内外装をブラックで統一したAMG G 63を期間限定で受注|Mercedes-AMG

内外装をブラックで統一したAMG G 63を期間限定で受注|Mercedes-AMG

Mercedes-AMG G 63 Edition Matt Black|メルセデスAMG G 63 エディション マット ブラック内外装をブラックで統一したAMG G 63を期間限定で受注メルセデス・ベンツ日本は4月15日(月)、「Gクラス」に特別仕様車「AMG G 63 エディション マット ブラック」を設定。5月12日(日)までの期間限定で受注し、デリバリーは4月下旬以降から順次予定されている。Text by YANAKA Tomomiクールなマットブラックとトップ パフォーマンスモデルAMG G 63との融合昨年6月に、1979年の誕生以来、初のフルモデルチェンジが実施された「Gクラス」に期間限定の特別仕様車「AMG G63 エディション マット ブラック」が登場した。エクステリアには、通常設定のないデジーノ マグノナイト ブラックと22インチ マットブラック ホイールを採用。さらにAMGナイト パッケージをあしらい、クロームや前後バンパーのアクセント、スペアタイヤ カバー...
最新Gクラスにディーゼルモデルを追加|Mercedes-Benz

最新Gクラスにディーゼルモデルを追加|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz G 350 d|メルセデス・ベンツ G 350 d最新Gクラスにディーゼルエンジンモデルを追加メルセデス・ベンツ日本は「Gクラス」にディーゼルエンジンモデル「G 350 d」を追加し、予約受注を開始した。デリバリーは7月頃が予定されている。Text by YANAKA Tomomi3.0リッター直列6気筒ターボの「OM656」を導入1979年にクロスカントリー ビークルとして誕生し、長きにわたり基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままにパワートレーンや装備を刷新させてきた「Gクラス」。昨年、モデルチェンジを受け大幅にアップデートされたのも記憶に新しい。そんな最新のGクラスにディーゼルモデルが追加された。エンジンは「S 400 d」などに搭載されている3.0リッター直列6気筒ターボの「OM656」で、欧州において導入されているRED(実路走行試験)規制に適合するなど、環境性能も併せもつとメルセデス・ベンツでは謳う。スペックは、最高出力が210kW(28...
メルセデス・ベンツ「Gクラス」の新型を発表|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ「Gクラス」の新型を発表|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz G Class|メルセデス・ベンツ GクラスMercedes-AMG G 63|メルセデスAMG G 63メルセデス・ベンツ「Gクラス」の新型を発表メルセデス・ベンツ日本はオフローダーモデル「Gクラス」の新型を発表し、注文受付を開始した。納車は8月下旬以降を予定している。Text & Photographs by UCHIDA Shunichiまずは2モデル導入日本に導入されるのは「G 550」とメルセデスAMG「G 63」(以下G 63)の2モデルで、どちらも4リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載。G 550のM176型エンジンは、最高出力422ps、最大トルクは610Nmで気筒休止システムを採用。G 63のM177型は585ps、850Nmを発生し、先代よりプラス14ps、プラス+90Nmとなる。2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置するホットインサイドVレイアウトとし、エンジンを可能な限りコンパク...
新型メルセデス・ベンツGクラスに試乗|Mercedes-Benz

