ほどけることのない愛の絆「SALON de CHAUMET」|CHAUMET

ほどけることのない愛の絆「SALON de CHAUMET」|CHAUMET

CHAUMET|ショーメほどけることのない愛の絆「SALON de CHAUMET」「SALON」とは「客間」を意味するフランス語。17世紀の初め、貴族が芸術家や知識人を屋敷に招いて、知性や創造性を互いに刺激し合う時間を持ったことがはじまりでした。「CHAUMET」の最初のお客様であったナポレオン一世の皇后、ジョゼフィーヌも、多くのサロンを開いて新しい文化を生み出していったのです。カリブ海、マリティニーク島生まれだった彼女は、洗練された明るいクリエイティビティを持った女性でした。そんなジョゼフィーヌの意思を受け継ぎ、『SALON de CHAUMET』が東京で開かれます。第3回目のテーマは「愛」。独自の分野でそれぞれに輝きを放つクリエーター達が集まりました。Photographs by TANAKA TsutomuText by OGATA Marikoチコ シゲタ|CHICO SHIGETASHIGETA主宰、ホリスティックビューティーコンサルタント現在は、パリのセレブ...
伊勢丹新宿本館にて「アートと自然とショーメ」展開催|CHAUMET

伊勢丹新宿本館にて「アートと自然とショーメ」展開催|CHAUMET

CHAUMET|ショーメ印象派アートとジュエリーの共通点を垣間見るショーメは2016年11月30日(水)~12月6日(火)の期間、伊勢丹新宿本館1F ザ・ステージにて「アートと自然とショーメ」を開催する。ショーメが生み出すジュエリーの根源に触れられる貴重な機会だ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)新作ハイジュエリー「パステル・ドゥ・フルール」を世界初披露創業以来「自然」をテーマに数多くのジュエリーを手掛けてきたショーメ。同じく自然に美を見出す絵画様式である印象派との共通点を探る展示「アートと自然とショーメ」が開催される。ナポレオン時代の新古典主義から、ロマン主義、写実主義を経て、印象派が生まれた19世紀半ば以降からショーメは自然をモチーフにしたジュエリーの制作を続けてきた。「アートと自然とショーメ」では、印象派アートとショーメの共通点を象徴する新作ハイジュエリー「パステル・ドゥ・フルール」を世界初披露するとともに、自然とアートに関連の深いショーメ アーカイ...
ART
名作『ティファニーで朝食を』の誕生秘話が明かされるドキュメンタリー|MOVIE

名作『ティファニーで朝食を』の誕生秘話が明かされるドキュメンタリー|MOVIE

MOVIE|名作『ティファニーで朝食を』の誕生秘話が明かされるドキュメンタリー『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』1837年の創設以来、時を越えて多くの人々を魅了してきた世界的なジュエリーブランド、ティファニー初のドキュメンタリー映画がついに公開! ブランドの創業者にして‘キング・オブ・ダイヤモンド’と呼ばれたチャールズ・ルイス・ティファニーのエピソードから始まり、ブランドカラーである‘ティファニー ブルー’の誕生秘話、アカデミー賞のジュエリー選びの裏側も紹介される。また多くのセレブも登場し、米国を代表する様々なスポーツイベントとの関わりなど知られざる歴史などが次々と明らかに。11月5日(土)より新宿武蔵野館ほかロードショー。Text by OPENERS世界のあこがれ、ティファニーの秘密教えます。1837年の創設以来、多くの人々を魅了してきた世界的なジュエリーブランド、ティファニー初のドキュメンタリー映画が公開される。ブランドの創業者にして‘キング・オブ・ダイヤモンド’と呼...
4フロアからなるカルティエ 銀座ブティックがグランドオープン|CARTIER

4フロアからなるカルティエ 銀座ブティックがグランドオープン|CARTIER

Cartier|カルティエ「カルティエ 銀座ブティック」がグランドオープンCARTIER(カルティエ)が、9月28日に「カルティエ 銀座ブティック」をグランドオープンした。ブティックは4つのフロアで構成され、ジュエリーやウォッチのほか、メゾンの神髄ともいえるハイジュエリーピースを多く展示。国内におけるハイジュエリーの新たなるデスティネーションとして注目を集める。Text by SHIMOJO Shingo日本文化を随所に感じさせるラグジュアリーな空間新たにオープンした「カルティエ 銀座ブティック」は、世界各地のブティックの内装を手掛けるブルーノ・モワナーがデザインを担当。フランス上流階級の個人邸宅に見られる建築・装飾要素と、ゲストをもてなす伝統をコンセプトに、日本文化を感じさせるモダンなしつらえとなっている。カルティエのプレジデント & チーフエグゼクティブオフィサーのカルロ・ガリリオは「アジアにおいて、ここ以上カルティエのサービスホピタリティ、そしてお客様体験に対する我々のビジョ...
自然と芸術の幸福な関係「SALON de CHAUMET」|CHAUMET

