IWC

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)は、1868年にアメリカ人時計師のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが、ドイツとの国境沿いに位置するスイス・シャフハウゼンに創設したブランド。アメリカですでに実用化されていたオートメーション化をスイスの時計界にも導入し、より効率的で完成度の高い時計作りを目指していた。

この当時、既にシャフハウゼンにはヨハン・ハインリッヒ・モーザーによって大規模な発電施設があったことから、ジョーンズはシャフハウゼンを創業地として選んだといわれているが、ドイツ国境沿いに位置する地の利のため、同ブランドは質実剛健で高品位な時計製造を特徴とするようになる。

IWCが最も急速な成長を遂げたのは航空産業の発達が関係している。なかでも1930年代に開発した「パイロットウォッチ」は、第2次世界大戦中にイギリス空軍を始め、ドイツ、オーストリアの軍にも正式採用され、世界中のパイロットの憧れとなった。

その後もペラトン自動巻き機構や、2499年まで表示可能な永久カレンダー機構などの独自機構を次々と開発。また耐磁時計「インヂュニア」や、自社製ポケットウオッチにインスパイアされた「ポルトギーゼ」、高深度ダイバーズウォッチ「アクアタイマー」などの人気シリーズを次々と発表して、世界中の時計愛好家たちから高い支持を獲得している。

【創業年】1868年 【創業地】スイス、シャフハウゼン 【主なシリーズ名】インヂュニア、アクアタイマー、ポルトギーゼ、ダ・ヴィンチ 【問い合わせ先】IWC free15 0120-05-1868

『星の王子さま』シリーズに、トゥールビヨン搭載モデルがラインナップ|IWC

『星の王子さま』シリーズに、トゥールビヨン搭載モデルがラインナップ|IWC

IWC|アイ・ダブリュー・シー「ぼく」は考え、夜空を見上げる。夜空は笑顔で満ちているように見える……あの永遠の名作の世界観と、空への想いを時計に映した限定モデル『星の王子さま』シリーズとして知られるIWCの人気コレクションの中から発表された、SIHH2019の新作を紹介。「パイロット・ウォッチ」にコンスタントフォース・トゥールビヨンを初めて搭載したモデルだ。ムーンフェイズの月に、星の王子さまが佇む印象的なディテールにも注目だ。Text by KOIZUMI Yokoミッドナイトブルーの夜空へ、想いを込めて名作として名高い『星の王子さま』。作者はフランスの作家であり、パイロットのアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリだ。1900年に生まれた彼は、航空業界の黎明期、欧州-南米間の飛行航路開拓にも携わり、そのパイオニアとして活躍。1944年に亡くなるまで、飛ぶことへ情熱を傾けた。サン=テグジュペリの著作は、パイロットとしての体験に基づいており、飛行家と作家としての顔はコインの表裏のごとく、...
シンプルかつ抜群の使いやすさを誇る“ワールドタイム”|IWC

シンプルかつ抜群の使いやすさを誇る“ワールドタイム”|IWC

IWC|アイ・ダブリュー・シー往年の名機を使った、世界一周の旅路を応援する“スピットファイア”シリーズ限定モデルSIHH2019では、「パイロット・ウォッチ」コレクションの“スピットファイア”シリーズから新作が登場。なかでも独自のタイムゾーナー機構(ワールドタイム)を搭載した「パイロット・ウォッチ・タイムゾーナー・スピットファイア“ロンゲスト・フライト”」の操作の簡便さと時刻の読みやすさに注目したい。Text by KOIZUMI Yokoベゼルを押しながら回すのみ。ユーザビリティ重視の操作機構“スピットファイア”は、レジナルド J. ミッチェルによって設計され、1930年代から’40年代にかけて活躍した英国空軍の単発戦闘機である。最も洗練された戦闘機のひとつとして知られ、その卓越したパフォーマンスにより“傑作”と讃えられてきた。この戦闘機の名を冠した“スピットファイア”シリーズは、2003年にIWCに登場。そしてSIHH2019にて、新作5モデルが追加されるに至った。設計者ミッチ...
革新的なケース素材を採用した新たなる「トップガン」シリーズ|IWC

