PIAGET

1874年の創業以来ラグジュアリーの真髄をはぐくんできたピアジェ。創業当初は時計のムーブメント設計と製造を専門にしていたものの、1960年代には時計製造を一貫しておこなうマニュファクチュールとして大きな成長を遂げた。極薄ムーブメントを生み出すなど技巧の幅が大きくなったことにより、画期的で優美な宝飾時計を世に送り出し、それは革新的なジュエリーコレクション誕生へと発展してゆく。

極薄ムーブメントのパイオニアともいえるピアジェは、1957年の手動巻「9P」と1960年の自動巻「12P」という、当時それぞれのカテゴリーでもっとも薄いムーブメントを開発したことにより、その名声を不動のものとする。現在ピアジェの持つ35個の自社製キャリバーのうち23個が薄型タイプであり、その優れた技術とチャレンジ精神が、今日のピアジェのアイデンティティとなっているといっても過言ではないだろう。

現在は発祥の地であるラ・コート・オ・フェと現在本社があるジュネーブの工房で「常に必要以上に良いものをつくる」という創業者ジョルジュ・エドワール・ピアジェのモットーに、熟練した時計職人と宝飾職人が一丸となり実践。ジュエリーウォッチや薄型ゆえに実現するエレガントなドレスウォッチなどを生み出し、マニュファクチュールとして、またジュエラーとしてのピアジェの魅力を発信しつづけている。

【創業年】1874年 【創業地】スイス、ラ・コート・オ・フェ 【主なシリーズ名】ピアジェ アルティプラノ、ブラックタイ、ピアジェ ポロ、ライムライト、ポセション 【問い合わせ先】ピアジェカスタマーデスク free15 0120-73-1874

フェミニンなピンクオパールをフィーチャーする「ポセション」の日本限定ペンダント|PIAGET

フェミニンなピンクオパールをフィーチャーする「ポセション」の日本限定ペンダント|PIAGET

PIAGET|ピアジェホリデーシーズンを彩るピンクオパールの日本限定アイテムピアジェのアイコニックなジュエリーコレクション「ポセション」から、日本限定ペンダントが登場。肌に優しく馴染むピンクオパールの発色が、女性の魅力を内側から引き立たせる。Text by YANAKA Tomomi9月から銀座本店などで先行販売ピアジェから早くもホリデーシーズンを彩る日本限定ジュエリーが発表された。今年はカラーをテーマにしたピアジェのアイコン「ポセション」から、フェミニンなピンクオパールを配したペンダントが発売。“幸福の石”とされるピンクオパールに寄り添うようにデザインされたのは、約0.06ctのダイヤモンド。18KPGのチェーンとともに、柔らかな色合いのピンクオパールは、日本人女性の肌にも優しく馴染み、華やかなホリデーシーズンを彩るアイテムとなりそう。すでに9月1日(金)からピアジェ 銀座本店とピアジェ ブティック 西武池袋本店にて先行発売。10月1日(日)からは、全国のピアジェ ブティックでも...
ALTIPLANO 60TH ANNIVERSARY アルティプラノと過ごす、マイアミでの週末|PIAGET

ALTIPLANO 60TH ANNIVERSARY アルティプラノと過ごす、マイアミでの週末|PIAGET

PIAGET|ピアジェ「Miami Soho Beach House」ピアジェが制作した4つのショートムービーアルティプラノの誕生60周年の夏を祝い、メゾンが発表したムービーには、人気のジュエリーコレクション『ポセション』のイットガール、オリヴィア・パレルモの夫であるヨハネス・ヒューブル(Johannes Huebl)氏が登場。注目を集めている。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)セカンドスキンは、あらゆるシーンに映えるモデルとして活躍する彼の友人たち、そしてフォトグラファーであり、スタイルアイコンであるヨハネス氏が、太陽のエネルギー溢れるマイアミにおいて、アルティプラノを祝福。60周年という節目にリリースされた極薄時計の限定コレクションは、シンプルなデザインとスタイリッシュなカラーで、あらゆるシーンとスタイルにフィットする。その極薄なフォルムは“セカンドスキン”(第二の肌)とも称され、ムービー内のヨハネス氏のよヨハネス・ヒューブル氏うにカクテルパーテ...
ピアジェ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|PIAGET

