SEIKO

日本を代表するウォッチブランド、セイコーの歴史は、1881年に創業者の服部金太郎氏が東京・銀座(当時の京橋区釆女町)に設立した服部時計店からはじまる。時計の小売り、修繕を行うほか、舶来物の仕入れも積極的に行い、同社は順調に業績を伸ばしていった。

1892年には、時計製造工場「精工舎」を設立し、念願だった自社製品の製造もスタートする。1895年、初の自社製造による懐中時計「タイムキーパー」、そして1913年には国産初の腕時計「ローレル」が誕生。1924年からは文字盤に「SEIKO」という欧文のブランド表記も見られはじめるようになる。

戦後、セイコーは本格的な世界進出を視野に入れ、本場スイスに追いつけ追い越せをスローガンに高精度・高品質を掲げ、自社製品のグレードアップを図っていく。そのあくなき開発の末、セイコーの最高峰商品として1960年にグランドセイコーが誕生。当時のスイス公式機関が定める高精度認定「クロノメーター」基準に比肩する、厳しい15日間の品質基準を自社内に設け高精度を管理した。

以降、「GS規格」といわれる厳格な検査基準を実施し続け、現在に至るまで徹底的なクオリティコントロールを図っている。また同じ頃、セイコーはスイス「ニューシャテル天文台コンクール」「ジュネーブ天文台コンクール」に参加しはじめ、好成績をおさめてスイス勢を驚嘆させた。

1964年には東京オリンピックの公式計時を担当。そのためにもさらなる高精度と携帯性を目指す必要があり、その際の開発研究が世界初のクオーツ式腕時計「クオーツ アストロン」の誕生にもつながっている。

同モデルが誕生したのは1969年。有名な「クオーツショック」という一大ムーブメントを、スイス時計界に巻き起こすきっかけにもなった。 こうして世界的地位を確立した後も、セイコーは、機械式、クオーツの両面から、さまざまな画期的アプローチを試みている。1974年には、国産腕時計の最高級ブランドとして「クレドール」を立ち上げる。

さらに1999年には、機械式とクオーツのメリットをあわせ持った、第3の駆動機構「スプリングドライブ」を発売。2012年9月に1969年のクォーツショック...

キングセイコーの代表モデル“KSK”を復刻した限定モデルとスペシャルエディション|SEIKO

キングセイコーの代表モデル“KSK”を復刻した限定モデルとスペシャルエディション|SEIKO

セイコーウオッチは、2022年2月に復活したキングセイコーから「“KSK”復刻デザイン 限定モデル」と、「セイコーブティック スペシャルエディション」の2モデルを発表。いずれも1965年に誕生した2代目キングセイコー、通称“KSK”の復刻デザインモデルとなる。
<セイコー プレザージュ>優美な艶やかさを持つ白磁の有田焼ダイヤルモデルが登場|SEIKO

<セイコー プレザージュ>優美な艶やかさを持つ白磁の有田焼ダイヤルモデルが登場|SEIKO

日本の美意識を体現するウオッチ<セイコー プレザージュ>から、滑らかな曲面を描く立体造形を実現した白磁の有田焼ダイヤルを搭載したモデルが、2022年6月10日(金)より販売開始される。
感性を刺激する個性的なパーツを織り込んだ「<セイコーセレクション> モデリスタ コラボレーションモデル」|SEIKO

感性を刺激する個性的なパーツを織り込んだ「<セイコーセレクション> モデリスタ コラボレーションモデル」|SEIKO

<セイコーセレクション>より、トヨタ自動車のカスタマイズブランド「MODELLISTA(モデリスタ)」とコラボレーションした「<セイコーセレクション> モデリスタ コラボレーションモデル」全3機種が、レギュラーモデルとして誕生した。
セイコーダイバーズのルーツ、極地の壮大な氷河の世界をダイアルに表現|SEIKO

セイコーダイバーズのルーツ、極地の壮大な氷河の世界をダイアルに表現|SEIKO

<セイコープロスペックス>より、極地の壮大な氷河の世界をダイアルに表現した「1965 / 1968 /1970 メカニカルダイバーズ 現代デザイン Save the Ocean モデル」全3モデルが、2022年6 月24 日(金)より発売される。
 新開発オープンハート機構を搭載。<セイコー プレザージュ>2022年新作「Sharp Edged Series」|SEIKO

新開発オープンハート機構を搭載。<セイコー プレザージュ>2022年新作「Sharp Edged Series」|SEIKO

セイコーは、<セイコー プレザージュ>の洗練された日本の美意識を表現するデザインシリーズ「Sharp Edged Series」より、新開発したオープンハート仕様のメカニカルムーブメントを搭載したレギュラーモデル「<セイコー プレザージュ> Sharp Edged Series」2 機種を、2022年 6月10日(金)より取り扱い開始する。また、GMT機能を搭載した「<セイコー プレザージュ> Sharp Edged Series 限定モデル」を、世界限定900本、うち国内100本にて2022年7月22日(金)より発売開始予定だ。
シックかつスポーティ。日常で使いこなせる大人センスのクロノグラフ|SEIKO

