SEIKO

日本を代表するウォッチブランド、セイコーの歴史は、1881年に創業者の服部金太郎氏が東京・銀座(当時の京橋区釆女町)に設立した服部時計店からはじまる。時計の小売り、修繕を行うほか、舶来物の仕入れも積極的に行い、同社は順調に業績を伸ばしていった。

1892年には、時計製造工場「精工舎」を設立し、念願だった自社製品の製造もスタートする。1895年、初の自社製造による懐中時計「タイムキーパー」、そして1913年には国産初の腕時計「ローレル」が誕生。1924年からは文字盤に「SEIKO」という欧文のブランド表記も見られはじめるようになる。

戦後、セイコーは本格的な世界進出を視野に入れ、本場スイスに追いつけ追い越せをスローガンに高精度・高品質を掲げ、自社製品のグレードアップを図っていく。そのあくなき開発の末、セイコーの最高峰商品として1960年にグランドセイコーが誕生。当時のスイス公式機関が定める高精度認定「クロノメーター」基準に比肩する、厳しい15日間の品質基準を自社内に設け高精度を管理した。

以降、「GS規格」といわれる厳格な検査基準を実施し続け、現在に至るまで徹底的なクオリティコントロールを図っている。また同じ頃、セイコーはスイス「ニューシャテル天文台コンクール」「ジュネーブ天文台コンクール」に参加しはじめ、好成績をおさめてスイス勢を驚嘆させた。

1964年には東京オリンピックの公式計時を担当。そのためにもさらなる高精度と携帯性を目指す必要があり、その際の開発研究が世界初のクオーツ式腕時計「クオーツ アストロン」の誕生にもつながっている。

同モデルが誕生したのは1969年。有名な「クオーツショック」という一大ムーブメントを、スイス時計界に巻き起こすきっかけにもなった。 こうして世界的地位を確立した後も、セイコーは、機械式、クオーツの両面から、さまざまな画期的アプローチを試みている。1974年には、国産腕時計の最高級ブランドとして「クレドール」を立ち上げる。

さらに1999年には、機械式とクオーツのメリットをあわせ持った、第3の駆動機構「スプリングドライブ」を発売。2012年9月に1969年のクォーツショック...

世界初のクオーツウオッチ誕生50周年を記念するトリビュートモデル|SEIKO

世界初のクオーツウオッチ誕生50周年を記念するトリビュートモデル|SEIKO

世界初のGPS ソーラーウオッチ<セイコー アストロン>から、世界初のクオーツ腕時計<クオーツ アストロン>の誕生50周年を記念したトリビュートモデルが、国内および国外にて2019年11月28日(木)より販売される。
「セイコー クロノグラフ ヒストリカルコレクション」が登場|SEIKO

「セイコー クロノグラフ ヒストリカルコレクション」が登場|SEIKO

本格スポーツウオッチ<セイコー プロスペックス>と、日本の美意識を体現するウオッチ<セイコー プレザージュ>から、1960年代に発表されたふたつのクロノグラフモデルのアニバーサリーを祝す2機種の数量限定モデルが、それぞれ世界限定1000本で2019年12月7日(土)に日本全国および海外において発売される。
テーラーのこだわりを随所に凝らした「セイコー ブライツ Bespoke Tailor Dittos. Limited Edition」|SEIKO

テーラーのこだわりを随所に凝らした「セイコー ブライツ Bespoke Tailor Dittos. Limited Edition」|SEIKO

グローバル志向のビジネスパーソンに向けたブランド<セイコー ブライツ>より、東京・青山のテーラー「Bespoke Tailor Dittos.(ビスポーク テーラー ディトーズ)」オーナーの水落 卓宏(みずおち たかひろ)氏がスタイリングを手掛けた数量限定モデル2機種が、各限定600本で2019年11月9日(土)より発売される。
mastermind JAPANの魂を息づかせたアストロン|SEIKO

mastermind JAPANの魂を息づかせたアストロン|SEIKO

セイコーのGPSソーラーウオッチ「セイコー アストロン」のハイエンドコレクション「レボリューションライン」と、ハイストリートファッションブランド「mastermind(マスターマインド)JAPAN」がコラボレート。数量限定モデルを2019年10月26日(土)から150本限定でリリースする。
<セイコー プレザージュ>プレステージライン 琺瑯ダイヤル スプリングドライブモデル|SEIKO

<セイコー プレザージュ>プレステージライン 琺瑯ダイヤル スプリングドライブモデル|SEIKO

日本の美意識を表現する「セイコー プレザージュ」から、セイコー独自の駆動機構「スプリングドライブ」と、プレザージュの代名詞ともいえる「琺瑯(ほうろう)」ダイヤルを採用した新コレクション2機種が、2019年10月11日(金)より、国内および海外において発売される。
現代を象徴する5つのスタイルで「セイコー5スポーツ」がリローンチ|SEIKO

