ウルベルク|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|URWERK

ウルベルク|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|URWERK

URWERK|ウルベルクプロダクトデザインとメカニズムの面白さ(1)扇型のミニッツトラックによって、時刻を表示する機構が印象的なウルベルクがSIHHに初参加。ウルベルクといえば、得意なメカニズムとデザインだが、新たに考案された精度の自動測定機構や女性のために開発された新作が会場でも話題となった。Text by KAWADA Akinori独特の計時方式、新しい自動測定装置に目を見開かされるウルベルクは、時計師フェリックス・バウムガルトナー氏とデザイナーのマーティン・フレイ氏が設立。特にひと目見たら忘れられないユニークな時刻表示「アワーサテライト機構」は世界各国の時計愛好家の間で注目を集め、支持が広がるブランドだ。昨年発表された「UR-105TA」のプロモーション映像 この「アワーサテライト機構」は、バウムガルトナー氏が開発。世界でも希な回転ディスクによる時刻表示方法で、世界で高く評価された。その最新作では、4つの回転ディスクを使用した機構が登場。フレイ氏の製作にも手間がかかっており...
F.P.ジュルヌが挑んだ新たなデザイン方程式|F.P.JOURNE

F.P.ジュルヌが挑んだ新たなデザイン方程式|F.P.JOURNE

F.P.JOURNE|F.P.ジュルヌ大型化で問われるF.P.ジュルヌのデザイン方程式(1)時計の愛好家に向けて年間に限られた数のタイムピースしか作らないというこだわりの時計ブランド、F.P.ジュルヌ。今年はひと回り大きいサイズの「オクタ・ディヴィーヌ 」とエレクトロメカニカル ムーブメントを搭載した「エレガント」の2モデルが発表された。Text by SANO Tomoko PERRET「オクタ・ディヴィーヌ」に42mmのモデルが登場オフセンターの文字盤で知られるF.P.ジュルヌだが、「オクタ・ディヴィーヌ」は、同ブランドで初めて時分針がセンターにデザインされたモデル。 今年は、従来ケース径が38.40mmだった「オクタ・ディヴィーヌ」のサイズアップが図られ、42mmのモデルが登場した。ケースの大型化に伴い、視認性も向上している。文字盤外周の「時」表示が大きく、日付を表示するビッグデイト、ムーンフェイズ、パワーリザーブはややコンパクトになって、すっきりと見やすくなっている。また従...
ボーム&メルシエ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|BAUME & MERCIER

ボーム&メルシエ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|BAUME & MERCIER

BAUME & MERCIER│ボーム&メルシエブランドの幅を広げる3つの新作コレクション(1)今回のSIHHでは、新作の数を絞ってきたボーム&メルシエ。レディースモデルの印象の強いブランドだが、男性に向けた開発した「ケープランド シェルビー® コブラ 1963」が発表された。また、プロメスのミニサイズモデルも発表され、時計愛好家からエントリーしようとするビギナーまで幅広いユーザーに向けて発信された新作がラインナップされた。文/河田昭則ボーム&メルシエに個性的なモデルが登場2016年のSIHHで、ボーム&メルシエがリリースしたモデルは3タイプ。メンズ2タイプ、レディース1タイプと、かなり個性的なラインナップをリリースした。メンズのクロノグラフは2モデルだが、「クリフトン」は多機能で完成度が高くオーセンティックなイメージを大切にする。一方の「ケープランド」の限定モデルは、モータースポーツ系で、アクティブさ、チャレンジするスピリットを表現する。レディースは、ストラップに特徴を持...
A.ランゲ&ゾーネ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|A. LANGE & SÖHNE

