17年ぶりの新型トヨタ「スープラ」発表|Toyota

17年ぶりの新型トヨタ「スープラ」発表|Toyota

Toyota GR Supra|トヨタ GR スープラ新型トヨタ「GR スープラ」発表トヨタは2002年に生産終了して以来、17年ぶりにスープラを復活、発売を開始した。価格は490万円から。Text & Photographs by UCHIDA ShunichiGRとして初のグローバルモデル初代「スープラ(セリカXX)」が1978年に誕生して以降、どの世代でも直列6気筒エンジンを積んだFR車であったことは共通しており、新型でもこの2つを継承。加えて今回は、“ホイールベース”“トレッド”“重心高”の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現したとのこと。新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ“GR”初のグローバルモデルとして設定。TOYOTA GAZOO Racing は2007年にドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースに初めて参戦して以来、モータースポーツを通じて人とクルマを鍛える“も...
プリウスPHVにブラッシュアップを実施|Toyota

プリウスPHVにブラッシュアップを実施|Toyota

Toyota Prius PHV|トヨタ プリウス PHV定員を5人乗りにするなどのブラッシュアップを実施トヨタ自動車は、プラグインハイブリッドの「プリウスPHV」に、定員を5人に増員するなどの一部改良を実施した。Text by YANAKA Tomomi駆動用バッテリーの電気を住宅に供給する仕組みも装備トヨタ「プリウスPHV」がブラッシュアップされ、これまでの4人乗りから5人乗りへと変更された。また、車載バッテリーに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み「V2H」も備え、災害などの停電時でも蓄電池としての役割を担えるようになったという。具体的には、急速充電インレットに外部給電機能(V2H)をオプション設定し、別売りのV2H機器に接続することで、プリウスPHVの駆動用バッテリーに蓄えた電力を家庭用電力として使用することが可能だという。同時に、住宅の太陽光発電などで生じた余剰電力を車両の駆動用バッテリーに蓄電することもでき、電力需要の平準化にも効果が期待される。このほかにも、安全装備を充実...
トヨタ86にブリティッシュグリーンの限定モデル|Toyota

トヨタ86にブリティッシュグリーンの限定モデル|Toyota

Toyota 86 GT British Green Limitedトヨタ 86 GTブリティッシュ グリーン リミテッドブリティッシュグリーンの特別な86を期間限定で受注トヨタ自動車は2月12日(火)、「86」の特別仕様車「GT ブリティッシュ グリーン リミテッド」を発表。5月31日(金)までの期間限定で受注を開始した。Text by YANAKA Tomomiシックな上質感とスポーティさが両立86に期間限定でオーダーを受け付ける専用カラーを纏った特別仕様車が登場した。「GT」をベースに、ボディカラーに特別設定色となるブリティッシュグリーンを採用する。インテリアでも本革×アルカンターラのシートを設定し、前席にはシートヒーターも装備。ステアリングホイールやシフトブーツなどにもタンステッチをあしらい、インストルメントパネル オーナメントやメーターバイザーにもスエード調の人工皮革を取り入れるなど、シックな上質感とスポーティーさが両立するよう演出された。このほかにもブレンボ社製の高性能...
プリウスがマイナーチェンジしスタイルを一新|Toyota

プリウスがマイナーチェンジしスタイルを一新|Toyota

Toyota Prius |トヨタ プリウスプリウスがマイナーチェンジしスタイルを一新トヨタ自動車はハイブリッドカー「プリウス」のマイナーチェンジを実施。スタイルを一新した新型の販売を開始した。Text by HARA Akira最新のコネクティッドサービスも搭載トヨタのハイブリッド専用モデル「プリウス」に施された今回のマイナーチェンジでは、2015年の現行モデルデビュー以来賛否両論あった内外装のデザインを一新。プリウスの先進的なイメージを継承しつつ、親しみやすく、より知的で洗練されたものを目指したという。具体的には、エクステリアではフロントグリルと前後のバンパー、ライト類の意匠を変更し、踏ん張り感のあるシルエットとした。さらに樹脂加飾部をチタン調とした17インチアルミホイールとツインスポーク形状の15インチアルミホイール、新色の鮮やかなブルー メタリックとエモーショナル レッドIIを加えた全9色のボディカラーなどが特徴だ。またインテリアでは、インストルメントパネルやフロントコンソ...
デトロイトモーターショーで新型スープラがデビュー|Toyota

デトロイトモーターショーで新型スープラがデビュー|Toyota

Toyota Supra|トヨタ スープラ「Supra is Back」デトロイトモーターショーで新型スープラがデビュートヨタ自動車は米東部時間の1月14日、ミシガン州デトロイトで開催中の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、2ドアスポーツクーペの新型「スープラ」を世界初披露した。Text by HARA Akira直6、FRを継承5代目となる新型「スープラ」は、2002年に生産が終了した先代から17年ぶりの復活となる。1978年に誕生した初代スープラ以来、どの世代も直列6気筒エンジンを搭載したFRモデルであったことは共通しており、新型でもこの2つを継承。さらに「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3要素を最重要ファクターととらえ、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現したという。また、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」の初のグローバルモデルという位置づけになるとともに、クーペとオープンモデルというボディ形状...
フルモデルチェンジした新型クラウンに試乗|Toyota

フルモデルチェンジした新型クラウンに試乗|Toyota

Toyota Crown|トヨタ クラウンフルモデルチェンジしたトヨタの旗艦、クラウンに試乗トヨタのフラグシップセダン、クラウンがフルモデルチェンジし15代目に進化。千葉を舞台に、新型の実力を試した。Text and Photographs by HARA Akira起死回生の若返りを目指した新型6月26日から販売が開始された新型トヨタ「クラウン」。1955年の誕生以来、トヨタの、そして日本のフラッグシップセダンとして開発が続けられてきた日本専用の高級車だ。創業者である豊田喜一郎氏によって誕生した初代、3代目の「白いクラウン」、4代目「クジラクラウン」、7代目「いつかはクラウン」、12代目「ゼロクラウン」、14代目「ReBORN」など、世代ごとに大胆なアップデートが行われていて、今回は15代目となるフルモデルチェンジとなる。クラウンを取り巻く状況としては、ユーザーの高齢化(平均で60歳代後半)、メルセデス・ベンツ「Cクラス」「Eクラス」、BMW「3シリーズ」「5シリーズ」、アウディ...
北京モーターショー 2018リポート プロダクションカー編|Auto China 2018

北京モーターショー 2018リポート プロダクションカー編|Auto China 2018

Beijing International Automotive Exhibition 2018|北京モーターショー 2018プロダクションカー編境界が見えない今年の4月25日から10日間にわたり開催された北京モーターショー。会場となった北京を含め目まぐるしい変化を続ける中国の大都市だが、それはこのショーにも色濃く現れていた。驚異的なスピードでグローバル化が進み、コンセプトカーの出展数も近年では屈指。そんな中展示されたプロダクションカーもまた、市販されるとは思えないほど洗練されたものが並ぶ。それはまるで、ショーの勢いを反映するようだった。Photographs by Akio Lorenzo OYA & BMWText by Akio Lorenzo OYA都市もショーも変わり続ける今回は、2018年4月25日から5月4日まで開催された北京モーターショーのプロダクションカーと量産を前提にしたコンセプトカーをお届けする。冒頭から個人的述懐で恐縮だが、初めて中国を訪れたのは上海...
203 件