祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.38 中村獅童さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.38 中村獅童さん

Page. 1今回の編集大魔王対談には、2019年5月11日(土)から、東京・天王洲の寺田倉庫、歌舞伎町の新宿FACEで開催される「オフシアター歌舞伎」に出演する歌舞伎俳優の中村獅童さんが登場。演目に近松門左衛門の「女殺油地獄」を取り上げ、これまで歌舞伎が上演されることのなかった空間での公演に向けて意気込みを語っていただきました。Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by MAEDA AkiraText by ANDO Sara (OPENERS)倉庫とライブハウスという新しい劇空間での歌舞伎公演祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真)今回、脚本と演出を手掛けられた赤堀雅秋さんとの共作となる、近松門左衛門原作「女殺油地獄」ですが、一番の見どころはなんですか?中村獅童さん(以下、獅童)2006年に河内屋与兵衛の初役を演じた時、三越劇場という小さめの空間で上演したのですが、いつかまたこの演目を違った形でやりたいなと思ったんです。20代でニューヨークに...
戸田恵子|7泊8日のニューヨーク・ブロードウェイ三昧の旅

戸田恵子|7泊8日のニューヨーク・ブロードウェイ三昧の旅

戸田恵子|今年も行ってきました!7泊8日のニューヨーク・ブロードウェイ三昧の旅(1)今年もなんとか行くことができました、毎年恒例“ブロードウェイ三昧”の旅。毎度のことですが今回もスケジュールをどうにかやりくりして1週間のオフを“死守”(笑)。1日2公演は当たり前、充実の観劇スケジュールに胸を躍らせ、いざニューヨークへ!Text by TODA Keiko圧巻!! 鳥肌!!! イチ押しは『ピピン』毎年、年のはじめに年間スケジュールを見ながら「ここしかない!」と、じつはかなり前もってニューヨーク行きは決定しているのです。まぁ水面下ではありますが、強気でいかないと不可能なもので(笑)。今年はミュージカル『シルバースプーンに映る月』の千秋楽直後と、カジュアルライブの直前の間と、実際にかなり厳しい時期になりました。しかし「行った方がいい!」という社長のひと言で決行! 前回の旅のようすはこちら→いざニューヨークへ旅立つ日もアンパンマンとおもちゃの収録をしてから成田へ。帰国日は成田からバンドのキ...
稲葉友主演、鄭義信演出・舞台「エダニク」|THEATER

稲葉友主演、鄭義信演出・舞台「エダニク」|THEATER

THEATER|再演を重ねる名作「エダニク」「生」と「死」そして、「生体」と「物体」の対比が物語を紡ぐ鄭義信氏が演出を務める舞台『エダニク』が浅草九劇にて上演される。本作品は2009年に横山拓也氏が書き下ろし、第15回日本劇作家協会新人戯曲賞を受賞。再演を重ね多くの評判を呼び、横山戯曲史上最も評価の高い作品となっている。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)インパクトあるビジュアルも注目鄭義信氏が演出を務める舞台『エダニク』が浅草九劇にて上演される。本作品は2009年に横山拓也氏が書き下ろし、第15回日本劇作家協会新人戯曲賞を受賞。再演を重ね多くの評判を呼び、横山戯曲史上最も評価の高い作品となっている。ある日、屠室で厳重に管理されているはずの、牛の延髄が紛失。この事件をきっかけに、初対面である取引先新入社員と加工センターの職人二人は、屠畜という作業への言及や、企業間の駆け引き、立場の保守など、各々のアイデンティティに関わる問題をぶつけ合い議論を白熱させる。「生...
松田美由紀と聖児セミョーノフによるプロジェクト『S et M』が始動|LOUNGE

松田美由紀と聖児セミョーノフによるプロジェクト『S et M』が始動|LOUNGE

LOUNGE|松田美由紀と聖児セミョーノフによるプロジェクト『S et M』が始動実験的な新機軸のステージ「シネマティック・ライブ・ショー」女優・松田美由紀さんとシャンソニエ・聖児セミョーノフによるクリエイティブ・プロジェクト『S et M』。活動第一弾として、新機軸のステージ「シネマティック・ライブ・ショー」を開催する。公演は東京、兵庫の2ヵ所で行なわれる。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)新たな表現方法で大人の愛を探る映画やドラマ・舞台などで演技幅の広い個性派として活躍する女優の松田美由紀さんと、シャンソン界の寵児としてアーティストや文化人に数多くのファンをもつ、シャンソニエの聖児セミョーノフ氏の二人によるクリエイティブ・ユニット『S et M』(エス・エ・エム)が始動。活動の第一弾として、二人が構成をつとめ、映画監督や音楽家とのコラボレーションにより生まれた“シネマティック・ライブ・ショー”が開催される。音楽ライブでもない、演劇でもない、古くて新しい...
10月期の連続ドラマと11月の国際映画祭と・・・|戸田恵子