新型メルセデス・ベンツGクラスに試乗|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz G class|メルセデス・ベンツGクラス最強のクロスカントリー型4WD現行モデルのなかで世界最長寿の1台、メルセデス・ベンツ「Gクラス」が39年ぶりにフルモデルチェンジ。先ごろ南仏で試乗会が行われた。その様子を小川フミオ氏がリポートする。Text by OGAWA Fumio守るべきところは守ったモデルチェンジ「Gクラス」はこれまで何度も“変わる変わる”と噂されていただけに、どう変わるのか!と大きな注目を集めてきた。はたして2018年初頭にデトロイトで開催された北米国際自動車ショーでお披露目された新型は、意外なほど従来と同じ見かけだった。3月の「ジュネーブ国際モーターショー」では、メルセデスAMGの「G63」がお目見え。では実際に乗るとどうなのか。興味が募ったところでの、今回の試乗会は、ぼくにとって、たいへん意義あるものだった。新型Gクラスの特徴を一言でいうと、守るべきところは守ったモデルチェンジ、となるだろうか。ラダーフレームシャシーは継承。Cリング...
メルセデス・ベンツが現行Gクラス最後の特別仕様車を発売|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツが現行Gクラス最後の特別仕様車を発売|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz G 350 d Heritage Edition|メルセデス・ベンツ G 350 d ヘリテージ エディションMercedes-Benz G 550 designo Magno Edition|メルセデス・ベンツ G 550 デジーノマグノ エディションメルセデス・ベンツが現行Gクラス最後の特別仕様車を発売メルセデス・ベンツ日本は4月4日、現行型「Gクラス」としては最後となる特別仕様車「G 350 d ヘリテージ エディション」、「G 550 デジーノ マグノ エデイション」を発表し、同日から台数限定で販売を開始した。Text by HARA Akira日本限定ヘリテージエディション「G 350 d ヘリテージエディション」は、V型6気筒3.0リッター ディーゼル ターボを搭載したG 350 dがベースで、1979年にデビューしたGクラス39年のヘリテージをモチーフとした日本限定の特別仕様車。ボディカラーはこれまで特に人気の高かった5色を設定し、プロフェ...
メルセデスGクラス、40年ぶりのフルモデルチェンジ|Mercedes-Benz

メルセデスGクラス、40年ぶりのフルモデルチェンジ|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz G-Class|メルセデス・ベンツ Gクラス長年の進化を一気に果たすメルセデスGクラス、40年ぶりのフルモデルチェンジメルセデスは今年1月、デトロイトで開催中の2018年北米国際モーターショー(NAIAS)で、実に40年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型Gクラスを発表した。Text by SAKURAI Kenichiゲレンデヴァーゲン、第2世代へ実に約40年もの長きにわたり、世界中のカスタマーから高い支持を得てきた、孤高のSUVたるメルセデス・ベンツの“ゲレンデヴァーゲン”。発表当時はSUVというカテゴライズさえない時代であり、したがって今改めて見れば、タフでただただ走破性のみを求めた本格的な4駆モデルであったことが分かる。ゲレンデヴァーゲンは、メルセデス・ベンツと、オーストリアのシュタイア・プフ社との共同開発によって、軍用車両として企画されたモデルだった。それを民生用車両として転用したのがゲレンデヴァーゲンである。1979年市販当時の型式はW460。...
Gクラスに2種類の特別仕様車|Mercedes-Benz

Gクラスに2種類の特別仕様車|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz G 350 d designo manufaktur Editionメルセデス・ベンツ G 350 d デジーノ マヌファクトゥーア・エディションMercedes-AMG G 63 Exclusive EditionメルセデスAMG G 63 エクスクルーシブ エディションGクラスに2種類の特別仕様車メルセデス・ベンツ日本は11月21日(火)、クロスカントリービークル「Gクラス」に特別仕様車「G 350 d デジーノ マヌファクトゥーア エディション」を限定200台、「AMG G 63 エクスクルーシブ エディション」を63台限定で設定。販売を開始した。Text by YANAKA TomomiG 63モデルのボディカラーはマットな「モンツァグレーマグノ」1979年の発売以来、基本的なスタイリングを変えることなく、パワートレインや装備を刷新しながら進化をつづけてきた「Gクラス」に2種類の特別仕様車が登場した。最高出力180kW(245ps)、最大トルク6...
メルセデスAMG G 65の装備変更|Mercedes-AMG

