特集|ダイバーズウオッチのスタイルを築いた、現存する世界最古の時計ブランド|BLANCPAIN

特集|ダイバーズウオッチのスタイルを築いた、現存する世界最古の時計ブランド|BLANCPAIN

BLANCPAIN|ブランパン現存する世界最古の時計ブランド、ブランパンの魅力モダンダイバーズウオッチのスタイルを築いた、現存する世界最古の時計ブランド「BLANCPAIN」(ブランパン)。その生い立ちから最新モデルまでを紹介。そして、ブランパンのヴィンテージモデルを愛用しているN.HOOLYWOODのデザイナー尾花大輔(おばな・だいすけ)氏に、ブランパンの魅力を語っていただいた。Vol.1 世界初のモダンダイバーズ「フィフティ ファゾムス」誕生のストーリー腕時計のなかでもとりわけ人気の高いダイバーズウオッチ。その元祖とされる世界初のモダンダイバーズモデルを開発、1953年に発表したのがBLANCPAINである。以降、すべてのダイバーズウオッチの規範となり、性能、品質の牽引役となってきた「フィフティ ファゾムス」は、今年、誕生から65年の節目を迎えている。ここでは改めて「フィフティ ファゾムス」が生まれた経緯、そしてブランドの歴史を振り返りたい。Vol.2 N.HOOLYWOOD尾...
ダイバーズウオッチのスタイルを築いた、現存する世界最古の時計ブランド|BLANCPAIN

ダイバーズウオッチのスタイルを築いた、現存する世界最古の時計ブランド|BLANCPAIN

BLANCPAIN|ブランパン短期集中連載 BLANCPAIN 第3回BLANCPAIN 2018年新作ハイライト2018年のBLANCPAINは、良質なデイリーコンプリケーションモデルが目立ちました。機械式時計の楽しみ、メカニズムの面白さを備えながら、日常生活で十分に使える耐久性と実用性を持たせたモデルです。価格の面でも、一流ラグジュアリーウオッチのなかではこなれたプライスゾーンで展開し、これまた使いやすさを押し出しています。時計をコレクトするのもいいですが、やはり使えばこそ発見があるもの。2018年の新作を改めて見返していくうちに、そんなブランドからのメッセージが聞こえてきました。Photographs by SHIBASAKI Fumito(donna)Text by TSUCHIDA Takashiグラマラスな魅力はそのまま、6時位置に大きくて見やすいデイト表示を搭載フィフティ ファゾムス ラージデイトムーブメント|自動巻き(Cal.6918B)ケース素材|チタニウムケース...
ダイバーズウオッチのスタイルを築いた、現存する世界最古の時計ブランド|BLANCPAIN

ダイバーズウオッチのスタイルを築いた、現存する世界最古の時計ブランド|BLANCPAIN

BLANCPAIN|ブランパン短期集中連載 BLANCPAIN 第2回N.HOOLYWOOD尾花氏が語る「フィフティ ファゾムス」の魅力(1)今年、東京で約8年ぶりのショーを開催し、改めてその実力を見せつけたN. HOOLYWOOD。ファッションシーンで絶大な人気を誇り、NYでも高評価を得ているN.HOOLYWOODのデザイナーとして活躍する尾花大輔(おばな・だいすけ)氏。彼の愛用の時計はBLANCPAINの「フィフティ ファゾムス MIL-SPEC 1」だ。1960年代製のヴィンテージモデルを1年半ほど前に手に入れたという。尾花氏が「フィフティ ファゾムス」に惹かれる理由をうかがった。Photographs by OHTAKI KakuText by KOIZUMI Yoko軍時計、その出自が心揺さぶる理由「僕は古着屋出身ということもあって、若いころから軍モノが大好きですし、とりわけヴィンテージアイテムには興味があります」と、尾花氏。ゆえに時計でも惹かれるのはヴィンテージのミリタ...
ダイバーズウオッチのスタイルを築いた、現存する世界最古の時計ブランド|BLANCPAIN