10月期の連続ドラマと11月の国際映画祭と・・・|戸田恵子

10月期の連続ドラマと11月の国際映画祭と・・・(1)2018年10月期の連ドラ「僕らは奇跡でできている」。ホームドラマではないけれど、私にとっては久々に家庭の匂いがありました。スタジオで食べる山田さんの料理の美味しいこと美味しいこと。11月、賑やかに第26回キネコ国際映画祭が催されました。期間中、駅から会場までは、様々な楽しいアトラクションもあり、皆さんの笑い声が溢れていました。Text by TODA Keikoピリ辛きゅうりと山田さん2018年10月期の連ドラ「僕らは奇跡でできている」遅ればせながら沢山の皆さまに観て頂いてありがとうございました。私の役は主人公・一輝の家の住み込み家政婦・山田さん。後に母だと分かるのですが。料理上手で中でも一輝の大好物「ピリ辛きゅうり」はネットにレシピが載るほどでした。私ももちろん作りました!ホームドラマではないけれど、私にとっては久々に家庭の匂いがありました。スタジオで食べる山田さんの料理の美味しいこと美味しいこと。いつも高橋一生さんと居残り...
日本初の360°回転劇場が魅せるシェイクスピア『メタルマクベス』disc3

日本初の360°回転劇場が魅せるシェイクスピア『メタルマクベス』disc3

LOUNGE|劇団☆新感線「メタルマクベス disc3」劇団☆新感線によるシェイクスピア「メタルマクベスdisc3」2006年に劇団☆新感線で初となるシェイクスピア「メタルマクベス」が公演されてから12年。ことし、この劇にアレンジを加えた舞台の最終シリーズ“disc3”が12月31日まで、豊洲のIHIステージアラウンド東京にて公演されている。Text by OPENERS特殊な舞台で展開される物語1980年の旗揚げ以降、独自のエンターテイメント性をもって広く支持される劇団☆新感線。彼らが2006年に宮藤官九郎と初タッグを組んで上演した初のシェイクスピア劇「メタルマクベス」を、アジア初となる360度全部が舞台の「IHIステージアラウンド東京」向けにキャストやストーリーのアレンジを加えた、新しい「メタルマクベス」が今年一杯公演されている。7月のdisc1、9月のdisc2に続いて、このdisc3がシリーズ最終公演だ。ストーリーは、マクベスの話を、戦争で荒廃した西暦2218年に置き換えて...
EdinburghからLondonへ。|戸田恵子

EdinburghからLondonへ。|戸田恵子

EdinburghからLondonへ。8月。ドラマ撮影期間中、出番無しの日を利用して、得意の弾丸ツアーを決行しました!もう仕方ないですよね。この時期、長期の休みは取れそうもないですので。Text by TODA Keiko英国観劇記先ずは弟・植木豪率いるダンスパフォーマンスチーム「Break Free」が、Edinburghで1ヶ月参戦しているのを陣中見舞いに。ただでさえ異国の地で日本人がステージに上がるのだけで、いつも感動的なのに。まして身内ともなると感慨ひとしおです。爆音と共に彼らが登場!いつもと変わらず目一杯やってる彼等を見て、私はずーっと泣いてました。あっ、心の中でです。笑実際の私は声をかけたり、笑ったりかなりハイテンションでした。ショーが終わって皆んなにご飯をご馳走しました!肉、肉、肉。みんなモリモリ食べました。残念ながら、写真なし。興奮しすぎていたのかしらね。笑笑笑生まれて初めてのEdinburghは本当に素敵なところでした。GOがダンスしてなければ絶対に行かなかった場...
阿佐ヶ谷スパイダース公演『MAKOTO』|THEATER

阿佐ヶ谷スパイダース公演『MAKOTO』|THEATER

THEATER|新生阿佐ヶ谷スパイダース第1弾 2年間企画を温めてきた新作公演劇団・阿佐ヶ谷スパイダースの新作『MAKOTO』が公演される。阿佐ヶ谷スパイダースが“劇団”として再始動してから初の舞台となる。長塚圭史氏が2年間企画を温めてきた物語だ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)失意の漫画家を取り巻く市井の人々と家族の物語1996年に、毎回キャストを集めて新作を発表する“演劇プロデュース・ユニット”として旗揚げされた 阿佐ヶ谷スパイダース。2017年5月には、演劇というものの自由、そしてより幅広い活躍を目指し、“劇団”として活動を開始した。阿佐ヶ谷スパイダースとして26作品目となる新作『MAKOTO』は、作・演出・出演を担当する長塚圭史氏が2年間企画を温めつづけてきたのだという。医療事故で妻を失った自称漫画家。失意の漫画家は妻との思い出を燃やしてゆく。すると思い出は消えるが、代わりに強大な力が漲り怪事件を起こしてゆく。漫画家の言う通り、その悲しみは日本...
歌の力を痛感!舞台『Sing a Song』|戸田恵子

