ブラックフォレスト蒸留所にて、見て感じてきたこと|MONKEY 47

ブラックフォレスト蒸留所にて、見て感じてきたこと|MONKEY 47

コロナ禍にある現在では、まるで遠い昔のように思えるのですが、わたくし、2020年2月に「MONKEY 47」の故郷、ブラックフォレスト蒸留所訪問という貴重な機会を得て、ドイツへの弾丸旅行に行ってきました。この記事は、その訪問記となります。
「CABIN Nakameguro」Sullivan Gouveaさんに聞く「MONKEY 47」の魅力|MONKEY 47

「CABIN Nakameguro」Sullivan Gouveaさんに聞く「MONKEY 47」の魅力|MONKEY 47

2020年8月31日(月)まで「MONKEY 47がCABINをジャック」イベントを開催している「CABIN Nakameguro」ヘッドバーテンダーのSullivan Gouvea(スリバン・ゴウベア)さん。Sullivanさんは今年2月、ブラックフォレスト蒸留所を視察した参加者のひとりです。この記事では、現地へ赴いた率直な感想、そして「MONKEY 47」の魅力を、ご本人に語ってもらいました。
恵比寿「Bar Triad」馬上千寛さんに聞く「MONKEY 47」の魅力|MONKEY 47

恵比寿「Bar Triad」馬上千寛さんに聞く「MONKEY 47」の魅力|MONKEY 47

2020年8月31日(月)まで「MONKEY 47 フライトツアー」イベントを開催している恵比寿「Bar TRIAD」の馬上千寛(もうえ・ちひろ)さん。馬上さんは今年2月、ブラックフォレスト蒸留所を視察した参加者のひとりです。この記事では、現地へ赴いた率直な感想、そして「MONKEY 47」の魅力を、ご本人に語ってもらいました。
代々木上原「Fireking Café」阿部俊英さんに聞く「MONKEY 47」の魅力|MONKEY 47

代々木上原「Fireking Café」阿部俊英さんに聞く「MONKEY 47」の魅力|MONKEY 47

2020年8月31日(月)までブラックフォレストフェアを開催している代々木上原「Fireking Café」オーナーの阿部俊英さん。阿部さんは今年2月、ブラックフォレスト蒸留所を視察した参加者のひとりです。この記事では、現地へ赴いた率直な感想、そして「MONKEY 47」の魅力を、ご本人に語ってもらいました。
DEAR MR. ALEX 親愛なるアレックスさま|MONKEY 47

DEAR MR. ALEX 親愛なるアレックスさま|MONKEY 47

先日は、ブラックフォレスト蒸留所への取材の機会をいただき、ありがとうございました。その際に、お目にかかれれば良かったのですが、ご家族との大切なご予定があったとうかがっております。代わりに、以下の質問文を用意いたしました。メールインタビューの形になりますが、ご対応いただければ幸いです。
「MONKEY 47」の製品情報 |MONKEY 47

「MONKEY 47」の製品情報 |MONKEY 47

「MONKEY 47」は、豊かな自然を擁するブラックフォレスト(ドイツ・シュヴァルツヴァルト)に、2008年に開設された蒸留所で生まれたプレミアムなジン・ブランド。ここでは、世界有数の蒸留技術によって作られた定番のドライ・ジンに加え、年4回生産されるスロー・ジンを製品紹介します。
「MONKEY 47」の受賞歴|MONKEY 47

「MONKEY 47」の受賞歴|MONKEY 47

「MONKEY 47」は、2010年に登場して以来、その品質、味わい、デザインにおいて、世界中の数々の賞を受賞しています。
「MONKEY 47」のスパイスとボタニカル|MONKEY 47

「MONKEY 47」のスパイスとボタニカル|MONKEY 47

「MONKEY 47」のレシピのベースとなったモンゴメリー・コリンズ氏の画期的なアイデアは、エキゾチックなスパイスとブラックフォレスト原産のボタニカルとを融合させようというものでした。
「MONKEY 47」の製造技術|MONKEY 47

「MONKEY 47」の製造技術|MONKEY 47

偶然か運命のいたずらか、「MONKEY 47」創始者でありCEOのアレキサンダー・シュタイン氏は、ブラックフォレストにて、情熱的で高名な蒸留職人のクリストフ・ケラー氏と出会います。ケラー氏は、2005年にブラックフォレストのコンスタンス湖近くのOberer Hegauに移住し、細部にとことんこだわった手作業の蒸溜方法に専心して、大変な成功を収めていました。
「MONKEY 47」のブランドストーリー|MONKEY 47