A.ランゲ&ゾーネ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|A. LANGE & SÖHNE

A. LANGE & SÖHNE|A.ランゲ&ゾーネ円熟のコンプリケーションが完成(1)ドイツ時計の芸術的な完成度の高さを象徴するA.ランゲ&ゾーネは、2015年に創業者の生誕200年を大々的に祝ったばかりだが、その歩みは衰えるところをしらない。実に精力的な開発を推し進めており、極めて印象に残るモデルを連発している。Text by KAWADA Akinori驚くほどの精力的な新モデルのラッシュ息切れを知らないとは、まさにこのことだ。2015年に創業者の生誕200周年の節目を迎えたA.ランゲ&ゾーネの1年は慌ただしく、年間を通して、メモリアルモデルのリリースが続いたほかに、イベントも目白押し。そのうえ、新工房の落成まで重なった。常人なら一休みしようと思いたくなる忙しさだっただろうが、2016年のジュネーブサロンは、常と変わらぬ新作のリリースが行われ、そのうちの3本は、圧倒的な完成度の高さを誇るコンプリケーションだった。インプレシッブなことこの上ない、新作をここでは紹介したい...
ロンジンが公式タイムキーパーとしてジャパンカップに挑む|LONGINES

ロンジンが公式タイムキーパーとしてジャパンカップに挑む|LONGINES

LONGINES|ロンジンJRAとのパートナーシップ契約を更新ロンジン公式タイムキーパーとしてジャパンカップに挑む(1)“Equestrian sport is our passion”と銘打って、馬事とのパートナー関係をより一層深めていくロンジン。JRA(日本中央競馬会)の国際G1レースであるジャパンカップとのパートナーシップ契約を更新するにあたり、ロンジン本社 副社長ファン・カルロス・カペリ氏にインタビューを試みた。Photographs by SAITO RyousukeText by KAWADA Akinori第35回 ジャパンカップでロンジンがパートナーシップを締結1981年に創設された、JRAが開催する国際G1レース、ジャパンカップ。2015年で第35回を数え、いまや世界中のホースメンに競馬の最高峰レースのひとつであると認識されるようになった。この国際レースがきたる11月29日(日)に開催されるが、それに先立って、ロンジンとJRAから、重要な発表があった。ロンジンとJ...
香港で発表されたモンブランの限定モデル|MONTBLANC

香港で発表されたモンブランの限定モデル|MONTBLANC

MONTBLANC|モンブラン香港で発表されたモンブランの限定モデル(1)2014年の1月にジュネーブで、傘下に収めた名門ミネルバ・マニュファクチュールの技術を継承する「ヴィルレ」コレクションにくわえ、同じ性格ながらより身近な「ヘリテイジ スピリット」コレクションを発表したモンブラン。2015年1月にはさらにヴィルレであたらしい複雑時計、さらに「ヘリテイジクロノメトリー」というまったくの新コレクションを披露し、人気のクラシックテイスト・ウォッチを劇的に充実させてきた。さらに今回の香港では、1月発表のヴィルレ、ヘリテイジ スピリットの新バージョンモデルや「ヘリテイジ スピリット」の新モデルも発表。どれも魅力的で、クラシックテイストの腕時計が好きな人にとっては絶対に見逃せないタイムピースだ。Text by SHIBUYA Yasuhito超絶トリプルタイムゾーンモデルの限定新バージョン15世紀末にインド航路を発見し、大航海時代、世界貿易への扉を開いたポルトガル人、ヴァスコ・ダ・ガマへの...
時の芸術を創造するピアジェの新作|PIAGET