ダイバーズウオッチのスタイルを築いた、現存する世界最古の時計ブランド|BLANCPAIN

BLANCPAIN|ブランパン短期集中連載 BLANCPAIN 第1回世界初のモダンダイバーズ「フィフティ ファゾムス」誕生のストーリー腕時計のなかでもとりわけ人気の高いダイバーズウオッチ。その元祖とされる世界初のモダンダイバーズモデルを開発、1953年に発表したのがBLANCPAINである。以降、すべてのダイバーズウオッチの規範となり、性能、品質の牽引役となってきた「フィフティ ファゾムス」は、今年、誕生から65年の節目を迎えている。ここでは改めて「フィフティ ファゾムス」が生まれた経緯、そしてブランドの歴史を振り返りたい。Photographs by SHIBASAKI Fumito(donna)Text by KOIZUMI Yokoどんなに過酷な状況下でも絶対的な信頼を寄せられる時計としてダイバーズウオッチを身に着け、潜水するブランパンCEO(1950-1980)ジャン-ジャック・フィスター氏。フランスにて。©Blancpain1950年から30年間にわたり、BLANCPA...
“海の王者”とコラボレーションした「John John Florence Signature Series」|NIXON

“海の王者”とコラボレーションした「John John Florence Signature Series」|NIXON

NIXON|ニクソン定番4モデルをベースに展開サーフチャンピオン、ジョン・ジョン・フローレンスとNIXONがコラボレーションした「John John Florence Signature Series」。スポーティなルックスと機能が、サーフシーンを彩る。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)オレンジとブラックの配色がスポーティな雰囲気を放つ世界最高峰のサーフリーグ「WSL」が主催するWCT 2016シーズンのチャンピオンとなったJohn John Florence(ジョン・ジョン・フローレンス)。ハワイ生まれの彼は、繊細な感覚で波の動きを読み取り、まるで波を操るかのようにサーフィンをこなす。その様は“海の王者”といっても過言ではない。ジョン・ジョン・フローレンスとNIXON(ニクソン)がコラボレーションしたのが「John John Florence Signature Series」だ。「The Comp」、「The Ultratide」、「The Base ...
「U1」シリーズから新しいダイバーズウォッチが登場|SINN

「U1」シリーズから新しいダイバーズウォッチが登場|SINN

SINN|ジン高い強度と防水性が魅力の「U1」シリーズ 「ジン」のダイバーズウォッチで最も人気の高い「U1」シリーズからふたつの新作が登場。潜水艦に使われる鋼鉄にブラック・ハード・コーティングを施したヘビーデューティーなモデルだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)1000mという高い防水性を保証ドイツのウォッチブランド「SINN(ジン)」が展開する「U1」シリーズは、ジンのダイバーズの中で時・分・秒とデイト表示機構を搭載した、1000m防水という高スペックを誇るダイバーズモデル。今回登場した新作「U1.S」と「U1.S.E」は、ドイツ最新鋭の潜水艦Uボートの鋼鉄にブラック・ハード・コーティングを施したものだ。このブラック・ハード・コーティングとは、ジン独自のテギメント(表面硬化)加工をベースにブラックPVD加工を施すもので、色の変更だけでなく高い耐傷性を実現している。テギメントとは窒素を使用した浸炭加工を時計のケースに施すことで、鋼材の表面に炭素分子を拡散...
フォージドカーボンケースを採用したロックマンの新作ウォッチが登場|LOCMAN

フォージドカーボンケースを採用したロックマンの新作ウォッチが登場|LOCMAN

LOCMAN|ロックマン「STEALTH 300METRI CARBON CHRONOGRAPH」イタリアのウォッチブランド「ロックマン」のフォージドカーボンケースを採用する「ステルス 300メトリ カーボン クロノグラフ」が登場。クオーツ式クロノグラフと300m防水を実現したプロフェッショナルダイバーウォッチだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)デイリーユースにも使えるプロフェッショナルウォッチ1986年、イタリア・エルバ島でマルコ・マントバーニ氏が創業した「ロックマン」。真のイタリア製にこだわり、アルミニウムケースに天然ダイヤをセットした「ダイヤモンドアルミニオ」など画期的なモデルを展開してきた。現在ではケースも機械式ムーブメントも自社で製造するイタリア唯一のマニュファクチュールとなり、アジア、アメリカなど国際市場へのチャレンジも強化している。エルバ島エルバ島本社特に2003年にカーボンファイバーケースの時計を発表し、大きな話題となった。2014年には...
オーデマ ピゲ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|AUDEMARS PIGUET

