FERRARI

“カヴァリーノ・ランパンテ”、日本では“跳ね馬”と称されるエンブレムに胸躍らせるファンは少なくない。サーキットではその激しい走りに観衆は熱狂し、ストリートでは端麗なシルエットと甲高いサウンドで人々を魅了するクルマ、それがFERRARI(フェラーリ)だ。F1、市販車のいずれにおいても、スピードを極めるこのブランドは、創業者であるエンツォ・フェラーリの情熱がいまなお強く息づいている。 1898年にイタリアのモデナで生まれたエンツォは、10歳のときボローニャで見たレースに感激し、いつしか自分もレーシングドライバーになろうと思うようになる。一途な思いは着々と実現へ向かい、1920年、エンツォはついにアルファ・ロメオのテストドライバーとなった。そして、同じ年のタルガ・フローリオではアルファのドライバーとして参戦、見事2位の記録を残している。 しかし、やがてエンツォの興味はレーシング・チームを運営することへと移り、1929年にスクーデリア・フェラーリを立ち上げて、アルファのレース活動を引き受けることに。その手腕を発揮するにもかかわらず、1939年にはアルファとの関係は解消され、第二次大戦後の1947年、自前のV12エンジンを積む「フェラーリ125」を引っさげてレース活動を再開。ここからスポーツカーブランドとしてのフェラーリが歩みはじめた。 その後、フェラーリはフィアット傘下に入り、現在はフィアットグループの会長を兼任する社長のルカ・モンテゼーモロのもとで、ブランドの魅力を高め続けている。ラインアップは、V12エンジンを積む「599」と「612スカリエッティ」、V8のミドシップスポーツ「F430」「F430スパイダー」、そして、スポーティさを極めた「430スクーデリア」の5モデルである。

フェラーリ初のハイブリッド「SF90ストラダーレ」登場|Ferrari

フェラーリ初のハイブリッド「SF90ストラダーレ」登場|Ferrari

Ferrari SF90 Stradale|フェラーリSF90ストラダーレ1,000馬力を発生するフェラーリ初のPHEV「SF90ストラダーレ」フェラーリは5月30日、1,000psを発生する同社初の市販PHEVスーパーカー「SF90ストラダーレ」を発表した。Text by HARA Akira最高速度340km/h、0-100km/h加速2.5秒の3モーター式PHEVスクーデリア フェラーリ創立90周年を意味する「SF90」を車名とした今回の新型モデルが搭載するパワートレインは、フェラーリ8気筒シリーズ最強となる最高出力780ps/7,500rpm、最大トルク800Nm/6,000rpmを発生する3,990ccの90度V8ターボエンジンと、合計220psを発生する3基のエレクトリックモーターの組み合わせ。そのうち2基はフロントアクスルに搭載されて左右の前輪を駆動し、残る1基はエンジンと新型8段デュアルクラッチトランスミッションの間に搭載されて後輪を駆動するという4WDシステムとな...
フェラーリが最新のワンオフモデル「P80/C」を初公開|Ferrari

フェラーリが最新のワンオフモデル「P80/C」を初公開|Ferrari

Ferrari P80/C|フェラーリP80/Cフェラーリが最新のワンオフモデル「P80/C」を初公開フェラーリは、たった一人のクライアントの要求に応えた究極のワンオフモデル「P80/C」を発表した。そのクライアントはフェラーリの世界に造詣が深く、長年にわたって情熱的なPrancing Horse(跳ね馬)エンスージアストであり、自身も知識と見識を持つフェラーリ コレクターだという。ベースモデルは同社の「488GT3」である。Text by HARA Akira「330P3/P4」や「Dino206S」をモチーフとしたサーキット専用モデル「P80/C」の制作を担当したのは、フラビオ・マンゾーニ氏率いるフェラーリデザインセンターと、エンジニアリングおよびエアロダイナミクスチーム。クライアントからの指示は、レジェンドモデルである「330P3/P4」や1966年の「Dino206」からインスピレーションを得た現代版スポーツプロトタイプというもの。これを受けたスタイリングセンターでは、20...
フェラーリV8へのオマージュ「F8トリブート」デビュー|Ferrari

フェラーリV8へのオマージュ「F8トリブート」デビュー|Ferrari

Ferrari F8 Tributo|フェラーリF8トリブートフェラーリV8へのオマージュ「F8トリブート」デビューフェラーリは3月5日に開幕したジュネーブモーターショーにて、「488GTB」の後継モデルとなる新型V8エンジン搭載2シーター、ベルリネッタ「F8トリブート」をワールドプレミアした。Text by HARA Akira史上最強720psのV8を搭載Prancing Horse(跳ね馬)の究極の2シーターベルリネッタとして創造されたというフェラーリの最新モデル。「F8トリブート」というネーミングは、ミッドシップ2シーターに最適なパワーユニットとして重量バランスとパワーを40年以上かけて追求してきたフェラーリV8モデルへの、オマージュを込めて命名されたものだという。新型が搭載する総排気量3,902ccの90度V型8気筒ターボは、最高出力720ps/8,000rpm、最大トルク770Nm/3,250rpmを発生。先代の488から50psパワーアップされ、スペシャルシリーズ以外...
モンツァSP1とSP2をパリサロンで世界初公開|Ferrari