時の芸術を創造するピアジェの新作|PIAGET

PIAGET|ピアジェふたつの都市から生まれた壮大なコレクションを発表時の芸術を創造するピアジェ(1)ピアジェはジュエリーとウォッチ、ふたつの分野でほかにはないスペシャリティーを認められているトップメゾンだ。ジュエリーでは贅沢なダイヤモンド使いと女性の心をつかむストーリーで、ウォッチでは超薄型ムーブメントと、このふたつのスペシャリティーが融合した芸術的なジュエリーウォッチで、ラグジュアリービジネスの世界で確固たる地位を築いている。今年2015年のWATCHES & WONDERSでも、このスペシャリティーを生かしたコレクションピースが発表された。Text by SHIBUYA Yasuhito月の砂漠を行く隊商を描いた文字盤ペルシャ語で「金の供給地」を意味する中央アジア、ウズベキスタンの都市・サマルカンド。かつて「もっとも高貴な共和国」といわれたイタリアのヴェネチア。ピアジェ・マニュファクチュールの卓越した職人たちは、かつて栄華を誇ったこのふたつの伝説の都市の歴史と風土、文...
ジャガー・ルクルト 阪急うめだ本店に新作が集う|JEAGER-LECOULTRE

ジャガー・ルクルト 阪急うめだ本店に新作が集う|JEAGER-LECOULTRE

JEAGER-LECOULTRE|ジャガー・ルクルトスイス名門マニュファクチュールの名作を集めて「Open a whole new world」フェア開催1983年の創業で、時計製造のすべての工程を自社内で一貫して行う、名門マニュファクチュール、ジャガー・ルクルトのフェア「Open a whole new world」が、阪急うめだ本店にて9月23~29日に開催される。関西エリア初お目見えの2015年新作の「レベルソ」の新作を特別に先行予約できるなど、話題の多いイベントとなりそうだ。Text by KAWADA Akinoriジャガー・ルクルト 阪急うめだ本店に新作が集う「Open a whole new world」(まったく新しい世界を切り開く)と題し、ジャガー・ルクルトのフェアが、この9月23日(水・祝)~29日(火)の期間、阪急うめだ本店1階コトコトステージ11で開催される。ジャガー・ルクルトは、1833年の創業以来、時計製造の全工程を自社内で一貫して行う、数少ないマニュフ...
ユンハンス|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|JUNGHANS

ユンハンス|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|JUNGHANS

JUNGHANS|ユンハンスバウハウスのデザインを継承するドイツブランド人気の「マックス・ビル バイ ユンハンス」の新作を発表ドイツ・シュバルツヴァルト地方のシュランベルクを拠点とするドイツ時計の雄、ユンハンスは、「マイスター」とバウハウスデザインを継承する「マックス・ビル バイ ユンハンス」というふたつのコレクションが日本では大きな人気を呼んでいる。今年は、このふたつのコレクションのバリエーションが広げる新作を発表した。メンズでは「マイスター」コレクションでリリースされたブルー文字盤とアンスラサイト文字盤に注目するとともに、「マックス・ビル バイ ユンハンス」コレクションとして登場した、レディースも紹介する。Text by KAWADA Akinori複雑になりがちなデイデイト付きのクロノグラフもシンプル「マイスター」のデザインは、1930年頃から商業デザイナー、アーヴィン・ツィーグラーの手によって形作られてきたもので、その文字盤デザインは、極めてシンプルだ。例えば、このモデルは...
ロンジン「コンクェスト」シリーズに月齢を表示するムーンフェイズ登場|LONGINES

ロンジン「コンクェスト」シリーズに月齢を表示するムーンフェイズ登場|LONGINES

LONGINES|ロンジンエレガントなムーンフェイズをリリースコンクェスト クラシック ムーンフェイズ「コンクェスト クラシック」は、ロンジンと乗馬スポーツのもつエレガントさを表現したコレクションであり、長い時計製造の伝統持つ名門ブランドを象徴している。そのコレクションにあたらしく美麗な月齢表示を装備する「コンクェスト クラシック ムーンフェイズ」が登場した。Text by KAWADA Akinoriいちだんと洗練されたエレガンスを文字盤にあらわすロンジンが展開する「コンクェスト」は、1954年からつづく名称で、世界知的所有権機関(WIPO)から特許を取得しており、ロンジン固有のコレクション名は、数かずの名作にこの名が採用されてきた。数多くのスポーツイベントで公式計時などを務めてきたロンジンだが、1878年からつづく乗馬スポーツとのかかわりはいまだに深く、現行の「コンクェスト クラシック」は、乗馬のもつエレガンスをデザインにこめたコレクションとなっている。ムーンフェイズを搭載した...
オーガスト・レイモンド|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|AUGUSTE REYMOND