オーデマ ピゲ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|AUDEMARS PIGUET

進化を続けるロイヤル オーク(1)今年のオーデマ ピゲには2つの傾向をみいだすことができる。一つは、創業以来手がけてきた複雑機構ミニッツリピーターの最先端モデル、もう一つはこれもやはり創業時から受け継がれてきた素材、イエローゴールドをロイヤル オークのデザインコードで発表した点だ。文/河田昭則旗艦モデルにふさわしいコレクションの充実もはやブランドを代表するコレクションとして不動の地位を占める「ロイヤル オーク」が、コレクションを大きく拡充している。まず、ケースを初めとする外装について。大きく注目したいのは、18Kイエローゴールドケースモデルの新展開である。近年、ゴールドモデルは、肌への馴染みのよいカラーということもあって、ピンクゴールドに人気が集まる傾向にあったが、古典的なラグジュアリーカラーであるイエローゴールドを大きく取り上げることで、近年の時計界における原点回帰の流れに一石を投じることになりそうだ。同時に、好対照なヴィヴィッドでカジュアルなカラーを、ロイヤル オーク オフショ...
価値ある時を愉しむ|SEIKO

価値ある時を愉しむ|SEIKO

SEIKO|セイコープロスペックス ダイバースキューバ トランスオーシャン価値ある時を愉しむ(1)2016年1月にデビューしたセイコー プロスペックス ダイバースキューバの新シリーズ、「TRANSOCEAN(トランスオーシャン)」。本格ダイバーズウオッチとしての機能とスタイリッシュかつスマートなデザインを併せ持った逸品は、本当の価値を知り、そして自分の時間を楽しむことができる男にこそ似合う。Photographs by KATAGIRI Shiro(TROLLEY)、KISHIDA KatsunoriHair & Make-up by ITOH SatoshiStyling by IKEDA NaokiText by COE Seikoh(POW-DER)撮影協力:the SOHO実用性と男のスタイルビジネスにおいて腕時計は正確な時刻を知るために必要不可欠な道具であると同時に個性や仕事の技量をアピールする小道具でもある。だからこそ腕時計選びは大切で難しいものだ。そこでこのト...
PANERAI|パネライが写真展「PASSION FOR THE SEA」を開催

PANERAI|パネライが写真展「PASSION FOR THE SEA」を開催

PANERAI|パネライパネライが写真展「PASSION FOR THE SEA」を開催イタリアンデザインとスイスの技術、そして海への情熱を融合させた時計ブランド オフィチーネ パネライは、6月14日(土)から6月22日(日)まで表参道ヒルズにてマリンフォトグラファー、矢部洋一(やべ・よういち)氏による写真展「PASSION FOR THE SEA」を開催する。Text by KUROMIYA Yuzuブランドの起源である、海への純粋な情熱を映し出す歴史的に海と深い繋がりをもつオフィチーネ パネライ。そのルーツは、イタリア海軍の供給業者として、高度な測定計器や精密機器の製造を手がけていた1900年初頭にさかのぼる。現在でも海に対する思いは強く、パネライ クラシックヨット チャレンジのスポンサーシップを通じて10年という長い年月をクラシックヨット文化の促進に尽力。また、スコットランドのフェアリーにあったファイフ造船所で1936年に建造されたバミューダケッチ、アイリーン号を4万時間以上...
『007』最新作でジェームズ・ボンドが着用、オメガのリミテッドモデル|OMEGA

『007』最新作でジェームズ・ボンドが着用、オメガのリミテッドモデル|OMEGA

OMEGA|オメガ『007 スペクター』でジェームズ・ボンドが着用のモデル世界的大ヒットシリーズ007の最新作『007 スペクター』が、2015年12月4日(金)より公開される。期待が高まるストーリーとともに注目を集めているのが、ジュームズ・ボンドを熱演するダニエル・クレイグが腕に纏う腕時計だ。スパイの「7つ道具」のひとつであり、物語のキーアイテムとなるモデルを紹介しよう。Text by NOGUCHI Minako死闘を繰り広げるボンドと運命をともにする新ガジェットかつてない壮大なスケールとアクションを展開しながら、ボンド自身の過去に迫る今作。少年時代を過ごした「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取るボンド(ダニエル・クレイグ)。その写真に隠された謎を解き明かすべく、単独でローマ、メキシコ、さらには氷雪のアルプス、灼熱のモロッコへと向かい、謎の核心に迫る。文字通り、体当たりのアクションで、ボンドの壮絶な死闘を鮮やかに演じたダニエル・クレイグ。その腕に装着されるのは、オメガの「...
本格的ダイバーズブランド「ラルフテック」が、日本上陸|RALF TECH

