ROGER DUBUIS

ロジェ・デュブイはスイス・ジュネーブを代表する究極のマニュファクチュールウォッチブランドで、天才時計師のロジェ・デュブイと、デザイナーであり、ヴィンテージウォッチの熱烈なコレクターでもあったカルロス・ディアスが1995年にSOGEM(Société Genevoise des Montres)社として創業。翌年に初のコレクション「シンパシー」、「オマージュ」を発表。それを皮切りに「マッチモア」、「フォローミー」、「トゥーマッチ」などほかにはない独創的なデザインとハイエンドな時計づくりで注目される。

1999年に社名をManufacture Roger Dubuisに変更、2001年にジュネーブ郊外のメイラン(Meyrin)に新社屋工場の第一建設工事を開始する。2005年には第二期工事も完了し、マニュファクチュールブランドとしての独立性を強化、確立する。

すべての機械式ムーブメントは、100%自社で開発、製造、かつジュネーブ製法を証づける「ジュネーブ・シール」が刻印された高精度・高品質なものだ。そのうえに、ロジェ・デュブイならではの鮮烈なデザインをまとうことになる。

21世紀にしっかりと根ざしたその大胆なクリエイションは、力強く思い切ったデザインと調和する、高級時計のメカニズムに関するノウハウと専門性を物語っている。

コンセプトの独創性とメカニズムのディテールが豊かなコレクションは、「驚きのプレイヤー」「驚きのウォリアー」「驚きのベンチャラー」「驚きのディーバ」という4つの異なる世界から構成され、2014年に「驚きのメカニクス」という世界を表現した第5番目の要素、「オマージュ」コレクションが加わった。

卓越性の探求、じっくりと時間をかけて正しいあり方を追求すること、独自の技術の開発が、ジュネーブを本拠とするスイスのブランド、ロジェ・デュブイの変わらぬ姿勢だ。完全な自社一貫生産マニュファクチュールであるロジェ・デュブイは、最高のクラフトマンシップの証であるジュネーブ・シールをすべての時計に取得している世界で唯一の時計ブランドである。

またブランドとしては2008年にリシュモングループの傘下となり、 2009年...

世界限定8本。「エクスカリバーピレリ アイス ゼロ2」|ROGER DUBUIS

世界限定8本。「エクスカリバーピレリ アイス ゼロ2」|ROGER DUBUIS

ROGER DUBUIS|ロジェ・デュブイ凍結路面走行用のタイヤパターンをストラップにあしらった「エクスカリバーピレリ アイス ゼロ2」シリアルイノベーターとして知られるロジェ・デュブイが、「ピレリ」とのパートナーシップ継続2年目となる2019年、世界限定8本の新モデル「エクスカリバーピレリ アイス ゼロ2」を発表した。Text by OZAKI Sayakaロジェ・デュブイとピレリによる、ハイテク素材と最新技術の追求異分野から得たインスピレーションを武器に、既存の時計製造に対するあらゆるレベルへの挑戦を続けるシリアルイノベーター、ロジェ・デュブイが、モータースポーツにおいて最高品質のタイヤを供給する専門メーカー・ピレリとのパートナーシップ締結2年目を記念するモデル「エクスカリバーピレリ アイス ゼロ2」を発表した。このモデルにはロジェ・デュブイとピレリ両者の研究開発チームによる最新技術を駆使したエンジニアリングとハイテク素材が採用され、独特のデザインが実現された。特徴は、ジュネー...
ランボルギーニのDNAを継承した「エクスカリバー」新モデル|ROGER DUBUIS