シックかつスポーティ。日常で使いこなせる大人センスのクロノグラフ|SEIKO

<セイコー プロスペックス>のクロノグラフコレクション「SPEEDTIMER」より、セイコーがオフィシャルタイマーを務める世界陸上オレゴン22 の記念限定モデルを、世界限定400本、うち国内100本にて、2022年6 月10 日(金)より発売予定だ。
 セイコーダイバーズがさらにグラマラスに! “ナイトダイビング”をテーマに、ヘリテージモデルをアップデート|SEIKO

セイコーダイバーズがさらにグラマラスに! “ナイトダイビング”をテーマに、ヘリテージモデルをアップデート|SEIKO

セイコーは、<セイコー プロスペックス>のブラックカラーをベースとする“The Black Series”から、「ナイトダイビング」をテーマにした全4機種を、2022年3月11日(金)より発売する。いずれも全世界で1000本から5500本の数量限定で取り扱われる。
「キングセイコー」復活! 注目の小径ボーイズサイズにて現代に蘇る!|SEIKO

「キングセイコー」復活! 注目の小径ボーイズサイズにて現代に蘇る!|SEIKO

セイコーは、1961年に誕生し、当時の国産高級時計市場を牽引した<キングセイコー>を、 現代の技術で蘇らせたレギュラーモデル全5機種を発表した。2022年2月18日(金)より全世界のセイコーブティック、 7月8日(金)よりセイコーウオッチサロンにて順次発売される。
伝統テクスチャーをダイアルに表現したゼロハリコラボモデル|SEIKO

伝統テクスチャーをダイアルに表現したゼロハリコラボモデル|SEIKO

セイコーは、日本の美意識を体現するウオッチブランド<セイコー プレザージュ>より、優れた堅牢性とデザイン性により世界中で愛用されているトータルラゲージブランド「ゼロハリバートン」とコラボレーションした数量限定モデル3機種を、2022年2月18日(金)より発売する。
セイコーが掲げる地に足のついたSDGs活動を、このモデルが体現!|SEIKO

セイコーが掲げる地に足のついたSDGs活動を、このモデルが体現!|SEIKO

<セイコー プロスペックス>から、1968メカニカルダイバーズを最新技術で現代的にアレンジした数量限定モデルが、世界限定1300本、うち国内300本について、2022年1月14日(金)より取り扱い開始される。本作は、南極の美しい自然がいつまでも続くよう願いを込めてデザインされたもの。海洋保護活動を支援するSave the Oceanシリーズに新たに加わるとともに、第63次南極地域観測隊への寄贈を通じて、セイコーダイバーズが約半世紀ぶりに南極の地へ赴くことになった。
ニッポンの侘び寂び文化を腕元に。有田焼ならではの「淡瑠璃染」を表現した限定モデル|SEIKO

ニッポンの侘び寂び文化を腕元に。有田焼ならではの「淡瑠璃染」を表現した限定モデル|SEIKO

日本の美意識を体現するウオッチ<セイコー プレザージュ>のプレステージラインから、淡く柔らかな色調の「淡瑠璃染(うするりぞめ)」の色調を実現した有田焼ダイアルの数量限定モデルが、2022年1月14日(金)より取り扱い開始される。数量は世界限定2000本、うち国内の扱いは400本となる。
東京銀座の老舗バーが考案した黄金色に輝くカクテルレシピを艷やかな文字盤で表現|SEIKO

東京銀座の老舗バーが考案した黄金色に輝くカクテルレシピを艷やかな文字盤で表現|SEIKO

日本の美意識を体現するウオッチブランド<セイコー プレザージュ>より、現代の名工・銀座 STAR BARオーナーの岸 久(きし ひさし)氏が考案したカクテルを表現した、数量限定モデル「<セイコー プレザージュ> カクテルタイム STAR BAR 限定モデル」が、2022年1月14日(金)より取り扱い開始される。数量は世界限定5500本、うち国内は限定300本となる。
「セイコーブティック」にて、一年間頑張った自分へごほうび。来年はもっと良い年になりますように!|GRAND SEIKO

「セイコーブティック」にて、一年間頑張った自分へごほうび。来年はもっと良い年になりますように!|GRAND SEIKO

「セイコーブティック」が、2021年11月12日(金)より「Have A Great Year! グランドセイコー Winter Campaign」を開催。その詳細とともに、改めて「セイコーブティック」の魅力を紹介する。
セイコー製ストップウオッチの殿堂デザインが、ついに腕時計になった!|SEIKO

セイコー製ストップウオッチの殿堂デザインが、ついに腕時計になった!|SEIKO

<セイコー プロスペックス>より、セイコーが約50年に渡り培ってきた「正確な時を計る」技術と情熱を体現する新コレクション「SPEEDTIMER」が登場する。1960年代に製造されたヒストリカルモデルのデザインエレメントを継承する、数量限定モデルを含むメカニカルクロノグラフモデル2機種と、ソーラークロノグラフモデル4機種が展開される。
セイコー創業140周年記念。創業の地、銀座の魅力を表現した限定モデル|SEIKO

セイコー創業140周年記念。創業の地、銀座の魅力を表現した限定モデル|SEIKO

セイコーウオッチは、セイコーの創業 140周年を記念し、創業地「銀座」の歴史と魅力を、象徴的なカラーとパターンで表現した数量限定モデル全4機種を 10月8日(金)より発売する。
258 件