MERCEDES-BENZ

自動車の歴史をひもとくとき、その先駆者として辿りつくのがゴットリープ・ダイムラーとカーツ・ベンツというふたりのドイツ人だ。1885年から86年にかけて、このふたりが別々にガソリン自動車を生みだし、クルマ社会の礎を築いたことは、いまさら説明するまでもない。それぞれが興した自動車会社はライバルと目されていた時期もあったが、第一次世界大戦後の不況を乗り切るために手を結び、1926年に合併によってダイムラー・ベンツ社が設立されている。 製品に与えられるメルセデスの名は、ダイムラーの顧客であったエミール・イェリネックが、ドイツ国外での販売を引き受けるかわりに長女の名前をつけさせたのがはじまりで、1902年にはダイムラー社により商標登録されている。 こうして生まれた、メルセデス、そして、Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)は、その後もセーフティパッセンジャーセル、エアバッグ、ESP(エレクトリック・スタビリティ・プログラム)、ナイトビューといった最新技術を積極的に導入するなど、自動車発展の牽引役として常に時代の先頭を走り続けているのだ。

メルセデスAMGに48V電気システムと電気モーターを初採用したSUV3モデルが登場 |Mercedes-Benz

メルセデスAMGに48V電気システムと電気モーターを初採用したSUV3モデルが登場 |Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ日本は、「AMG GLE 63 S 4MATIC+」、「AMG GLE 63 S 4MATIC+クーペ」、「AMG GLS 63 4MATIC+」の3台のSUVを発表。販売を開始した。
メルセデス ミー東京が光り輝く六本木をめぐる「イルミネーションクルーズ」を開催|Mercedes Bemz

メルセデス ミー東京が光り輝く六本木をめぐる「イルミネーションクルーズ」を開催|Mercedes Bemz

メルセデス・ベンツのブランド発信拠点「メルセデス ミー東京」では、イルミネーションで光輝く六本木の街を特別なコースで巡る「イルミネーションクルーズ2020」を2020年11月14日(土)から12月25日(金)までの予定で開催している。
メルセデス、GLAに2つのハイパフォーマンスモデルを追加|Mercedes Benz

メルセデス、GLAに2つのハイパフォーマンスモデルを追加|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、SUV「GLA」に2つのハイパフォーマンスモデル「AMG GLA 35 4MATIC」と「AMG GLA 45 S 4MATIC+」を発表。販売を開始した。
メルセデス・ベンツ、新型Eクラスのクーペとカブリオレを発表|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ、新型Eクラスのクーペとカブリオレを発表|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本はマイナーチェンジしたEクラスのクーペとカブリオレを発表し、予約注文の受付を開始した。
メルセデス・ベンツCLSのインフォテインメントシステムと安全装備が進化|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツCLSのインフォテインメントシステムと安全装備が進化|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、4ドアクーペ「CLS」の装備を一部改良し、販売を開始した。
メルセデス、Aクラスをはじめコンパクトモデルに安全運転支援システムを標準装備|Mercedes Benz

メルセデス、Aクラスをはじめコンパクトモデルに安全運転支援システムを標準装備|Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、コンパクトモデルにオプション設定していた安全運転支援システム「レーダーセフティパッケージ」を標準装備すると発表。予約注文の受付を開始した。
特別なボディカラーをまとったGクラスの特別仕様車が登場| Mercedes Benz

特別なボディカラーをまとったGクラスの特別仕様車が登場| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は7月27日、2018年に生まれ変わったSUV「Gクラス」の特別仕様車「メルセデス・ベンツG350d マヌファクトゥーア エディション」「メルセデスAMG G63 マヌファクトゥーア エディション」を発表した。納車は今年8月以降を予定している。
メルセデスAMG GT 4ドアクーペをアップグレード| Mercedes Benz

メルセデスAMG GT 4ドアクーペをアップグレード| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本はメルセデスAMGの「GT 4ドアクーペ」の装備を一部改良し、販売を開始した。
Vクラスに安全運転支援システムなどを標準装備| Mercedes Benz

Vクラスに安全運転支援システムなどを標準装備| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は、「Vクラス」に安全運転支援システムを標準装備するなどの一部改良を実施し販売を開始した。
メルセデス・マイバッハSクラスに10台限定の特別仕様車 グランドエディション登場| Mercedes Benz

メルセデス・マイバッハSクラスに10台限定の特別仕様車 グランドエディション登場| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は6月26日、プレステージモデルのメルセデス・マイバッハSクラスに10台だけの特別仕様限定モデル「メルセデス・マイバッハSクラス グランドエディション」を設定し、同日から販売を開始した。
メルセデス・ベンツ、9車種目のSUV「GLB」を投入| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ、9車種目のSUV「GLB」を投入| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は6月25日、同社のSUVとしては9車種目となる「GLB」を発表し、同日から予約注文を受け付けるとした。ラインアップは「GLB20d」と「GLB250 4MATICスポーツ」の2つで、納車は7月ごろを予定している。
メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」がフルモデルチェンジ| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」がフルモデルチェンジ| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ日本は6月25日、コンパクトSUVの「GLA」をフルモデルチェンジし、同日から予約注文を開始、7月ごろから納車を開始すると発表した。
SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

地球温暖化に対する早急な対策が世界的な課題となり、温室効果ガス排出量に対する欧米を中心とした規制が厳しさを増す昨今。EVやPHV、ハイブリッド車など、環境への負荷の少ないクルマへシフトする動きがますます顕著化している。そんな時代において、クルマ好きとしてどんなクルマに乗るべきなのだろうか。自動車ライターの南陽一浩氏が解説する。
メルセデス・ベンツ、フルモデルチェンジした新型「GLEクーペ」を発表| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツ、フルモデルチェンジした新型「GLEクーペ」を発表| Mercedes Benz

メルセデス・ベンツは6月11日、新型SUVクーペの「GLEクーペ」を発表し、同日から予約注文を開始した。納車は6月下旬から順次始まる予定という。
メルセデス・ベンツGLEに高性能なAMG GLE 53 4MATIC +(ISG搭載モデル)を追加|Mercedes AMG

メルセデス・ベンツGLEに高性能なAMG GLE 53 4MATIC +(ISG搭載モデル)を追加|Mercedes AMG

メルセデス・ベンツ日本はSUVシリーズの中核モデルGLEに高性能バージョンの「AMG GLE 53 4MATIC +」を追加し、予約注文を開始、6月以降に納車を開始すると発表した。
1,058 件