「MONKEY 47」のブランドストーリー|MONKEY 47

「MONKEY 47」とは、世界最高品質の新鮮な原料をふんだんに使用し、熟練した蒸溜技術によって抽出、古い陶器での熟成により、極上のジンに仕上げた“世界最高峰のプレミアム・クラフト・ジン”。この記事では、「MONKEY 47」の極上レシピが生まれた背景、そして2010年にブランドが創設された経緯を紹介します。
[期間限定!]都内BAR 3店舗が開催する「MONKEY 47」フェア|MONKEY 47

[期間限定!]都内BAR 3店舗が開催する「MONKEY 47」フェア|MONKEY 47

今夏、東京都内にて「MONKEY 47」の魅力を伝えるBAR3店舗が同時期にフェアを開催。3店舗ともに、ブラックフォレスト蒸溜所の見学経験があるスタッフが在中する。彼らが作る「MONKEY 47」の魅力を存分に引き出したカクテルとともに、「MONKEY 47」談義を楽しんでみては?
表参道・GYREのレストランフロアが「GYRE.FOOD」としてリニューアル|EAT

表参道・GYREのレストランフロアが「GYRE.FOOD」としてリニューアル|EAT

東京・表参道のGYRE(ジャイル)のレストランフロアがこの度リニューアル。「GYRE.FOOD」として生まれ変わった。空間や食のプロフェッショナルが参画し、テーマである“循環”が表現された場となっている。
EAT
完全会員制バー「VILLA FOCH」の新店舗が銀座にオープン|LOUNGE

完全会員制バー「VILLA FOCH」の新店舗が銀座にオープン|LOUNGE

東京・銀座に完全会員制バーラウンジ「VILLA FOCH GINZA」がオープンした。ここでは、最上級のサービスとドリンクと料理で極上の時間を過ごすことができる。
EAT
30年を越えて熟成が進んだヴィンテージものをグラス注文できるワインバー|EAT

30年を越えて熟成が進んだヴィンテージものをグラス注文できるワインバー|EAT

EAT|オールド・ワインバー・ミレジムヴィンテージをバイザグラスで。「Old Wine Bar MILLESIME」紀尾井町にオープンヴィンテージ専門のワインバー「Old Wine Bar MILLESIME(ミレジム)」が東京ガーデンテラス紀尾井町に開店。熟成を経て、素晴らしい味わいを迎えた貴重なワインをグラスで楽しめる。Text by YANAKA Tomomi白ワイン、赤ワイン合わせて、常時15から20種類を用意いくら美酒、美食の街、東京にあっても、しっかりと管理された状態で熟成を経た、美味しいヴィンテージワインに出合う機会は限られている。さらにヴィンテージワインを頼む際は、ボトルで注文しなければならないのが一般的だ。その常識を覆す、ヴィンテージをバイザグラスで提供するワインバー「Old Wine Bar MILLESIME(ミレジム)」が、紀尾井町に誕生した。ミレジムは、東京ガーデンテラス紀尾井町4階のステーキハウス「NoMad Grill Lounge(ノマドグリル・ラウ...
EAT
フリーフローを楽しむ。コンラッド東京に「コンラッド・アペロ」が新登場|CONRAD TOKYO

フリーフローを楽しむ。コンラッド東京に「コンラッド・アペロ」が新登場|CONRAD TOKYO

CONRAD TOKYO|コンラッド東京スパークリングワインやカクテルペアリングをお好きなだけ。魅惑の3時間「コンラッド・アペロ」コンラッド東京のバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」にて、新プラン「コンラッド・アペロ」が新登場した。Text by OZAKI Sayakaディナー前の新習慣。バータイムを“アペロ”でコンラッド東京のバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」において、毎日18:30~21:30 までの3時間限定で、8種のアミューズブーシェとペアリングした8 種のカクテルなどのドリンクメニューをフリーフローで楽しめる「コンラッド・アペロ」が新登場。アペロとはアペリティフの略で、「アペロしませんか?」と気軽に誘い合う、ヨーロッパ発祥の食前酒の習慣。好きな飲み物とおつまみでディナー前の楽しい時間を過ごすひと時を意味する。「コンラッド・アペロ」では、様々なドリンクと相性の良いひと口サイズのアミューズブーシェ8 種が取り揃い、仕事帰りの一杯や、友人とのちょっとした集いなどリラックスし...
EAT
47 件