連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「洋食」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「洋食」

洋食の定義はむずかしくて、広義で言えば和食や中華といった東洋圏の料理ではないフレンチやイタリアンを含む西洋圏の料理を指すけれど、一般的にはオムライス、エビフライ、ハヤシライスなどを想起する。これらは、ペリー来航以後の幕末から明治初期にかけて日本に入ってきたもの。それが、西洋料理の食材を当時の日本が揃えることが難しかったり、日本人の味覚に慣れ親しんでなかったことから、日本でアレンジされて出来上がったものと言われている。
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「豚カツ」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「豚カツ」

「御三家」と言ったら何を思い浮かべるか。僕は御三家という言葉に最初に触れたのが中学受験をした時なので「開成・麻布・武蔵」、または「桜陰・女子学院・雙葉」。小学校お受験の世界にどっぷりの都心のママパパたちだと「松濤・若葉会・枝光会」の幼稚園御三家を思う人もいるかもしれない(松濤幼稚園は閉園)。あるいは「吉田栄作・加勢大周・織田裕二」の平成御三家を思う人、もっと遡って「野口五郎・郷ひろみ・西城秀樹」の新御三家を思う人は僕らよりちょっと上の世代か。御三家とは江戸時代の徳川御三家「尾張徳川・紀州徳川・水戸徳川」から来ている言葉で、高いレベルで実力や人気が拮抗している3者のことを指している。平凡で優劣つけ難い似たり寄ったりの3者のことは御三家とは呼ばない。
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「素材の個性を最大化する『韓国料理』」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「素材の個性を最大化する『韓国料理』」

僕は新大久保育ちなので韓国料理にはうるさい。なんてことはない。韓国料理は好きだけど体質的に辛いものが合わないようでたくさん食べられないし、そもそも韓国に行ったこともないから本場を知らない。遊び盛りの10代~20代を新大久保で過ごしているので、「ハレルヤ」「松屋」「オムニ食堂」あたりは夜中に行きまくったし、人より多少、本場に近い韓国料理に触れる機会があった程度である。
仕事帰りや近所で一杯! 人気のカフェ&バーが夕方からスタイリッシュなワインバーに|Kimpton Shinjuku Tokyo

仕事帰りや近所で一杯! 人気のカフェ&バーが夕方からスタイリッシュなワインバーに|Kimpton Shinjuku Tokyo

東京・西新宿にあるラグジュアリーライフスタイルホテル、キンプトン新宿東京の1Fにある「ザ・ジョーンズ カフェ&バー」が、イブニングタイムにワインとペアリングライトフードを楽しめるワインバーへとスタイルチェンジ。話題を呼んでいる。
EAT
billsでお花見。店内で桜を眺めながら桜ドリンクを楽しめる「Hanami at bills」|bills

billsでお花見。店内で桜を眺めながら桜ドリンクを楽しめる「Hanami at bills」|bills

オーストラリア・シドニー発のオールデイダイニング「bills」は、国内全8店舗にてお花見が楽しめる「Hanami at bills」を2022年3月14日(月)から4月17日(日)の期間限定で開催する。
EAT
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「Japanese bistro、『大衆酒場』」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「Japanese bistro、『大衆酒場』」

大衆酒場の定義はむずかしい。Googleに聞くと、「値段が安く、料理なども庶民的で、気軽に楽しめる雰囲気の酒場」と書かれている。それで言うと、ビルの地下にある大手チェーンも、繁華街の回転寿司も、観光地化された飲み屋ストリートも、全て大衆酒場に内包されそうだけれど、ここで話したいのはそういう店とは違う。
極上の焼き肉を堪能!食材・空間・サービス、すべてにこだわり抜いた最高級ブランド「USHIGORO S.」の新店が新宿にオープン|EAT

極上の焼き肉を堪能!食材・空間・サービス、すべてにこだわり抜いた最高級ブランド「USHIGORO S.」の新店が新宿にオープン|EAT

4年連続ミシュランガイドの一つ星を獲得しているサングが展開する“うしごろ”の最高級ブランド「USHIGORO S.(うしごろエス)」。西麻布、銀座に続き、新宿通り沿いに3店舗目となる「USHIGORO S. SHINJUKU」が2022年3月18日(金)にオープンする。
EAT
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「日本のソウルフード、『天丼』」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「日本のソウルフード、『天丼』」

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」ボードメンバー、伊地知泰威氏の連載。今回は、日本の歴史あるソウルフード「天丼」について。
アンダーズ 東京で春を満喫!桜スイーツや色彩豊かなメニューなど春を彩るスペシャルメニュー|Andaz Tokyo Toranomon Hills

アンダーズ 東京で春を満喫!桜スイーツや色彩豊かなメニューなど春を彩るスペシャルメニュー|Andaz Tokyo Toranomon Hills

アンダーズ 東京から、春にぴったりなスペシャルメニューが登場する。「ルーフトップ バー」は桜をテーマにしたアフタヌーンティーやイブニングプラン、「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」は、シェフのアレンジが光るオリジナルのコースメニュー、「AO スパ&クラブ」は春を感じさせるユニークなトリートメントなど、気分が華やぐメニューやプランを提供する。
EAT
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「基本を守りながら、挑戦を続ける、『焼肉』」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「基本を守りながら、挑戦を続ける、『焼肉』」

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」ボードメンバー、伊地知泰威氏の連載。今回は、「焼肉」について。
渋谷、看板のない店。真の隠れ家的レストランがオープン|EAT

渋谷、看板のない店。真の隠れ家的レストランがオープン|EAT

この秋、金王八幡神社の参道沿いに、ダイニングレストラン「時の過ぎゆくままに」が新たにオープンした。
EAT
聖地巡礼の一杯。ジェームズ・ボンドも愛した "あのマティーニ"が期間限定で復活!|HOTEL NEW OTANI

聖地巡礼の一杯。ジェームズ・ボンドも愛した "あのマティーニ"が期間限定で復活!|HOTEL NEW OTANI

ホテルニューオータニ(東京)では、映画「007」シリーズでジェームズ・ボンドが愛した女性の名を冠したカクテル『ヴェスパー・マティーニ』を、2021年12月31日(金)までの期間で提供中だ。
EAT
渋谷商業施設4館合同イベント「オノマトペを楽しもう!渋谷グルメフェア」開催中|EAT

渋谷商業施設4館合同イベント「オノマトペを楽しもう!渋谷グルメフェア」開催中|EAT

東急が運営する「渋谷ヒカリエ」「渋谷ストリーム」、渋谷スクランブルスクエアが運営する「渋谷スクランブルスクエア」、ならびに東急不動産SCマネジメントが運営する「東急プラザ渋谷」の渋谷駅周辺にある4館の商業施設(以下、4館)は、初の4館合同飲食店応援フェア「オノマトペを楽しもう!渋谷グルメフェア」を2021年9月9日(木)~30日(木)に開催。
EAT
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「西麻布編」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「西麻布編」

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」ボードメンバー、伊地知泰威氏の連載では、究極に健康的なサンシャインジュースと対極にある、“街の様々な人間臭いコンテンツ”を掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第28回は、飾り気なく庶民的な中に心が静かに落ち着ける趣がある街、西麻布を案内する。
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「秋葉原編」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「秋葉原編」

ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第27回は、サブカルチャーとカレー、昭和の面影を残す街、秋葉原を案内する。
162 件