オーガスト・レイモンド|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|AUGUSTE REYMOND

AUGUSTE REYMOND|オーガスト・レイモンド手巻き機械式ムーブメント「ユニタス」を製造していた老舗オーガスト・レイモンドは、1898年創業の老舗時計ブランドで、手巻き機械式ムーブメントの傑作「ユニタス」を製造していたことでも知られる。そのオーガスト・レイモンドが今年、力を注ぐシリーズは、ジャズをテーマにした「コットンクラブ」コレクションだ。Photographs by NAGASHIMA TohruText by KAWADA Akinoriよりモダンさを増したオーソドックスなクロノグラフ「コットンクラブ」はケースの造形が非常にクラシカルだ。ベゼルはステップトベゼル、リューズは大振りなオニオン型で、まさに懐中時計から腕時計への移行期のような意匠である。ラグにも立体的な造形がくわえられ、古き良き時代の時計らしさを残している。「コットンクラブ」は2014年にもキャリバー7750ベースのクロノグラフが発表された。それに続き、今回はその文字盤のバリエーションが追加された。「コット...
ジャガー・ルクルト、進化するクラシシズム|Jaeger-LeCoultre

ジャガー・ルクルト、進化するクラシシズム|Jaeger-LeCoultre

Jaeger-LeCoultre|ジャガー・ルクルト真のマニュファクチュールブランドとしてジャガー・ルクルト、進化するクラシシズム時計との出会いは一期一会である。もしあなたが、ジャガー・ルクルトというブランドに今日はじめて出会ったのなら、それはきっと幸運な一日になるになることだろう――。1833年にスイスで誕生し、世界屈指のマニュファクチュールとして現代へ受け継がれた伝統と技術。それはいまなお進化を続け、多くの人々を魅了し続けている。今回は、そんなジャガー・ルクルトを代表するふたつのコレクション、「マスター・コントロール」と「ランデヴー」の新作をご紹介したい。Text by FUKUTOME Ryouji高度な技術力とプライドを持つ信頼の腕時計ラウンドケースの正統派マスターシリーズは、腕時計の伝統を継承し、さらに進化を続けている。端正でエレガントなその造形は腕元に気品をくわえ、そこに内包された圧倒的な機能は、信頼という安心感をもたらしてくれる。ジャガー・ルクルトならでは信頼がそこに...
伝統と独創性の角型モデル|GIRARD-PERREGAUX

伝統と独創性の角型モデル|GIRARD-PERREGAUX

GIRARD-PERREGAUX|ジラール・ペルゴ伝統と独創性の角型モデル腕時計の大半はラウンド型であるから、角型というチョイスは、それだけでも腕元に人目を惹き付ける“攻め”のスタイルである。しかも、それが伝統あるマニュファクチュールのゴールドモデルなら、存在感は一際強力であり、機能とデザインの面でも強いオーラを放っている。Text by KAWADA Akinori文字盤のデザインバランスも絶妙20世紀の前半に世界を席巻したデザイン様式がある。それがアールデコであり、腕時計のデザインにも大きな影響を与えている。装飾は抑制し、機能性を重視。幾何学的要素や対象性を重要視すると伴に、直線とカーブのコントラストを活かす……など、多くのプロダクトデザインに取り入れられた。ここに取り上げた「ヴィンテージ1945」の場合、正面から見ると直線的な角型ケースだが、サイドから見ると手首に沿うようカーブを描き、装着感を向上させると伴に、エレガントに時計を見せる。12時位置の2枚のディスクにより日付を表...
15 件