PATEK PHILIPPE

19世紀半ばより常に時計界のトップに君臨し続ける別格ブランド、パテック フィリップ。時計フリークが最後に行き着く高みと、崇敬の念を込めて呼ばれるこの世界最高峰のウオッチブランドは、時計に情熱を注いだ2人の人物によって創設された。 最初に礎を築いたのはボーランドからの亡命貴族、アントワーヌ・ド・パテック。彼は、帝政ロシアの圧制下にあった祖国ポーランドから、スイス時計産業の中心地であるジュネーブへと逃れる。そこで遭遇した地場産業の時計に興味を持ち、また時計師のフランソワ・チャペックとの出会いをきっかけにして、1839年に時計会社を設立する。 同社は順調に業績を伸ばしていくのだが、アントワーヌ・ド・パテックは、時計製造に対してさらなる可能性を求めていた。ちょうどその頃、フランスのパリで開かれていた万国博覧会を訪れた彼は、世界初のリューズ巻き式懐中時計を見つけて、大きな衝撃を受ける。 この時計を製作した人物こそ、時計師のジャン-アドレアン・フィリップ。アントワーヌ・ド・パテックは、フランソワ・チャペックの後任に彼を迎え入れる。この2人の出会いこそが、’46年の独立分針、’48年のフリーゼンマイなどの新機構開発に繋がっていくのだった。そして、ロンドン万博で金メダル受賞した1851年、現在の「パテック フィリップ」へと社名を変更したのである。 その後、パテック フィリップ社は、’89年に初の永久カレンダー機構を開発してから、複雑機構にも積極的に取り組み、なかでも1927年の「グレーブス・ウォッチ」は、24もの複雑機構を搭載する歴史的なコンプリケーションウォッチとして高い評価を得る。 さらに、1932年には現代もなお「ドレスウオッチのお手本」と称される、カラトラバを発表。腕時計の分野においても、確固たる地位を築き上げた。 こうして時計界を牽引する立場に立ったパテック フィリップは、21世紀に入ってからもシンプルウォッチからコンプリケーションまで数多くの佳作を手掛け続ける。スイス時計界の遺産を後世に伝えるべく伝統技術を継承するほか、さらに新たな可能性を自ら切り開くべく新技術・新素材の開発にも積極的にチェレンジしている。 【創業年】1839年 【創業地】スイス、ジュネーブ 【主なシリーズ名】カラトラバ、ゴンドーロ、グランド・コンプ...

「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」をおふたりで|PATEK PHILIPPE

「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」をおふたりで|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップ完璧なペアウォッチ。しかもパイロット・ウォッチのデザインで2015年に誕生した18KWGの「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」に18KRGとブラウン・ソレイユ・ブラック・グラデーション文字盤を組み合わせた新バージョンが登場。それに合わせて、ケース径を既存サイズから4.5mm縮小した婦人用「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」が誕生し、このモデルをペアで身に着けられるようになった。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)搭載機能もすべて同じペアモデルって意外と、保守的なデザインが多いんです。そんななかで、ひと際目を引く「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」。おひとりでも十分目を引くのに、おふたり揃うと、無敵のインパクトです。このトラベルタイムの操作は非常に簡潔。10時位置のプッシュピースを押すと、時針が1時間後退。8時位置のプッシュピースを押すと、時針が1時間前進。たとえば海外に行ったときに時差...
最新「永久カレンダー搭載クロノグラフ」は、希少なプラチナバージョン|PATEK PHILIPPE

最新「永久カレンダー搭載クロノグラフ」は、希少なプラチナバージョン|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリッププラチナケースにゴールド・オパーリン・ダイアルを合わせたヴィンテージライクな傑作1941年に誕生して以来、パテック フィリップの永久カレンダー搭載クロノグラフは、同社の“顔”として、その完璧なフェイスを受け継いできた。近年では2011年に18KWGモデルが発表され、2015年には18KRGバージョンが加わり、そして今年、最高級素材のプラチナモデル登場に至った。2018年の新作誕生により、既存の5270ではじまるシリーズはすべてディスコンとなる。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)銅色ダイアルの渋さと、プラチナケースの高潔さとボルドーワインに例えるならば、2010年。ポルシェで言えば、1973年のナローボディ。そんな風に、2018年のパテック フィリップ「永久カレンダー搭載クロノグラフ」は、この先、記憶に残るに違いありません。つまり、“当たり”。プラチナケースとゴールド・オパーリン・ダイアルの組み合わせに...
「アクアノート」コレクションに初のクロノグラフがラインナップ|PATEK PHILIPPE

「アクアノート」コレクションに初のクロノグラフがラインナップ|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップオレンジを大胆に使った「アクアノート」初のクロノグラフコンテンポラリーとクラシックを高いレベルで融合し、独自の世界観を演出してきた「アクアノート」。その誕生から21年目にして、クロノグラフがコレクションに初登場。アクセントカラーはオレンジだ。Text by KOIZUMI Yoko21年目の新シリーズが登場ファンにとっては“ついに”と言うべきか。アクアノートコレクション誕生21年目にして、初めてのクロノグラフ「アクアノート・クロノグラフ5968A」が登場する。搭載されるモジュールはフライバック・クロノグラフ。一般的なクロノグラフ同様、リュウズを挟んで上下にプッシュボタンが配される外観は同じだが、下側のリセットボタンの構造に違いがある。フライバック・クロノグラフの場合、このボタンを計測中に押すと、ストップ → リセット → 再スタートがワンプッシュ操作で行なえるのだ。この際に計測針が一瞬にして帰零することから“フライバック”という名称...
「ノーチラス」コレクション初のグランド・コンプリケーション|PATEK PHILIPPE

