MERCEDES-BENZ

自動車の歴史をひもとくとき、その先駆者として辿りつくのがゴットリープ・ダイムラーとカーツ・ベンツというふたりのドイツ人だ。1885年から86年にかけて、このふたりが別々にガソリン自動車を生みだし、クルマ社会の礎を築いたことは、いまさら説明するまでもない。それぞれが興した自動車会社はライバルと目されていた時期もあったが、第一次世界大戦後の不況を乗り切るために手を結び、1926年に合併によってダイムラー・ベンツ社が設立されている。 製品に与えられるメルセデスの名は、ダイムラーの顧客であったエミール・イェリネックが、ドイツ国外での販売を引き受けるかわりに長女の名前をつけさせたのがはじまりで、1902年にはダイムラー社により商標登録されている。 こうして生まれた、メルセデス、そして、Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)は、その後もセーフティパッセンジャーセル、エアバッグ、ESP(エレクトリック・スタビリティ・プログラム)、ナイトビューといった最新技術を積極的に導入するなど、自動車発展の牽引役として常に時代の先頭を走り続けているのだ。

最高のコンサートのごとく──コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2022が開催| Concorso d’Eleganza Villa d’Este

最高のコンサートのごとく──コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2022が開催| Concorso d’Eleganza Villa d’Este

イタリア北部、世界的な高級リゾートとして知られるコモ湖のほとりを舞台に開催される「コンコルソ デレガンツァ ヴィラ・デステ」、通称「ヴィラ・デステ コンクール」が2022年も開催された。現存する世界最古の自動車コンクールを、イタリア在住のジャーナリスト、大矢アキオ氏がリポートする。
クオリティ抜群! いまだから乗ってみたい80年代のドイツ車5選

クオリティ抜群! いまだから乗ってみたい80年代のドイツ車5選

いま、1980年代のドイツ車が人気だという。当時、青春時代にドイツ車に憧れた世代のみならず、若い層にもファンが多いという。まだコストよりも理念を大切に設計・生産されていた当時のドイツ車には、いまのクルマにはない魅力が凝縮しているからだろう。ここでは、OPENERSがお勧めする、いまこそ乗りたい80年代のドイツ車5選をお送りする。
パレス スケートボードとのカプセルコレクションを記念したアートカーが東京に上陸|Mercedes Benz

パレス スケートボードとのカプセルコレクションを記念したアートカーが東京に上陸|Mercedes Benz

メルセデスAMGと、イギリス発のストリートウエアブランド「PALACE SKATEBOARDS(パレス スケートボード)」は、共同ブランディングした「カプセルコレクション」の第二弾を発表。このコレクションを記念し、スペシャルデザインを施したアートカー「メルセデスAMG G63パレス エディション スペースホース東京」が六本木の「メルセデス ミー東京」で一般公開され、車両はオークションで販売される。
メルセデス・ベンツ、Vクラスを一部改良し、最上級グレードを導入|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ、Vクラスを一部改良し、最上級グレードを導入|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、「Vクラス」を改良するとともに、新たな最上級グレードとなる「V 220dエクスクルーシブ ロング プラチナスイート」を追加し、販売を開始した。
メルセデス・ベンツCクラスにエントリーグレードの「C180 アバンギャルド」を追加|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツCクラスにエントリーグレードの「C180 アバンギャルド」を追加|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、「Cクラス」のエントリーモデルとして「C 180アバンギャルド」のセダンとステーションワゴンを追加し、販売を開始した。デリバリーは2022年3月ごろが予定されている。
改良型エアサスペンションを設定した「メルセデス AMG GT 4ドアクーペ」が日本でも発売|Mercedes AMG

改良型エアサスペンションを設定した「メルセデス AMG GT 4ドアクーペ」が日本でも発売|Mercedes AMG

メルセデス・ベンツ日本は、一部改良した「メルセデス AMG GT 4ドアクーペ」の日本導入を発表。予約受注を開始した。
メルセデス・ベンツ Cクラスに初のクロスオーバーモデル「オールテレイン」が誕生|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ Cクラスに初のクロスオーバーモデル「オールテレイン」が誕生|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、Cクラスの3番目のボディタイプとなる「C 220d 4MATIC オールテレイン」の販売を開始した。
新型メルセデス ベンツ Cクラスに試乗──ものすごくパワフルで期待以上にスポーティ|Mercedes Benz

新型メルセデス ベンツ Cクラスに試乗──ものすごくパワフルで期待以上にスポーティ|Mercedes Benz

5代目へとフルモデルチェンジを受け、日本にも2021年6月に導入された新型メルセデス・ベンツCクラス。Sクラス譲りとなる先進のインフォテイメントシステムや内外装、そして最新の電動化パワートレーンが採用され大きく進化した同モデルに試乗した。
メルセデス、CLSのデザインをアップデートし、快適装備を追加|Mercedes Benz

メルセデス、CLSのデザインをアップデートし、快適装備を追加|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は9月9日、4ドアクーペ「CLS」をアップデートし、予約受注を開始した。また、CLSの発表を記念した特別仕様車「メルセデスAMG CLS 53 4MATIC+エディション1」も世界300台限定で設定。日本では「カシミアホワイトマグノ」が30台、「セレナイトグレー」が20台の計50台限定で販売される。
新型Sクラス譲りの新技術が盛りだくさん──メルセデス・ベンツ、新型Cクラスを発表|Mercedes Benz

新型Sクラス譲りの新技術が盛りだくさん──メルセデス・ベンツ、新型Cクラスを発表|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は6月29日、フルモデルチェンジした新型Cクラス(セダン/ステーションワゴン)を発表し、7月下旬からC 200とC 220 d 各モデルの先行予約の受付を開始すると発表した。
メルセデスのコンパクトカー初のPHEVモデルが登場「A 250 e」|Mercedes Benz

メルセデスのコンパクトカー初のPHEVモデルが登場「A 250 e」|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、「Aクラス」にプラグインハイブリッド(PHEV)の「A 250 e」と「A 250 eセダン」を追加。販売を開始した。
メルセデス、Gクラスにアップデート版ディーゼルを搭載するG 400 dを導入|Mercedes Benz

メルセデス、Gクラスにアップデート版ディーゼルを搭載するG 400 dを導入|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、「Gクラス」にアップデートされた直列6気筒のディーゼルエンジンを搭載する「G 400 d」を追加。販売を開始した。
箱根を走るのが実に楽しいクルマに──新型メルセデス・ベンツSクラスに試乗|Mercedes Benz

箱根を走るのが実に楽しいクルマに──新型メルセデス・ベンツSクラスに試乗|Mercedes Benz

1972年のデビュー以来、メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルとして、そしてフルサイズセダンの“メートル原器”として君臨しつづけてきた「Sクラス」。その7代目として2021年1月に日本に導入された最新モデルに試乗した。
GLCとGLCクーペにスポーティなエクステリアの特別仕様車が登場|Mercedes Benz

GLCとGLCクーペにスポーティなエクステリアの特別仕様車が登場|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、ミドルサイズSUV「GLC」と「GLCクーペ」に特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC スポーツ ライン エディション」を設定。受注を開始した。
メルセデス・ベンツのピュアEV第二弾EQAがローンチ|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツのピュアEV第二弾EQAがローンチ|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、EQCに続くピュアEV第二弾となる「EQA」を発表。販売を開始した。
1,077 件