OMEGA

スイス時計界でも1、2を争う知名度を持つブランド。そのルーツは、時計師のルイ・ブランが1848年、スイス・ラ・ショー・ド・フォンに開いた小さな工房にある。 創立当初の工房は、組み立てを専門に手掛けていたが、時が経つにつれてヨーロッパ全土とアメリカを見据えた販売戦略を他社に先駆けて開始する。こうして業績を順調に伸ばし続け、1877年「ルイ・ブラン父子会社」へと改称。 ’80年には現在も本社のあるビエンヌへと本拠を移転し、時計製造のすべてを自社で行うマニュファクチュール工場を設立。’80年代当時の最高水準の精度を誇る「ラブラドール」ムーブメントも同工場から誕生している。 その後、1890年に改称した「ルイ・ブラン兄弟社」時代に開発した「キャリバー19(通称:オメガキャリバー)」をきっかけに、20世紀初頭からギリシャ文字で究極を表す「Ω=オメガ」を社名としたのである。 オメガは、1932年にロサンゼルスで開かれたオリンピック大会で初の公式計時を担当して以来、世界各国のスポーツ大会で計時を担当するなどグローバルに活躍する。さらに腕時計においては、’65年に「スピードマスター」が苛酷な検査を乗り越えた末、数あるクロノグラフの中からNASAの公式装備品に選ばれ、’70年に海底探査「ヤヌス計画」においては「シーマスター」が250mの深海実験に使用されるなど、数々の偉業を成し遂げていった。 こうして着実に愛用者を増やすこととなったオメガは、その栄光の歴史に甘んじることなく、さらなる自社製品の完成度を追求する。 1999年には時計師のジョージ・ダニエルズが発明したコーアクシャル・エスケープメントの量産化に成功し、オメガの技術力の高さを改めて時計界に証明すると、21世紀からは次々と新作モデルにコーアクシャル・エスケープメントを搭載。さらに2007年には、実に30年振りとなる自社製ムーブメントを発表するなど、開発への意欲はいまだ止むことを知らない。 【創業年】1848年 【創業地】スイス、ラ・ショー・ド・フォン 【主なシリーズ名】スピードマスター、シーマスター、デ・ビル、コンステレーション 【問い合わせ先】スウォッチ グループ ジャパン オメガお客様センター Tel. 03-5952-4400 公式サイト:

オーセンティックな魅力極まる新たなダイアルを搭載した「デ・ヴィル プレステージ」|OMEGA

オーセンティックな魅力極まる新たなダイアルを搭載した「デ・ヴィル プレステージ」|OMEGA

タイムレスな美しさを湛えた、オメガ「デ・ヴィル プレステージ」に、シルバーもしくはブラックのダイアルに、ステンレススティール、ステンレススティール&18Kイエローゴールド、ステンレススティール&18Kレッドゴールドのケースを組み合わせた、新作4モデルが加えられた。
汗に強い。夏シーズンに最適な新作NATOストラップ|OMEGA

汗に強い。夏シーズンに最適な新作NATOストラップ|OMEGA

オメガが、夏らしさを感じるNATOストラップの新作6種類をリリースした。
「コンステレーション マスター クロノメーター」8モデルが新登場|OMEGA

「コンステレーション マスター クロノメーター」8モデルが新登場|OMEGA

オメガのコンステレーションコレクションに、新たにケース径41ミリの「コンステレーション マスター クロノメーター」が加えられた。アイコニックなデザインを継承しつつもスレンダーな外観に仕上げられ、スポーティーでフレッシュな雰囲気を腕元にもたらす。ケース素材に18Kイエローゴールド、18Kセドナ™ゴールド、ステンレススチール&18Kセドナ™ゴールド、ステンレススチールを用いた合計8モデルで展開され、2020年9月より取り扱い開始予定だ。
アメリカズカップのタイムキーパー就任を記念したオメガの限定モデル|OMEGA

アメリカズカップのタイムキーパー就任を記念したオメガの限定モデル|OMEGA

オメガは、2021年に開催されるセーリング大会「第36回アメリカズカップ」のオフィシャルタイムキーパーを務めることを発表するとともに、その記念限定モデルを2020年5月末にリリースした。
「コンステレーション メンズ コレクション」第5世代モデルを発表|OMEGA

「コンステレーション メンズ コレクション」第5世代モデルを発表|OMEGA

スイスのウオッチブランド・オメガのアイコニックなコレクション「コンステレーション メンズ コレクション」に、豊富なデザインとカラーが取り揃えられた新作39機種が加えられた。
最新の素材と技術を採用した2つのシーマスターが発売|OMEGA

