一年の終わりをマム グラン コルドンで愉しむ「バイ・ザ・グラス・フェア」|MAISON MUMM

一年の終わりをマム グラン コルドンで愉しむ「バイ・ザ・グラス・フェア」|MAISON MUMM

シャンパーニュ「メゾン マム」が、シャンパン「マム グラン コルドン」をグラスで愉しめる「バイ・ザ・グラス・フェア」を2019年12月31日(火)まで、東京と大阪エリアの約200店舗で開催する。
EAT
山形発、ニュージーランドのブルワリー・ワイナリーとコラボレーションしたワイン|EAT

山形発、ニュージーランドのブルワリー・ワイナリーとコラボレーションしたワイン|EAT

山形県のワイナリー、「グレープリパブリック」がニュージーランドのワイナリーとブルワリーと協力して造り上げたワイン「NANYO POP 2018」がリリース。県内で収穫した葡萄を使ったこだわりのワインに仕上がっている。
EAT
ワイン雑誌 WINE WHAT によるワインセミナー開催|LOUNGE

ワイン雑誌 WINE WHAT によるワインセミナー開催|LOUNGE

LOUNGE|ワインと食で豊かな生活を提案するライフスタイルマガジンワイン雑誌 WINE WHAT によるワインセミナー開催ワイン雑誌 WINE WHAT(ワインワット)が『家庭画報』をはじめとする雑誌、書籍を出版する世界文化社と手を組んで、世界文化社が主催・運営するカルチャー教室「セブンアカデミー」にて、WINE WHATならではのワインの教室を開催します。Text by SUZUKI Fumihiko (WINE WHAT)第一回目は7 月31 日(水)18:30 から 東京「セブンアカデミー」にてワイン雑誌 WINE WHAT(ワインワット)が『家庭画報』をはじめとする雑誌、書籍を出版する世界文化社と手を組んで、世界文化社が主催・運営するカルチャー教室「セブンアカデミー」にて、WINE WHATならではのワインの教室を開催します。ワイン教室といっても、あまり難しく考えないでください。資格を取るための勉強というものではなく、こんなワインもある、こんな産地もある、という発見や、そ...
EAT
ジョージアワインは、寛容、である。|EAT

ジョージアワインは、寛容、である。|EAT

EAT|ジョージアワインは、寛容、である。古代から受け継がれてきた製法と現代テクノロジーの融合いまや、ジョージアのワインを知らないで通すのはワインの業界に関わるものにとっては、ありえない。発見に満ち溢れているし、日本で飲めるジョージアワインは、日本のワインのプロがちゃんと選んだものだから品質も定かだ。従来あまりワインを合わせなかったような料理との相性の良さも魅力だ。Text by SUZUKI Fumihiko(WINE-WHAT!?)ワインのプロを魅了する、最古にしてモダンなワイン日本のワイン業界でも数年前から注目され、昨今、レストランなどでも見かけるようになったジョージアのワイン。ロンドンやニューヨークといったワインと食の先進国では、もはや定番化しつつある。ジョージアワインは、イマドキのワインだ。そして最古のワインでもある。まず簡単にジョージアワインのポイントを3つにまとめよう。1)ジョージアのワイン造りの歴史は、考古学的には8000年前にまでさかのぼる。これより古いワイン造り...
EAT
“第4のワイン“。ジョージアワインの魅力を知る|EAT