ランボルギーニのDNAを継承した「エクスカリバー」新モデル|ROGER DUBUIS

ROGER DUBUIS|ロジェ・デュブイわずか28本。ランボルギーニのデザインをシェアする限定モデル「エクスカリバー アヴェンタドール S ピンクゴールド」ロジェ・デュブイとイタリアを代表するブランドであるランボルギーニ・スクアドラ・コルセのパートナーシップによる「エクスカリバー アヴェンタドール S ピンクゴールド」が、限定28本でリリースされた。Text by OZAKI Sayaka6時位置、9時位置のテンプを両輪とする超絶機構ロジェ・デュブイは、独創的技術開発を進めつつ独特のデザイン感覚を駆使し“シリアル・イノベーター”との世界的異名を持つスイスのマニュファクチュール。そのロジェ・デュブイと、イタリアを代表するメゾンであるランボルギーニ・スクアドラ・コルセのコラボレーションによる限定モデル「エクスカリバー アヴェンタドール S ピンクゴールド」が誕生した。最新のテクノロジーと優れたカスタマーサービスという価値観を持ったふたつのブランドのパートナーシップによって、イタリア最...
「エクスカリバー」にピレリとのパートナーシップによる新モデル誕生|ROGER DUBUIS

「エクスカリバー」にピレリとのパートナーシップによる新モデル誕生|ROGER DUBUIS

ROGER DUBUIS|ロジェ・デュブイレースで勝利したタイヤのラバーを腕にするサーキットの情熱的な世界を表現した新モデル独創的デザインのロジェ・デュブイと、モータースポーツに最高品質のタイヤを提供する専門メーカー・ピレリとのパートナーシップによる限定モデル「エクスカリバー スパイダー ピレリ」が、SIHH2018に登場する。Text by OZAKI Sayaka勝利への情熱を象徴。エクスカリバー スパイダーピレリ オートマティック スケルトンロジェ・デュブイは独創的デザインを駆使すると同時に、自社研究開発を押し上げ、至高のタイムピースを発表してきたウォッチメイカー。ロジェ・デュブイの“エクスカリバー”は、パワフルなデザインと比類のないメカニズム、時計製造の熟練技術を融合したコレクションだ。そのコレクションに加えられた「エクスカリバー スパイダー ピレリ オートマティック スケルトン」は、レーシングタイヤを提供するピレリとともに、サーキットの世界観を題材とした限定モデル。ベスト...
ロジェ・デュブイ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|ROGER DUBUIS for MEN

ロジェ・デュブイ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|ROGER DUBUIS for MEN

ROGER DUBUIS|ロジェ・デュブイ重いのが嫌なら「カーボン」があるロジェ・デュブイにとって、2015年は腕時計の内部機構を見て楽しめるスケルトンモデルが数多く発表された年だった。2016年はレディースモデルが数多く発表されるいっぽうで、メンズコレクションの「エクスカリバー」コレクションに軽量なカーボンケースモデルが登場した。「エクスカリバー 42 オートマティック」のスケルトン仕様特にこの「エクスカリバー 42 オートマティック スケルトン カーボン」は秀逸だ。モデル名にカーボンとあるように、ケースの素材をカーボンファイバーで製作し、その耐久性は太鼓判が押してあるようなものだ。ムーブメントのスケルトン加工は、極限まで地板や受け板に抜き加工をほどこしており、歯車などのパーツを、まさに骨格で支えていると表現するのがふさわしい。それでいて、ブリッジやマイクロローターには、星型のモチーフを抜いた部分を配しており、グラフィックにまで配慮しているのだから恐れ入る。カーボンファイバーを型...
ロジェ・デュブイ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|ROGER DUBUIS for WOMEN

ロジェ・デュブイ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|ROGER DUBUIS for WOMEN

ROGER DUBUIS|ロジェ・デュブイ自立した女性へ捧ぐ「ベルベット」コレクション(1)今年のロジェ・デュブイのブースは、まるで撮影スタジオのように演出された空間となっていた。女性の持つさまざまな多様性を5つのテーマの「ベルベット」コレクションで華やかに展開した。Text by KAWADA Akinori自立した女性のためのモデル「ベルベッド」2012年に発表された「ベルベット」コレクションは、今年、メカニズムだけでなく、美しいエナメル装飾が施された文字盤など贅沢な作りのコレクションが発表された。こうした強いこだわりに触れる度にロジェ・デュブイが一級品のマニュファクチュールであることを思い知らされる。エナメルと宝飾により完成されたレディースモデル美しく着飾った女性には、美しい花が似合う。レディースモデル「ベルベット」でも、今回登場した「ブロッサム ベルベット ブルー」は、そんな思いを強くしてくれる時計である。まず、文字盤を埋め尽くす花に目を奪われてしまう。マザーオブパールの文...
ロジェ・デュブイが追求する2つのコンセプト|ROGER DUBUIS