歌の力を痛感!舞台『Sing a Song』|戸田恵子

歌の力を痛感!舞台『Sing a Song』仙台のアンパンマンミュージアへの訪問から帰り、すぐ舞台「Sing a Song」の稽古・・・。歌手という役を通じて、「歌」というものには、ものすごいパワーがあるということを改めて痛感!Text by TODA Keiko苦しい時でも歌は「癒しの存在」になる2018年、今年も1月2日、3日と仙台アンパンマンミュージアムに行くことができました。悲しみを乗り越えようとする時、子供たちの「アンパンマン!!」という元気な声には確実に背中を押されます。何があっても頑張らなくてはいけない。今年も強く思いました。また、30周年を迎える本年は気持ちも一層引き締まりますね。仙台から帰って即、舞台「Sing a Song」の稽古が始まりました。私の役は歌手・淡谷のり子さんをモチーフにした「三上あい子」という役。人気歌手・三上あい子は戦時中、慰問をさせられるのだが、ギャラは要らない!モンペ姿にはならない!ドレスも化粧も今まで通り!そして自分の好きな歌を歌う!決し...
カムカムミニキーナ公演『蝶つがい』|THEATER

カムカムミニキーナ公演『蝶つがい』|THEATER

THEATER|蝶のように、マイベイビーカムカムミニキーナ第66回公演カムカムミニキーナ66回目の作品となる『蝶つがい』が東京・大阪で開催される。北陸の伝承からインスピレーションを受けたユニークな作品だ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)北陸に伝わる伝承を土台にした新作1990年の旗揚げ以降、松村武氏を中心に個性的な演劇を世に送り出し、高い評価を得ている劇団カムカムミニキーナ。66回目の作品となる『蝶つがい』は、北陸に伝わる伝承をユニークに描く。気候は何者かに操られていた。真冬の北の大地に吹く海風は突き刺すように冷たくて、多くの者達は貝のように口を閉ざした。「私は貝になりたい」。貝になった人々は次々と死に、その死体の山が幾重にも層をなして貝塚となったものが、後の世に発見されて社会の教科書にまで載ったことで、彼女は学ぶことができた。彼女は人々をだまさねば救えないと考えた。大きな蛤をいくつも煮詰めて、その吐息を集めたガスで、皆に束の間の幻を見せた。やがて貝殻は...
一見さん大歓迎! 新橋の芸者、料亭文化をモダンに遊ぶ「東をどり」開催|ART

一見さん大歓迎! 新橋の芸者、料亭文化をモダンに遊ぶ「東をどり」開催|ART

ART|料理・旨酒・芸を楽しむ4日間一年に一度、4日間限定で開催。新橋花柳界の芸と食を楽しむ「東をどり」大舞台では芸者衆の粋と艶を、幕間は料亭などによる食の競演を楽しみ、銘酒も取り揃う「東をどり」が、2018年5月24日(木)~27日(日)の4日間、新橋演舞場にて行なわれる。また「東をどり」に先駆けたイベントも銀座の街で開催される。Text by OZAKI Sayaka日本文化の"粋"を遊ぶ「東をどり」1925年、新橋演舞場の開場を記念して行なわれたこけら落とし公演が「東をどり」のはじまり。現在の「東をどり」は新橋演舞場を会場として、本来は料亭の座敷だけで行なわれる新橋芸者衆の踊りを大舞台で披露、また通常はそれぞれに営業する料亭・お茶屋が、開催期間中にだけ競い合い、様々な料理を楽しめる催しである。舞台の構成は休憩を挟む二幕で、演目は古典をテーマに選ばれた。第一部は、「これが新橋長唄尽くし」、第二部は「これぞ新橋清元尽し」と題し、古典芸能に馴染みのない人にも楽しめるよう工夫が凝らさ...
ART
豪華キャストが贈る青春群像劇「流山ブルーバード」|THEATER