革新的なケース素材を採用した新たなる「トップガン」シリーズ|IWC

IWC|アイ・ダブリュー・シーセラミック+チタニウム。IWCが開発した新素材“セラタニウム”採用モデル近年の新作モデルの特徴は“ケースの質感”にある。質感は、金属の持つ本来のポテンシャルを高め、時計をさらに魅力的に見せる効果を発揮する。IWCがリリースした「トップガン」新作は、もちろん単なるブラックではない。新素材のマットな質感を生かした“黒”が魅力だ。Text by KOIZUMI Yoko時計メーカーが自ら開発した新素材“セラタニウム”とは!?「トップガン」とは米海軍戦闘機戦術教育プログラムの通称だ。この訓練プログラムは優秀なパイロットに対し、高度な戦術訓練を施すためのもので、その訓練内容は過酷を極める。そのため、着用する腕時計にはセラミックやチタニウムといった堅牢なケース素材が選ばれ、特別設計がなされている。SIHH2019で発表された「トップガン」シリーズでは、IWCが新規に開発したセラタニウム採用モデル「パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ・トップガン・セラタニウム」...
アイ・ダブリュー・シーのインヂュニアに粋なクラシカルな新モデル登場|IWC

アイ・ダブリュー・シーのインヂュニアに粋なクラシカルな新モデル登場|IWC

IWC|アイ・ダブリュー・シークラシック・モータースポーツの魅力を具現化した限定モデル去る3月19~20日、『第74回グッドウッド・メンバーズ・ミーティング』がイギリスの南海岸地方で開催された。この権威あるモータースポーツイベントにて発表されたのが、IWCシャフハウゼンの人気シリーズ『インヂュニア』の新作であった。Text by KOIZUMI Yoko最新ムーブメントとクラシカルな意匠の融合グッドウッド・メンバーズ・ミーティングとは、マーチ卿が所有する英国・南海岸地域にあるグッドウッド・ハウスの敷地内で、イギリス由緒あるカークラブであるブリティッシュ・オートモビル・レーシング・クラブが1949年から1966年までのあいだに71回開催していた会員限定のミーティングのこと。長く休止していたが、2014年に再開を果たし、以来、歴史的なメンバーズ・ミーティングの雰囲気が再現されている。IWCシャフハウゼンは2015年から公式タイミング・パートナーを務めており、同社が今年用意したのが、伝説...
アイ・ダブリュー・シー|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|IWC

アイ・ダブリュー・シー|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|IWC

IWC|アイ・ダブリュー・シー伝説を継承する新パイロット・ウォッチ(1)毎年のSIHHにおいて、中核コレクションの一つを、そっくりリニューアルしてしまうのが、IWCの通例となっている。今年は、言わば「パイロット・ウォッチ」の年であり、強力なラインナップが整備された。Text by KAWADA Akinoriパイロットウォッチの伝説再び今年は、どのコレクションがリニューアルされるか。この問いの回答を得ることは、IWCのブースを訪れる者には、ひとつの楽しみであり、今回はブース入口に、かつての英空軍の名戦闘機スピットファイアが、まるで航空博物館かのように天井から吊り下げられ、驚いた人も多いはずだ。2016年は「パイロット・ウォッチ・イヤー」。2012年以来となる、同コレクションの改編期に当たる。コレクションの中核となる「マーク」シリーズが「マークXVII」から「マークXVIII」へ世代が進み、同「クロノグラフ」にも、「ビッグ・パイロット・ウォッチ」にも、全般にビンテージ感を高めるデザイ...
新型ムーブメント搭載の「ポートフィノ」シリーズ完成|IWC

