ROLEX

20世紀初頭、まだ腕時計が誕生して間もない頃に創業し、以後100年以上も腕時計とともに歩み続け、飛躍的な進化を遂げていったロレックス。 1905年、イギリス・ロンドンにブランドの前身となる「ウイルスドルフ・アンド・デイビス社」を設立したことから、ロレックスの歴史は始まる。創業者のハンス・ウイルスドルフは、当時まだ懐中時計が主流だった時代に、腕時計に先見の明を感じ取った天才的な実業家であった。1907年には本格的な時計製造に着手するため、早くも事務所機能をスイスに移転。その翌年には、ブランド名「ROLEX」を考案し、商標登録を行っている。 1910年には腕時計としては初の、公的精度検定であるクロノメーターの公式証明書を獲得し、ロレックス製品の高精度を証づけた。1926年には、完全防水・防塵構造のケース「オイスター」を発明し、常に水や埃にさらされている腕時計の弱点を克服。 その後も、錘(おもり)の回転で駆動ゼンマイを巻き上げる自動巻きシステム「パーペチュアル」や、3時位置にデジタルディスプレイを設け、午前零時になると自動的に日付が切り替わる「デイトジャスト」を開発。ロレックスが腕時計の進化に果たした役割は、あまりに大きいといえる。 1950年代に入ると、ラインナップの多様化が図られ、史上初の潜水時計「サブマリーナー」や、冒険家用の腕時計「エクスプローラー」など、特殊任務に着手するプロフェッショナルのための時計製造が行われる。もちろん極限状況を想定した時計造りは、一般ユーザーに対するロレックス製品の信頼性を高めることにもつながった。 こうした意欲的な開発精神は現代にも受け継がれ、2000年にはクロノグラフの自社一貫生産に成功。2007年には耐磁時計「ミルガウス」の次世代モデルや、新しいレガッタ用のクロノグラフを発表。常に時計界の話題の渦中にありながら、実用性に根差した時計造りを今も着実に行っている。 【創業年】1905年 【創業地】イギリス、ロンドン 【主なシリーズ名】オイスター パーペチュアル、チェリーニ 【問い合わせ先】日本ロレックス 広報課 03-3216-5671

ヴィンテージ・ロレックス100本を撮り下ろしたアートブック『ART of ROLEX』|BOOK

ヴィンテージ・ロレックス100本を撮り下ろしたアートブック『ART of ROLEX』|BOOK

BOOK|貴重なヴィンテージ・ロレックスの情報が満載知る人ぞ知る、あのクォークのミュージアム所蔵品を1冊にまとめた500部限定の豪華本ヴィンテージ・ロレックス専門店として名を馳せるクォークが、あまりにも貴重で、もはや値が付けられず、店頭で販売せずに非売品として所蔵、一部予約制として好事家へ限定公開してきた貴重なヴィンテージ・ロレックスを写真に収め、美術出版社が500部限定の豪華本としてリリースしました。Text by TSUCHIDA Takashiこのアートブック自体が、後にマニア垂涎のレアアイテムになりそう一昨年には、フィリップスオークションにて約20億円というオークション落札記録を打ち出し、ますます注目されているヴィンテージ・ロレックス。クルマやデザイン家具と同じく、ディテールの差異が詳細にわたり研究され、その世界観に没入するマニアは世界に多数。ロレックスのヴィンテージアイテムは、パテック フィリップやヴァシュロン コンスタンタンのそれと同様に、その他のブランドのアンティーク...
名優ポール・ニューマンが所有した究極のロレックス“ポール・ニューマン”デイトナ|PHILLIPS

名優ポール・ニューマンが所有した究極のロレックス“ポール・ニューマン”デイトナ|PHILLIPS

PHILLIPS|フィリップス予想落札価格1億円以上。20世紀、伝説の腕時計がPHILLIPSのNYウォッチ・オークションに初出品(1)2017年10月26日(木)、最高級時計に特化したオークションハウス「フィリップス・イン・アソシエーション・ウィズ・バックス&ルッソ」が、「WINNING ICONS(勝利の肖像)―20世紀、伝説の腕時計―」オークションをニューヨークで初開催。そのなかで、ポール・ニューマン自身が所有・使用した唯一無二のロレックス“ポール・ニューマン”コスモグラフ・デイトナが出品されることになった。Text by UEOKA Yasukoオークション開催は2017年10月26日(木)。この時計は誰の手に!?なんたって、伝説のニックネームの由来となった時計の実物なのである。コレクターやマニアの間では、ロレックス・デイトナが世界的に求められ、コレクタブルな機械式時計になった理由は、このポール・ニューマンダイアルのエピソードがあったからとも言われている。©Douglas ...
バーゼルの“華”は今年もクロノグラフ|BASELWORLD 2016

