CARTIER

160年以上にわたり、独創性と独自のスタイルにより、その昔は王侯貴族から、いまはエレガンスを愛する世界中のひとから愛されるカルティエ。「パンテール ドゥ カルティエ」や「トリニティ ドゥ カルティエ」をはじめとする象徴的なジュエリーにはもちろん、創業時から貫かれた伝統と革新の精神は時計づくりにも反映されている。

なかでも、懐中時計全盛期の1904年、ブラジル人飛行家アルベルト・サントス-デュモンから「飛行中に操縦桿から手を離さずに時間を確認できる時計がほしい」との要望に応えて誕生した「サントス ドゥ カルティエ」は、実用的な初の男性腕時計として、歴史にその名を刻む。

このほかにも、戦車の平面図から着想を得て1917年に誕生し、ウォッチメイキングの世界に衝撃を与えることとなった究極のシンプリシティを極めたスクエアフォルムの「タンク」など、その美しきタイムピースたちは時代の要求に応じてバリエーションを生みつつ、不変の機能美をたたえるというメゾンの世界観が投影されている。

2008年にはSIHHにて自社ムーブメント搭載モデルを発表し、今日まで数多くの類稀なムーブメントを制作。時計業界においてマニュファクチュールとしての地位を確立した。今後もジュエラーならではの優美さと、革新的な高い技術で人びとを魅了するタイムピースの発表が期待されている。

【創業年】1847年 【創業地】フランス・パリ 【主なシリーズ名】サントス ドゥ カルティエ、タンク、パシャ ドゥ カルティエ、ベニュワール、バロン ブルー ドゥ カルティエ、カリブル ドゥ カルティエ 【問い合わせ先】カルティエ カスタマー サービスセンター free15 0120-301-757

カルティエとsacaiの阿部千登勢による限定コレクションが2022年夏に先行発売|CARTIER

カルティエとsacaiの阿部千登勢による限定コレクションが2022年夏に先行発売|CARTIER

カルティエとsacaiの阿部千登勢との対話によって誕生した限定コレクションの「TRINITY FOR CHITOSE ABE of sacai」。2022-23年秋冬パリコレクションの舞台で初めて披露されたリングやブレスレットなど6つのモデルが、2022年の夏に日本にて先行発売される。
メゾンの伝説的な「タンク マスト」「タンク ルイ カルティエ」に誕生した、鮮やかなカラーダイアル全5機種|CARTIER

メゾンの伝説的な「タンク マスト」「タンク ルイ カルティエ」に誕生した、鮮やかなカラーダイアル全5機種|CARTIER

2021年4月に開催された新作時計見本市「Watches & Wonders 2021」で大きな話題を呼んだカルティエの新作ウオッチ「タンク マスト」と「タンク ルイ カルティエ」。両コレクションの印象的なカラーダイアルモデル全5種類が、新たにラインナップに加えられた。
Watches & Wonders 2021新作。メゾンの伝統と洗練性を反映した新作「タンク マスト」|CARTIER

Watches & Wonders 2021新作。メゾンの伝統と洗練性を反映した新作「タンク マスト」|CARTIER

Watches & Wonders 2021にて大きな話題を呼んだカルティエの「タンク マスト」。新作としてSS製ケースに長寿命クオーツムーブメントまたは自動巻きムーブメントを搭載し、レザー製ストラップまたはSS製ブレスレットを組み合わせた6モデルが、2021年6月より取り扱い開始された。
Watches & Wonders 2021新作。独創的な“鐘”型の「クロシュ ドゥ カルティエ」|CARTIER

Watches & Wonders 2021新作。独創的な“鐘”型の「クロシュ ドゥ カルティエ」|CARTIER

メゾンの伝説のタイムピースに焦点を当てた、愛好家たちの注目を集めるウオッチコレクション「カルティエ プリヴェ」に、5作目となる「クロシュ ドゥ カルティエ」が加えられた。
ピュアEVとなる次期型グラントゥーリズモのプロトタイプ写真を公開|Maserati

ピュアEVとなる次期型グラントゥーリズモのプロトタイプ写真を公開|Maserati

マセラティは、ブランド初の電気自動車(EV)として開発された次期型「グラントゥーリズモ」のプロトタイプの写真を初公開した。
ブライダルサイト「カルティエ ダイヤモンド」で、リングのセミオーダーサービスを受付開始|CARTIER

ブライダルサイト「カルティエ ダイヤモンド」で、リングのセミオーダーサービスを受付開始|CARTIER

カルティエは、スペシャルサイト「カルティエ ダイヤモンド」において、リングのセミオーダーメイドサービス「Set For You by Cartier」を受付開始。このオンラインでのセミオーダーサービスは、世界に先駆けて、日本がメゾン初の取り組みスタート国となった。
よりエレガンスに進化した「カルティエ 心斎橋ブティック」|CARTIER

