JAEGER-LECOULTRE

スイス時計界の中でも創業以来、一貫してマニュファクチュールブランドとしての歴史を連ねてきた数少ないブランドの一つ。その始まりは、1833年にアントワーヌ・ルクルトが開業した時計部品製造会社を前身としている。時計作りのための工作機械の設計を生業にしていた彼は、次々と時計の高品質化に有益な工作機器を考案して、時計界に多大な影響を与え、さらに自らもムーブメントの製造を手掛けるようになっていく。

1903年、アントワーヌ・ルクルトが残していった時計工房は、クロノメーターの製造を通じて協力関係にあったエドモンド・ジャガーと事業提携を結び、’37年には現社名であるジャガー・ルクルトへと社名を変更。その間にも角型時計の名作「レベルソ」を製作するなど、開発の手を緩めることはなかった。

これまで実に多くのムーブメントを開発しきたジャガー・ルクルトは、現在、1000時間にも及ぶ独自の厳しい検査システムを全モデルに実施するなど、自社の品質を盤石にしたうえで、他社を圧倒する新機構を開発し続けている。2007年現在は、角型時計の「レベルソ」、ラウンド時計「マスター・コントロール」、さらに独自の圧縮キーで防水性を高めた「マスター・コンプレッサー」、2007年に新たに加わえられた「デュオメトル」により、4大ラインを築き上げている。

さらに2007年には、時計界の夢ともいわれた完全メンテナンスフリーを実現した「マスター・コンプレッサー・エクストリーム・ラボ」を発表するなど、その飽くなき開発精神は年々高まるばかり。ジャガー・ルクルトが開発する新機構を、世界中の専門家が固唾を飲んで見守っている状況である。

【創業年】1833年 【創業地】スイス、ル・サンティエ 【主なシリーズ名】レベルソ、マスター、マスター・コンプレッサー、デュオメトル 【問い合わせ先】ジャガー・ルクルト  

ジャガー・ルクルトが“真のマニュファクチュール”と言われる理由|JAEGER-LECOULTRE

ジャガー・ルクルトが“真のマニュファクチュール”と言われる理由|JAEGER-LECOULTRE

日本ではいまだ「知る人ぞ知るブランド」という立ち位置でしょうか? 時計に対する造詣が深い人ほど、ジャガー・ルクルトを高く評価する傾向にあります。いわゆる世界3大時計ブランドに続くか、またはそれと同等レベルに扱われているのがジャガー・ルクルトなのです。では、その理由はなぜでしょうか。つまるところ、このブランドは「買い」なのでしょうか?
伊勢丹新宿店にて、ジャガー・ルクルト クリスマスフェアが開催|JAEGER-LECOULTRE

伊勢丹新宿店にて、ジャガー・ルクルト クリスマスフェアが開催|JAEGER-LECOULTRE

ジャガー・ルクルトが、「レベルソ」「ランデヴー」のアイコニックな2モデルにフォーカスして、クリスマスフェアを開催する。開催期間は2019年12月4日(水)から25日(水)まで。会場は伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチ/プロモーションだ。
伝統的な芸術技巧と希少なメテオライトを融合させた超複雑時計|JAEGER-LECOULTRE

伝統的な芸術技巧と希少なメテオライトを融合させた超複雑時計|JAEGER-LECOULTRE

ジャガー・ルクルトより、多軸ジャイロトゥールビヨンおよびデジタル表示の分積算計を持つモノプッシャークロノグラフを搭載し、ダイアルにはアベンチュリン、グラン・フー エナメル、そして希少な合金であるメテオライトなどを融合させた超複雑時計「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン3‘メテオライト’」がリリースされた。世界限定8本のみの希少モデルだ。
マスター・グランド・トラディション・トゥールビヨン・セレスト|Jaeger-LeCoultre

マスター・グランド・トラディション・トゥールビヨン・セレスト|Jaeger-LeCoultre

ジャガー・ルクルトは夜空のきらめきを表現した新作「マスター・グランド・トラディション・トゥールビヨン・セレスト」をヴェネツィア国際映画祭でワールドプレミアした。世界限定28本でリリースする。
クラシカルな外観を備えた「JLCポラリス」シリーズの新作限定ウオッチ|Jaeger-LeCoultre

クラシカルな外観を備えた「JLCポラリス」シリーズの新作限定ウオッチ|Jaeger-LeCoultre

ジャガー・ルクルトは新作の限定モデル「ジャガー・ルクルト ポラリス・デイト」を発表。世界800本限定で生産される。
新作 18Kピンクゴールド製「マスター・ウルトラスリム・トゥールビヨン」|Jaeger-LeCoultre

新作 18Kピンクゴールド製「マスター・ウルトラスリム・トゥールビヨン」|Jaeger-LeCoultre

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルト端正なフォルムに軽やかなトゥールビヨンを搭載した「マスター・ウルトラスリム・トゥールビヨン」ジャガー・ルクルトのサヴォアフェール(ノウハウ)の真髄を示すマスター・ウルトラスリム・コレクションに、新たに18Kピンクゴールド製「マスター・ウルトラスリム・トゥールビヨン」が加えられた。Text by OZAKI Sayakaピンクゴールドのやわらかな輝き、エッグシェルベージュのダイアル、ブラウンのストラップが見事に調和時計製造において高い技術と伝統を持つジャガー・ルクルトのマスター・ウルトラスリム・コレクションに、18Kピンクゴールド製の「マスター・ウルトラスリム・トゥールビヨン」が登場した。初期のウルトラスリムモデルのデザインを受け継ぐこのコレクションは、その端正なフォルムで、愛好家から高い評価を得てきたものだ。洗練された丸みを帯びたケース、存在感を漂わせるインデックス、高貴なドーフィン針、ケースバックから姿を覗かせるジャガー・ルクル...
SIHH2019新作「マスター・ウルトラスリム・ムーン エナメル」|Jaeger-LeCoultre

