ザ・リッツ・カールトン日光が“冬の日光”を堪能するプレミアムアクティビティを多数展開|THE RITZ-CARTON Nikko

ザ・リッツ・カールトン日光が“冬の日光”を堪能するプレミアムアクティビティを多数展開|THE RITZ-CARTON Nikko

2020年7月に開業し、初めての冬を迎える「ザ・リッツ・カールトン日光」。今冬は、スノーシュー・アドベンチャーやアイスクライミングを冬季限定アクティビティとして開催するほか、これまで毎週水・日曜限定で開催された日光山中禅寺立木観音の僧侶による座禅体験が毎日開催される。中禅寺湖畔の壮大な風景、悠久の歴史が育んだ伝統文化に触れる宿泊者限定のアクティビティを通して、ホテルが提案する“本来の自分を取り戻す旅”を体験してみてはいかがだろう。
ニューノーマル時代のホテルステイを実現する「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」|HIRAMATSU HOTELS

ニューノーマル時代のホテルステイを実現する「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」|HIRAMATSU HOTELS

HIRAMATSU HOTELSブランド6施設目として、「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」がオープンする。豊かな自然のなか、ホテル本館とヴィラ9棟が価値あるホテルステイを約束する。オープン日は2021年3月16日(火)。予約開始日は2020年12月10日(木)から。
withコロナ時代のニュースタンダードを提案する古民家一棟貸しの宿|TRAVEL

withコロナ時代のニュースタンダードを提案する古民家一棟貸しの宿|TRAVEL

古民家一棟貸しの宿を運営する「るうふ」が『イナカに暮らすように泊まる宿「LOOF」』から『時を超える宿「るうふ」』としてリブランディング。同時に今回のリブランディングに合わせて山梨県内に3店舗を新たにオープンした。
連載|南アフリカ旅行記

連載|南アフリカ旅行記

豊かな自然と隣り合わせの大都市ケープタウン。ここは、恵まれた環境が育む豊富な食材と多様な文化を礎とした多彩なフードカルチャーに出会える街でもある。南アフリカの美食に欠かせないものといえば、世界的にも評価が高まっているワインだ。ケープタウンからは、わずか90分のドライブで、南アフリカの一大ワイン生産地ワインランドを訪れることができる。旅行記の締めくくりは、土地の恵みを異なるアプローチでヴァリエーション豊かな美味へと昇華させていく、南アフリカの懐の深さをご紹介。またいつかこの地を旅することができる日を夢見て。
V型次世代飛行機のプロトタイプ、空を飛ぶ|KLM Royal Dutch AirLines

V型次世代飛行機のプロトタイプ、空を飛ぶ|KLM Royal Dutch AirLines

KLMオランダ航空は、同社とデルフト工科大学が実用化に向けて共同開発を進めている次世代型航空機「Flying-V(フライング-V)」のプロトタイプの初試験飛行を成功させたと発表した。
都内で温泉旅行気分!?『下町大塚のんびり銭湯プラン』|TRAVEL

都内で温泉旅行気分!?『下町大塚のんびり銭湯プラン』|TRAVEL

都市観光ホテル「星野リゾート OMO5東京大塚」が、都内でリフレッシュできるよう地元銭湯の入浴券などが付いた「都内で温泉旅行気分!?『下町大塚のんびり銭湯プラン』」をリリースした。
アートと癒やしを融合させた新感覚ヴィラ「湯の山 素粋居」|SOSUIKYO

アートと癒やしを融合させた新感覚ヴィラ「湯の山 素粋居」|SOSUIKYO

自然素材で作られた12棟のヴィラとレストランを備えたリゾート「湯の山 素粋居(そすいきょ)」が、三重県菰野町にオープンした。新型コロナウイルスに対応する新しい観光スタイルとして、人と接触せずに顔認証でチェックインできるシステムや、自動運転モビリティなども導入され、安心してゆったりと過ごせるリゾートだ。
連載|南アフリカ旅行記

連載|南アフリカ旅行記

南アフリカの美しき港町ケープタウン。アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカ第二のこの街は、ヨーロッパからの入植者たちが開拓の起点とした場所であり「マザー・シティ」とも呼ばれている。街中には歴史的遺産が点在し、文化背景の異なる人々によって築かれた個性豊かな街並みがひとつの景色として融合。さらに、ウォーターフロントからは大西洋を望むことができ、中心地の背後には、垂直に切り立つテーブルマウンテンがそびえたつ。車で2時間ほど走るだけで、喜望峰(ケープポイント)から大西洋とインド洋がぶつかる、どこまでも碧く雄大な風景に出会うことができる。歴史と文化に彩られたこの街は、人間が生まれるずっと前から息づいてきたドラマティックな自然とともに生きる街でもあるのだ。
三井総領家の歴史を感じるラグジュアリーホテル「HOTEL THE MITSUI KYOTO」|TRAVEL

