イブニングドレスに身を包んだF1マシン──フェラーリの最新2+クーペ「ローマ」が日本上陸|Ferrari

イブニングドレスに身を包んだF1マシン──フェラーリの最新2+クーペ「ローマ」が日本上陸|Ferrari

フェラーリ・ジャパンは4月1日、最新のV8エンジンを搭載した2+クーペモデル「ローマ」が日本に上陸したと発表した。フェラーリが「イブニングドレスに身を包んだF1マシン」と謳う同モデル。2日から国内のフェラーリ・オフィシャルディーラーで、招待客限定のプライベートビューを開催する。
ランボルギーニ、2020年夏公開予定のサーキット専用ハイパーカーのテスト走行を開始|Lamborghini

ランボルギーニ、2020年夏公開予定のサーキット専用ハイパーカーのテスト走行を開始|Lamborghini

ランボルギーニの新たなサーキット専用ハイパーカーがテスト走行を実施。動画を公開した。
「フィアット500」シリーズ初のEVをカスタムメイドした世界で1台の特別仕様車|BVLGARI

「フィアット500」シリーズ初のEVをカスタムメイドした世界で1台の特別仕様車|BVLGARI

イタリアのジュエリーブランド「ブルガリ」は、フィアット初のEV「フィアット500」をカスタムメイドした世界で1台の「ブルガリ500/B.500 BY BVLGARI」を発表した。
ジョルジオ アルマーニが世界に1台のカスタムメイド電気自動車を発表|GIORGIO ARMANI

ジョルジオ アルマーニが世界に1台のカスタムメイド電気自動車を発表|GIORGIO ARMANI

イタリアのファッションブランド「ジョルジオ アルマーニ」は3月4日、フィアット(FCA)初のフルEV「フィアット500」をカスタムメイドした、世界で1台の「フィアット500アルマーニ」を発表した。
ランボルギーニ、サーキット専用ハイパーカーに搭載する6.5リッターV12エンジンを公開|Lamborghini

ランボルギーニ、サーキット専用ハイパーカーに搭載する6.5リッターV12エンジンを公開|Lamborghini

ランボルギーニは、同社のモータースポーツ部門スクアドラ・コルセが手掛ける新たなサーキット専用ハイパーカーエンジンを初披露し、動画を公開した。
世界に一台。“日本とイタリアをつなぐ”マセラティ・グラントゥーリズモ|Maserati

世界に一台。“日本とイタリアをつなぐ”マセラティ・グラントゥーリズモ|Maserati

マセラティは陸上競技・桐生祥秀選手のブランドアンバサダー就任を祝し、特別限定車「セラティ グラントゥーリズモ グランフィナーレ」をリリース。世界に一台、そして生産されるグラントゥーリズモ最後の一台となる。
ランボルギーニ ウラカンに、ピュアなドライビングを楽しむための後輪駆動モデル「ウラカン EVO RWD」が登場|Lamborghini

ランボルギーニ ウラカンに、ピュアなドライビングを楽しむための後輪駆動モデル「ウラカン EVO RWD」が登場|Lamborghini

ランボルギーニはイタリア時間の1月4日(土)、「ウラカン EVO」の後輪駆動モデル「ウラカン EVO RWD」を発表した。
フェラーリが放つV12スパイダー「フェラーリ 812 GTS」がデビュー|Ferrari

フェラーリが放つV12スパイダー「フェラーリ 812 GTS」がデビュー|Ferrari

フェラーリは、イタリア時間の9月9日(月)、オープンモデルの「812 GTS」を発表。2017年に発表された「812スーパーファスト」のスパイダーモデルとなる。
フェラーリ初のハイブリッド「SF90ストラダーレ」登場|Ferrari

