大型トラックも脱CO2へ──トヨタと日野が燃料電池大型トラックを共同開発|TOYOTA

大型トラックも脱CO2へ──トヨタと日野が燃料電池大型トラックを共同開発|TOYOTA

トヨタ自動車は日野自動車とともに燃料電池の大型トラックを共同開発する。今後は実証実験などを通じて実用化に取り組んでいくという。
FCEV「ミライ」の搭載部品を利用──トヨタ、船舶向けに初の燃料電池システムを開発|TOYOTA

FCEV「ミライ」の搭載部品を利用──トヨタ、船舶向けに初の燃料電池システムを開発|TOYOTA

トヨタ自動車とトヨタの欧州事業を統括するトヨタ・モーター・ヨーロッパ(TME)は、燃料電池技術を初めて船舶向けに応用。再生可能エネルギーで世界一周航海を目指しているフランスの「エナジー・オブザーバー号」向けのFCシステムを開発した。
ブラック×ブロンズをまとう86の特別仕様車|TOYOTA

ブラック×ブロンズをまとう86の特別仕様車|TOYOTA

トヨタ自動車は、「86」に特別仕様車「ブラック リミテッド」を設定。マニュアル車とオートマチック車それぞれ43台ずつ、計86台限定で抽選販売される。
“上級送迎車”としての存在感──トヨタのフルサイズワゴン「グランエース」に試乗|Toyota

“上級送迎車”としての存在感──トヨタのフルサイズワゴン「グランエース」に試乗|Toyota

東京モーターショー2019でお披露目され、12月に販売を開始したトヨタのフルサイズワゴン「グランエース」。全長5,300×全幅1,970×全高1,990mmというセミボンネットの四角いボディは、巨大で圧倒的な存在感を放っている。車名はスペイン語で「大きな/偉大な」を意味する「GRAN」と、英語で「第一人者・優れた者」を意味する「ACE」を組み合わせたもの。海外向けの商用モデルであるハイエースをベースとし、多人数のVIPや企業要人、インバウンドのゲストなどを一台の車に乗せて移動することを目的に開発されたという。横浜市内で開催された試乗会に参加し、そのドライバビリティや後席の乗り心地を確かめてみた。
空のモビリティの実現に向けて── “空飛ぶタクシー”を開発するJoby社との協業に合意|Toyota

空のモビリティの実現に向けて── “空飛ぶタクシー”を開発するJoby社との協業に合意|Toyota

トヨタ自動車は、新たな空のモビリティ事業として、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発・実用化を進めるアメリカ・カリフォルニアのJoby Aviation(Joby)と協業することに合意。トヨタがJobyに3.94億ドルを出資する。
トヨタ、旧型スープラのパーツを復刻するプロジェクト「GRヘリテージパーツプロジェクト」を始動|Toyota

トヨタ、旧型スープラのパーツを復刻するプロジェクト「GRヘリテージパーツプロジェクト」を始動|Toyota

トヨタは1月9日(木)、「GRヘリテージパーツプロジェクト」として「A70スープラ」と「A80スープラ」の補給部品を復刻。国内、海外に向けて2020年春ごろから販売を開始する。
まさに良品廉価なコンパクトSUV、ダイハツ「ロッキー」、トヨタ「ライズ」に試乗 |Daihatsu / Toyota

まさに良品廉価なコンパクトSUV、ダイハツ「ロッキー」、トヨタ「ライズ」に試乗 |Daihatsu / Toyota

11月5日にデビューしたばかりのコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」と、そのOEM版「トヨタ・ライズ」。兄弟車であるこの2台は、ダイハツの新世代のクルマづくりである「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」プラットフォームを採用していて、良品廉価、最小単位を極める、先進技術をみんなのものに、という3つを開発目標にしたという。小型のSUVスタイルとしたのは、今、登録台数が伸びている唯一の車種であるという点。千葉県内で開催された試乗会に参加して、その出来栄えを確かめた。
大きく若返りが図られた新型トヨタ カローラに試乗|Toyota

大きく若返りが図られた新型トヨタ カローラに試乗|Toyota

1966年にデビューし、これまで世界150カ国以上の国と地域で4,750万台が販売されてきた大ベストセラーカー、トヨタ「カローラ」。フルモデルチェンジを受け、この9月にデビューしたその新型に試乗した。
普段使いからレジャーまで、使える、楽しめる──5ナンバーサイズの新型SUV「ライズ」誕生|Toyota

普段使いからレジャーまで、使える、楽しめる──5ナンバーサイズの新型SUV「ライズ」誕生|Toyota

トヨタは11月5日(火)、新型コンパクトSUV「ライズ」の発売を開始した。
トヨタが新世代コンパクト「ヤリス」をワールドプレミア──ヴィッツの名は廃止へ|Toyota

トヨタが新世代コンパクト「ヤリス」をワールドプレミア──ヴィッツの名は廃止へ|Toyota

トヨタ自動車は、新型コンパクトモデルの「ヤリス」を世界初公開した。正式発表は今年12月、発売は2020年2月を予定しているという。
ガズーレーシングが専用チューニング──軽規格2シーターオープンスポーツカー「コペンGRスポーツ」誕生|Toyota

ガズーレーシングが専用チューニング──軽規格2シーターオープンスポーツカー「コペンGRスポーツ」誕生|Toyota

トヨタは10月15日(火)、軽オープンスポーツカー「コペンGRスポーツ」を発表。販売を開始した。
トヨタが考える次世代モビリティの提案──二人乗りの超小型EVを東京モーターショー2019に出展|Toyota

トヨタが考える次世代モビリティの提案──二人乗りの超小型EVを東京モーターショー2019に出展|Toyota

トヨタは10月17日(木)、東京モーターショーに2020年冬ごろの発売が予定されている超小型EVを出展することを発表した。
よりダイナミックな走りを追求──新型ミライの開発最終段階モデルを東京モーターショー2019で世界初披露|Toyota

よりダイナミックな走りを追求──新型ミライの開発最終段階モデルを東京モーターショー2019で世界初披露|Toyota

トヨタは「東京モーターショー2019」のメガウェブ会場で、燃料電池車(FCV)「ミライ コンセプト」モデルをワールドプレミアする。
AIエージェントを搭載したEV「LQ」を東京モーターショー2019で公開|Toyota

AIエージェントを搭載したEV「LQ」を東京モーターショー2019で公開|Toyota

トヨタ自動車は人工知能や自動運転などを搭載した電気自動車(EV)「LQ」を公表。東京モーターショー2019で披露する。
東京モーターショー2019のトヨタブースは“未来の車両”でお出迎え|Toyota

東京モーターショー2019のトヨタブースは“未来の車両”でお出迎え|Toyota

トヨタ自動車は10月11日(金)、東京モーターショー2019のトヨタブースのテーマを「PLAY, THE FUTURE」とし、未来を体感できる車両を展示すると発表。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で使用する専用の自動運転EV「eパレット」なども展示される。
219 件