FERRARI

“カヴァリーノ・ランパンテ”、日本では“跳ね馬”と称されるエンブレムに胸躍らせるファンは少なくない。サーキットではその激しい走りに観衆は熱狂し、ストリートでは端麗なシルエットと甲高いサウンドで人々を魅了するクルマ、それがFERRARI(フェラーリ)だ。F1、市販車のいずれにおいても、スピードを極めるこのブランドは、創業者であるエンツォ・フェラーリの情熱がいまなお強く息づいている。 1898年にイタリアのモデナで生まれたエンツォは、10歳のときボローニャで見たレースに感激し、いつしか自分もレーシングドライバーになろうと思うようになる。一途な思いは着々と実現へ向かい、1920年、エンツォはついにアルファ・ロメオのテストドライバーとなった。そして、同じ年のタルガ・フローリオではアルファのドライバーとして参戦、見事2位の記録を残している。 しかし、やがてエンツォの興味はレーシング・チームを運営することへと移り、1929年にスクーデリア・フェラーリを立ち上げて、アルファのレース活動を引き受けることに。その手腕を発揮するにもかかわらず、1939年にはアルファとの関係は解消され、第二次大戦後の1947年、自前のV12エンジンを積む「フェラーリ125」を引っさげてレース活動を再開。ここからスポーツカーブランドとしてのフェラーリが歩みはじめた。 その後、フェラーリはフィアット傘下に入り、現在はフィアットグループの会長を兼任する社長のルカ・モンテゼーモロのもとで、ブランドの魅力を高め続けている。ラインアップは、V12エンジンを積む「599」と「612スカリエッティ」、V8のミドシップスポーツ「F430」「F430スパイダー」、そして、スポーティさを極めた「430スクーデリア」の5モデルである。

フェラーリ、従業員の家族やサプライヤーの抗体検査を実施|Ferrari

フェラーリ、従業員の家族やサプライヤーの抗体検査を実施|Ferrari

フェラーリは、新型コロナウイルスで停止していた生産を再開するにあたり、スタッフの健康を守るための「バック・オン・トラック」プログラムの第2段階を6月9日から導入。従業員の家族や社内で活動するサプライヤーの抗体検査などを行うことを発表した。
フェラーリ SF90ストラダーレとF1ドライバー、シャルル・ルクレールが主人公の短編映画|Ferrari

フェラーリ SF90ストラダーレとF1ドライバー、シャルル・ルクレールが主人公の短編映画|Ferrari

フェラーリ「SF90ストラダーレ」とフェラーリのF1ドライバー、シャルル・ルクレールを主人公にした、巨匠クロード・ルルーシュ監督による短編映画「Le Grand Rendez-vous」の撮影がモナコグランプリ開催予定日だった5月24日(日)早朝に行われた。
マラネロとモデナのフェラーリ・ミュージアムが再開|Ferrari

マラネロとモデナのフェラーリ・ミュージアムが再開|Ferrari

マラネロのフェラーリ・ミュージアムとモデナのムゼオ・エンツォ・フェラーリは5月18日、一般公開を再開したと発表した。
フェラーリが5月4日から生産再開、従業員向け安全教育「インスタレーション・ラップ」を実施|Ferrari

フェラーリが5月4日から生産再開、従業員向け安全教育「インスタレーション・ラップ」を実施|Ferrari

伊フェラーリは4月30日、生産再開に関わる従業員を対象とした安全教育を実施した上、マラネロとモデナの工場で5月4日から生産を再開、5月8日からはフル生産に戻ると発表した。
フェラーリの歴史を紹介する新ポッドキャストシリーズの配信がスタート|Ferrari

フェラーリの歴史を紹介する新ポッドキャストシリーズの配信がスタート|Ferrari

フェラーリは、世界的にロックダウンやソーシャルディスタンスの措置がとられている状況下で、同社のミュージアムから世界のファンと愛好家に向けてポッドキャストの配信を開始したと発表した。
新型コロナウイルスの影響を受け、地域社会を支援するためフェラーリ幹部が報酬を寄付|Ferrari

