 日本限定モデル」を、2015年秋より発売。早くも大きな話題を呼んでいる。「オクト」は八角形を基本に、幾何学的な美しさを特徴とするウォッチで、スポーティさとエレガン...
ブルガリ・ウォッチの美の追求者が語る、イタリアのデザイン哲学|BVLGARI

ブルガリ・ウォッチの美の追求者が語る、イタリアのデザイン哲学|BVLGARI

BVLGARI OCTO|ブルガリ オクト心を動かすための審美観でつくりあげたウォッチブルガリ「オクト」シリーズに追加された、工業デザイナー、奥山清行氏が手がけた限定モデルをめぐる小連載。その第2回は、ブルガリ・ウォッチ・デザインセンターのシニアディレクター、ファブリツィオ・ボナマッサ・スティリアーニ氏に、「オクト」とイタリアデザインの深い関係について語ってもらった。Photographs by JamandfixText by OGAWA Fumioプロダクトの背景にあるもの2015年秋に登場したブルガリ「オクト ヴェロチッシモ KEN OKUYAMA DESIGN 日本限定モデル」と「オクト ソロテンポ KEN OKUYAM DESIGN 日本限定モデル」をめぐる小連載。前回は、デザインを担当した奥山清行氏ら仕掛け人の対談をお送りした。今回は、「オクト」の思想をより深く理解してもらいたくて、デザインのまとめ役を務めたファブリツィオ・ボナマッサ・スティリアーニ氏に登場してもらった...
2015 Christmas Style&Gift|HANKYU MEN’S

2015 Christmas Style&Gift|HANKYU MEN’S

HANKYU MEN’S|阪急メンズフェスティブシーズンを楽しむ、男のための服とモノシックな華やぎをまとう、クリスマススタイルクリスマスシーズンは、男にとってもドレスアップを楽しめる季節。阪急メンズでは、オーセンティックなタキシードから、今季的なトレンドをふまえたモード感のあるスタイルまで、洒脱なコーディネートを手に入れることができる。また、男性へのギフトガイド的に使えるように、人気ブランドの新作小物なども合わせてご紹介したい。Photograph by WATANABE Osami(Summy studio)Styling by INADA IsseyHair by KATSUMA Ryohei(masculin)Art Direction by OTSUKA Masao(Marrons)Text by ITO Yujiキーワードは“ダーク リュクス”阪急メンズが今季的なドレスアップスタイルのキーワードとして掲げるのが“ダーク リュクス”。シックな色合いのなかにも、きらめくような...
グッチ G-タイムレスコレクションに日本限定モデルがリリース |GUCCI

グッチ G-タイムレスコレクションに日本限定モデルがリリース |GUCCI

GUCCI|グッチシャープにしてチャーミング「G-タイムレス ジャパン リミテッド エディション」グッチの「G-タイムレス」には、ベゼルや文字盤、ストラップなど一目でグッチとわかるアイコンが巧に取り入れられている。文字通り、時を超越して通用するシンプルなデザインとアイコニックな装飾が結びついたコレクションに、貴重な日本限定のウィメンズモデルが加わった。Text by KAWADA Akinori引き締まった印象のコンパクトな27mmモデルグッチらしいアイコンと言えば、その代表として思いつくのがディアマンテパターンである。ハンドバッグやスモールレザーバッグなどに取り入れられたダイヤモンドシェイプのように連鎖するこのユニークなパターンは、グッチの製品を象徴している。今回展開される「G-タイムレス ジャパン リミテッド エディション」は、そんなディアマンテパターンが印象的な一作であり、日本だけの特別なモデルである。文字盤は、しっとりとした落ち着きがあり、優雅なアプリコットカラーを採用。そ...
コケティッシュに装うラグジュアリーモデル|SHELLMAN

コケティッシュに装うラグジュアリーモデル|SHELLMAN

SHELLMAN|シェルマンコケティッシュに装うラグジュアリーモデル手元を優雅に彩るアンティークウォッチ。そのゴージャスかつ、ユニークな表情には、当時の職人たちの美学が感じられる。今回は、大人の女性の心をとろけさせる、クリエイティビティに満ちた美しいモデルをラインナップ。レディライクな逸品をまとい、特別な時を重ねていきたい。Photographs by TANABE EriText by NOGUCHI MinakoStyling by 0718エレガンスが香る ハンターケースウォッチ19世紀の終わりから20世紀はじめ、王侯貴族の女性たちに好まれていた腕時計が文字盤を豪奢な蓋で覆うハンターケースタイプだった。ジュエリーのひとつとして身につけ、さり気なく時間を確認する優雅な立ち居振る舞いは、当時の高貴な女性のたしなみだったといえる。時を経て1950年代、デ・ビアス社が開催したダイヤモンドの国際デザインコンテストで、時計ブランド〈オメガ〉がオスカーを受賞。これをきっかけに、ダイヤモンド...
ブルガリ「オクト」にまつわるLEON的考察|BVLGARI

ブルガリ「オクト」にまつわるLEON的考察|BVLGARI

BVLGARI|ブルガリ美しさの黄金比を掛け合わせた、あたらしき名作独特な八角形のデザインにより、時計のあたらしいデザインスタンダードとなったブルガリ「オクト」。今回は、その新作をイメージしたコーディネートでLEON、MEN'S CLUB、SENSEの3誌編集長が登場。デザインと価値観、そして男にとって時計とは? というさまざまな視点から「オクト」の魅力を教えてくれる。Photographs by KOBAYASHI Takashi(ITARU studio)Text by ITO Yuji(OPENERS)LEON前田編集長が見る「オクト」の黄金比ブルガリとLEONのおつき合いは創刊時まで遡るんだけど、おたがいに共通している要素としては、ベースにまずイタリアンデザインっていうものがあって、そこに艶っぽさとか色気がくわわって、そこにはラグジュアリーという価値観と歴史もある。LEONで提案しているのは、イタリアのファッションを真似しましょうではなく、ひとつひとつのモノにこだわりをもっ...
22 件