“副産物”の水素とミライのユニットを活用し発電する実証実験をスタート|TOYOTA

“副産物”の水素とミライのユニットを活用し発電する実証実験をスタート|TOYOTA

トヨタ自動車と総合化学メーカのトクヤマは、燃料電池自動車(FCV)「ミライ」に搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を活用した定置式の燃料電池発電機を山口県周南市のトクヤマ徳山製造所内に設置。副生される水素を利用した実証実験を開始した。
太陽光発電で水素を製造・貯蔵・供給する「シンプルフューエル」をトヨタが導入|TOYOTA

太陽光発電で水素を製造・貯蔵・供給する「シンプルフューエル」をトヨタが導入|TOYOTA

再生可能エネルギーである太陽光発電の電力を活用し、水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充てん装置「シンプルフューエル」を2019年4月に愛知県豊田市の元町工場に導入したトヨタ自動車。その将来の展望とは?
SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

地球温暖化に対する早急な対策が世界的な課題となり、温室効果ガス排出量に対する欧米を中心とした規制が厳しさを増す昨今。EVやPHV、ハイブリッド車など、環境への負荷の少ないクルマへシフトする動きがますます顕著化している。そんな時代において、クルマ好きとしてどんなクルマに乗るべきなのだろうか。自動車ライターの南陽一浩氏が解説する。
2030年の水素社会の実現に向け、水素の大規模利用を検討する協議会を立ち上げ|TOYOTA

2030年の水素社会の実現に向け、水素の大規模利用を検討する協議会を立ち上げ|TOYOTA

トヨタ自動車は、水素の利用推進に取り組む民間企業10社とともに、水素の大規模利用の可能性を検討する「中部圏水素利用協議会」を2020年3月に立ち上げた。
フルモデルチェンジしたトヨタの都市型SUV「ハリアー」が発売|TOYOTA

フルモデルチェンジしたトヨタの都市型SUV「ハリアー」が発売|TOYOTA

トヨタは6月17日、フルモデルチェンジして4代目となった新型SUV「ハリアー」の価格を発表し、同日から販売を開始した。月販目標台数は3,100台。
FCV「ミライ」のシステムを活用した燃料電池発電機を開発|TOYOTA

FCV「ミライ」のシステムを活用した燃料電池発電機を開発|TOYOTA

トヨタ自動車は、燃料電池自動車(FCV)「ミライ」に搭載されている燃料電池システムを活用した定置式の燃料電池発電機を開発したと、2019年9月に発表した。愛知県豊田市の本社工場敷地内に設置し、実証実験を行っている。
トヨタRAV4に、走る楽しさを追求したPHVモデルを追加設定|TOYOTA

トヨタRAV4に、走る楽しさを追求したPHVモデルを追加設定|TOYOTA

トヨタは6月8日、クロスオーバーSUVのRAV4に、最上級モデルとなる新型プラグインハイブリッドモデル「RAV4 PHV」を追加設定し、同日から販売を開始した。
トヨタ、GRヤリスのラインナップを発表|TOYOTA

トヨタ、GRヤリスのラインナップを発表|TOYOTA

トヨタは6月2日、ヤリス ベースのスポーツモデル「GRヤリス 」の全ラインアップを発表した。
再生可能エネルギーを推進する「トヨタグリーンエナジー」を中部電力などと協同で設立|TOYOTA

再生可能エネルギーを推進する「トヨタグリーンエナジー」を中部電力などと協同で設立|TOYOTA

トヨタ自動車は、中部電力や豊田通商と共同で、「トヨタグリーンエナジー有限責任事業組合」を設立。国内の再生可能エネルギー電源の取得、運営を行い、将来的にはトヨタグループへの供給を目指していく。
トヨタが医療従事者らの通勤ために割安な「通勤アシストレンタカー」を開始|TOYOTA

トヨタが医療従事者らの通勤ために割安な「通勤アシストレンタカー」を開始|TOYOTA

トヨタ自動車は、新型コロナウイルスの感染拡大により、医療機関や公共交通機関など社会生活を支えるために通勤などで移動を必要とする人に、通勤時間帯のレンタカーを割安な価格で提供する「通勤アシストレンタカー」プランを開始した。
トヨタがカローラとカローラツーリングに3つの特別仕様車を設定|TOYOTA

トヨタがカローラとカローラツーリングに3つの特別仕様車を設定|TOYOTA

トヨタは5月13日、主力車種のカローラとカローラツーリングに特別仕様車のGX-“PLUS”とハイブリッドGX-“PLUS”、さらにカローラツーリングに500台限定特別仕様車の“2000リミテッド”を設定すると発表した。
フィリピン・マニラの医療従事者向けオンデマンド型シャトルバス送迎サービスを開始|TOYOTA

フィリピン・マニラの医療従事者向けオンデマンド型シャトルバス送迎サービスを開始|TOYOTA

一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(Toyota Mobility Foundation)は5月8日、同日からフィリピンのマニラで新型コロナウイルス感染症の治療・診断に携わる医療従事者向けのオンデマンド型シャトルバス送迎サービスを開始すると発表した。
名前も中身も一新──トヨタの新型コンパクトモデル「ヤリス」に試乗|TOYOTA

名前も中身も一新──トヨタの新型コンパクトモデル「ヤリス」に試乗|TOYOTA

フルモデルチェンジしたトヨタのコンパクトモデル「ヴィッツ」改め「ヤリス」。中身とともに名前もグローバルモデルと統一されての登場だ。販売開始から約1ヵ月で3万7,000台を受注(計画では月販7,800台)したというから、幸先の良いスターを切ったと言って良いだろう。試乗したのは、ハイブリッドと1.5リッターガソリンの2モデル。都内から千葉県富津への往復150kmのルートで、それぞれの魅力をチェックした。
トヨタ自動車九州が医療機関にフェイスシールド2,000個を提供|TOYOTA

トヨタ自動車九州が医療機関にフェイスシールド2,000個を提供|TOYOTA

トヨタ自動車九州は、フェイスシールド2,000個と取り換え用のシールドフィルム3万枚を社内で生産。6月末までに地元自治体や病院に提供すると発表した。
医療従事者の食事や一時休憩スペースを提供する支援活動に協賛|TOYOTA

医療従事者の食事や一時休憩スペースを提供する支援活動に協賛|TOYOTA

トヨタグループのトヨタファイナンシャルサービス株式会社(TFS)と株式会社KINTOは、新型コロナウイルスの治療にあたる医療従事者への食事や一時休息スペースを無償提供する支援活動に協賛すると発表した。
243 件