豪華キャストが贈る青春群像劇「流山ブルーバード」|THEATER

THERTER|社会からこぼれおちそうな若者と周りの人々が送る 赤堀雅秋氏の書き下ろし最新作ユニークな世界観で人間の本質を描き出す赤堀雅秋氏の書き下ろし最新作『流山ブルーバード』。出演は、賀来賢人ら実力派若手俳優が集結。個性豊かな大人たちが脇を固め、一筋縄ではいかないキャスト陣が、無骨で繊細な、赤堀ワールドに挑む。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)笑えない喜劇。笑うしかない喜劇。映画『葛城事件』や、舞台『世界』などで人間の根底にある無様さや滑稽さをあぶり出し、残酷さや狂気までも丁寧に描き独特の世界観を構築する赤堀雅秋氏。本作『流山ブルーバード』は、氏の書き下ろし最新作だ。千葉県流山市を舞台に、いまにも社会からこぼれ落ちそうな4人の若者と、彼らを取り巻く冴えない大人たちによる青春群像劇だ。東京にもほど近い地方都市。この町の半径3キロ圏内でくすぶっている4人の若者。東京へ出ていく気力もなく、町を抜け出そうにも抜け出せない、「ダメな」4人と、彼らを取り巻くろくで...
戸田恵子×植木 豪|60th Anniversary LIVEを終えて

戸田恵子×植木 豪|60th Anniversary LIVEを終えて

60th Anniversary LIVEを終えて沢山の方の支えをいただき、人生60年目の節目となる記念ライブを無事成功に終わらせることができました。そこで今回は構成・演出・振り付けをしてくれた植木豪氏と一緒に、むちゃくちゃ楽しかったライブの振り返り&反省会です。Text by TODA Keikoアーティスト・戸田恵子を発信するべく戸田恵子(以下、戸田)・植木豪(以下、植木) いや~終わっちゃいましたねぇ~!! お疲れ様でした~!!戸田 まずは今回のライブ、構成・演出・振り付けをしてくれた豪には心から感謝しています。植木 とんでもない。僕もとても光栄でした。戸田 これまでもアニバーサリーライブに関しては私のことをよく知る仲の良い人に演出をお願いしてきたのだけど、はてさて60歳の記念すべき還暦ライブを誰にお願いしようと考えたところ、めちゃくちゃ近くにその人は居ました(笑)。植木 そうですね(笑)。特にこの10年は色んな事を積み上げてきて、姉さんの公私ともに色々分かってますからね。戸...
短いオフでN.Y.へ|戸田恵子

短いオフでN.Y.へ|戸田恵子

短いオフでN.Y.へ京都でのドラマ撮影を終えて、束の間の社員旅行に出掛けました。3泊の文字通りの弾丸ですが、今回はNEW YORKへ。Text by TODA Keiko充実のフル回転昨年、私は7月にN.Yに行っているのでほぼ一年振りですね。今はベット・ミドラーがブロードウェイに出演しているので、どうしても観たかったのです。なので社員旅行先も強引にN.Yとなりました。(笑)3泊だから、中日の水曜を入れて、観劇は4本。 ●アナスタシア ●ウォー・ペイント ●ハロー・ドーリー ●カム・フロム・アウェイどれも素晴らしかったです。中でも「ウォー・ペイント」のパティ・ルポン68才。「ハロー・ドーリー」のベット・ミドラー71才。圧巻でした! すごいパワーで頭が下がります。拍手は鳴り止みません。これだからN.Y通いが止められないのです。(笑)ショートステイではありましたが、私は観劇中心! 皆はそれぞれにN.Yをアクティブに歩き回ったようです。N.Yの友人にも寸暇を惜しんで会えましたし、充実のフル...
ブロードウェイ・ミュージカル「ホリデイ・イン」を映画館で上映|THEATER

ブロードウェイ・ミュージカル「ホリデイ・イン」を映画館で上映|THEATER

THEATER|天才音楽家アーヴィング・バーリン新作ミュージカル傑作ミュージカルをいち早く映画館で堪能ブロードウェイミュージカル「ホリデイ・イン」が映画館で上映されることが決定した。アーヴィング・バーリンの曲と詩、新たな脚本で構成される傑作ミュージカルだ。公開日は2017年11月10日(金)。5日間のみの特別公開となる。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)日本映画史上初の試み(c)BroadwayHD/Joan Marcus Photography/松竹この度、日本映画史上初、ニューヨークのブロードウェイ・ミュージカル「ホリデイ・イン」が松竹系映画館にて公開される。本作は、ビング・クロスビーとフレッド・アステアが主演する1942年のミュージカル映画「ホリデイ・イン」(邦題 スイング・ホテル)を舞台化したもの。ユニバーサルステージプロダクションズとロジャース&ハンマーシュタイン共同でラウンドアバウトシアターカンパニーによって制作された。この華麗な舞台を...
79 件