自然と芸術の幸福な関係「SALON de CHAUMET」|CHAUMET

CHAUMET|ショーメ自然と芸術の幸福な関係「SALON de CHAUMET」「SALON」とは「客間」を意味するフランス語。17世紀の初め、貴族が芸術家や知識人を屋敷に招いて、知性や創造性を互いに刺激し合う時間を持ったことがはじまりでした。「CHAUMET(ショーメ)」の最初のお客様であったナポレオンの皇后、ジョゼフィーヌも、多くのサロンを開いて新しい文化を生み出していったのです。カリブ海、マリティニーク島生まれだった彼女は、洗練された明るいクリエイティビティを持った女性でした。そんなジョゼフィーヌの意思を受け継ぎ、『SALON de CHAUMET』が東京で開かれます。第2回目のテーマは「自然主義」。独自の分野でそれぞれに輝きを放つクリエーター達が集まりました。Photographs by JamandfixText by OGATA Mariko二俣公一|FUTATSUMATA Koichi空間・プロダクトデザイナー。1975年鹿児島生まれ。「CASE-REAL...
新しい輝きが生まれる場所「SALON de CHAUMET」|CHAUMET

新しい輝きが生まれる場所「SALON de CHAUMET」|CHAUMET

CHAUMET|ショーメ新しい輝きが生まれる場所「SALON de CHAUMET」「SALON」とは「客間」を意味するフランス語。17世紀の始め、貴族が芸術家や知識人を屋敷に招いて、知性や創造性を互いに刺激し合う時間を持ったことが始まりでした。「CHAUMET(ショーメ)」の最初のお客様であったナポレオンの皇后、ジョゼフィーヌも、多くのサロンを開いて新しい文化を生み出していったのです。カリブ海、マルティニーク島生まれだった彼女は、洗練された明るいクリエイティビティを持った女性でした。そんなジョゼフィーヌの意思を受け継ぎ、『SALON de CHAUMET』が東京で開かれます。第1回目のテーマは「サヴォワール・フェール(職人技)」。独自の分野でそれぞれに輝きを放つクリエーター達が集まりました。236年にわたる伝統と技術によって、画家、彫刻家、俳優といった多くの芸術家を魅了する感性のジュエリーを生み出してきたCHAUMET。創造力にあふれ、革新的であったメゾンの創業者マリー...
ジュエリー コレクション「アーシ ディオール」が新作を発売|DIOR

ジュエリー コレクション「アーシ ディオール」が新作を発売|DIOR

DIOR|ディオール過去に発表された名作ドレスからインスパイアを受けた新作8点を発売DIOR(ディオール)のジュエリーコレクション、Archi Dior(アーシ ディオール)が、9月1日(木)より、新作8点を発売する。Text by SHINGO Shimojoドレスの曲線美をジュエリーで表現ディオールの類まれで創造性豊かなビジョンを称え、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌは、2年前に立ち上げたファインジュエリー コレクション「アーシ ディオール」が、新作8点を発売する。1948年春夏コレクションに登場した、バックにボリュームを持たせた千鳥格子の「ココット」ドレス、そして、1949-1950年秋冬コレクションに登場した「ミリュ ドゥ シェクル」ラインのデザインにインスピレーションを得たアイテムを展開。布地に宿る幾何学を基に、「ココット」のシルエットからは、ホワイトゴールドとダイヤモンドのアシンメトリーなリングとネックレスが、「ミリュ ドゥ シェクル」ラインの描く曲線は、ゴールドとダ...
デビアス 真夏の夢を紡ぐ魅惑のカラーダイヤモンド|DE BEERS

デビアス 真夏の夢を紡ぐ魅惑のカラーダイヤモンド|DE BEERS

DE BEERS|デビアス真夏の夢を紡ぐ魅惑のカラーダイヤモンドダイヤモンドのオーソリティである「デビアス」から、サマーシーズンを優雅に彩るカラーダイヤモンドが発表された。降り注ぐ太陽の光、ビーチパラソルがはためくカラフルな砂浜、水彩画のような夕暮れ……。そんな夏のシーンに似合う輝きを身に纏い、一つ上のエレガンスを叶えたい。Text by MINAKO Noguchi自然界のギフトが放つ真のオーラこの夏、デビアスが提案するカラーダイヤモンドは、ファンシーイエローとブラウンダイヤモンド。地中のパワーを秘めた温かみのある豊潤な輝きは、無色のダイヤモンドの1万分の1といわれる類い稀なる美しさ。自然界からの貴重な贈り物を携えたグラマラスなリングやネックレス、イヤリングは優雅な輝きを放ち、ひと目見た瞬間、心を奪われる。デビアスのダイヤモンドの美しさの秘密は、いわゆる一般的な評価基準であるカット、クラリティ、カラー、カラットの“4C”にとどまらないことにある。ひとつひとつの貴石が語りかける個性...
グレン・ルッチフォードによるグッチのジュエリー&ウォッチ新広告|GUCCI