本格的ダイバーズブランド「ラルフテック」が、日本上陸|RALF TECH

RALF TECH|ラルフテック潜水艦の内部を模した10本限定モデルラルフテックというブランド名を聞いたことがなくても不思議ではない。スイスの新進ブランドであり、これまで日本では未展開だった。創業者は元フランス海兵潜水特殊部隊員であり、本格的なダイバーズウォッチをコレクションの中核としている。そんなコアな時計作りをおこなっているラルフ テックが、日本に上陸した。Text by KAWADA Akinori元プロダイバーが自らの経験に基づいて時計作りに邁進ラルフテックの創業は1998年。元フランス海軍の士官で、海兵潜水特殊部隊に所属してたフランク・フイーグ氏によって設立された新進の時計ブランドだ。歴史は浅いが、その内容は極めて濃密だ。創業者のキャリアを反映し、コレクションの中核は、ダイバーズだ。2005年7月には、フイーグ氏自身が第1号モデルである「WR1」を着用し、コルシカ沖で330mの世界潜水記録を達成している。2011年からは、現行のフラッグシップモデル「WRX」が、フランス国...
パネライの薄型ムーブ搭載の新モデルが登場|PANERAI

パネライの薄型ムーブ搭載の新モデルが登場|PANERAI

PANERAI|パネライ新ムーブ搭載の薄型モデルが登場(1)昨年、2014年のWATCHES & WONDERSでは、ブランド初の薄型自動巻きムーブメント、キャリバーP.4000とその搭載モデルを発表し、注目を集めたパネライ。今年の香港でも、薄型手巻きの新ムーブメント、キャリバーP.1000とその搭載モデル、さらに昨年発表のP.4000を搭載した「ラジオミール 1940」42mmケース初の自動巻きモデルも登場し、着けやすい薄型モデルがさらに充実した。またマニアには、DLCブラックコーティングされたルミノールのチタンケースのスペシャルモデルも見逃せない。Photographs & Text by SHIBUYA Yashihito天才ガリレオ・ガリレイに捧ぐ希少な限定モデルイタリアが生んだ科学者といえば、機械式時計の基本原理・振り子の等時性の法則を発見するなど、偉大な業績を残したガリレオ・ガリレイ。パネライはフィレンツェのガリレオ博物館を後援するなど、かねてから敬意を...
セイコーダイバーズウォッチ誕生50周年記念の限定モデルを発売|SEIKO

セイコーダイバーズウォッチ誕生50周年記念の限定モデルを発売|SEIKO

SEIKO|セイコー国産ダイバーズウォッチ誕生50周年記念JAMSTECスペシャルモデルを発売2015年に誕生から50周年を迎える国産ダイバーズウォッチ。もちろん、その先陣を切ったセイコーが、その節目にふさわしいダイバーズモデルが登場しているが、今回は日本の海洋研究のパイオニアであるJAMSTEC(海洋研究開発機構)をリスペクトする特別モデルが登場した。Text by KAWADA Akinori毎時3万6000振動の超ハイビート搭載の高性能ダイバーズ国立研究開発法人であるJAMSTEC(海洋研究開発機構)は、海と地球の環境、海底資源、地震のメカニズム、極限環境生物の研究を推進し、それらの研究のための探査機の技術開発や運用もおこない、地球深部探査船「ちきゅう」による科学掘削、有人潜水調査船「しんかい6500」による科学調査を実施する。わが国の海洋研究のパイオニアだ。セイコーが国産ダイバーズをはじめて完成させた1965年から2015年で、ちょうど50年を迎える。いくつかのメモリアルモ...
58 件