メルセデスAMG G 65の装備変更|Mercedes-AMG

Mercedes-AMG G 65|メルセデスAMG G 65メルセデスAMG G 65の装備変更メルセデス・ベンツ日本は、装備内容を充実したオフローダー、メルセデスAMG「G65」の注文を、2017年9月26日から12月末日までの期間限定で受け付けると発表した。Text by OPENERS3,000通りのカスタマイズが可能、価格は3,900万円メルセデス・ベンツ「Gクラス」は、1979年の発売以来、基本的スタイリングや堅牢なボディはそのままに、常に最適のパワートレインや装備を追加しながら進化してきた同社のSUVラインナップを代表する最高級クロスカントリービークルだ。中でもメルセデスAMG「G 65」は、AMG製6.0リッターV型12気筒ツインターボ エンジンを搭載した最もパワフルなモデル。今回の変更では、専用ボディカラーや専用インテリアカラー、トリムを追加し、3,000通り以上のカスタマイズができるほか、通常では設定のない専用のオプションパッケージが選択可能になった。エクステリ...
メルセデスAMG G 63にAMG創立50周年の特別仕様車|Mercedes-AMG

メルセデスAMG G 63にAMG創立50周年の特別仕様車|Mercedes-AMG

Mercedes-AMG G 63 50th Anniversary Edition|メルセデスAMG G 63 50th アニバーサリー エディションメルセデスAMG G 63にAMG創立50周年の特別仕様車メルセデス・ベンツ日本はSUV「Gクラス」のハイパフォーマンスモデル「G 63」に、AMG設立50周年を記念した特別仕様車「AMG G 63 50th アニバーサリー エディション」を設定。50台限定で販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi4色の内装カラーから選択が可能1979年の発売以来、スタイリングをほぼ変えることなく、パワートレーンや内装のみ進化させ、「ゲレンデヴァーゲン」の愛称でも親しまれてきたGクラスに、AMGが誕生してから半世紀を迎えることを祝した特別仕様車が発表された。AMGは設立当初、メルセデス・ベンツの市販車をベースに独自の改良を施したレーシングマシンを製造。1988年からはメルセデスのトップパフォーマンスモデルの開発とエンジンの生産など...
Gクラスに最新インフォテイメントを導入|Mercedes-Benz

Gクラスに最新インフォテイメントを導入|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz G Class|メルセデス・ベンツ G クラスMercedes-AMG G 63|メルセデスAMG G 63Mercedes-AMG G 65|メルセデスAMG G 65Gクラスに最新インフォテイメントを導入メルセデス・ベンツ日本は11日、SUV「Gクラス」の仕様変更を発表した。Text by YANAKA Tomomi足元をスポーティに演出するブラックホイールも採用1979年の発売以来、基本的なスタイリングを変えることはないものの、パワートレーンなどは時代に合わせて進化してきた「Gクラス」。今回の仕様変更では、足回りやインフォテイメントを中心に仕様変更が行われた。インフォテイメントでは、最新の「COMANDシステム」を全モデルに標準装備。8インチのディスプレイの「COMANDシステム」には、カーナビゲーションやラジオ、テレビ、オーディオはもちろん、スマートフォンと連動できるApple CarPlayやAndroid Autoにも対応。ビデオやハンズフリ...
メルセデス・ベンツ G550に試乗|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ G550に試乗|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz G550|メルセデス・ベンツ G550メルセデス・ベンツ G550に試乗世界中のセレブリティたちから愛される理由1979年のデビュー以来、ほぼ変わらぬ姿とメカニズムを踏襲しながら現役であり続けているGクラス。同モデルに、初にして唯一となる電子制御式ダンパーが与えられているのが「G550」である。その進化を確かめるべく、大谷達也氏が試乗した。Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayuki最近のSUVとはまったく別の発想で作られている「メルセデスGクラスはNATO軍のために開発された」みたいな話をたまに耳にするけれど、もともとは一般ユーザー用として企画されたものが、その抜群のポテンシャルを見込まれて各国の軍隊に次々と採用されていったというほうが真相に近いようだ。もっとも、あのいかにも頑丈そうなフレームや足回り、そして無骨ながらも圧倒的な存在感を放つ佇まいを見れば、軍事用から民生用に転用されたと言いたく...
Gクラスの頂点に立つ希少な特別仕様車|Mercedes-AMG