最新の素材と技術を採用した2つのシーマスターが発売|OMEGA

オメガは2019年5月に発表した新作「シーマスター ダイバー300Mクロノグラフ」と「シーマスター プラネットオーシャン クロノグラフ」「シーマスター プラネットオーシャン」の販売を開始した。
オメガがアイウェアを発表!|OMEGA

オメガがアイウェアを発表!|OMEGA

スイスのウオッチブランド、オメガよりメンズとレディースの新しいアイウェアコレクションが発表された。本コレクションは、イタリアのアイウェアメーカーのマルコリンとのパートナーシップによるもので、オメガの直営店に加え、正規取扱店舗にて2020年2月より順次取り扱い開始予定だ。
伝説のキャリバー321を搭載。ステンレススティール製ムーンウォッチ|OMEGA

伝説のキャリバー321を搭載。ステンレススティール製ムーンウォッチ|OMEGA

オメガの「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」が2020年にリリースされる。このウオッチには、2019年1月にアポロ11号の月面着陸50周年を記念して復活した、伝説のキャリバー321が搭載される予定だ。
オメガが『007』新作映画仕様の「シーマスター ダイバー300M」発表|OMEGA

オメガが『007』新作映画仕様の「シーマスター ダイバー300M」発表|OMEGA

オメガより、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開に合わせ、主演のダニエル・クレイグが作中で着用するウオッチ「シーマスター ダイバー300M 007 エディション」を発表した。取り扱いは2020年2月開始予定だ。
ジェームズ・ボンドをイメージした「シーマスター ダイバー300M」とスーツケースの限定セット|OMEGA

ジェームズ・ボンドをイメージした「シーマスター ダイバー300M」とスーツケースの限定セット|OMEGA

オメガより、映画『007』シリーズに登場するスパイ、ジェームズ・ボンドをイメージした「シーマスター ダイバー300M」の限定モデル2機種を、グローブトロッター社™の特別仕様のスーツケースに収めたスペシャルなセットが、世界限定257個でリリースされる。
ニコラス・G・ハイエック センターにて『Precious Watch Collection 2019』を開催|SWATCH GROUP JAPAN

ニコラス・G・ハイエック センターにて『Precious Watch Collection 2019』を開催|SWATCH GROUP JAPAN

スウォッチ グループ ジャパンが「ニコラス・G・ハイエック センター」にブティックを置く7つのウォッチブランド (ブレゲ、ブランパン、グラスヒュッテ・オリジナル、ジャケ・ドロー、オメガ、ロンジン、スウォッチ)の腕時計を一堂に会したウォッチフェア『Precious Watch Collection(プレシャス・ウォッチ・コレクション)2019』を開催する。
映画『女王陛下の007』をトリビュートする限定シーマスター ダイバー300M|OMEGA

映画『女王陛下の007』をトリビュートする限定シーマスター ダイバー300M|OMEGA

オメガより、1969年公開の映画『女王陛下の007』の50周年を祝す「シーマスター ダイバー300M ジェームズ・ボンド リミテッド エディション」が、世界限定7007本でリリースされる。
オメガ、東京2020オリンピック記念の2機種を各世界限定2020本でリリース|OMEGA

オメガ、東京2020オリンピック記念の2機種を各世界限定2020本でリリース|OMEGA

オメガは東京2020オリンピックの開催を記念し「シーマスター アクアテラ 東京2020 リミテッド エディション」と「シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション」を発表。オメガブティックと正規取り扱い店舗全店にて、それぞれ世界限定2020本で取り扱いが開始された。
伝説のキャリバーを搭載した「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」|OMEGA

伝説のキャリバーを搭載した「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」|OMEGA

オメガは、1957年にスピードマスターシリーズに搭載されたキャリバー321を復活させ、該当ムーブメントを搭載する「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」を、2019年冬にリリース予定だ。
地球最深部への潜水に随行したダイバーズウオッチ|OMEGA

地球最深部への潜水に随行したダイバーズウオッチ|OMEGA

オメガは、ロンドンの大英博物館にて、世界最深の潜水記録を成し遂げた時計「シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ プロフェッショナル」を発表した。この時計は、2019年5月に冒険家のヴィクター・ヴェスコヴォ氏が深海潜水艇“リミティング・ファクター”で太平洋・マリアナ海溝の最深部に到達し、水深1万928mの潜水世界記録を樹立した際に、潜水艇のロボットアーム等に装着されて完全に無傷で水面に戻ってきた。
177 件