フェラーリ初のハイブリッド「SF90ストラダーレ」登場|Ferrari

Ferrari SF90 Stradale|フェラーリSF90ストラダーレ1,000馬力を発生するフェラーリ初のPHEV「SF90ストラダーレ」フェラーリは5月30日、1,000psを発生する同社初の市販PHEVスーパーカー「SF90ストラダーレ」を発表した。Text by HARA Akira最高速度340km/h、0-100km/h加速2.5秒の3モーター式PHEVスクーデリア フェラーリ創立90周年を意味する「SF90」を車名とした今回の新型モデルが搭載するパワートレインは、フェラーリ8気筒シリーズ最強となる最高出力780ps/7,500rpm、最大トルク800Nm/6,000rpmを発生する3,990ccの90度V8ターボエンジンと、合計220psを発生する3基のエレクトリックモーターの組み合わせ。そのうち2基はフロントアクスルに搭載されて左右の前輪を駆動し、残る1基はエンジンと新型8段デュアルクラッチトランスミッションの間に搭載されて後輪を駆動するという4WDシステムとな...
フィアット500X、改良モデルを導入|Fiat

フィアット500X、改良モデルを導入|Fiat

Fiat 500X|フィアット500Xフィアット500X、改良モデルを導入FCAジャパンはフィアット500シリーズのSUVモデル、「500X」を商品改良し販売を開始した。価格は298万円から。Text & Photographs by UCHIDA Shunichiエンジンの大幅改良がポイント500Xは2015年10月に日本に導入が開始され、約3年半での商品改良となる。今回のリファインのポイントは内外装の変更とともに、エンジンが新世代のオールアルミ製1.3リッター直列4気筒ターボエンジンになったことだ。これまでは1.4リッターターボであったので、排気量としてはダウンサイジング化されたが、燃焼室形状の最適化や、フィアット独自のテクノロジーであるマルチエアーの進化によって、燃費はもとより最高出力や最大トルクも151ps/270Nmと、それぞれプラス11ps/プラス20Nm向上。ノイズや振動も低減したという。FCAジャパンマーケティング本部プロダクトマネージャーの生野逸臣さんはこ...
ランボルギーニ ミュージアムが装い新たに「テクノロジー博物館」としてオープン|Lamborghini

ランボルギーニ ミュージアムが装い新たに「テクノロジー博物館」としてオープン|Lamborghini

Lamborghini Museum|ランボルギーニ ミュージアムランボルギーニ ミュージアムが装い新たにオープンランボルギーニはイタリアのサンタアガタ ボロネーゼにある「ランボルギーニ ミュージアム」を新たに「MUDETEC」(Mudeo Delle Tecnologie、テクノロジー博物館)としてリニューアル。また、この再出発を記念して『Future Shapers since 1963』も10月31日(木)まで開催される。Text by YANAKA Tomomiランボルギーニの名車の数々を巡る旅装い新たに生まれ変わった「MUDETEC」。来場者はプログラムに沿って、「カウンタック」や「ミウラ」といったクラシックカーから近年のハイブリッド技術を採用したコンセプトカー「アステリオン」や「アヴェンタドールSVJ」に至るまで、ランボルギーニの名車の数々を巡っていき、最新技術に関するストーリーも見ることができる。リニューアルしたミュージアムでは、ランボルギーニならではの価値観や情熱、...
オンロードが似合う注目のSUVたち Part 1|アルファロメオ ステルヴィオ

オンロードが似合う注目のSUVたち Part 1|アルファロメオ ステルヴィオ

Alfa Romeo Stelvio Q4 Sport|アルファロメオ ステルヴィオQ4 スポーツ峠道が似合うイタリアンSUV毎年2月に日本輸入車組合(JAIA)がプレス向けに開催する試乗会からの一気乗りリポート。SUV編の第一弾として、アルファロメオ初のSUVとして2018年に日本に導入された「ステルヴィオ」のショートインプレッションをお届けする。Text & Photographs by HARA Akira0-100km/h加速は5.7秒の俊足を誇るアルファロメオが創業108周年を迎えた翌日の2018年6月25日、日本でデビューを果たしたのがアルファロメオ初のSUVとなる「ステルヴィオ」だ。プロジェクト名を「GEORGIO(ジョルジョ)」としたアーキテクチャーから生まれた第1弾がFRスポーツサルーンの「ジュリア」で、ステルヴィオはそれに続く2作目。骨格のベースとなるのはジュリアで、ステルヴィオはその背高版であるといえば話は早い。国内販売は、2.0リッター4気筒ターボを...
800台限定のアヴェンタドールSVJロードスターをジュネーブショーで披露|Lamborghini