Gクラスの頂点に立つ希少な特別仕様車|Mercedes-AMG

Mercedes-AMG G 65 Edition 463|メルセデスAMG G 65エディション 463Mercedes-AMG G 63 Edition 463|メルセデスAMG G 63エディション 463Gクラスの頂点に立つ希少な特別仕様車メルセデス・ベンツ日本は17日、「Gクラス」の特別仕様車で3台限定の「AMG G 65エディション 463」と、93台限定の「AMG G 63エディション 463」を発売。デリバリーはいずれも9月以降を予定している。Text by YANAKA Tomomi6リッターV12ツインターボと5.5リッターV8ターボの2モデル1979年の発売以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに進化し続けてきたGクラス。そのGクラスの開発コードである「463」を冠し、クラスの頂点に立つ希少な特別仕様車が発表された。メルセデスAMG「G 65 エディション463」は、「G 65」がベース。6リッターV12ツインターボエンジンは、最高出力463kW(...
Gクラスに期間限定モデル「G 550 4×4²」を設定|Mercedes-Benz

Gクラスに期間限定モデル「G 550 4×4²」を設定|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz G 550 4x4 squared|メルセデス・ベンツ G 550 4×4 ²Gクラスに期間限定モデル「G 550 4×4²」を設定メルセデス・ベンツ日本は、2016年4月4日、最上級クロスカントリーモデルである「Gクラス」に特別仕様車「G 550 4×4²」を設定することを発表した。限定数は設けられていないが、2016年4月4日-5月31日の期間限定受注となる。Text by OHTO YasuhiroG 63 AMG 6x6xの技術を活かした特別なG 5501979年の発売以来、アップデートを繰り返すことで一度もフルモデルチェンジされることなく世に送り出されている「Gクラス」。その37年の歴史の中で培われた特殊車両技術を惜しみなく投入した、最強のオフローダーが生み出された。それが特別仕様車「G 550 4×4²」だ。昨年、同様に特殊車両技術を応用した「G 63 AMG 6×6」が限定発売されたが、あちらは6輪車のピックアップ仕様。今回は、あくまでもベ...
特別な5色をまとう50台限定のG 63特別仕様車|Mercedes-AMG

特別な5色をまとう50台限定のG 63特別仕様車|Mercedes-AMG

Mercedes-AMG G 63 CrazyColor Limited|メルセデスAMG G 63クレイジーカラー リミテッド特別な5色をまとう50台限定のG 63特別仕様車メルセデス・ベンツ日本は8日、SUV「Gクラス」に、スペシャルな5色のボディカラーをあしらった特別仕様車「G 63 クレイジーカラー リミテッド」を発表。全国28カ所のAMGパフォーマンスセンターをつうじ、全色合計50台限定で販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi特別色とブラックとの刺激的なコントラスト1979年の発売以来、フルモデルチェンジをおこなわず、ほとんど変わることのないスタイリングと堅牢なボディが「ゲレンデヴァーゲン」という愛称で愛されつづけてきたGクラス。武骨ともいえるエクステリアでありながら、その時代にあわせた最適なパワートレーンや装備をくわえてきた歴史ある1台に特別仕様車が登場した。ベースとなるのは、AMG製の5.5リッターV8エンジンが、最高出力400kW(544ps)、...
ディーゼルのGクラスに、モノトーンの限定車|Mercedes-Benz

ディーゼルのGクラスに、モノトーンの限定車|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz G 350 BlueTEC Edition ZEBRAメルセデス・ベンツ G 350 ブルーテック エディション ゼブラディーゼルのGクラスに、モノトーンの限定車メルセデス・ベンツ日本は、クロスカントリー「G クラス」のなかでもディーゼルエンジンを搭載した「G 30 ブルーテック」に、ホワイトとブラックのコントラストでシックに装った特別仕様車「エディション ゼブラ」を設定。9月2日より予約を開始した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)インテリアにはdesginoレザーを採用一昨年、23年ぶりに日本に上陸した「Gクラス」のディーゼルモデル「G 350 ブルーテック」に、コントラストがきわだつエクステリアやラグジュアリーな内装を奢った限定モデル「G 350 ブルーテック エディション ゼブラ」が登場する。エディション ゼブラの外装色はベースにdesginoミスティックホワイトIIを採用。そこにオブシディアン ブラックのA...
33 件