AUDEMARS PIGUET

1875年、複雑時計の製作に情熱を傾けるふたりの若者、ジュール=ルイ・オーデマとエドワール=オーギュスト・ピゲによってオーデマ ピゲは高級時計産業発祥の地であるジュウ渓谷で設立された。

大胆な発想と卓越した仕事ぶりでまたたく間に成功を収めた彼らは、1885年にジュネーブに子会社を設立、1889年にはパリで開催された万国博覧会に複雑機構を搭載したポケットウォッチを出展、新たな市場を開拓していった。

その後も、1892年には世界初のミニッツリピーター搭載の腕時計、1915年には世界最小のファイブミニッツ リピーター ムーブメントを発表するなど、高級時計産業の歴史に名を刻む画期的な作品を世に送り出しつづけた。

【問い合わせ先】オーデマ ピゲ ジャパン Tel. 03-6830-0000 公式サイト http://www.audemarspiguet.com/jp/

新たな魅力を魅せるロイヤル オーク・“ジャンボ”エクストラ シン|AUDEMARS PIGUET

新たな魅力を魅せるロイヤル オーク・“ジャンボ”エクストラ シン|AUDEMARS PIGUET

AUDEMARS PIGUET|オーデマ ピゲドレスモデル化した「ロイヤル オーク」。その完成度、大人の渋さを大いに愛でたい腕時計のトレンドはいま、ドレス方向へと向かっている。それを深々と実感するモデルが登場した。「ロイヤル オーク・ “ジャンボ” エクストラ シン」のピンクゴールドダイアルモデルである。Text by KOIZUMI Yokoラグジュアリー・スポーツモデルのパイオニアが見せる、さらなる可能性「ロイヤル オーク」は1972年に誕生。オーデマ ピゲを代表するコレクションとして有名だ。八角形の特徴的なベゼル、そのベゼルを固定するためのビスを敢えて見せるデザインで人気を博し、このモデルが牽引役となって現在まで続くラグジュアリー・スポーツという人気時計ジャンルを創出したことでも知られている。ここで紹介する“エクストラ シン”とは、1972年当時のオリジナルフォルムを忠実に再現したもの。2012年にシリーズ誕生40周年を記念して復刻された「ロイヤル オーク」ファミリーのひとつ...
26年ぶりの新コレクション「CODE 11.59 by AUDEMARS PIGUET」|AUDEMARS PIGUET

26年ぶりの新コレクション「CODE 11.59 by AUDEMARS PIGUET」|AUDEMARS PIGUET

AUDEMARS PIGUET|オーデマ ピゲあらゆる角度から見たくなる。そして、いつまでも見飽きないSIHH2019でお披露目となったオーデマ ピゲの新作。その特殊形状から、写真からでは実物の魅力を伝え切ることが難しいモデルなのだが、日本でのローンチが開始され、誰もがその魅力を店頭にて体感できるようになった。将来のオーデマ ピゲの代名詞となるべく誕生した、今年イチバンの“成長株”を紹介しよう。Text by KOIZUMI Yoko現代の精密加工技術を遺憾なく発揮し、計6型13モデルで勝負1993年に発表された「ロイヤル オーク オフショア」から26年。ついにオーデマ ピゲに新たなコレクションが誕生した。「CODE 11.59 by AUDEMARS PIGUET」である。コレクション名は“コード イレブン・フィフティナイン バイ オーデマ ピゲ”と読む。CODEは「Challenge(挑戦)」「Own(継承)」「Dare(追求心)」「Evolve(進化)」の頭文字から、11.5...
ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフに限定モデルが登場|AUDEMARS PIGUET

ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフに限定モデルが登場|AUDEMARS PIGUET

AUDEMARS PIGUET|オーデマ ピゲAP Houseで販売される世界限定数100本の特別なロイヤル オーク オフショア・クロノグラフ世界限定数100本のロイヤル オーク オフショア・クロノグラフがリリースされた。18KPG製ケースの輝きとブラウンのストラップ、ブラックセラミックのプッシュボタンが好コントラストをなす限定モデルだ。このモデルは、オーデマ ピゲブティックのAP House限定で取り扱われる。Text by OZAKI Sayaka日焼けした肌に似合う、褐色モデル1972年に発表された有名な八角形のベゼルを持つロイヤル オークは、SS製では希少なラグジュアリーウオッチである。そのコレクションに、ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフ限定モデルが加えられた。2017年に発表されたSS製ケースモデルの18KPG製で、ケースバックには“Limited edition of 100 pieces.(100本限定モデル)”と刻印され、AP House限定で取り扱われる...
「ミレネリー」にメタルブレスレット、そして貴石オパールダイアルの新作|AUDEMARS PIGUET