グレン・ルッチフォードによるグッチのジュエリー&ウォッチ新広告|GUCCI

GUCCI|グッチアレッサンドロ・ミケーレによる新しい広告ビジュアルグレン・ルッチフォードによるジュエリー&ウォッチ新広告アレッサンドロ・ミケーレによるGUCCI(グッチ)のジュエリー&ウォッチの新広告ビジュアルが公開された。新しいG-タイムレス オートマティックや、ディアマンティッシマ ウォッチ コレクションのニューバージョン、グッチ不朽のアイコン「フローラ」プリントからインスパイアされたジュエリー「グッチ フローラ」など、新しい「グッチらしさ」を称えたビジュアルとなっている。Text by OPENERSグッチ ジュエリー & タイムピーシズの魅力がふんだんに散りばめられた作品アレッサンドロ・ミケーレによるGUCCI(グッチ)のジュエリー&ウォッチの新広告ビジュアルが公開された。明確なデザインアプローチとポジショニングを誇り、最も信頼性の⾼いファッションブランドのひとつとして、1970年代初頭よりウォッチ分野に進出し、アイコニックなウォッチを展開するグッチ。スイスメイドの厳格な...
連載 第5回|優雅な気品を携え、洗練を極める「ティファニー」|TIFFANY & CO.

連載 第5回|優雅な気品を携え、洗練を極める「ティファニー」|TIFFANY & CO.

TIFFANY & CO.|ティファニー連載|第5回 ティファニー(1)格式ある伝統を守りながら新たな時代の感性を宿す新境地へと、常にジュエリーを昇華させる「ティファニー」。ダイヤモンド・オーソリティーとしての確たる自信と卓越したクラフツマンシップによって生み出される、このうえなくエレガントなジュエリーは世界中の女性の憧れ。今回は、アメリカが誇るプレミアムジュエラーの魅力を紐解いていく。Text by NOGUCHI Minako受け継がれる革新的なブランドヒストリーティファニーの輝かしい歴史は1837年に幕を開ける。創業者であるチャールズ・ルイス・ティファニーが、ニューヨークにファンシーグッズとステーショナリーのショップをオープンしたことが始まりだった。宝石を見極める審美眼に優れていたチャールズは、その後、ヨーロッパへ渡り、ダイヤモンドをはじめとする貴重な宝石を数多く買い付けて帰国。崇高なる輝きを携えたジュエリーは、アメリカの上流階級の間でまたたく間に話題となり、1848...
ショーメがエレガントなブライダルジュエリーフェアを開催|CHAUMET

ショーメがエレガントなブライダルジュエリーフェアを開催|CHAUMET

CHAUMET|ショーメ「ブライダルセレブレーション」を開催ショーメ(CHAUMET)は、全国のブティックにて「ブライダルセレブレーション ~ブライダルフェア 2016~」を開催中だ。「ジョゼフィーヌ」コレクションの新作エンゲージメントリングはもちろん、ファンシーカットやクリエイティブでエレガントなデザインのリングが豊富に揃う。開催期間中フェア対象商品を購入した方には、オリジナルフォトフレームをはじめ素敵なギフトが用意されている。5月15日(日)までの期間限定なので、この機会に永遠の愛の証を選んでみては。Text by OPENERS皇后ジョゼフィーヌが愛したティアラをモチーフにしたエンゲージメントリング4月29日(金・祝)より全国のショーメブティックで、エレガントなブライダルジュエリーが集う、ブライダルフェア「ブライダルセレブレーション ~ブライダルフェア 2016~」を開催中。ショーメは、1780年の創業以来、ナポレオン皇帝を筆頭にヨーロッパ王室の御用達ジュエラーとして、豪華な...
アジサイが咲き誇る、ショーメ「オルタンシア」 コレクション|CHAUMET