“第4のワイン“。ジョージアワインの魅力を知る|EAT

EAT|8000年もの歴史を持つジョージアワイン「GEORGIA Homeland of Wine 世界最古のワイン ジョージアワイン展」が好評のうちに閉幕2019年3月10日(日)から5月7日(火)にわたって開催された「GEORGIA Homeland of Wine 世界最古のワイン ジョージアワイン展」。ジョージアワインの魅力を、歴史的、文化的に掘り下げ、ユニークな「オレンジワイン」の魅力を伝えたのだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)伝統料理を囲む宴会“スプラ”も実施2019年3月10日(日)から5月7日(火)の約2カ月間、イベントスペースB&C にて「GEORGIA Homeland of Wine 世界最古のワイン ジョージアワイン展」が開催された。本展はフランスに続いて2回目の開催。世界最古のワインの文化や歴史、クヴェヴリを使った伝統的な製法のほか、ジョージア国立博物館所蔵の歴史的な美術品も展示。ジョージアワインの魅力を存分に味わえる...
EAT
煌めくマジックアワーを愉しむ新プラン|THE STRINGS BY INTERCONTINENTAL TOKYO

煌めくマジックアワーを愉しむ新プラン|THE STRINGS BY INTERCONTINENTAL TOKYO

THE STRINGS BY INTERCONTINENTAL TOKYO|ストリングスホテル東京インターコンチネンタルワインとアミューズブーシェで彩るマジックアワー「スパークリング・ナイトアウト」ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの「バブルズバー」で、夕方から夜にかけての新プラン「スパークリング・ナイトアウト」が登場。5月26日(日)まで楽しめるText by YANAKA Tomomiセイボリーやスイーツをフリーフローのドリンクとともに堪能夕方から夜にかけての美しい“マジックアワー”を繊細なアミューズブーシェやスイーツ、フリーフローのドリンクとともに楽しむスペシャルオファーがストリングスホテル東京インターコンチネンタルの「バブルズバー」に登場した。キャンドル煌めく、ドラマティックかつ洗練された空間で堪能できるのは、見た目にも美しい「ストロベリーブリーチーズのブリュスケッタ」など4種のセイボリーや、「スミレのチョコレートタルト」、「いちごマカロン」といったスイーツ3種。...
EAT
ラグジュアリーワインを含む、オーストラリアを代表する12種類の新作ワイン|Penfolds

ラグジュアリーワインを含む、オーストラリアを代表する12種類の新作ワイン|Penfolds

Penfolds|ペンフォールズ1本10万円の赤ワイン「グランジ」を筆頭に、「ペンフォールズ」が2018年コレクションを発表オーストラリアのワインブランド「ペンフォールズ」が2018年コレクションとして、ブランドを代表する赤ワイン「グランジ」の2014年ヴィンテージなど全12種類を11月以降順次発売する。Text by YANAKA Tomomi豊かで調和のとれた味わいを生むマルチリージョナルブレンド1844年の創業以来、上質なワインを世に送り出し続けている「ペンフォールズ」。複数の畑のブドウを使ったマルチリージョナルブレンドという考え方のもと、ワインを醸造しているブランドだ。独自の醸造方法、マルチリージョナルブレンドは豊かで調和のとれた味わいを実現。それゆえワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤーを25年以上連続で受賞するなど、世界中から愛される醸造所のひとつに数えられる。業界関係者向けに行なわれた2018年コレクションの出来を解説する「マスタークラス」の様子(2018年10月22日)...
EAT
EAT|コスチューム ナショナルのデザイナーが監修した赤ワイン

EAT|コスチューム ナショナルのデザイナーが監修した赤ワイン

EAT|コスチューム ナショナルのデザイナーが監修イタリア・プーリア州から届いた2種類の赤ワイン「CANTINE ALIMINI」発売ファッションブランド「CoSTUME NATIONAL(コスチューム ナショナル)」のデザイナー、エンニョ・カパサ氏が監修を務め、イタリアのプーリア州オトラントで生産された2種類の赤ワイン「CANTINE ALIMINI」が日本で発売される。Text by KUROMIYA Yuzu葡萄の品種からボトルまでこだわり満点今回、日本上陸を果たしたイタリアンワイン「CANTINE ALIMINI」は、エンニョ・カパサ氏がアドリア海に面するプーリアの別荘で休暇を過ごす際、彼のゲストをもてなす目的で限定生産されたワインだ。7月末、西麻布のゲストハウスでおこなわれた発売記念パーティでの1コマ。当日会場には、コスチューム ナショナルが所有するアートコレクションから、草間彌生(写真左)やウィリアム・ケントリッジなど、さまざまな手法で描かれた12点の絵画が展示され、訪...
EAT
愛好家のための、機能的でお得なワイングラス「マスタークラス コレクション」|Italesse

