GRヤリスデビューを記念したオンラインイベントを開催

GRヤリスデビューを記念したオンラインイベントを開催

トヨタは、コンパクトカー「ヤリス」のスポーツモデル「GRヤリス」を2020年9月4日に発売。ローンチを記念し、TOYOTA GAZOO Racingが9月16日(水)19:30からオンラインイベント「GRヤリス オンライン フェス」を開催する。
トヨタとホンダが協力し、移動式発電・給電システムの実証実験を開始|TOYOTA  & HONDA

トヨタとホンダが協力し、移動式発電・給電システムの実証実験を開始|TOYOTA & HONDA

トヨタ自動車と本田技術研究所は、大容量水素を搭載する燃料電池バスと、可搬型外部給電器・可搬型バッテリーを組み合わせた移動式発電・給電システム「Moving e(ムービングイー)」を構築し、2020年9月から実証実験を開始する。
トヨタ、新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」を発売|TOYOTA

トヨタ、新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」を発売|TOYOTA

トヨタは8月31日、コンパクトSUVの新型「ヤリス クロス」を同日から発売した。
よりタフに──トヨタ ハイラックスが力強さを強調するマイナーチェンジを実施|TOYOTA

よりタフに──トヨタ ハイラックスが力強さを強調するマイナーチェンジを実施|TOYOTA

トヨタは、ピックアップトラック「ハイラックス」をマイナーチェンジし、販売を開始した。
RAV4がディスプレイオーディオを全車標準装備するなどの一部改良|TOYOTA

RAV4がディスプレイオーディオを全車標準装備するなどの一部改良|TOYOTA

トヨタはSUV「RAV4」にディスプレイオーディオを全車に標準装備するなどの一部改良を実施。販売を開始した。
トヨタ、C-HRの安全装備を充実させる一部改良を実施|TOYOTA

トヨタ、C-HRの安全装備を充実させる一部改良を実施|TOYOTA

トヨタは、コンパクトSUV「C-HR」に安全装備を充実させるなど改良するとともに、特別仕様車「G-T“モード ネロ セーフティ プラス”」を設定し、販売を開始した。
プラドがディーゼルエンジンの出力を大幅向上させるなど一部改良|TOYOTA

プラドがディーゼルエンジンの出力を大幅向上させるなど一部改良|TOYOTA

トヨタは、ランドクルーザープラドのディーゼルエンジンの出力をアップさせるなどの一部改良を実施するとともに、特別仕様車「TX“Lパッケージ・ブラックエディション”」を設定し販売を開始した。
カローラにSUVの新兄弟が誕生──トヨタが「カローラ クロス」をタイで世界初公開|TOYOTA

カローラにSUVの新兄弟が誕生──トヨタが「カローラ クロス」をタイで世界初公開|TOYOTA

トヨタは7月9日、カローラシリーズに新型コンパクトSUVの「カローラ クロス」を新たに追加し、タイで世界初公開した。タイでは同日から販売を開始し、今後、順次導入国を拡大するという。
トヨタ2000GTの補給部品を復刻。再販売へ|TOYOTA

トヨタ2000GTの補給部品を復刻。再販売へ|TOYOTA

トヨタ ガズーレーシング(TGR)は、「GRヘリテージパーツプロジェクト」として、「2000GT」の補給部品を復刻。国内、海外向けに再販する。
“副産物”の水素とミライのユニットを活用し発電する実証実験をスタート|TOYOTA

“副産物”の水素とミライのユニットを活用し発電する実証実験をスタート|TOYOTA

トヨタ自動車と総合化学メーカのトクヤマは、燃料電池自動車(FCV)「ミライ」に搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を活用した定置式の燃料電池発電機を山口県周南市のトクヤマ徳山製造所内に設置。副生される水素を利用した実証実験を開始した。
太陽光発電で水素を製造・貯蔵・供給する「シンプルフューエル」をトヨタが導入|TOYOTA

太陽光発電で水素を製造・貯蔵・供給する「シンプルフューエル」をトヨタが導入|TOYOTA

再生可能エネルギーである太陽光発電の電力を活用し、水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充てん装置「シンプルフューエル」を2019年4月に愛知県豊田市の元町工場に導入したトヨタ自動車。その将来の展望とは?
SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

地球温暖化に対する早急な対策が世界的な課題となり、温室効果ガス排出量に対する欧米を中心とした規制が厳しさを増す昨今。EVやPHV、ハイブリッド車など、環境への負荷の少ないクルマへシフトする動きがますます顕著化している。そんな時代において、クルマ好きとしてどんなクルマに乗るべきなのだろうか。自動車ライターの南陽一浩氏が解説する。
2030年の水素社会の実現に向け、水素の大規模利用を検討する協議会を立ち上げ|TOYOTA

2030年の水素社会の実現に向け、水素の大規模利用を検討する協議会を立ち上げ|TOYOTA

トヨタ自動車は、水素の利用推進に取り組む民間企業10社とともに、水素の大規模利用の可能性を検討する「中部圏水素利用協議会」を2020年3月に立ち上げた。
フルモデルチェンジしたトヨタの都市型SUV「ハリアー」が発売|TOYOTA

フルモデルチェンジしたトヨタの都市型SUV「ハリアー」が発売|TOYOTA

トヨタは6月17日、フルモデルチェンジして4代目となった新型SUV「ハリアー」の価格を発表し、同日から販売を開始した。月販目標台数は3,100台。
FCV「ミライ」のシステムを活用した燃料電池発電機を開発|TOYOTA

FCV「ミライ」のシステムを活用した燃料電池発電機を開発|TOYOTA

トヨタ自動車は、燃料電池自動車(FCV)「ミライ」に搭載されている燃料電池システムを活用した定置式の燃料電池発電機を開発したと、2019年9月に発表した。愛知県豊田市の本社工場敷地内に設置し、実証実験を行っている。
252 件