新型ムーブメント搭載の「ポートフィノ」シリーズ完成|IWC

IWC|アイ・ダブリュー・シー「ポートフィノ」シリーズに魅力的な新型モデル(1)2015年1月にジュネーブで開催されたSIHHでは、新製品発表に加えて、新工場の建設と新型ムーブメントの開発推進を高らかに宣言してファンの注目を集めたIWC。2014年のWATCHES & WONDERSでは、その宣言に先駆けて女性を本格的にターゲットにしたまったくあたらしい「ポートフィノ 37mm」コレクションを世界初公開した。そして2015年の香港でもIWCは、やはり「ポートフィノ」コレクションで、ムーブメントまで新型のふたつのメンズモデルを公開した。メゾン初のモノプッシャー・クロノグラフとデイ&デイトモデルだ。どちらもIWCらしいビッグサイズ、パワーリザーブ約8日間というロングリザーブの手巻きモデルで、時計愛好家にとっては見逃せない。Text by SHIBUYA Yasuhitoメゾン初のモノプッシャー・クロノグラフリューズの中央にあるプッシュボタンでストップウォッチ機構のスタート、スト...
神戸の正規時計宝飾店「カミネ元町店」がリニューアルオープン|KAMINE

神戸の正規時計宝飾店「カミネ元町店」がリニューアルオープン|KAMINE

KAMINE|カミネ神戸の正規高級時計宝飾専門店「カミネ」創業110周年を記念してカミネ元町店を全面改装来年で創業110周年を迎える神戸の正規高級時計宝飾専門店「カミネ」。そのなかでも開店16年目を迎える元町店が全面改装、2015年9月5日にリニューアルオープンする。Text by Hirumax高級機械式腕時計ブランドの最新什器を導入正規高級時計宝飾専門店カミネは神戸にトアロード本店、元町店、クロノメトリー店、旧居留地店、Bis店の5店舗を構えている。そのなかでもヨーロッパの洗練された高級時計店の雰囲気をもっているのが、この元町店だ。この秋、元町店は全面改装し、魅力的な店舗へと生まれ変わる。1階は、オーデマ ピゲやパネライ、IWCなど人気ブランドの最新ヴィジビリティを導入した最先端フロアに改装。今回フロアを拡張し、新設される2階のプライベートサロン内には、フランク ミュラーの『フューチャーフォーム』により最新のライフスタイルが提案される空間が誕生。カミネは来年、2016年に創業1...
IWC|作家、鈴木光司氏に訊く、機械式時計とヨットの魅力

IWC|作家、鈴木光司氏に訊く、機械式時計とヨットの魅力

IWC|アイダブリューシー「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ」と過ごすクルーズの旅作家、鈴木光司氏に訊く、機械式時計とヨットの魅力IWCにとって、2010年は「ポルトギーゼ」の年。生誕70周年という記念すべき年に向けて発表された新作「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ」が、今秋日本へと入荷を果たす。文=野上亜紀こだわりの機械式時計、生きる力を育てるヨットの旅1960~70年代に成功を収めた耐衝撃時計「ヨットクラブ」から発想を得た「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ」。この時計を愛用しているのが、作家の鈴木光司氏だ。鈴木氏はこのクロノグラフが見せる「大きくて、セクシー」な魅力に一目で惹かれたという。「長く愛用できるものを探していたところ、この時計と出会いました。迷いはありませんでしたね。ヨットで持つ時計はクォーツではなく機械式時計、と決めています。人間の身体でできることにかんしてはなるべく自分の力でおこないたいから、電動には頼らないんですよ。だからカーナビも使いま...
IWC|ボルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール・レトログラード

IWC|ボルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール・レトログラード

IWC|アイ・ダブリュ・シーPortuguese Tourbillon Mystère Retrogradeボルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール・レトログラード文=渋谷康人トゥールビヨンにくわえて、レトログラード・デイト機構を搭載まるで空中に浮いているように見える、1分間に1回転する12時位置のトゥールビヨンで2008年のS.I.H.H.の話題をさらった「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール」の後継・発展モデル。トゥールビヨンと3時位置のパワーリザーブ・インジケーターにくわえ、7時と8時のインデックスのあいだに回転軸をもつレトログラード・デイト機構をあらたに搭載。レトログラード針は1日から31日を表示し、31日から1日を迎えたときに自動的に1日にリセットされる。特筆すべきは、小の月や2月に必要になる日付の早送りをはじめ、すべての操作がリュウズひとつで可能なこと。またあらたにレトログラード・デイト表示機構を追加しながら、「トゥールビヨン・ミステール」同様に7日間のロングパワー...
53 件