愛好家のための、機能的でお得なワイングラス「マスタークラス コレクション」|Italesse

Italesse|イタレッセワイン本来の味わいと香りを引き出すワイングラス「マスタークラス コレクション」イタリアのテーブルウェアブランド「Italesse(イタレッセ)」からワイン本来の味わいと香りを引き出すワイングラス「マスタークラス コレクション」の新作が登場。赤や白ワインなど種類に応じた3種類が加わった。Text by YANAKA Tomomi美しく繊細ながら高い強度を誇り、日常使いにも最適なワイングラス1979年に北イタリアのトリエステでクラウディオ・パルドゥッチにより誕生したデザインテーブルウェアブランド「イタレッセ」。世界のシャンパンメゾンに愛用されるフルートグラス・プリヴェをはじめ、ステムグラスなどの機能とデザインが人気のブランドから「マスタークラス コレクション」の新作が登場した。ワインのプロフェッショナル、そしてワイン愛好家のためのマスタークラスは「機能と美」「サービスとテイスティング(体験)」という相反するものを両立したコレクションで、今回は3モデルがライン...
ワインを造り手とともに。「メーカーズディナー」|Hoshino Resorts RISONARE Yatsugatake

ワインを造り手とともに。「メーカーズディナー」|Hoshino Resorts RISONARE Yatsugatake

Hoshino Resorts RISONARE Yatsugatake|星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳ワインリゾートで特別な食とワインのエクスペリエンスを。「メーカーズディナー」は、毎月開催が決定ワイン醸造家やワインにまつわる生産者を迎え、ワインにまつわる文化を体験できる「メーカーズディナー」が毎月、星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳で開催される。ワインのラインナップに合わせ生産者の意見を取り入れて考案された特別なディナー、ステイも楽しめる。Text by OZAKI Sayakaワインとディナーを楽しみながら、愛好家と生産者が語らう日本有数のワイン産地・山梨にある「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」で、ワイン醸造家やワインにまつわる生産者を迎える「メーカーズディナー」が、2018年8月より毎月開催されることが決まった。「メーカーズディナー」は、ワイナリーを巡り、生産者との情報交換に勤しむソムリエの「丹精込めて造られたワインをお客様にしっかりとお届けしたい」という想いから、開催に至った...
EAT
アンデス山脈の高標高で育まれたアルゼンチンワイン「テラザス アルトス デル プラタ」|TERRAZAS

アンデス山脈の高標高で育まれたアルゼンチンワイン「テラザス アルトス デル プラタ」|TERRAZAS

TERRAZAS|テラザス 高品質、熟したアロマ、際立った酸味を兼ね備えたワインアルゼンチンワイン「テラザス アルトス デル プラタ」が7月からリリースされている。最適な生育条件とアンデスの大自然で育くまれたブドウから作られたワインは、牛肉との相性が抜群だ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)牛肉のペアリングにぴったりMHD モエ へネシー ディアジオが取り扱うアルゼンチンワイン「テラザス」から、新たな商品「テラザス アルトス デル プラタ」が登場した。「テラザス」のワインは全て、標高が高く冷涼な自社畑で栽培したブドウを使用し、手摘みで収穫している。素材のもつ繊細さを引き立てる洗練された味わいが特徴だ。「テラザス アルトス デル プラタ」は、アンデス山脈の中でも高標高といえる5955メートルの山「コルドン・デル・プラタ」に由来している。各品種に最も適した生育条件とアンデスの雪解け水が育んだブドウと、フランスの伝統技術が融合した結晶ともいえるワインなのだ。20...
EAT
感動美食を求めて軽井沢No.1のレストラン「ブレストンコート ユカワタン」へ|TRAVEL