SIHH2019新作「マスター・ウルトラスリム・ムーン エナメル」|Jaeger-LeCoultre

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルト精悍なペトロブルーのエナメルに彩られたムーンフェイズ「マスター・ウルトラスリム・ムーン エナメル」ジャガー・ルクルトの「マスター・ウルトラスリム」コレクションから、薄型ケース、ギヨシェおよびエナメル装飾、ムーンフェイズを備えた新作「マスター・ウルトラスリム・ムーン エナメル」が世界限定数100本で登場する。Text by OZAKI Sayakaジャガー・ルクルト自社工房の時計製造技術と緻密な装飾技術が融合したマスターピースジャガー・ルクルトの「マスター・ウルトラスリム」コレクションに、ギヨシェとエナメル装飾、ムーンフェイズを備えた新作「マスター・ウルトラスリム・ムーン エナメル」が加えられた。この新作には、洗練された時計製造のスタイルを踏襲し、職人の手作業によるギヨシェが施されたブルーエナメルのダイアルや新たなインデックス、ポリッシュ仕上げの新たなムーンフェイズ、エングレービングが施された新たなカウンターが採用された。また10....
世界限定数50本「レベルソ・トリビュート・トゥールビヨン・デュオ」|Jaeger-LeCoultre

世界限定数50本「レベルソ・トリビュート・トゥールビヨン・デュオ」|Jaeger-LeCoultre

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルトフライング・トゥールビヨンの魅惑のスペクタクル。「レベルソ・トリビュート・トゥールビヨン・デュオ」創業185年を迎えたジャガー・ルクルトが、フライング・トゥールビヨンとデュオのコンセプトを兼ね備えた新作「レベルソ・トリビュート・トゥールビヨン・デュオ」を、世界限定数50本でリリースした。Text by OZAKI Sayaka複雑機構をわずか9.15mm厚のプラチナ製ケースに収めた、驚異のタイムピースジャガー・ルクルトが発表した新作「レベルソ・トリビュート・トゥールビヨン・デュオ」は、レベルソ・トリビュートに新たな解釈が施された待望のモデル。これまでに製造された数々のモデルの中でも、比類のない卓越性が発揮されたエディションだ。フライング・トゥールビヨンとデュオのコンセプトという、精巧を極めたふたつの技術を兼ね備えたアイコニックなタイムピースである。新しいジャガー・ルクルト製キャリバー847の手巻きムーブメントを搭載し、世界限定数5...
ジャガー・ルクルト ポラリスに「ジオグラフィークWT」が追加投入|Jaeger-LeCoultre

ジャガー・ルクルト ポラリスに「ジオグラフィークWT」が追加投入|Jaeger-LeCoultre

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルトスポーティでコンテンポラリーな装いに、多彩な複雑機構を搭載。「ジャガー・ルクルト ポラリス・ジオグラフィーク WT」世界限定250本でリリース新作ポラリスコレクションに、「ジャガー・ルクルト ポラリス・ジオグラフィーク WT」が加えられた。世界限定250本、ジャガー・ルクルト ブティックのみで取り扱われる。Text by OZAKI Sayakaコスモポリタンな装いにスポーティなエレガンスさを演出するデザイン2018年の高級時計見本市ジュネーブサロン(SIHH)で発表された、ジャガー・ルクルト ポラリスコレクションに、新たなモデル「ジャガー・ルクルト ポラリス・ジオグラフィーク WT」が加えられた。ブランドのアイコン的存在である1968年製のメモボックス・ポラリスからインスピレーションを得て、オリジナルモデルの大胆さ、冒険心を継承しつつ、スポーティエレガンスを演出するデザインへと一新。既存のクロノグラフWTとは異なり、パワーリザー...
ジャガー・ルクルトの2018年トップニュース、「ポラリス」コレクション|Jaeger-LeCoultre

ジャガー・ルクルトの2018年トップニュース、「ポラリス」コレクション|Jaeger-LeCoultre

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルトブランドのICON“メモボックス・ポラリス”。創業185周年を祝して、その精神を継承ジャガー・ルクルトは、ブランドのアイコン的存在である1968年製メモボックス・ポラリスからインスピレーションを得て、新作「ジャガー・ルクルト ポラリス」コレクションをSIHH2018にて発表した。新コレクションは、オートマティックからクロノグラフ、クロノグラフ・ワールドタイム、さらにはヴィンテージ感を増した「ポラリス・デイト」「ポラリス・ メモボックス」というファミリーツリーを展開する。Text by OZAKI Sayaka限定モデルを含む豊富な新作をラインナップ「ジャガー・ルクルト ポラリス」は、すべての機械式ムーブメントを自社内で一貫製造する優れた時計製造のノウハウに、耐久性や芸術的なデザイン、スポーティ・エレガンスな雰囲気を兼備した新コレクション。そのコレクション第一弾は、メモボックス50周年そしてブランド創設185周年を記念する限定モデル...
77 件