「ミレネリー」にメタルブレスレット、そして貴石オパールダイアルの新作|AUDEMARS PIGUET

AUDEMARS PIGUET|オーデマ ピゲミレネリーコレクションに新たに加えられた着け心地に優れるメタルブレスレットと、オパールフェイス2017年11月、オーデマ ピゲがドバイ・ウォッチウィークの開催に合わせ、ミレネリーコレクションの新作を発表した。2015年に発表されたホワイトゴールドケースとピンクゴールドケースのモデルにブレスレットを添えたもの、そしてコレクション初のオパールダイアルを採用したモデルである。Text by OZAKI Sayaka着ける者の個性を演出し、装いを一新させる新作オーデマ ピゲの「ミレネリー」新作は、2015年に発表されたホワイトゴールドとピンクゴールドのケースに、各々同素材のゴールドブレスレットを合わせたプレシャスモデルと、ミレネリーコレクションでは初となるオパールダイアルを採用した、計3種のモデルがラインナップした。前者2モデルにはダイヤモンドがセッティングされ、カボションセットのリュウズとともにエレガントな存在感をもたらしている。そしてポーラ...
「ミレネリー」に新色登場。スタイルに合わせて選ぶ楽しみを!|AUDEMARS PIGUET

「ミレネリー」に新色登場。スタイルに合わせて選ぶ楽しみを!|AUDEMARS PIGUET

AUDEMARS PIGUET|オーデマ ピゲ女性の装いに新たな一面をもたらす新色、そして新素材ストラップオーデマ ピゲの「ミレネリー」に新色、新素材ストラップが登場。その日のスタイルに合わせて簡単に付け替えを楽しめ、クラシックから意外性を演出したいシーンにまで、幅広く対応する。Text by YANAKA Tomomi着け心地にもこだわり、素材やカラーを豊富に用意オフセンターのダイアルデザインがアクセントとなっている「ミレネリー」。2015年に発表されたレディースモデルは、内から外へと発展するデザイン、そしてケースバックから文字盤側へと何層にも重なる自社製ムーブメントが鼓動を刻んでいく。クラシカルでありながら、個性的なフォルム、デザインを備え、女性モデルとしての強いアイデンティティを感じさせるこのスタイリッシュなウォッチに、新たな表情をもたらすストラップがリリースされた。着け心地にもこだわったストラップの素材は、ラバーやアリゲーターに加え、ドレッシーなサテン、ベルベットなど実に多...
新たに「ロイヤル オーク・フロステッドゴールド」限定モデルを発表  |AUDEMARS PIGUET

新たに「ロイヤル オーク・フロステッドゴールド」限定モデルを発表 |AUDEMARS PIGUET

AUDEMARS PIGUET|オーデマ ピゲ人気の「ロイヤル オーク・フロステッドゴールド」に200本限定の新モデル2016年11月にリリースして以来好評を博している「ロイヤル オーク・フロステッドゴールド」シリーズから、18KWGを用いた200本限定の新モデルが登場した。Text by NAKAYASU Akiraノン・ジュエリーにして、宝飾時計の領域に踏み込む輝きを放つオーデマ ピゲを代表するアイコンモデル「ロイヤル オーク」に誕生した“フロステッド ゴールド”は、フィレンツェ仕上げと呼ばれる、何十年も前に生み出され、主に小さなジュエリーピースに用いられてきた、風合いのある表面仕上げが特徴。先端にダイヤモンドを取り付けた専用工具で仕上げることで、金の表面に細やかなテクスチャーを施し、まるでダイヤモンドダストのような独特の輝きを放つ。その「ロイヤル オーク・フロステッドゴールド」から新たに発表された限定モデルは、ケースとブレスレットに18KWG、風防とケースバックに反射防止加工...
オーデマ ピゲ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|AUDEMARS PIGUET

オーデマ ピゲ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|AUDEMARS PIGUET

進化を続けるロイヤル オーク(1)今年のオーデマ ピゲには2つの傾向をみいだすことができる。一つは、創業以来手がけてきた複雑機構ミニッツリピーターの最先端モデル、もう一つはこれもやはり創業時から受け継がれてきた素材、イエローゴールドをロイヤル オークのデザインコードで発表した点だ。文/河田昭則旗艦モデルにふさわしいコレクションの充実もはやブランドを代表するコレクションとして不動の地位を占める「ロイヤル オーク」が、コレクションを大きく拡充している。まず、ケースを初めとする外装について。大きく注目したいのは、18Kイエローゴールドケースモデルの新展開である。近年、ゴールドモデルは、肌への馴染みのよいカラーということもあって、ピンクゴールドに人気が集まる傾向にあったが、古典的なラグジュアリーカラーであるイエローゴールドを大きく取り上げることで、近年の時計界における原点回帰の流れに一石を投じることになりそうだ。同時に、好対照なヴィヴィッドでカジュアルなカラーを、ロイヤル オーク オフショ...
50 件