TISSOT

時計職人であるシャルル・フェリシアン・ティソ、シャルル・エミル・ティソの親子によって、1853年、スイス・ジュラ渓谷のル・ロックルで創業された。

時計職人の家で生まれ育った息子シャルル・エミルは、若くして時計師を志し、修行のためアメリカへと渡る。そこで新たな技術を取得した彼は、帰国した後、ティソ ブランドを確立する。また、彼は海外市場に注目し、アメリカ、そしてロシア市場で成功を収める。帝政ロシアを魅了した「バナナウォッチ」は、今なおブランドのアイデンティティとして、オリジナルがたびたび復刻されるほか、現代的にブラッシュアップされた形で、レギュラーモデルとしてもラインナップしている(写真は1917年のオリジナルモデル)。

シャルル・エミルがアメリカで学んだものは、生産ラインの合理化であった。20世紀に入ると、時計業界でいち早く製造ラインのオートメーション化を果たす。これにより生産効率は飛躍的に伸び、ティソをスイスでもっともポピュラーな時計メーカーへと押し上げたのである。

その後もティソは、生産において徹底的な合理化を図りつつも、けっして品質の向上に手を抜かず、先見の明をもって時計界に革新をもたらしてきた。世界に先駆けて耐磁機能を装備した「アンティマグネティック」ほか、ワールドタイム機能搭載の「ナビゲーター」や、ケース素材にプラスティックを使用した「シデラル」など、次々とエポックメイキングな商品を開発。同社の製品は「ティソウォッチ」と呼ばれ、世界中の人々から愛されるようになった。

近年はスウォッチグループ傘下に入り、陸上競技やモーターレースなどのオフィシャルタイムキーパーを務めるなど、ますます盛んに活動を行っている。

【創業年】1853年 【創業地】スイス・ル・ロックル 【主なシリーズ名】T-タッチ、T-レース、バナナウォッチ、ティソ クアドラト 【問い合わせ先】スウォッチ グループ ジャパン ティソ事業部 Tel. 03-6254-7360

公式サイト 

正規腕時計店BEST ISHIDAが「ティソ・ヘリテージ・ポルト」の発売を記念してスペシャル刻印サービスを実施中|TISSOT

正規腕時計店BEST ISHIDAが「ティソ・ヘリテージ・ポルト」の発売を記念してスペシャル刻印サービスを実施中|TISSOT

TISSOT(ティソ)のヴィンテージウオッチ「ティソ・ポルト」が100年の時を超えて復刻。曲線的でクラシカルな雰囲気はそのままに、メカニカルムーブメント及びクオーツムーブメントを搭載した全5タイプが展開される。
クラシカルで華やかな色香漂う「ティソ ヘリテージ ポルト」|TISSOT

クラシカルで華やかな色香漂う「ティソ ヘリテージ ポルト」|TISSOT

ティソは、1919年に誕生したTISSOT PORTO(ティソ ポルト)の100周年を記念して、当時のディテールを忠実に再現した「TISSOT HERITAGE PORTO(ティソ ヘリテージ ポルト)」復刻モデル全5種類をリリースした。
スモールセコンドモデルをアップデート「ティソ ヘリテージ2018」|TISSOT

スモールセコンドモデルをアップデート「ティソ ヘリテージ2018」|TISSOT

TISSOT|ティソ1940年代のヒストリカルモデルを現代にアップデートした「ティソ ヘリテージ2018」2018年に創業165年を迎えたスイスウオッチブランドTISSOT(ティソ)より、1940年代の美学をモダンに再解釈した特別なモデル「ティソ ヘリテージ2018」がリリースされた。Text by OZAKI Sayakaロービートのユニタスキャリバーもまた、魅力のひとつ「ティソ ヘリテージ 2018」は、1943年に発表されたスモールセコンドを搭載した腕時計にインスピレーションを得て制作されたモデルだ。オリジナルは、ケース素材にニッケルクロム合金を採用し、ティソにのみ供給された27mmキャリバーを搭載したモデル。「ティソ ヘリテージ 2018」は、そのモデルに思いを馳せ、手巻きメカニカルムーブメントを踏襲し、過去へのオマージュをデザインに取り入れながらも、今日のテクノロジーを駆使して現代へとアップデートされた最高レベルのクオリティを実現したタイムピースなのだ。繊細なヘアライン仕...
マシンメイドムーブメント“Swissmatic”(スイスマティック)を初搭載|TISSOT

マシンメイドムーブメント“Swissmatic”(スイスマティック)を初搭載|TISSOT

TISSOT|ティソ洗練された都会的なデザインで人気!!「Tissot Everytime」(ティソ エブリタイム)に自動巻きムーブメントモデルが登場!約90時間というロングパワーリザーブを誇る次世代自動巻きムーブメント“Swissmatic”(スイスマティック)を初搭載。機械式時計のマニアックなイメージを刷新するスタイリッシュさで、初めて挑戦するメカニカルウォッチとして、またはセカンドウォッチとして最適なのだ。Text by TAKAHASHI Fumi人気シリーズに注目のラインナップが仲間入り昨年登場した「Tissot Everytime」(ティソ エブリタイム)は、近年のファッショントレンドである“エフォートレス”(気張らない)に即した、シンプルでスタイリッシュなデザインを採用。いつでも、どんなシーンでも楽しめるモデルが揃っている。注目の新作では、ロボットがムーブメントを組み込む、次世代自動巻きムーブメント“Swissmatic”(スイスマティック)を初搭載。最新設計により、...
「バナナ・ウォッチ」、それは100年の歴史を刻んだ伝説のアール・ヌーボー|TISSOT