ピアジェ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|PIAGET

PIAGET|ピアジェピアジェが機械式とクォーツを融合したムーブメント開発ピアジェはジュエラーとして広く知られているが、時計を自社生産することができるマニュファクチュールブランドでもある。新作「ピアジェ エンペラドール・クッション」700Pでは、スイスの伝統的な機械式腕時計のノウハウに加え、最先端のテクノロジーによって新たな偉業を成し遂げた。機械式とクォーツ、それぞれの腕時計の長所を融合し、腕に装着することで腕時計の電力を蓄電する機構を開発したのだ。文/河田昭則ピアジェのクォーツ時計の歴史をオマージュSIHH2016におけるピアジェの新作のなかでも、編集部がいちばんに注目したのが、「ピアジェ エンペラドール・クッション」700Pである。これは、ピアジェが卓越したマニュファクチュールであるとともにその開発力の高さを証明するモデルでもある。1976年、ピアジェは自社内でクォーツムーブメントを開発していた。厚さ3.1mmは、当時としては最薄クォーツムーブメントだった。以来、ピアジェは独自...
時の芸術を創造するピアジェの新作|PIAGET

時の芸術を創造するピアジェの新作|PIAGET

PIAGET|ピアジェふたつの都市から生まれた壮大なコレクションを発表時の芸術を創造するピアジェ(1)ピアジェはジュエリーとウォッチ、ふたつの分野でほかにはないスペシャリティーを認められているトップメゾンだ。ジュエリーでは贅沢なダイヤモンド使いと女性の心をつかむストーリーで、ウォッチでは超薄型ムーブメントと、このふたつのスペシャリティーが融合した芸術的なジュエリーウォッチで、ラグジュアリービジネスの世界で確固たる地位を築いている。今年2015年のWATCHES & WONDERSでも、このスペシャリティーを生かしたコレクションピースが発表された。Text by SHIBUYA Yasuhito月の砂漠を行く隊商を描いた文字盤ペルシャ語で「金の供給地」を意味する中央アジア、ウズベキスタンの都市・サマルカンド。かつて「もっとも高貴な共和国」といわれたイタリアのヴェネチア。ピアジェ・マニュファクチュールの卓越した職人たちは、かつて栄華を誇ったこのふたつの伝説の都市の歴史と風土、文...
祝25周年、ポセション リングがあたらしく生まれ変わる|PIAGET

祝25周年、ポセション リングがあたらしく生まれ変わる|PIAGET

PIAGET|ピアジェ専用サイトもオープン祝25周年、ポセション リングがあたらしく生まれ変わる!誕生から25周年を迎えるピアジェのベストセラー「ポセション」が、「Turn and the world is yours」をコンセプトにリニューアル。自らの力で未来を切り開く現代女性を祝福するかのような新作コレクションを発表した。Text by KUROMIYA Yuzuつねに前向きな姿勢で人生を楽しむ女性の良きパートナー1990年に誕生した、くるくると回転し、シンプルな動きで魅了するポセション リング。ふたつの独立したリングをまわすことにより前向きなエネルギーを放つという発想は、当時のジュエリーデザインにあらたな風を吹き込んだ。そして誕生から25周年を迎える今年、このアイコニックなラインを拡大。リングを回転させて心に落ち着きをもたらしてくれる機構はそのままに、ピングゴールドをベースに丸みのあるフォルムが特徴の新作コレクションを発表した。コア・アイテムは、2種類をラインナップ。ひとつは...
Holiday Gift Guide 2014|自分へのご褒美に腕時計を

Holiday Gift Guide 2014|自分へのご褒美に腕時計を

特集「自分へのご褒美ギフト」OPENERSがおすすめする定番ウオッチウオッチメーカーが誇る定番の腕時計には、長年愛され続けるスタイルと風格がある。クリスマスギフトとして自身へ贈るなら、そんな定番ウオッチがいい。確かな性能と美しさを兼ね備えた一本は、人生をより鮮やかに刻んでくれることだろう。OPENERSが選んだ厳選ウオッチリストから、とっておきの時計を見つけてほしい。Text by OPENERS【メンズ編】A. Lange & Sohne|A.ランゲ&ゾーネ「ランゲ1」は、1994年にブランドの復興第1号モデルとなった歴史的なモデルだ。VACHERON CONSTANTIN| ヴァシュロン・コンスタンタンブランド初のスポーツモデル。 特にステンレスモデルは希少。HUBLOT|ウブロいま話題のウブロの日本限定モ デル。特にこの冬、ホワイトカ ラーにレッドステッチは人気。OMEGA|オメガ1957年に登場したオメガのダイバーズ「シーマスター 300」の忠実な復刻。Cartier|カル...
La Biennale Paris|パリ・ビエンナーレ 2014