新型コロナウイルスの影響を受け、地域社会を支援するためフェラーリ幹部が報酬を寄付|Ferrari

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行による医療危機を受け、フェラーリの幹部たちは、年間報酬の全額または一部を寄付し、地域を支援する一連の活動資金とすることで合意した。
フェラーリの車両プロトタイプ部門で人工呼吸器バルブなどの製造を開始|Ferrari

フェラーリの車両プロトタイプ部門で人工呼吸器バルブなどの製造を開始|Ferrari

フェラーリは4月16日、新型コロナウイルス患者の治療にあたる医療従事者を支援するため、イタリア・マラネッロの工場で人工呼吸器バルブと防護マスク用の付属部品の製造を開始した。
オーナーとともにモデナの医療組織を支援──フェラーリが新型コロナウイルス対策支援の基金立ち上げ|Ferrari

オーナーとともにモデナの医療組織を支援──フェラーリが新型コロナウイルス対策支援の基金立ち上げ|Ferrari

フェラーリは、新型コロナウイルス(Civid-19)の大流行に対抗する活動の一環として、イタリア・モデナの医療組織を支援する募金活動を立ち上げた。顧客から寄せられた寄付と同額を上乗せして寄付する。
イブニングドレスに身を包んだF1マシン──フェラーリの最新2+クーペ「ローマ」が日本上陸|Ferrari

イブニングドレスに身を包んだF1マシン──フェラーリの最新2+クーペ「ローマ」が日本上陸|Ferrari

フェラーリ・ジャパンは4月1日、最新のV8エンジンを搭載した2+クーペモデル「ローマ」が日本に上陸したと発表した。フェラーリが「イブニングドレスに身を包んだF1マシン」と謳う同モデル。2日から国内のフェラーリ・オフィシャルディーラーで、招待客限定のプライベートビューを開催する。
扱いやすいミドシップ フェラーリ──フェラーリF8トリブートにマラネロで試乗|Ferrari

扱いやすいミドシップ フェラーリ──フェラーリF8トリブートにマラネロで試乗|Ferrari

2019年3月のジュネーブモーターショーでデビューした、フェラーリの最新V8ミドシップモデル「F8 トリブート」。モーターアシストのない最後のV8ガソリンエンジンを積んだモデルとも目される同モデルに、マラネロで試乗した。
現代によみがえった“ドルチェ・ヴィータ”──フェラーリ ローマ発表会リポート|Ferrari

現代によみがえった“ドルチェ・ヴィータ”──フェラーリ ローマ発表会リポート|Ferrari

フェラーリからまったく新しいモデルである「ローマ」が発表されたのは既報の通り。イタリアの首都であり、車名にも採用されているローマでのワールドプレミアに参加した筆者が、その詳細をリポートする。
 フェラーリの新たなグランドツアラー。「フェラーリ ローマ」発表|Ferrari

フェラーリの新たなグランドツアラー。「フェラーリ ローマ」発表|Ferrari

フェラーリは、イタリア・ローマで開催されたイベントにて。「ローマ」(Roma)を発表した。「2+クーペ」という形状をもつ新型モデルだ。
スクーデリアフェラーリ90周年を記念するフェラーリ史上最強のモデル「SF90 ストラダーレ」日本上陸| Ferrari

スクーデリアフェラーリ90周年を記念するフェラーリ史上最強のモデル「SF90 ストラダーレ」日本上陸| Ferrari

フェラーリジャパンは10月9日、同社初の量産型PHEV(プグインハイブリッド)となる「SF90ストラダーレ」を東京都内で初公開した。
フェラーリが放つV12スパイダー「フェラーリ 812 GTS」がデビュー|Ferrari

フェラーリが放つV12スパイダー「フェラーリ 812 GTS」がデビュー|Ferrari

フェラーリは、イタリア時間の9月9日(月)、オープンモデルの「812 GTS」を発表。2017年に発表された「812スーパーファスト」のスパイダーモデルとなる。
最新のV8フェラーリ「F8トリブート」日本上陸|Ferrari

最新のV8フェラーリ「F8トリブート」日本上陸|Ferrari

フェラーリは6月25日、488GTBの後継モデルとなる新型V8エンジン搭載2シーターベルリネッタ「F8トリブート」を東京都内で公開した。発表会場となった東京都現代美術館には、V8搭載モデルの元祖となる1975年の「308GTB」と、1984
291 件