バーゼルの“華”は今年もクロノグラフ|BASELWORLD 2016

BASELWORLD|バーゼルワールド注目の10ブランドをピックアップバーゼルの“華”は今年もクロノグラフ(1)ほとんどのブランドからクロノグラフの新作が登場し、まさに百花繚乱といった趣が、年々強くなる腕時計の世界。2016年のバーゼルワールドでも、その流れは堅調だった。ムーブメント供給が危ぶまれた、いわゆる2010年問題を契機として起こった自社クロノグラフムーブメントの開発競争には一息ついた感はあるが、外装も含めたレベルアップは継続中だ。Photograph by NAGASHIMA ToruText by KAWADA Akinoriデイトナにブラックベゼルが帰ってきたROLEX|ロレックスついにという感慨がある。かつてブラックのプレキシガラス製ベゼルを装備したデイトナのステンレススチールモデルは、1960年代半ばに登場し、長きにわたってメタルベゼルモデルと並行して製造されていた。それが、1988年に登場したRef.16520以降、メタルベゼルに一本化されラインナップから姿を消...
ROLEX|2013年新作ウォッチ、バーゼル現地レポート

ROLEX|2013年新作ウォッチ、バーゼル現地レポート

ROLEX|ロレックスクロノグラフの歴史的傑作「コスモグラフ デイトナ」誕生50周年の記念すべき年にプラチナモデルが登場いまも昔もスイス時計産業のトップを走り続ける至高のブランド「ロレックス」。今年のバーゼルワールドでは、誕生50周年を迎えた「コスモグラフ デイトナ」にプラチナモデルが登場。これまでのデイトナにはないあたらしい素材をまとい、涼やかで上品な表情をみせる。Text by SHIBUYA Yasuhitoさらに充実する魅惑のコレクション過去20年間で売上高が約4倍と驚異的に拡大、史上最高の繁栄を謳歌するスイスの時計産業。そのなかで大飛躍を遂げた時計ブランドも数多くあるが、世界規模での知名度、人気、そして実際の売上高でも、当時も今も変わることなく孤高の存在として半世紀以上も王座に君臨しているのが、ロレックスだ。従来からル・マン24時間レースの公式時計として計時を務めてきたが、2013年からはF1グランプリのグローバルパートナー兼公式時計としてサポートするなど、モータースポー...
ROLEX|誕生40周年、「エクスプローラーⅡ」が最新仕様に進化

ROLEX|誕生40周年、「エクスプローラーⅡ」が最新仕様に進化

ROLEX|ロレックス誕生40周年を迎えたアドベンチャー用ウォッチの定番「エクスプローラII」が最新仕様に進化地道な改良・進化をモットーとし、毎年、1、2モデルずつ着実に新型に更新していくロレックス。今年は冒険、探検用フィールドウォッチの絶対定番「エクスプローラーII(ツー)が、ついに新型に。また「ヨットマスターII」のステンレススティールモデルや、女性用デイトジャストの新タイプも登場した。取材・文=渋谷康人ケース径が42mmに。24時間針のデザインも原点回帰!「世界でもっとも知名度があり、人気の高い腕時計」といえばロレックス。ケースの中も外も考えぬかれた機能的なデザインで「売らんかな」の、見かけだけのモデルチェンジはしない。改良の不断の積み重ねで精度と信頼性と機能性を追求する。こうした堅実な製品づくりの姿勢は、時計愛好家や時計技術者のあいだでは高く評価されており、毎日着けたい「実用腕時計の王者」として絶大な支持を得ている。そんなロレックスの今年最大のトピックは、1971年の誕生以...
ロレックス|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|ROLEX

ロレックス|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|ROLEX

ROLEX|ロレックススイスを代表する時計メーカー、ロレックスからのメッセージ新世代ムーブメントCal.3255を開発(1)ロレックスは、新世代ムーブメントとしてCal.3255を開発し、その新キャリバーを搭載した「デイデイト 40」をバーゼルで華々しく発表した。デイデイトは、曜日と日付表示付きの実用腕時計として日本でも人気のモデル。その人気モデルのムーブメントが一新されたのだ。さまざまな点で技術革新がされたムーブメントを搭載した新作とは、いったいどんなモデルなのだろうか。Text by KAWADA Akinoriスイスの公式精度検定を超える精度を実現もっとも大きなニュースはオイスター パーペチュアルシリーズの最高峰モデル「デイデイト」にあたらしく開発されたムーブメントを搭載した40mmモデルが誕生したことだ。この新ムーブメントの実力はやはり半端がない。14の特許技術が投入され、パーツの90%があたらしくなった。特に脱進機は、新素材・新設計の“クロナジーエスケープメント”の導入で...
ロレックス ショップが玉川髙島屋にオープン|ROLEX

ロレックス ショップが玉川髙島屋にオープン|ROLEX

ROLEX|ロレックス購入からアフターサービスまで総合拠点がより身近にロレックス ショップが玉川髙島屋にオープン1905年の設立以来、実用的な腕時計の頂点をきわめ、高級腕時計の代名詞ともいえる時計ブランド、ロレックス。そのロレックスのショップが、都内の西のエリアである玉川髙島屋にオープンする。Text by KAWADA Akinori都内初のアフターサービス専用のカウンター併設1926年に誕生した世界初の防水腕時計「オイスター」をはじめ、数多くの時計製造における革新的な新技術を開発。瞬く間に世界中の人々の心を虜にしたのはいうまでもない。そのロレックスのショップが、都内初のアフターサービス専用カウンターを併設して、6月19日(金)、玉川髙島屋本館1階にオープンする。ロレックス スイス本社監修のインテリアを導入した高級感あふれる特別な空間を演出した店内では、ロレックスの世界観を存分に堪能できる。さらにうれしいのは、都内初となるアフターサービス専用のカウンターを併設していることだ。時計...
32 件