モンツァSP1とSP2をパリサロンで世界初公開|Ferrari

Ferrari Monza SP1|フェラーリ モンツァ SP1Ferrari Monza SP2|フェラーリ モンツァ SP2モンツァSP1とSP2をパリサロンで世界初公開フェラーリは、現地時間の10月2日(火)に開幕したパリサロンで、限定スペシャルシリーズの「モンツァSP1」と「モンツァSP2」を世界初公開した。Text by YANAKA Tomomiオープンエアでも快適性を保つ「バーチャル ウィンドスクリーン」を採用先日、OPENERSでもお伝えしたフェラーリの最新スポーツカーで1シーターの「モンツァSP1」と2シーターの「モンツァSP2」の誕生。開幕したパリサロンで実際のモデルがお披露目され、より詳細な情報が発表された。モンツァSP1とSP2は、「イーコナ(Icona)」と呼ばれるフェラーリの新しいコンセプトの記念すべき最初のモデル。1948年に誕生し、ル・マン24時間レースでも勝利しイタリア語で小型のスピードボードを意味する“バルケッタ”の愛称で親しまれた「166MM」...
フェラーリ限定モデル「モンツァSP1」と「モンツァSP2」を世界初披露|Ferrari

フェラーリ限定モデル「モンツァSP1」と「モンツァSP2」を世界初披露|Ferrari

Ferrari Monza SP1|フェラーリ モンツァ SP1Ferrari Monza SP2|フェラーリ モンツァ SP2限定スペシャルシリーズフェラーリ「モンツァ SP1」と「モンツァ SP2」を世界初披露フェラーリはイタリア時間の9月18日(火)、新型の限定スペシャルシリーズ「モンツァ SP1」と「モンツァ SP2」を発表。1950年代のフェラーリをイメージさせる「Icona」とネーミングされた新セグメント初のモデルとなり、クラシカルなスタイリングと最先端のスポーツカーの技術が盛り込まれているのが特徴だ。Text by YANAKA Tomomiクラシカルなスタイリングと最先端のスポーツカーの技術を融合モンツァSP1とSP2は、「750モンツァ」や「860モンツァ」などのネーミングと、1948年から約30台のみ生産された「166MM」を想起させるような要素が盛り込まれているという。デザインを手掛けたのはフェラーリのデザインセンターで、モンツァSP1はシングルシート ロード...
フェラーリが新型オープンモデル「488ピスタ スパイダー」を公開|Ferrari

フェラーリが新型オープンモデル「488ピスタ スパイダー」を公開|Ferrari

Ferrari 488 Pista Spider|フェラーリ488ピスタ スパイダー新型オープンモデル「488ピスタ スパイダー」を世界初公開フェラーリは8月26日、米国カリフォルニア州ペブルビーチで開催中のコンクール デレガンスで、最新のスペシャルシリーズとなる「488ピスタ スパイダー」をワールドプレミアした。Text by HARA Akira720ps、最高速度340km/hのオープンモデルカリフォルニアで初公開された「488ピスタ スパイダー」は、同社のドロップトップ(オープントップ)モデルとしては50番目となるもので、1950年から現在に至るまで、米国にコンバーチモデルファンの多いことからお披露目の場所として選ばれた。ミッドシップに搭載する3.9リッター90度V型8気筒ツインターボエンジンは、最高出力720ps(530kW)/8,000rpm、最大トルク770Nm/3,000rpm(7段ギア時)を発生。ベースとなる「488スパイダー」に比べて出力で50ps、トルクで10...
ジュネーブショー2018リポート 市販モデルに見る各ブランドの"今"

ジュネーブショー2018リポート 市販モデルに見る各ブランドの"今"

Geneva Motor Show 2018|ジュネーブ モーターショー 2018ジュネーブショー2018リポート1市販モデルに見る各ブランドの"今"3月6日にスタートし、18日に幕を閉じたジュネーブモーターショー2018。歴史あるモーターショーであるとともに、地元に大きなメーカーを持たない地の開催ということも相まって、例年非常に国際色豊かな展示で盛り上がりをみせる。現地を訪れた小川フミオ氏によるリポート。前編では、各ブランドの“今”を知ることのできる市販モデルにフォーカスをあてる。Text & Photographs by OGAWA Fumio新型がひしめく濃密なショー2018年で88回を数える歴史あるジュネーブの自動車ショーが3月に開催された。注目すべき点はニューモデルの多さだった。ジュネーブの自動車ショーの会場は空港の隣り。この立地は長く変わっていない。会場もそれほど大きくないのだが、2018年はとりわけ内容が濃い。ニューモデルをみると、大きく分けてSUV、スポーツ...
275 件