ユナイテッドアローズ新店舗が「渋谷スクランブルスクエア」にオープン|UNITED ARROWS

ユナイテッドアローズ新店舗が「渋谷スクランブルスクエア」にオープン|UNITED ARROWS

ユナイテッドアローズの新店舗「ユナイテッド アローズ 渋谷スクランブルスクエア店」がオープンする。さまざまなレーベルが揃い、まるで渋谷の街で買いまわるようなショッピング体験を提供する。オープン日は2019年11月1日(金)
マイリノ by グローバルベイスと、ユナイテッドアローズが提案するマンションリノベーションプラン|DESIGN

マイリノ by グローバルベイスと、ユナイテッドアローズが提案するマンションリノベーションプラン|DESIGN

UNITED ARROWS |ユナイテッドアローズ 余計な意匠を削ぎ落したミニマルで上質なデザインマイリノ by グローバルベイスとユナイテッドアローズのマンションリノベーションプラン『RE : Apartment UNITED ARROWS LTD. MASTER PLAN B』の提供が開始された。ミニマルで上質な空間は、住む人のことを考えぬいた結果から生まれたもの。心地良い空間を作り上げるためのこだわりが散りばめられている。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)南青山にて第2弾モデルルーム公開オーダーメイドリノベーション事業を手掛けるマイリノ by グローバルベイスと、ユナイテッドアローズが協業で行なうマンションオーダーメイドリノベーションプラン『RE : Apartment UNITED ARROWS LTD. MASTER PLAN B(リ アパートメント ユナイテッドアローズ マスター プラン ビー)』。マイリノ by グローバルベイスが都心の好立地...
「フルラ」新作メンズコレクションをユナイテッドアローズ銀座店で期間限定販売|UNITED ARROWS

「フルラ」新作メンズコレクションをユナイテッドアローズ銀座店で期間限定販売|UNITED ARROWS

UNITED ARROWS|ユナイテッドアローズFURLA|フルラ実用性とルックスを兼ね備えた春夏新作コレクション「フルラ」の新作メンズ春夏コレクションをユナイテッドアローズ銀座店で期間限定販売。スペシャルモデルのバッグや様々なレザーアイテムを幅広く取り揃える。期間は2017年3月15日(水)~4月9日(日)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)幅広いレザーアイテムを取り揃える2017年で90周年を迎えるイタリアのレザーブランド「FURLA」(フルラ)。ユナイテッドアローズ銀座店ではメンズ春夏新作コレクションのローンチに際し、期間限定の販売会を開催する。今回はスペシャルモデルとして、ビジネスシーンでも機能性と高いデザイン性を併せ持つ「ARGO」(アルゴ)の新色を用意する。このブリーフケースはノートパソコンやA4サイズの書類を収納可能。手にフィットしやすい丸ハンドルやスーツケースのハンドルに固定できるベルト、調節可能なショルダーストラップが付属する。カラー...
特集|小木"Poggy" 基史「セレクトショップの未来はどこへ向かう」

特集|小木"Poggy" 基史「セレクトショップの未来はどこへ向かう」

UNITED ARROWS & SONS|ユナイテッドアローズ&サンズバイヤー 小木"Poggy" 基史セレクトショップの未来はどこへ向かうUNITED ARROWS & SONS(ユナイテッドアローズ&サンズ)の指揮を執る小木"Poggy(ポギー)"基史氏。いまでこそ業界では知らない人がいないほどの名物バイヤーだが、彼がどのようにして東京のファッションシーンを牽引する一人となったのか、そのルーツを探った。Photograph by OPENERSText by OPENERS前編「バイヤーへの道は1日にしてならず」今年で40歳になる名物バイヤー、小木”Poggy(ポギー)”基史氏の原点を伺う。後編「ファッションは果たしてカルチャーになり得るのか」小木氏の仕掛けてきたこと、今後の展望に関して探る。
小木"Poggy" 基史「セレクトショップの未来はどこへ向かう」|UNITED ARROWS & SONS

小木"Poggy" 基史「セレクトショップの未来はどこへ向かう」|UNITED ARROWS & SONS

UNITED ARROWS & SONS|ユナイテッドアローズ&サンズバイヤー 小木"Poggy" 基史セレクトショップの未来はどこへ向かう(前編)UNITED ARROWS & SONS(ユナイテッドアローズ&サンズ)の指揮を執る小木"Poggy(ポギー)"基史氏。いまでこそ業界では知らない人がいないほどの名物バイヤーだが、彼がどのようにして東京のファッションシーンを牽引する一人となったのか、そのルーツを探った。Photograph by OPENERSText by OPENERSバイヤーへの道は1日にしてならず小木さんは1976年生まれというから、今年40歳になる。いまでこそ業界では知らない人がいないほどの名物バイヤーであり、いまの東京のファッションシーンを牽引する一人と言えるが、ここまでの道のりはなかなかにドラマティックだ。「札幌の出身で高校生くらいからファッションに目覚めて、藤原ヒロシさんとかNIGO®さんとかに 憧れていまいしたね。服飾の...
ユナイテッドアローズから吉田カバン製コレクションがデビュー|UNITED ARROWS