800台限定のアヴェンタドールSVJロードスターをジュネーブショーで披露|Lamborghini

Lamborghini Aventador SVJ Roadster|ランボルギーニ アヴェンタドール SVJロードスター限定800台のアヴェンタドーSVJロードスターランボルギーニは、オープンモデルの「アヴェンタドー SVJ ロードスター」をジュネーブモーターショーで世界初披露。800台限定で生産すると発表した。Text by YANAKA Tomomiフラッグシップモデル「アヴェンタドールSVJ」のオープンモデル昨年発表されたランボルギーニの最新フラッグシップモデル「アヴェンタドールSVJ」に限定モデルとしてオープンモデルが誕生した。SVJロードスターの名前には超高速を意味する「スーペルヴェローチェ(SV)」と「イオタ(Jota)」のJが使われており、サーキットでの走行性能の高さを示すとランボルギーニでは謳う。事実、クーペはニュルブルクリンクオールドコースの量産最速ラップタイム6分44秒97を記録した。ロードスターでもクーペと同じく、6.5リッターV型12気筒エンジンをリアに搭...
マセラティ、たった1台の特別な「レヴァンテ」や特別仕様などを公開|Maserati

マセラティ、たった1台の特別な「レヴァンテ」や特別仕様などを公開|Maserati

Maserati Levante ONE OF ONE|マセラティ レヴァンテ ONE OF ONEMaserati Levante Trofeo Launch edition|マセラティ レヴァンテ トロフェオ ローンチエディション1台の特別なレヴァンテと、100台限定の特別仕様などを展示マセラティは、3月5日から始まったジュネーブモーターショーで、1人のオーナーのためにフルカスタマイゼーションを施した1台だけの「レヴァンテ ONE OF ONE」と、100台限定の特別仕様車「レヴァンテ トロフェオ ローンチ エディション」などを展示した。Text by HARA Akira今後のカスタマイゼーションを示唆ジュネーブ モーターショーで展示される「レヴァンテONE OF ONE」は、世界的なイタリアのワイナリー「マルケージ・アンティノリ」の副社長であるアレグラ・アンティノリ女史のためにフルカスタマイゼーションを施した、たった1台のコンプリートカー。マセラティのデザインセンターである...
FIA会長ジャン・ドット氏所有のミウラSVを披露|Lamborghini

FIA会長ジャン・ドット氏所有のミウラSVを披露|Lamborghini

Lamborghini Miura SV|ランボルギーニ ミウラ SVFIA会長ジャン・ドット氏所有のミウラSVを披露ランボルギーニ・ポロストリコは、フランス時間2月6日から10日にパリで開催されたクラシックカーの祭典「レトロモビル」に、レストアした「ミウラSV」を出展。オーナーであるFIA(国際自動車連盟)会長のジャン・ドット氏にキーが渡された。Text by YANAKA Tomomiレストア中の1966年製「ランボルギーニ 400GT」も展示2016年に設立されたランボルギーニのクラシックカーを対象とする車内部門ポロストリコ。クラシックカー用のスペアパーツの復元を担当し、可能な限りオリジナルに近い状態に維持できるようレストアしている。今回、ポロストリコが手掛けたのがFIA会長ジャン・ドット氏所有の「ミウラSV」。このミウラは、事故で廃車となってしまっていた1968年製ミウラSのシャシーナンバー「#3673」を引き継ぎ、1972年に南アフリカへ納品されたもの。赤いRosso C...
114 件