La Biennale Paris|パリ・ビエンナーレ 2014

La Biennale Paris|パリ・ビエンナーレ 2014パリ・ビエンナーレに見るジュエリーの新潮流萩原輝美が訪ねた、ビエンナーレの華やかな世界(1)パリで9月11日から21日まで開かれた「アンティーク&オートジュエリー ビエンナーレ」を初めて訪れた。2年に一度行われるこのイベントは、1967年から偶数年におこなわれ、今年で第27回を迎える。Text by HAGIWARA Terumiグランパレでおこなわれた華麗なる競演アンティーク家具やアート作品の見本市から始まったアンティーク・ビエンナーレだが、いまではオート・ジュエリーの新作も並び、一段と華やかだ。今年はヴェルサイユ宮殿をイメージした内装で、グランパレの入口を入ると大きな噴水。放射線状の緑の植え込みの中をシャンパン片手に、プロムナード(散歩)しながらジュエリーのブースを覗くという演出だ。「ロイヤル」をテーマにしたカルティエ噴水の先、真正面にどんと構えるのがカルティエ。1900年代に作られた四葉のクローバーのブローチやデ...
ピアジェ ミニ・プロトコール|女性の腕にしっとりと寄り添うミニサイズのエレガント

ピアジェ ミニ・プロトコール|女性の腕にしっとりと寄り添うミニサイズのエレガント

Piaget Mini Protocole|ピアジェ ミニ・プロトコール女性の腕にしっとりと寄り添うミニサイズのエレガントウォッチ今秋、ピアジェから「プロトコール」の新作となる「ミニ・プロトコール」が登場する。「プロトコール」は1963年の登場以来、多くのセレブリティに愛されてきた、ピアジェの歴史を語るウォッチ。このエレガントなコレクションにくわわった新作は、16.6×18.6ミリというとても小さなサイズ。細身である日本人の女性にもお薦めだ。この小さなサイズが華奢でクラシカルな印象をもたらしてくれることはもちろん、シンプルさを追求した文字盤に豊かな輝きを放つダイヤモンドが取り巻くデザインも、とても上品な雰囲気。カジュアルはもちろん、フォーマルな場にもきちんとつけこなせる点がうれしい。「プロトコール」とは、「国際儀礼・外交儀礼」の意味をもつ。この時計もまた、世界で活躍する女性をもっと輝かせてほしいというピアジェの願いから生まれた。メンズ・レディスともに、スリムな“エレガントウォッチ”...
PIAGET|ミニ・プロトコール

PIAGET|ミニ・プロトコール

PIAGET|ピアジェミニ・プロトコール可憐なピンクゴールドモデルに注目ピアジェを代表するモデル「プロトコール」から登場した、スモールサイズが愛らしい「ミニ・プロトコール」。昨年発表したホワイトゴールドモデルに引きつづき、ピンクゴールドモデルが今年日本先行で、8月10日に発売されることとなった。「プロトコール」は“国際儀礼・外交儀礼”という名をもつコレクション。4代目の会長であるイヴ・ピアジェ氏が結んできた、世界各国の王室や大使、セレブリティや芸術家などとの国際交流からインスパイアされて誕生したモデルだ。1963年の誕生以来、40年にわたって人気を博してきたが、今年あらたにピンクゴールドが発売される「ミニ・プロトコール」は従来のプロトコールのサイズをより小さくした、フェミニンでクラシカルなスタイル。ケース径16.6×18.6mmの小さなサイズが、ジュエリーウォッチらしい可憐さをいっそう際立たせているモデルだ。レクタンギュラーのエッジをカットしたシャープなケースに、ダイヤモンドをセッ...
パリ・ビエンナーレ| 萩原輝美が訪ねた、ビエンナーレの華やかな世界|La Biennale

パリ・ビエンナーレ| 萩原輝美が訪ねた、ビエンナーレの華やかな世界|La Biennale

La Biennale Paris|パリ・ビエンナーレ 2014パリ・ビエンナーレに見るジュエリーの新潮流萩原輝美が訪ねた、ビエンナーレの華やかな世界(1)パリで9月11日から21日まで開かれた「アンティーク&オートジュエリー ビエンナーレ」を初めて訪れた。2年に一度行われるこのイベントは、1967年から偶数年におこなわれ、今年で第27回を迎える。Text by HAGIWARA Terumiグランパレでおこなわれた華麗なる競演アンティーク家具やアート作品の見本市から始まったアンティーク・ビエンナーレだが、いまではオート・ジュエリーの新作も並び、一段と華やかだ。今年はヴェルサイユ宮殿をイメージした内装で、グランパレの入口を入ると大きな噴水。放射線状の緑の植え込みの中をシャンパン片手に、プロムナード(散歩)しながらジュエリーのブースを覗くという演出だ。「ロワイヤル」をテーマにしたカルティエ噴水の先、真正面にどんと構えるのがカルティエ。新作のテーマは「ロワイヤル」英国王室から受け継がれ...
47 件