vol.31「寒さも吹っ飛ぶ、ムートンアウター」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

vol.31「寒さも吹っ飛ぶ、ムートンアウター」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

全国的に秋たけなわ。アウターのチョイスも厚手のものにシフトしつつある今回のザ★ベスト7では、ムートン素材のアウターをピックアップ。何事も準備は早めが肝心です。今年の冬将軍はもうそこまで来ているのですから…Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI KohtaText by HATAKEYAMA Satokoボッテガ・ヴェネタ祐真「ムートン以外に、今秋冬でファーを用いたアイテムで面白いなと思ったのが、ボッテガ・ヴェネタのこのショートジャケットです。ボディの素材は上質なラムスキンスエード。パティーナ加工であえて色ムラを加え、ヴィンテージのように仕上げてあるルックスがいい。加えて、襟のシアリングファーは、前から見ると左右の色が異なり、後ろ姿ではさらに色が微妙に違う。襟だけで3色のシアリングファーを用いているのが、なんともユニークです。さらに注目したいのは、前身頃の裏には色違いのシ...
vol.25「フーテンバッグ」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

vol.25「フーテンバッグ」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

レジャーに帰省にと、国内を移動&旅することが多くなるこの季節。一泊二日の短い滞在なら、荷物はがぜんフーテンバッグ派という編集大魔王。肩にかついで風を切る「あの人」のような旅のスタイルが理想なんだそう・・・。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoBOTTEGA VENETA|ボッテガ·ヴェネタダブルファスナーや前後2つずつの外ポケットといった機能性に、オーストリッチレザーのハンドル、ダブルスエードといった贅沢な素材を盛り込んだダッフルタイプのウイークエンドバッグ。スイートなカラーコンビネーションやイニシャルなどのスペシャルな仕様で、旅の高揚感もいっそう増すはず。H32×W40×D20cm40万円(ボッテガ·ヴェネタ/ボッテガ·ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966)問い合わせ先ボッテガ·ヴェネタ/ボッテ...
vol.17「燃えろ、赤パン!」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

vol.17「燃えろ、赤パン!」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

編集大魔王のマイブームは多々あれど、ボトムスで目下ハマっているのは燃えるように鮮やかな「赤いパンツ」。還暦にはまだまだ早いはずなのにいったいなぜ? その理由は「なるほど!」と思ってしまう、こんなところにありそうです。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ表面感のあるコットンピケで仕立てたワンタックパンツ。ややハイウエスト気味のストレートレッグが端正なシルエットを生み出し、隠しホックとファスナー開きがウエスト周りをすっきりみせてくれる。シンプル&シックな着こなしで、チャイナレッドの艶やかな色合いを存分に堪能したい一本。9万円(ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966)問い合わせ先ボッテガ・ヴェネタ...
vol.15「春風になびく、薄手コート」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

vol.15「春風になびく、薄手コート」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

みなさんがお住いの地域で、春一番はもう吹きましたか? 今回の編集大魔王リコメンドは、春風になびくゆったりサイズの薄手コート。まだまだ肌寒く、着るものに悩むことが多い春先に最適なセレクトです。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ肉厚のシルクナイロン素材が上質を物語るコートは、裾に向かって緩やかに広がるAラインシルエット。軽くて着心地がいいのはもちろん、脇下のベンチレーションや襟裏のキルティングなどのディテールも秀逸の極み。付属のベルトでウエストを絞ればクールなトレンチスタイルに。23万円(ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966)問い合わせ先ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン012...
vol.13「トロピカルシャツは、重ね着1000%」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

vol.13「トロピカルシャツは、重ね着1000%」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

まだまだ寒い日が続きますが、暦の上ではもう立春。編集大魔王がリコメンドするのは、なんとトロピカルな半袖シャツ。「まだ早いのでは!?」と思うなかれ。ショップには春物が並び、新しい季節はもうそこまで来ています。寒さに縮こまらず、気分だけでもアップしていきましょう!Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ異なるパターンのチェックで切り替えたプルオーバータイプのスキッパーシャツは、モノトーンチェックを横切るカモミール・ゴールドのトリミングがラグジュアリーなアクセント。インには黒Tシャツで締め、襟元を詰まり気味に、さらに裾から数センチ見せることでよりいっそうシックな装いに。シャツ 14万5000円(ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジ...
vol.9「愛すべき、黒革の手袋」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

vol.9「愛すべき、黒革の手袋」BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

朝晩の冷え込みも本格的になり、めっきり寒くなったこの季節。かじかんだ手を温かく包んでくれる手袋は、真冬のマストハブといえます。さらに、イベントやパーティでお洒落を満喫できるこれからのシーズン。さりげなくエレガンスを極めるなら迷わず黒革の手袋。ただし、片方だけの紛失だけにはくれぐれもご注意を!Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ祐真 「ともすれば外縫い(ブリックシーム)の手袋というのはカジュアルに見えがち。しかしなかには内縫いに見えるほど細かなステッチのものもあり、個人的にはそういうタイプもすごく好きです」繊細なステッチと巧みなカッティングが冴えるボッテガ・ヴェネタの手袋は、上質のナッパレザー製。手の出し入れ口にあしらった同色の...
vol.5「厳かに、チェックコート!」 BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

vol.5「厳かに、チェックコート!」 BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ

秋本番。アウターの着こなしを愉しめるシーズンの到来である。そんななか、編集大魔王・祐真朋樹がピックアップしたのは、ブリティッシュ風味のチェック柄のコート。クラシカルなものはもちろん、プレイフルなディテールや柄、シルエットでモードな個性が光る品々にも鋭意フォーカスしています。Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京 BOTTEGA VENETA|ボッテガ・ヴェネタ祐真 「クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーは、クラシカルなアイテムをモダナイズするのが絶妙に巧い。このテーラードコートは肩のラインがとてもキレイで、シェイプも美しく完璧。いわゆるルーズで大きめなコートを着るのとは異なるスタンスですが、背中のタックでたっぷりのボリュームがあるシルエットなのもいいですね。クラシカ...
91 件