まさに良品廉価なコンパクトSUV、ダイハツ「ロッキー」、トヨタ「ライズ」に試乗 |Daihatsu / Toyota

まさに良品廉価なコンパクトSUV、ダイハツ「ロッキー」、トヨタ「ライズ」に試乗 |Daihatsu / Toyota

11月5日にデビューしたばかりのコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」と、そのOEM版「トヨタ・ライズ」。兄弟車であるこの2台は、ダイハツの新世代のクルマづくりである「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」プラットフォームを採用していて、良品廉価、最小単位を極める、先進技術をみんなのものに、という3つを開発目標にしたという。小型のSUVスタイルとしたのは、今、登録台数が伸びている唯一の車種であるという点。千葉県内で開催された試乗会に参加して、その出来栄えを確かめた。
大きく若返りが図られた新型トヨタ カローラに試乗|Toyota

大きく若返りが図られた新型トヨタ カローラに試乗|Toyota

1966年にデビューし、これまで世界150カ国以上の国と地域で4,750万台が販売されてきた大ベストセラーカー、トヨタ「カローラ」。フルモデルチェンジを受け、この9月にデビューしたその新型に試乗した。
普段使いからレジャーまで、使える、楽しめる──5ナンバーサイズの新型SUV「ライズ」誕生|Toyota

普段使いからレジャーまで、使える、楽しめる──5ナンバーサイズの新型SUV「ライズ」誕生|Toyota

トヨタは11月5日(火)、新型コンパクトSUV「ライズ」の発売を開始した。
トヨタが新世代コンパクト「ヤリス」をワールドプレミア──ヴィッツの名は廃止へ|Toyota

トヨタが新世代コンパクト「ヤリス」をワールドプレミア──ヴィッツの名は廃止へ|Toyota

トヨタ自動車は、新型コンパクトモデルの「ヤリス」を世界初公開した。正式発表は今年12月、発売は2020年2月を予定しているという。
ガズーレーシングが専用チューニング──軽規格2シーターオープンスポーツカー「コペンGRスポーツ」誕生|Toyota

ガズーレーシングが専用チューニング──軽規格2シーターオープンスポーツカー「コペンGRスポーツ」誕生|Toyota

トヨタは10月15日(火)、軽オープンスポーツカー「コペンGRスポーツ」を発表。販売を開始した。
トヨタが考える次世代モビリティの提案──二人乗りの超小型EVを東京モーターショー2019に出展|Toyota

トヨタが考える次世代モビリティの提案──二人乗りの超小型EVを東京モーターショー2019に出展|Toyota

トヨタは10月17日(木)、東京モーターショーに2020年冬ごろの発売が予定されている超小型EVを出展することを発表した。
よりダイナミックな走りを追求──新型ミライの開発最終段階モデルを東京モーターショー2019で世界初披露|Toyota

よりダイナミックな走りを追求──新型ミライの開発最終段階モデルを東京モーターショー2019で世界初披露|Toyota

トヨタは「東京モーターショー2019」のメガウェブ会場で、燃料電池車(FCV)「ミライ コンセプト」モデルをワールドプレミアする。
AIエージェントを搭載したEV「LQ」を東京モーターショー2019で公開|Toyota

AIエージェントを搭載したEV「LQ」を東京モーターショー2019で公開|Toyota

トヨタ自動車は人工知能や自動運転などを搭載した電気自動車(EV)「LQ」を公表。東京モーターショー2019で披露する。
東京モーターショー2019のトヨタブースは“未来の車両”でお出迎え|Toyota

東京モーターショー2019のトヨタブースは“未来の車両”でお出迎え|Toyota

トヨタ自動車は10月11日(金)、東京モーターショー2019のトヨタブースのテーマを「PLAY, THE FUTURE」とし、未来を体感できる車両を展示すると発表。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で使用する専用の自動運転EV「eパレット」なども展示される。
日本が世界に誇るロングセラーモデル、トヨタ「カローラ」がフルモデルチェンジ|Toyota

日本が世界に誇るロングセラーモデル、トヨタ「カローラ」がフルモデルチェンジ|Toyota

トヨタ自動車は9月17日、主力車種の「カローラ」(セダン)、「カローラ ツーリング」(ワゴン)のフルモデルチェンジを発表。先行販売していた「カローラ スポーツ」(ハッチバック)も一部改良し、同日から販売を開始した。
17年ぶりの新型トヨタ「スープラ」発表|Toyota

17年ぶりの新型トヨタ「スープラ」発表|Toyota

Toyota GR Supra|トヨタ GR スープラ新型トヨタ「GR スープラ」発表トヨタは2002年に生産終了して以来、17年ぶりにスープラを復活、発売を開始した。価格は490万円から。Text & Photographs by UCHIDA ShunichiGRとして初のグローバルモデル初代「スープラ(セリカXX)」が1978年に誕生して以降、どの世代でも直列6気筒エンジンを積んだFR車であったことは共通しており、新型でもこの2つを継承。加えて今回は、“ホイールベース”“トレッド”“重心高”の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現したとのこと。新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ“GR”初のグローバルモデルとして設定。TOYOTA GAZOO Racing は2007年にドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースに初めて参戦して以来、モータースポーツを通じて人とクルマを鍛える“も...
プリウスPHVにブラッシュアップを実施|Toyota

プリウスPHVにブラッシュアップを実施|Toyota

Toyota Prius PHV|トヨタ プリウス PHV定員を5人乗りにするなどのブラッシュアップを実施トヨタ自動車は、プラグインハイブリッドの「プリウスPHV」に、定員を5人に増員するなどの一部改良を実施した。Text by YANAKA Tomomi駆動用バッテリーの電気を住宅に供給する仕組みも装備トヨタ「プリウスPHV」がブラッシュアップされ、これまでの4人乗りから5人乗りへと変更された。また、車載バッテリーに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み「V2H」も備え、災害などの停電時でも蓄電池としての役割を担えるようになったという。具体的には、急速充電インレットに外部給電機能(V2H)をオプション設定し、別売りのV2H機器に接続することで、プリウスPHVの駆動用バッテリーに蓄えた電力を家庭用電力として使用することが可能だという。同時に、住宅の太陽光発電などで生じた余剰電力を車両の駆動用バッテリーに蓄電することもでき、電力需要の平準化にも効果が期待される。このほかにも、安全装備を充実...
新型トヨタRAV4に試乗|Toyota

新型トヨタRAV4に試乗|Toyota

1994年にデビューしたトヨタ「RAV4」は、今や国内外のほとんどのメーカーが手がけている乗用車ライクなクロスオーバーSUVの草分けとして大ヒットを記録した。一時は海外専用モデルとして日本市場から姿を消していた同車だが、最新型となる5代目は日本にも導入され、この4月10に販売が開始された。世界的なSUVブームのなか、新生RAV4はいかなるモデルに仕上げられているのか。さっそく試乗してみた。
213 件