ロジェ・デュブイが追求する2つのコンセプト|ROGER DUBUIS

ROGER DUBUIS|ロジェ・デュブイ「アストラル・スケルトン」と「エクスカリバー」ロジェ・デュブイが追求する2つのコンセプト(1)2015年のコレクションテーマを「スケルトン・イヤー」と定め、1月のジュネーブで「アストラル(星のような)・スケルトン」というコンセプトの下、「エクスカリバー・スパイダー」のダブルトゥールビヨンを筆頭に、時計界の常識である“スケルトン=クラシック”というイメージを完膚なきまでに打ち破り、バイヤーやジャーナリストを驚愕させたロジェ・デュブイ。それから約8カ月後のWATCHES & WONDERSでも、ポケットウォッチを筆頭に、このテーマをさらに追求したモデルを発表し、来場者を魅了した。Text by SHIBUYA Yasuhito大胆なスケルトンデザインに、メゾンが誇るベースプレートに加えて、ケースや針、フランジ(ムーブメントや文字盤を収める枠)までスケルトン化する…「エクスカリバー スパイダー」でスケルトン技術の限界を打ち破ったロジェ・デ...
韓国でもっとも美しい女優キム・ヒソンがロジェ・デュブイを訪問|ROGER DUBUIS

韓国でもっとも美しい女優キム・ヒソンがロジェ・デュブイを訪問|ROGER DUBUIS

ROGER DUBUIS|ロジェ・デュブイ韓国でもっとも美しい女優キム・ヒソンがロジェ・デュブイを訪問香港で開催されている高級時計ショーWatches & Wondersのロジェ・デュブイのブースへ“韓国で最も美しい女優”キム・ヒソンさんが訪れた。韓国はもちろん、数多くのアジアのメディアが彼女の来場を取材、新作に華を添えた。Text by KAWADA Akinoriロジェ・デュブイの新作に華を添える香港で開催されているWATCHES & WONDERSで、様々な新作が発表された。ロジェ・デュブイのブースでは、アジア屈指の美女がブースを訪れ、エレガントな輝きを放っていた。10月2日にロジェ・デュブイのブースに姿を見せたのは、韓国の女優キム・ヒソンさん。彼女のしなやかな手首には「ベルベット」が巻かれていた。その姿は、幻想的に飾られたブースにマッチし、まさに「ベルベット」の世界観である“ディーバ”(歌姫)のよう。CEOであるジャン=マルク・ポントルエ氏自らが、キムさんを...
ROGER DUBUIS|SIHH 2013 新作ウォッチコレクション

ROGER DUBUIS|SIHH 2013 新作ウォッチコレクション

ROGER DUBUIS|ロジェ・デュブイ中世風のコスプレで来場者の視線を独占4つのテンプを持つ“革新”満載の複雑時計天才時計師のロジェ・デュブイと、ヴィンテージウォッチの熱烈なコレクターでもあるデザイナーのカルロス・ディアスにとって1995年に創業したロジェ・デュブイ。2013年の新作は、4つのテンプを組み合わせたまったくあたらしいムーブメントを搭載した「エクスカリバー クアトゥオール シリシウム」を発表。世界中から集まった時計関係者をまたしても驚かせた。Text & Event Photographs by SHIBUYA Yasuhito時計愛好家垂涎の複雑機械式ムーブメントと大胆不敵なデザイン。そして、ジュネーブ・シールが象徴する伝統的な時計製造文化の継承。相反するともいえるこのふたつを看板に、高級時計ブームを牽引してきた1995年創業のロジェ・デュブイ。2011年と2012年のSIHH(ジュネーブサロン)は、同社にとってコレクションの再構築とブランドの本格再始動を...
37 件