三井総領家の歴史を感じるラグジュアリーホテル「HOTEL THE MITSUI KYOTO」|TRAVEL

京都・二条城近くに新たなラグジュアリーホテル「HOTEL THE MITSUI KYOTO」がオープンする。三井家の邸宅の遺構が残るこの地で、日本ならではの伝統文化や建築、工藝、食、そしてエクスペリエンスを提供する。開業日は2020年11月3日(火)。
連載|南アフリカ旅行記

連載|南アフリカ旅行記

アフリカ大陸を訪れる旅人にとって、最大のハイライトとなるのは、野生との出会いだろう。それは、南アフリカでも同じ。クルーガー・ナショナルパークをはじめとする国立公園や私営動物保護区が点在し、ゾウ、ライオン、バッファロー、サイ、ヒョウといったビッグファイヴと呼ばれる大型動物との遭遇も期待できる。19世紀初頭、産業革命によって富と余暇を手に入れ、冒険心旺盛な欧州のセレブリティたちはアフリカを目指した。彼らが愛した風景を見るために、サファリの地へと旅に出た。
"睡眠クオリティ"を極めることで滞在価値を生み出した「ホテル グレートモーニング」|HOTEL GREAT MORNING

"睡眠クオリティ"を極めることで滞在価値を生み出した「ホテル グレートモーニング」|HOTEL GREAT MORNING

福岡市博多区にあるホテル「グレートモーニング」。“偉大なる朝”“最高の朝”とは大仰な命名!? いえいえ、こちらのホテルが目指しているのは翌朝の圧倒的な快適さ、つまり良質な睡眠環境の究極の追求だ。そのために採用したのが21世紀の冷暖房システムである。
ルイ・ヴィトンの『シティ・ガイド』と『トラベルブック』に新刊が登場|LOUIS VUITTON

ルイ・ヴィトンの『シティ・ガイド』と『トラベルブック』に新刊が登場|LOUIS VUITTON

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)が刊行する世界各国の都市を紹介する旅行ガイドブック『シティ・ガイド』と、世界各国のアーティストが描いたイラストを通じて旅を楽しむ『トラベルブック』に新刊が登場。2020年5月15日(金)から発売中。
連載|南アフリカ旅行記

連載|南アフリカ旅行記

南アフリカの食事はすこぶる美味しい。旅に出る前、知人からそう聞いていた。具体的な料理などひとつも思い浮かべられないほどに南アの食事情には疎かったが、期待に胸を膨らませ実際に訪れてみると、そこはまるで楽園のようだった。ホテルで何気なく出されたコーヒーに目をみはったり、果物や野菜の味の濃厚さに舌を巻いたり。予想をはるかに超える美食体験が待っていた。日本にいると、南アフリカの食の豊かさにあまり気づくことはなかったが、実は多種多様な果物や野菜が育てられ、肉や魚介類にも恵まれ、酪農までも盛んな土地。さらには多民族国家であるため、多様な文化が互いに影響しあうことで美食大国にもつながっているのだ。自由に旅することができる日を夢見て、アフリカ大陸に思いを馳せたい。
心も身体もリフレッシュ! BEB5土浦でのテレワークステイ|星野リゾート BEB5土浦

心も身体もリフレッシュ! BEB5土浦でのテレワークステイ|星野リゾート BEB5土浦

JR常磐線 土浦駅直結の「星野リゾート BEB5 土浦(ベブファイブ ツチウラ)」。館内全域Wi-Fi対応に加え、客室、カフェラウンジ、コワーキングスペース、貸会議室など、ひとり仕事から会議まで対応できる設備を備えており、テレワークしながら心も身体もリフレッシュする宿泊が楽しめる。
連載|南アフリカ旅行記

連載|南アフリカ旅行記

海外旅行はおろか、外出さえままならない今。だからこそ、平穏が再び訪れる日を夢見て、憧れの地に思いを馳せる。それもまた、旅好きができる“STAY HOME”の粋な心やりになるはずだ。それでは、大いなるアフリカ大陸への旅へ出るとしよう。成田からは、およそ18時間の空の旅。香港を経由し、ヨハネスブルグに到着する。ここは南アフリカ共和国最大の経済都市だ。多種多様な民族約390万人が暮らす同国最大の街でもある。金鉱が発見されゴールドラッシュが起きた1886年以降、急速に発展。今でもここは金融と経済の中心地だ。多くの人が行き交い、活気にあふれている。人が集まると、そこから音楽、演劇、アートなどのエンターテインメント・カルチャーが生まれ、熟していく。ヨハネスブルグが見せてくれる独自文化とは。
275 件