「ノーチラス」コレクション初のグランド・コンプリケーション|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップ永久カレンダーを搭載した複雑機構モデルがノーチラス・コレクションに初登場コレクション誕生から40年を超えてなお、パテック フィリップの人気コレクションとして不動の地位を誇る「ノーチラス」に、ファン待望の永久カレンダー搭載モデルが初めてお目見えする。Text by KOIZUMI Yoko現行コレクションのなかで、最薄のムーブメントクロノグラフ、デュアル・タイムゾーン(トラベルタイム)、年次カレンダーに続き、ノーチラス・コレクションに初めて永久カレンダー機構を搭載したグランド・コンプリケーション「ノーチラス5740/1」が登場する。搭載されるムーブメントはパテック フィリップの自社開発ムーブメントのなかでも傑作と名高いキャリバー240 Q。これは閏年の2月29日を含めて、すべての月の末日を自動的に判断し、日付調整する機構を備えたもので、実用性の高さで定評がある。また22Kゴールド製の偏心マイクロローターを組み合わせることで、超薄型の自...
ラウンド型で再登場。レディス・ファースト・クロノグラフ|PATEK PHILIPPE

ラウンド型で再登場。レディス・ファースト・クロノグラフ|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップ通好みの女性へ。クラシカルなデザインに貴石を載せた、手巻きクロノグラフ2009年にリリースされた女性のためのクロノグラフ(Ref.7071)は、コラムホイール制御、水平クラッチ機構を持つ、現行ラインナップ初の自社開発・製造クロノグラフムーブメントを搭載したモデルだった。男性用の自社製クロノグラフが当時ラインナップされていなかったタイミングで、女性用が先に出たのだから、そのインパクトは絶大だったのである。そして今回の新作は、そのムーブメントを引き継ぎ、新たな外装が与えられたモデルだ。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)徹底的にクラシカル。そして必要十分なプレシャス女性用のコンプリケーション、しかも手巻きを選ぶ女性とは、かなりの時計好きだと思います。そういう振り切った方にこそ、身に着けてほしいモデルがコレ。その美しさは、一度見たら釘付けです。2009年に誕生した、女性のためのクロノグラフ、通称"レディス・フ...
ワールドタイムとミニット・リピーターがパテック フィリップによって統合|PATEK PHILIPPE

ワールドタイムとミニット・リピーターがパテック フィリップによって統合|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップ世界中どこでも現地時刻を音で知らせるまったく独創的なミニット・リピーターついにワールドタイムとミニット・リピーターの両機能がパテック フィリップによって統合された。これまでのミニット・リピーターは、あらかじめリュウズで合わせたホームタイム(出発地の時刻)しか鳴らすことができなかった。しかし、このモデルはタイムゾーンを変更した先のローカルタイムを鳴らすことができるのだ。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)12時位置に表示された都市の時刻を音で知らせるこの素晴らしく美しく、希少で、価値がある腕時計を、実際に海外旅行時に持ち運ぶかはともかくとして(なんとゴージャズ!)、ミニット・リピーター機能がまたひとつ進化を遂げました。ワールドタイム機能と連動して、世界中どこにいても、現地時刻を音で知らせてくれるのです。しかもその音色が、ひと際、力強く、鮮明なものとなっています。理由は、2本のゴング(高音と低音)がムーブメ...
アクアノート・ルーチェ、16番目の新色「ミスティー・ブルー」|PATEK PHILIPPE

アクアノート・ルーチェ、16番目の新色「ミスティー・ブルー」|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップカジュアル・シックのコンテンポラリーなニューカラーSSケースにパヴェダイヤをあしらった「アクアノート・ルーチェ」は、2005年に誕生し、これまでさまざまなカラーバリエーションを生み出してきたが、2018年の新色は「ミスティー・ブルー」。グレートーンを帯びたブルーは、程よく彩度が抑えられ、現行ラインナップのなかでもひと際、大人びた表情に仕上がっている。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)品のあるスポーティルックは、意外とありそうでないドレスウォッチだと大げさで、直球ダイバーズだとカジュアルすぎる。その落としどころで、時計ブランドはしのぎを削っています。これは本当に難しいところで、最も均整が取れているのはどれ? と、彼女に質問されても、なかなか簡単には応えられません。そんななかで、「アクアノート・ルーチェ」は、常に筆頭候補に上がるシリーズだと思います。老舗和菓子屋が作るケーキ、みたいに、スポーティルックでも...
ミニット・リピーター、クロノグラフ、永久カレンダーの3大複雑機構を搭載|PATEK PHILIPPE

ミニット・リピーター、クロノグラフ、永久カレンダーの3大複雑機構を搭載|PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE|パテック フィリップトリプル・コンプリケーションに初のローズゴールドモデルがラインナップミニット・リピーター、クロノグラフ、永久カレンダーを搭載するRef.5208は、2011年に誕生。これまではPtケースにアントラサイト・ソレイユ・ダイアルの組み合わせだったが、このモデルが製造終了となり、代わりに18KRGケース×エボニー・ブラック・ソレイユダイアルの新仕様が登場した。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)鳴り物人気をよそに、着実にモデル拡充を遂げる昨今、ミニット・リピーターがトレンドアイテムとなっています。まるで10年前のトゥールビヨン流行のような兆しが、今度はミニット・リピーターに見え隠れしているのです。しかし、このモデルはそうした流行訴求とは異なり、3大コンプリケーションをいかに実用的に、リアルな存在とするかで正統進化を遂げたもの。超絶機構を実用アイテムとして日常に使用するかはオーナーの自由として、あくまで実用性にこ...
65 件