「バナナ・ウォッチ」、それは100年の歴史を刻んだ伝説のアール・ヌーボー|TISSOT

TISSOT|ティソ宮廷御用達時計として誕生。手首にピタッと沿う究極に湾曲したカーベックスケース1916年に誕生した伝説の「バナナ・ウォッチ」が、2017年、さらに進化した。一気に展開されたカラーバリエーションは、全5種類。なかでも注目の日本限定モデルは、モノクロームのダンディズムが薫り、オリジナルの魅力から一歩踏み出したエレガンスを宿している。Text by YOSHIDA Miho“エフォートレス”“ジェンダーフリー”という現代のトレンドにシンクロ20世紀初頭、ロシア帝国で栄華を誇っていたロマノフ王朝(1613~1917)において、宮廷貴族の腕を飾る時計がTISSOT(ティソ)に依頼された。面長なケースに中央から放射状にデフォルメされたアラビア数字インデックスが伸びるデザイン。その斬新さは、往時の貴族たちを虜にしたのである。ところが翌年ロシア革命が勃発。帝政ロシアは終焉を迎え、「バナナ・ウォッチ」はわずか1年足らずで製造終了し、伝説の時計となった。後に、78年の時を経て1995...
スポーティクラシックライン「PRS516」がパワーアップして登場|TISSOT

スポーティクラシックライン「PRS516」がパワーアップして登場|TISSOT

TISSOT|ティソレースカーの特徴を様々なモチーフで表現「TISSOT (ティソ)PRS516」に2016年新作モデルが登場した。ムーブメントの異なる3つのモデルで展開する。レーシングカーをモチーフにデザインされたスポーティなデザインが印象的なウォッチだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)進化し続けるクラシックライン「ティソ PRS516」はモータースポーツへのオマージュを込め、1965年に誕生した元祖である「ティソ PR516」を継承するウォッチ。時代性を封じ込めたデザインを持ちつつ、レーシングカーのステアリングにインスパイアを得たパンチングホイールを施したストラップでオリジナリティを表現している。そのイメージは現在に至るまで、ティソのブランドアイコンになっている。2016年の新作モデルは、「クォーツクロノグラフ」、「オートマティック」と「オートマティック スモールセコンド」の3モデルで展開。ハイライトとなるのは、「オートマティック スモールセコンド」...
ティソが世界自動車耐久レースに参加するシグナテック・アルピーヌをサポート|TISSOT

ティソが世界自動車耐久レースに参加するシグナテック・アルピーヌをサポート|TISSOT

TISSOT|ティソWEC参戦のシグナテック・アルピーヌをサポート世界的な腕時計メーカー「ティソ」は、FIA(世界自動車連盟)が公認するレース「WEC」に参戦するフランスの「シグナテック・アルピーヌ」チームをサポートしている。ティソといえば、世界的なバイクレースMOTO GPのオフィシャルタイムを担当していることは、知られているが、自動車レースにおいても参加するチームをサポートしている。Text by KAKIHARA Takayoshi(OPENERS)「WEC」とは、2012年、FIA(世界自動車連盟)がル・マン24時間耐久レースを主催するACO(フランス西部自動車クラブ)と協力し、F1、WRC、WTCC、FIA-GTに次いであたらにスタートさせた世界選手権のこと。シルバーストーン(イギリス)をはじめ、ル・マン24時間(フランス)、ニュルブルクリンク(ドイツ)など世界全8レースで争われる。正式名称はFIA World Endurance Championship(世界耐久選手権...
表参道でティソ期間限定ショップがオープン|TISSOT

表参道でティソ期間限定ショップがオープン|TISSOT

TISSOT|ティソティソが表参道ヒルズでポップアップショップをオープン10月発売の新作をいちはやく展示長時間パワーリザーブを実現した「パワーマティック80」などの革新的なメカニズムで支持を集めるティソ。6月には、日本でティソ初の試みとなる短期限定ストアをオープン。2015年のバーゼルワールドで人気をさらった「シャミン・ドゥ・トゥレル」の先行予約を受け付けるとともに、多くの新作を展示、販売を開始する。Text by KAWADA Akinori200本以上の現行・新作モデルを試着可能売り上げ規模では、世界屈指の時計ブランドであり、クラッシクウォッチからハイテククォーツまで、多彩な時計を展開するティソ。近年は、ハイコストパフォーマンスで、スイスの公式精度規格であるクロノメーターに匹敵する精度と80時間稼働可能なパワーマティック80を装備するモデルを発表し、世界で話題となっている。そんなティソが、この6月に「ティソポップアップストア」をオープンさせる。ティソの商品展開は多岐にわたり、現...
31 件