現代を象徴する5つのスタイルで「セイコー5スポーツ」がリローンチ|SEIKO

1963年に発売された「セイコースポーツマチック5」(通称:セイコーファイブ)は、国産初の自動巻きデイデイトモデル。このモデルをルーツに持ち、世界的な人気を誇る「セイコー 5スポーツ」は、その後も機能・デザインの両面で独自の進化を遂げてきたが、今回、コレクションを一新、新生「セイコー 5スポーツ」としてリローンチされた。全15機種が取り揃い、2019年9月7日(土)より取り扱い開始予定だ。
ひと回りコンパクトになり、使い勝手が向上。ダイバースキューバのスペシャルモデル|SEIKO

ひと回りコンパクトになり、使い勝手が向上。ダイバースキューバのスペシャルモデル|SEIKO

SEIKO|セイコー「セイコー プロスペックス ダイバースキューバ」がジェンダーレスで使えるボーイズサイズにセイコーは、LOWERCASE梶原由景氏が監修した「セイコー プロスペックス ダイバースキューバ」の新作を発表。レギュラーモデルのほか、限定モデルやセレクトショップとのコラボレーションによるエクスクルーシブモデルも3月から6月下旬にかけて展開される。Text by YANAKA Tomomi“らしさ”が表現されたセレクトショップ別注モデルもGOOD !元ビームス・クリエイティブディレクターで、クリエイティブ・コンサルティングファームLOWERCASE代表の梶原由景氏プロデュースでリリースされるのは、1975年に誕生したセイコーダイバーズの外胴プロテクター付きモデルをタウンユース向けにコンパクトにアレンジしたソーラーダイバーズウオッチ。サイズは、昨年末に発売されたモデルと同様、42.7mm径のボーイズサイズ。本作は今まで以上にジェンダーレスに楽しめるカラーリングが取り揃う。コン...
1990年代に人気を博した「セイコー SUS」をナノ・ユニバース監修でリメイク|SEIKO

1990年代に人気を博した「セイコー SUS」をナノ・ユニバース監修でリメイク|SEIKO

SEIKO|セイコー現代のファッションウオッチにリメイクされた「セイコー SUS(サス)」7機種展開1990年代に人気を博した「セイコー サス(SUS)」が、ナノ・ユニバースの監修によって復刻された。レギュラーモデル4機種と、ナノ・ユニバースのみで展開されるエクスクルーシブモデル3機種、計7機種が取り揃う。Text by OZAKI Sayakaコーディネートを問わないベーシックなモノトーンカラーと、カーキ、ネイビー1995年10月にデビューした「セイコー サス(SUS)」は、ファッショントレンドを牽引した当時の学生たちに人気を集めたシリーズ。この「セイコー サス」が、セレクトショップ、ナノ・ユニバース監修のもと復刻された。SUSとは、和集合を表す数学記号の“U”と、“Simple”“Strong”の頭文字を結んで生まれたシリーズ名。このシンプルさのなかに力強い存在感を兼ね備えるコンセプトを象徴したダイアル上の『S』マークや、時刻を知る道具としての本質を追求し明快かつ視認性に優れた...
<セイコープロスペックス>よりガンダム40周年記念して数量限定3機種が登場|SEIKO

<セイコープロスペックス>よりガンダム40周年記念して数量限定3機種が登場|SEIKO

SEIKO|セイコーモビルスーツの機体が腕元に蘇る!「機動戦士ガンダム」40周年コラボレーションモデル3機種がリリースセイコーのスポーツウオッチブランド<セイコー プロスペックス>が、世界的な人気を誇るテレビアニメーション「機動戦士ガンダム」の放送開始40周年を記念した、数量限定のコラボレーションモデル3機種をリリースした。Text by OZAKI Sayakaモビルスーツの特徴を随所に凝らしたスペシャルエディション<セイコー プロスペックス>から、世界的な人気を誇るテレビアニメーション「機動戦士ガンダム」の放送開始40周年を記念し、数量限定のコラボレーションモデル全3機種がリリースされた。シリーズ一作目で登場したガンダム、シャア専用ザク、量産型ザクの3機をデザインモチーフに、それぞれのモビルスーツの特徴がカラーリングやデザインで表現された。「ガンダム限定モデル」は、プロスペックスのハイエンドシリーズであるルクス(LX)ラインをベースに、シャープで先進的なガンダムの機体を再現。初...
KEN OKUYAMA DESIGNによるNIPPONのスポーツウオッチ維新|SEIKO

KEN OKUYAMA DESIGNによるNIPPONのスポーツウオッチ維新|SEIKO

奇しくも令和元年と重なったBASELWORLD 2019において、セイコーが高らかに宣言したのは、プロスペックスブランドにラグジュアリーラインを設けることでした。日の丸ブランド初の“スポーツラグジュアリー”アイテムの誕生です。スペックにおいてプロフェッショナルたちがそのまま使える本格仕様であることは従来通りなのですが、それに加えて日常使いに俄然、映えるスタイリッシュなデザインをフェイスおよびボディに与え、スイス勢を凌駕するオーラをまとうことを標榜しています。世界的工業デザイナーの奥山清行(おくやま・きよゆき)氏を商品開発アドバイザーに迎え、腰を据えた取り組みをスタートさせたのです。
207 件