ユナイテッドアローズから吉田カバン製コレクションがデビュー|UNITED ARROWS

UNITED ARROWS|ユナイテッドアローズ吉田カバン製オリジナルバッグコレクションデビューユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)から吉田カバン製の渾身のオリジナルバッグが誕生した。ビジネス、カジュアルシーンにもお使いいただける代表的なブリーフ、トート、ショルダーの3型が発表され、ユナイテッドアローズ全店で5月27日(金)より発売する。Text by OPENERS渾身のオリジナルバッグが誕生ユナイテッドアローズから吉田カバン製の渾身のオリジナルバッグが誕生した。このコレクションは、ビジネスシーンに最適な品格と男らしさ、さまざまな用途に対応出来る機能性を持ち合わせ、持つ人の色気を引き立たせるバッグを作りたいという想いで実現した。今回は、ビジネス、カジュアルシーンにもお使いいただける代表的なブリーフ、トート、ショルダーの3型が発表された。素材は、目の細かいシュリンク型のシボを型押ししたレザーを使用。職人が手作業で丹念に研磨し、コバ処理したディテールなど細部にいたるまで...
5525gallery×PORTERボストンバッグ発売|UNITED ARROWS & SONS

5525gallery×PORTERボストンバッグ発売|UNITED ARROWS & SONS

UNITED ARROWS & SONS|ユナイテッドアローズ&サンズ5525gallery×PORTERボストンバッグ発売UNITED ARROWS & SONSから、数々の名作を生み出してきた「5525gallery」と「PORTER」のコラボレーションによる新作バッグが登場。ボロや刺し子の古布、20オンス以上もある極厚デニムといった希少な生地をもちいたボストンバッグ3型がラインナップした。Text by KUROMIYA Yuzu生地から縫製まで、すべてに日本の匠の技を凝縮今回は5525galallyのコンセプトでもある”日本のものづくりを世界と”を具現化。非常に希少な生地を贅たくに使い、PORTERだからこそ仕上げられるハイクオリティバッグを製作した。「SASHIKO」は、刺し子の入ったヴィンテージ生地を使用。ひとつひとつ表情が異なるのが特徴で、カラーはブラウンとネイビーを用意。古く貴重な”ボロ”生地を使用した「BORO」も、それぞれ風合いが異なるの...
小木基史が解説するメンズファッションの潮流(3)|UNITED ARROWS & SONS

小木基史が解説するメンズファッションの潮流(3)|UNITED ARROWS & SONS

UNITED ARROWS & SONS|ユナイテッドアローズ&サンズ「どこにも負けない店をつくりたい」という思いが強くなってきた小木基史が解説するメンズファッションの潮流(3)小木“Poggy(ポギー)”基史氏が指揮を執る「UNITED ARROWS & SONS(ユナイテッドアローズ&サンズ)」。この秋冬からは取り扱いブランドを絞って、「より濃い」セレクトに移行すると同時に、「POGGYTHEMAN」のようなオリジナルを強化。日本の手仕事や技術を生かしたアイテムも増やしている。 Photographs by SUZUKI Shimpei Text by KAJII Makoto (OPENERS)ユナイテッドアローズの原点と、自身の個性と――ユナイテッドアローズ&サンズのディレクションはいかがですか。そうですね。ユナイテッドアローズ&サンズは“ラグジュアリー・ストリート”の流れを確立すべく、この秋冬シーズンから取り扱いブランドを絞...
小木基史が解説するメンズファッションの潮流(2)|UNITED ARROWS & SONS

小木基史が解説するメンズファッションの潮流(2)|UNITED ARROWS & SONS

UNITED ARROWS & SONS|ユナイテッドアローズ&サンズ「スーツはカジュアルの延長線上にあるもの」だとわかってきてからドレスが面白い小木基史が解説するメンズファッションの潮流(2)小木“Poggy(ポギー)”基史氏がディレクターを務め、自身の愛称を冠して今季ローンチしたオリジナルレーベル、「POGGYTHEMAN」のジャケットを着て登場した小木氏。「ユナイテッドアローズ&サンズ」について、「自分たちの強みであるスタイリング提案を強化していきたい」と心強い言葉を発した。 Photographs by SUZUKI Shimpei Text by KAJII Makoto (OPENERS)思春期のカルチャーを背負って立つデザイナーたちいまの時代のストリートから発生する“カルチャー”と、ユナイテッドアローズのDNAのひとつである“クオリティ”を掛け合わせ、あたらしいメンズファッションを提案するユナイテッドアローズ&サンズ。その先頭に立つ小木...
小木基史が解説するメンズファッションの潮流(1)|UNITED ARROWS & SONS

小木基史が解説するメンズファッションの潮流(1)|UNITED ARROWS & SONS

UNITED ARROWS & SONS|ユナイテッドアローズ&サンズインスタグラムを通して世界に発信される“小木スタイル”小木基史が解説するメンズファッションの潮流(1)「UNITED ARROWS & SONS(ユナイテッドアローズ&サンズ)」のディレクターを務める小木“Poggy(ポギー)”基史氏が、米『バニティ・フェア』誌の「世界のベストドレッサーリスト(The International Best-Dressed List)」の候補者に、日本人で唯一選ばれた。インスタグラムで5万人近いフォロワーを有する小木氏に、3回にわたってお話をうかがった。 Photographs by SUZUKI Shimpei Text by KAJII Makoto (OPENERS)どうして僕が選ばれたのかな今年初頭、style.com(スタイルドットコム)で「メンズファッション業界で影響力のある25人」に選出され、世界中のコンテンポラリーファッションからスト...
263 件