感動美食を求めて軽井沢No.1のレストラン「ブレストンコート ユカワタン」へ|TRAVEL

EAT|ホテルブレストンコートなるほど、クルマで片道3時間かけても通いたい!「ブレストンコート ユカワタン」にてもてなしの心が溢れるクラシックフレンチを食ス(1)えっと質問ですが、皆さん夏休みはもう取りましたか? 酷暑でヘトヘト? 仕事に追われてそれどころではない? って、うーん、たしかに……。いや、ちょっと待った! それじゃ何のために生きてるか分からないじゃないですかっ。ときには魂を揺さぶられる感動に出合いましょうよ。それには、旅。旅先の美食への追憶は、見えないお守りとなって心の中でじんわり輝き続けます。Photographs by INABA Hirofumi(HOSHINO Resorts)Movie by OZAWA Shinzo(HOSHINO Resorts)Text by TSUCHIDA Takashiだから大人の旅にはオーベルジュがオススメ3日、4日と欲張らず、ひと晩でいいんです。自分のために時間を作り、生活を離れ、心を解き放ち、とびきりのテーブルに臨んでください...
EAT
非日常をドラマチックに。クルーズ旅の目的は"美食"で決まり!|OCEANIACRUISES

非日常をドラマチックに。クルーズ旅の目的は"美食"で決まり!|OCEANIACRUISES

OCEANIACRUISES|オーシャニアクルーズとびきりの「非日常」を体感できる、クルーズ旅へ楽ちんで快適で美味しい! いまクルーズ旅が面白い。グルメ客船で行く、クルーズ旅は「天国」でした(1)「クルーズ(船旅)」と聞いて、どんな印象を抱くだろうか。ほんの少し前まで、日本では「リタイア後のお金持ちの旅のスタイル」と考えられていた、クルーズのイメージは、ここ最近、変わりつつある。世界的なクルーズ人気を受け、豪華客船からカジュアル船までバリエーションも年々多彩になっている。日本発着クルーズや「クルーズ船で旅をする日本人」の数も右肩あがりだ。Text by HASEGAWA Ayaクルーズは限られた人のための旅のスタイルじゃない!国土交通省によれば、2017年の日本人のクルーズ人口は過去最多の31.5万人を記録。日本の港湾へのクルーズ船の寄港回数は前年比37%増の2764回となり、こちらも過去最高を記録した。この6月には、JTBが、ホテル不足が予想される2020年の東京五輪期間中、横浜...
星野リゾート 界 熱海にて「薫りのバルコニーディナー」を楽しむ|Hoshino Resorts KAI Atami

星野リゾート 界 熱海にて「薫りのバルコニーディナー」を楽しむ|Hoshino Resorts KAI Atami

Hoshino Resorts KAI Atami|星野リゾート 界 熱海星野リゾート 界 熱海で、海と山のマリアージュを楽しむ「薫りのバルコニーディナー」開催熱海・伊豆山の海辺に佇む「星野リゾート 界 熱海 別館ヴィラ・デ・ソル」にて、2018年9月1日(土)~10月31日(水)の平日、1日1組限定で「薫りのバルコニーディナー」が提供される。目の前に広がる相模湾を眺めながら、秋風薫るバルコニーで2人だけの特別なディナータイムを過ごすことができる。Text by OZAKI Sayaka秋の「薫り」をテーマとして、海と山の食材を様々な演出で味わう夏の暑さも少しずつ和らぎ、日暮れ時には心地よい秋風を感じる季節に、「星野リゾート 界 熱海 別館ヴィラ・デル・ソル」に併設されているバルコニーで、1日1組限定の「薫りのバルコニーディナー」が提供される。瀟洒なバルコニーで目の前に広がる相模湾を眺めながら、2人だけの特別なディナータイムを過ごせる、またとない機会だ。秋はきのこやフルーツなど、食...
EAT
83 件