アジサイが咲き誇る、ショーメ「オルタンシア」 コレクション|CHAUMET

CHAUMET|ショーメアジサイが咲き誇る、ショーメ「オルタンシア」 コレクションショーメの伝統である自然主義スタイルの「オルタンシア」コレクションより、ダイヤモンドパヴェの新作ジュエリーが登場した。繊細な花をレースのように編み込んだ新作「ヴォア・ラクテ ―天の川―」。まるで夏の澄みきった夜空の中に、ほのかな光が天空から舞い降り、キラキラと靄の輝きを放つアジサイのように美しい。その他、「オーブ・ロゼ」コレクションも新作が登場する。Text by OPENERS上質なダイヤモンドブーケのジュエリーメゾンの伝統である自然主義スタイルより生まれた「オルタンシア」コレクションから、ダイヤモンドパヴェの新作ジュエリーが登場した。「ヴォア・ラクテ ―天の川―」ジュエリーは、ショーメの創業1780年より受け継がれてきたサヴォワール・フェールらしい、品良く絶妙なボリュームで、女性らしさが花開く、上質なダイヤモンドブーケのジュエリーである。きらめくダイヤモンドに気品あるカルセドニーと、知性が光るブル...
愛らしさを優雅に彩る「ヴァン クリーフ&アーペル」|Van Cleef & Arpels

愛らしさを優雅に彩る「ヴァン クリーフ&アーペル」|Van Cleef & Arpels

Van Cleef & Arpels|ヴァン クリーフ&アーペル連載|第4回 ヴァン クリーフ&アーペル(1)100年以上の歴史を通して、詩情溢れる気品に満ちたジュエリーを作り続けている「ヴァン クリーフ&アーペル」。独創的なデザインが描き出すフェミニンな可愛らしさ、ドラマチックな美しさは、世界中の女性たちの憧れの的。ジュエリーへの情熱を雄弁に語りかけるハイジュエラーの美学を堪能してほしい。Text by NOGUCHI Minako愛を祝福するメゾンが紡ぐラブストーリーヴァン クリーフ&アーペルが織り成す、愛に満ちたラブストーリーは、創立者であるエステル・アーペルとアルフレッド・ヴァン クリーフのふたりが紡いだ愛の物語りの軌跡といえる。運命に導かれるように出会った宝石商の娘、エステル・アーペルと宝石細工職人のアルフレッド・ヴァン クリーフは、1895年に結婚。宝石への情熱が強かったふたりは結婚を機に、エステルの兄弟とパートナーシップを組み、ジュエリー制作に打ち込んだ。類い...
ダイヤモンドのエキスパート「デビアス」の魅力|De Beers

ダイヤモンドのエキスパート「デビアス」の魅力|De Beers

De Beers|デビアスダイヤモンドのエキスパート「デビアス」の魅力連載|第3回 デビアス(1)ダイヤモンドと聞けば、すぐにイメージできるほど、世界的なネームバリューを誇る「デビアス」。卓越した審美眼によって選び抜かれたダイヤモンドのクオリティの高さはもちろんのこと、詩情豊かな美しさを奏でるデザインに心惹かれる女性も多い。白く冴え渡る輝きの価値、豊潤な煌めきを宿す魅惑的な逸品を、ここに紹介しよう。Text by NOGUCHI Minako揺るぎない美学を受け継ぐブランドストーリーダイヤモンドの探索、採掘において他社の追随を許さない専門性を有した世界トップクラスのダイヤモンド専門会社、デビアスグループを親会社に持つ「デビアス」。デビアスグループは、1888年、De Beers Consolidated Minesとして南アフリカにて創業。1939年に、ダイヤモンドの品質を現す指標のひとつである、カット、カラー、クラリティ、カラットの「4C」を最初に考案し、ダイヤモンド業界に、新た...
透徹したダイヤモンドの輝きが際立つハリー・ウィンストン|HARRY WINSTON

透徹したダイヤモンドの輝きが際立つハリー・ウィンストン|HARRY WINSTON

ハリー・ウィンストン|HARRY WINSTON透徹したダイヤモンドの輝きが際立つ連載|第1回 ハリー・ウィンストン(1)“キング・オブ・ダイヤモンド”と称されるハリー・ウィンストンは、女性たちが憧れる世界屈指のハイジェエラー。澄み渡るダイヤモンドの白き輝きは、人生のあらゆるシーンに華やぎと興奮をもたらし、身につける女性を幸福感で包み込む。Text by NOGUCHI Minakoジュエリーデザインに革命を起こしたハリー・ウィストンの歴史1932年、ニューヨークにて、その輝かしい歴史の幕を開けたハリー・ウィンストン。創始者のハリー・ウィンストンは生涯をかけてダイヤモンドを愛し、眩い煌めきを芸術品へと昇華させ、ジュエリーデザイン界に大革命を起こした。小さな宝石店の息子として育ったハリー・ウィンストンは、幼い頃から宝石の質やポテンシャルを判断する審美眼と鋭い洞察力を持っていた。そんな彼を象徴する少年時代のエピーソードがある。12歳の時、通りがかった質屋のトレイで緑色の石に心を奪われた...
100 件