よりエレガンスに進化した「カルティエ 心斎橋ブティック」|CARTIER

2021年5月20日、関西の旗艦店である「カルティエ 心斎橋ブティック」が移転リニューアルオープンした。日本の伝統とメゾンの美意識が融合した空間に、幅広いアイテムをラインナップ。ゲストのニーズにあわせた品々を提案する。
“桜”を描いた最新作を公開。ダミアン・ハースト個展がパリで開催|ART

“桜”を描いた最新作を公開。ダミアン・ハースト個展がパリで開催|ART

パリのカルティエ現代美術財団による、ダミアン・ハースト初のフランスでの美術館展示となる個展『Cherry Blossoms』が、2021年7月6日(火)~2022年1月2日(日)に開催される。本展では、最新作『Cherry Blossoms』シリーズを含む約30点の絵画が展示されるほか、展示期間中は、ハースト自身の協力のもと撮影された彼のふたつのアトリエを巡るフィルムを、オンラインで視聴可能だ。
ART
ブラックセラミックで個性を演出するホリデーシーズン限定「トリニティ ドゥ カルティエ リング」|CARTIER

ブラックセラミックで個性を演出するホリデーシーズン限定「トリニティ ドゥ カルティエ リング」|CARTIER

1924年に誕生したカルティエを代表するアイコンのひとつ「トリニティ」リング。このオリジナルデザインに、新たにブラックセラミックを用いた、ホリデーシーズン限定の「トリニティ」リングが数量限定でリリースされた。
1904年に製造されたオリジナルのエッセンスを凝縮。新作「サントス デュモン」XL|CARTIER

1904年に製造されたオリジナルのエッセンスを凝縮。新作「サントス デュモン」XL|CARTIER

カルティエのアイコニックなコレクション「サントス デュモン」から、現代的なサイズアップとともに端正なプロポーションを備えた新作「サントス デュモン」XLが登場した。ケース素材にそれぞれ18KPG、18KPG&SS、SSを採用し、アリゲーターレザー製ストラップを組み合わせた3モデルで展開される。
腕元に個性を演出するカルティエ プリヴェ新作「タンク アシメトリック」|CARTIER

腕元に個性を演出するカルティエ プリヴェ新作「タンク アシメトリック」|CARTIER

カルティエの名作コレクションに焦点を当てるコレクション「カルティエ プリヴェ」に、新たに「タンク アシメトリック」が加えられた。ケースのフォルムが腕元に強い個性をもたらす、他とは一線を画す新作だ。
2020年のカルティエはPASHAに注力。より洗練された印象に生まれ変わった新生パシャ|CARTIER

2020年のカルティエはPASHAに注力。より洗練された印象に生まれ変わった新生パシャ|CARTIER

1985年の誕生以来、人気を誇ってきたカルティエのスポーティーズウオッチ「パシャ」がエポックメイクとなるリニューアルを遂げた。2020年の新生モデルは、オリジナルに忠実でありながら、より洗練したスタイルで、技術的にも大きな飛躍を遂げている。
カルティエの新作ジュエリー「パンテール ドゥ カルティエ」|Cartier

カルティエの新作ジュエリー「パンテール ドゥ カルティエ」|Cartier

Cartier(カルティエ)のアイコンコレクション「パンテール ドゥ カルティエ」より新作モデルが誕生。ローンチを記念し、その世界観を表現したスペシャルムービーを公開した。
祐真朋樹氏と鑑賞する「カルティエ、時の結晶」|Cartier

祐真朋樹氏と鑑賞する「カルティエ、時の結晶」|Cartier

Cartier(カルティエ)の革新的なデザインの世界を堪能できる展覧会「カルティエ、時の結晶」が、東京・六本木の国立新美術館にて好評開催中だ。従来のジュエリー展とは一線を画す展示方法や空間構成にも注目しながら、本展覧会の監修者であり、国立新美術館主任研究員の本橋弥生氏のナビゲートのもと、祐真朋樹氏が不変の永遠性と絶えず変化する流行性を併せ持つカルティエの多彩な美の秘密を探った。
時空を回遊する空間で圧倒的な美を体感する|Cartier

時空を回遊する空間で圧倒的な美を体感する|Cartier

フランスを代表するジュエラー、Cartier(カルティエ)が、東京・六本木の国立新美術館にて「カルティエ、時の結晶」を開催中。1970年代以降の現代作品を展示し、従来のアーカイブ展とは違った視点でブランドの創作における革新性を表現する貴重な場となっている。会期は2019年12月16日(月)まで。
142 件